EPARK歯科
短期治療、無痛治療 tel:0957-52-8148 長崎県大村市幸町25-200 イオン大村店2F
長崎県大村市幸町25-200 イオン大村店2F
休診日 年中無休
診療時間 10:00 - 13:00 / 15:00 - 22:00

大村市 イオン大村ショッピングセンター 歯科 歯医者 審美歯科 インプラント 小児歯科 セラミック

HOME

診療時間・地図

HOME»  ブログ»  ブログ»  歯を長持ちさせるためには

歯を長持ちさせるためには

歯を長持ちさせるためには

"歳を重ねると、どんどんは歯抜けてしまいますし、虫歯などで駄目になってしまうと、結局歯が減ってしまい、長持ちさせることが出いません。自分の歯をしっかり持たせたいと思っているなら、まずは虫歯対策をしっかり行ってください。虫歯が一番駄目なものですから、歯医者を利用するなどして、定期的に検査を受けたほうが良いです。自分ではわかっていないところも、実際に検査を行ってみるとわかることがあります。歯科での検査は、わからない部分までチェックする際には有効です。
当然虫歯があるようなら、治療を受けることも大事なのですが、これから起こさないための工夫をしておかなければなりません。虫歯になってしまうと、それだけリスクの大きな状態となりますから、予防する方法も考えることが大事なのです。虫歯にならないためには、デンタルフロスを利用して歯の間をしっかり綺麗にしたり、歯磨き粉を変更して虫歯にならないように調整するなどして、対応することが望ましいです。
毎日ようにケアをしていくだけでも、しっかり対応できることがありますので、とりあえずは歯磨きとケアを繰り返すようにして、長持ちさせるようにしてください。そして定期的な歯医者のメンテナンスで、足りない部分を補ってもらいます。歯科に行かないと対応できない部分はありますし、行っているつもりでもそんなに綺麗になっていないことがあるので、プラークを綺麗にするためには歯医者を利用した方がいいです。
これ以外に注意することは、無理に力を入れないようにすることです。硬いものを食べるとき、歳を重ねると突然歯が割れてしまうこともあります。歯医者からも、年齢に応じて噛む力を考えたほうが良いと言われることはありますので、歯を長持ちさせるためにはなるべく強く噛まない習慣も大事です。ただ、噛まないばかりで歯の筋肉が弱ってしまうことは駄目なので、柔らかいものを何度も噛んでみたり、ガムのように噛み続けられるもので鍛えることも必要です。
長持ちさせることで、永遠と同じ状態を保つことができるようになり、自分の負担が大幅に減ってくれると思ってください。大村ファミリー歯科では、高齢者を中心に長持ちさせるための指導を行っている他、メンテナンスによって定期的に綺麗にしており、いい状態をキープできるようにしています。もちろん虫歯の治療もしっかり行っていますので、気になるところがあるならお気軽に来院してください。"
セラミックインレーと銀歯の違いとは    "削ったところに被せるものとして、銀歯が使われることは多いのですが、同時に使われているのがセラミックインレーです。銀歯はその名前の通り、銀色の歯になっていますから、しっかりとガードする部分を作ることが出来ます。保険も適応されるので、安い金額で利用できることがメリットですが、その反面で銀歯は目立つところがあります。削っていることがわかってしまうので、場合によってはイメージダウンに繋がることだってあるのです。
もう1つ使われているセラミックインレーは、最近歯医者でも使われる傾向が増えているもので、白い状態を作ることが出来ます。金属を使っていないところが、銀歯とは非常に違うところです。金属アレルギーを持っていて、被せるものを作らなければならない場合は、確実にセラミックインレーを使うことになります。歯医者も必要な物は用意してくれますし、場合によっては金銭面の計算も早めに行ってくれるので、白いものにしたいならセラミックインレーを使います。
このセラミックインレーですが、保険が使えないために治療費が高くなります。銀歯ならそんなにかからないのに、20倍位セラミックインレーはお金が必要になることもあるので、負担の大きなものは避けられません。それでも安心できるように、そして目立たないようにするためには、セラミックインレーを歯医者に依頼することになります。こうしてお金の負担が多くなり、歯科で結構払うことになるのは、銀歯との違いでもあります。
これに加えて、陶器のようなものでセラミックインレーを作りますから、どうしても耐久性が銀歯より悪いです。違いはメタルの金属を使っているか、陶器のように金属ではないかもありますが、壊れやすさも大きな違いがあります。歯医者では銀歯はそんなに壊れないと話していますが、セラミックインレーはそれよりも脆く、力を入れると破損する可能性が高いです。歯科では定期的にチェックして、破損していないかのチェックもしています。
この2つの違いは、確実に説明して聞いておかなければなりません。セラミックインレーについては、大村ファミリー歯科で行っている治療でもあります。銀歯と一緒に提示することが多くなっていて、歯医者で使えるお金などを考慮して選んでもらうようにしています。場合によっては、セラミックインレーの方がリスクが小さいこともありますので、どのような感じに仕上げたいかによって、選んでもらうことになります。"
 

2016-10-24 15:38:00

ブログ   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント