EPARK歯科
短期治療、無痛治療 tel:0957-52-8148 長崎県大村市幸町25-200 イオン大村店2F
長崎県大村市幸町25-200 イオン大村店2F
休診日 年中無休
診療時間 10:00 - 13:00 / 15:00 - 22:00

大村市 イオン大村ショッピングセンター 歯科 歯医者 審美歯科 インプラント 小児歯科 セラミック

HOME

診療時間・地図

HOME»  ブログ»  ブログ»  日本の残存歯の関係

日本の残存歯の関係

日本の残存歯の関係

【13】歯医者さんが提唱している「8020」運動。これは、80歳になっても自分自身の歯が20本残っている状態を目標とする、残存歯の数値目標です。日本は世界でも有数の長寿国ではありますが、残念ながら80歳での平均残存歯の本数はわずか7本。「8020」からは程遠いというのが実情です。入れ歯関係のコマーシャルの多さからも、「8020」はかなわず入れ歯を使用している高齢者が多い現実がうかがえます。日本は、欧米の先進国と比べると、歯の健康についての意識が低いということがよく言われています。スウェーデンやアメリカなど、高齢者の残存歯の本数が多い国では、予防歯科という概念が浸透しており、歯医者というのは、たとえ虫歯になっていなくても、口腔内のケアのために定期的に通う場所となっているのです。歯の健康は、食べ物の咀嚼と直接的に結びつくので、食べ物をおいしく食べることができるかどうかという点でも大きな問題になるのはもちろん、咀嚼することで脳に刺激が与えられ、ボケ防止とも大きく関係していることが明らかになっています。残存歯の数は、高齢者の健康のバロメーターでもあるのです。実際、スウェーデンでは寝たきりとなっている高齢者はゼロという話もあります。大村市でも日本人の残存歯の少なさを憂え、予防歯科に力を入れている歯医者が増えつつあります。また、大村市では夜遅くまで開業している歯科医院も増えつつあり、仕事帰りに訪れることも可能です。なるべく歯を抜かずに残す治療を施している歯医者も大村市には増えています。

 

2016-12-14 21:42:00

ブログ   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント