EPARK歯科
短期治療、無痛治療 tel:0957-52-8148 長崎県大村市幸町25-200 イオン大村店2F
長崎県大村市幸町25-200 イオン大村店2F
休診日 年中無休
診療時間 10:00 - 13:00 / 15:00 - 22:00

大村市 イオン大村ショッピングセンター 歯科 歯医者 審美歯科 インプラント 小児歯科 セラミック

HOME

診療時間・地図

HOME»  ブログ»  ブログ»  埋伏歯とは

埋伏歯とは

埋伏歯とは

大村市の歯医者では、埋伏歯などの抜歯の治療で訪れる患者さんが多数来院します。大村市の歯科で抜歯の治療をする場合、埋伏歯の場合、だと大変なことも多いようです。こちらの埋伏歯とはどういった歯のことなのでしょうか。


大村市の歯医者でもよく見かけることが多い埋伏歯(まいふくし)ですが、こちらは、歯の頭である、歯冠の全て、また一部などがあごの骨だったり、また歯肉の中に埋まり込んでしまっていて、きちんと生えていない状態の歯のことを指します。
大村市の歯医者では、歯科医に埋伏歯と判断された場合、埋伏歯の治療を行う必要があります。
また、歯が骨の中に完全に埋まってしまっているものを、完全埋伏歯と呼び、歯冠、また歯のどこかの一部などが見えている場合のものを、半埋伏歯、または不完全埋伏歯と呼んでいるのです。


埋伏歯が虫歯になってしまった場合や、親知らずが虫歯になってしまっているという場合、また虫歯でなくとも、親知らずが埋伏歯となってしまい、痛みや違和感があるという場合は、大村市の歯医者で、歯科医に治療をしてもらう必要があります。しかし、埋伏歯の場合、大村市の歯医者では、抜歯をすることができたりすることもありますが、歯科医によっては抜歯ができない可能性もあり、この場合は別の病院に紹介をしてもらうことが必要となります。


これは、大村市の歯医者の歯科医に技術がないというわけではなく、親知らずの埋伏歯の場合は、これらの歯を歯茎を切り開いて抜く必要があり、時間もかかることが多いのです。このため、大病院で抜歯の治療を行うほうが、大村市の歯医者で、歯科医に治療をしてもらうよりもスムーズであることも多いのです。
このため、まずは、埋伏歯に痛みがあるという場合は、大村市の歯医者の歯科医に、相談をしてみるとよいでしょう。もしも痛みがある場合には、大村市の歯医者で、歯科医にレントゲンを撮ってもらう形になります。大村市の歯医者で、歯科医による治療が可能であれば、そのまま治療という形になりますが、大村市の歯医者で、歯科医が治療することができない状態の埋伏歯であれば、そのまま別の大病院に紹介をしてもらうという形になります。
大村市の歯医者では、埋伏歯の抜歯を行っている歯科医もありますが、歯医者にもよりますので、一度歯医者の方に治療を行っているのか、聞いてみるとよいでしょう。"
智歯周囲炎について    "智歯とは親知らずのことです。大村市の歯医者、大村ファミリー歯科では、親知らずは抜いたほうがいいかどうかという質問をよく受けます。親知らずを放置しておくと痛くなったり腫れるという症状が出てくることはよくあります。
親知らずの生え方が完全でなかったり、斜めに萌えてしまって、歯が完全に萌出してこないために、親知らずの周囲が細菌感染してしまうと、炎症が起こった状態になっています。完全に萌出しない場合には、食べかすが親知らずの周囲の歯ぐきにつきやすくなって、不潔になり、歯茎の炎症がおこります。


歯ぐきの周囲が発赤して腫れると、物を噛んだりした時に痛みがあります。そして、歯ぐきから膿などが出てくるようになって、食べ物を飲み込む時などにも痛みます。さらに進行すると口がほとんど開かなくなったり、顎下や頬が腫れてきます。この時点で歯医者で適切な歯科的処置をしなければ骨膜炎などを継発することもあります。炎症反応は、歯ぐきの状態を歯科的に検査して調べます。大村市の歯医者ではX線を用いたレントゲンで歯の萌えてきた方向を調べたり。発熱の有無や、血液検査などを行い炎症の程度について調べます。治療は、清潔にするため、歯ぐきのまわりを洗浄して腫れや痛みなど対して、歯医者では抗菌薬の投与などが行われます。膿があれば切開して歯科処置します。症状がなくなったあとは原因となった親知らずを抜歯して再発が起こらない状態にします。
しかし、全ての患者でこのような骨膜炎などの症状が見られて、歯医者で抜かなければならないというわけでもありません。悪影響を及ぼさない親知らずもあります。そのような場合は残しておいたほうが後々のためになる歯科的なケースもあるといわれます。例えば、歯周病などで歯を失ってしまった場合には、親知らずが生えていれば噛み合わせなどで利用できる可能性もあり、一度、抜歯してしまうと、親知らずは元には戻りませんので、保存しておくという場合もあるといえます。


しかし、親知らずを抜いたほうがいいという場合には大村市の大村ファミリー歯科は、抜歯時に痛みをできるだけ感じない方法で抜歯してもらえる大村市の歯医者です。親知らずの抜歯は痛いというイメージが根強くあるようですが、抜歯の際には麻酔が効いていますので痛みを感じることはほとんどありません。大村市の大村ファミリー歯科では麻酔自体にも痛みを感じさせない工夫がなされている大村市の歯医者です。


痛みを感じる場合は、麻酔が切れてからのことですので、大村市の大村ファミリー歯科では痛みを感じる前に痛み止めを飲むことで、術後の痛みも極力抑えることが可能な大村市の歯医者です。
 

2016-09-30 19:59:00

ブログ   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント