訪問歯科
EPARK歯科
短期治療、痛みの少ない治療 tel:0957-52-8148 長崎県大村市幸町25-200 イオン大村店2F
〒856-0836
長崎県大村市幸町25−200 イオン大村店 2F

休診日

年中無休

診療時間

10:00 - 13:00 / 15:00 - 22:00

大村市の歯科「大村ファミリー歯科」は夜間診療22時まで対応

HOME

診療時間・地図

ブログ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

酸蝕歯とはどんな症状?原因や治療法・予防法を解説

歯科 を 受診しなければいけない口腔内の疾患というと、虫歯や歯周病などを思い浮かべる人が多いでしょう。
虫歯に劣らないほど厄介な歯科疾患として近ごろ問題視されている「酸蝕歯」(さんしょくし)という言葉を耳にしたことはありますか?
酸蝕歯を引き起こしやすい飲食物は数多く、気付かないうちに酸蝕歯になっている可能性もあるので注意が必要です。
そこで今回は、自分の歯も酸蝕歯になっているかもしれないとお悩みの方に向けて、酸蝕歯の症状や原因、治療法などに関して詳しく解説しています。
酸蝕歯に関する知識があれば、初期症状に気付いてすぐに歯科医院を受診したり、自分で予防したりすることも可能ですので、ぜひチェックしてみてください。
 

酸蝕歯とは

酸蝕歯とは、食べ物などに含まれる酸が歯の表面のエナメル質を蝕むことで溶けてしまった歯のことです。
ある調査では、約四人に一人が酸蝕歯を有しているとの結果が出ていて、問題視されている歯科疾患の一つです。
虫歯も歯のエナメル質を溶かしますが、原因は細菌によるもので口腔内全体ではなく部分的に発生します。
一方で酸蝕歯は、食べ物の酸が直接歯のエナメル質にアクションを起こすため、一度に多くの歯に影響を及ぼす可能性があります。
虫歯と似ているようですが、実は虫歯よりも怖い歯科疾患なのです。
酸蝕歯になると以下のような症状が現れます。
 
  • 熱いものや冷たいものを食べたり飲んだりすると歯がしみる
  • 歯が透けて見えたり黄色く見えたりする
  • 歯のつやがなくなる
  • 歯の角や凸凹が丸みを帯びている
  • 詰め物や被せ物などが取れやすくなる
  • 歯の表面にくぼみができる
以上は、症状の一例です。
エナメル質部分が溶けて歯が薄くなったことにより、知覚過敏を引き起こしたり黄色に変色したりすることが考えられます。
黄色になった歯をただの着色汚れだと勘違いして放置すると、酸蝕歯が悪化する可能性があるので自己判断は禁物です。
症状が悪化すると、歯の表面のエナメル質を溶かした先にある象牙質部分が露出し、歯がより濃い黄色に見えてきます。
 

酸蝕歯が起きる原因

酸蝕歯になる原因は、飲食物に含まれる酸に起因するもの他の疾患があることや生活環境などに起因するものの2つのケースが考えられます。
 

1.飲食物に含まれる酸

酸蝕歯を引き起こす可能性のある、酸を含む飲食物は数えきれないほどあります。
特に酸性度が高いものとして、レモンやみかんなどの柑橘類や酢、ワインや炭酸飲料などが挙げられます。
また、果物のジュースやドレッシングなども酸性度が高いものが多く、頻繁に口にしている人は酸蝕歯になるリスクが高いので注意が必要です。
 

2.病患や生活環境

食品の摂取以外でも口腔内が酸性になりやすいケースがあります。
例えば、摂食障害や逆流性食道炎を患っていると胃酸が逆流し、口腔内が頻繁に酸性に傾くことで酸蝕歯になりやすくなります。
妊娠中のつわりで嘔吐の症状が続いている場合も同様です。
また、酸性の薬を常用している人や、製造業など硫酸や塩酸といった酸が発生する環境で働いている人もリスクが高いといえます。
 

酸蝕歯の治療法

基本となる酸蝕歯の治療法は歯磨きです。
歯のエナメル質を強くする成分であるフッ素が配合されている歯磨き粉を使って歯磨きをしましょう。
ただし、酸蝕歯が悪化して歯があまりにも薄くなっていたり穴が開いたりと、歯に大きなダメージがみられる場合には歯科医による治療が必要です。
歯科医院での治療法は、虫歯と同様で詰め物や被せ物といった処置を行います。
酸によって溶けてしまった歯は元の状態に戻ることはありません。
初期段階で発見することで治療による歯への負担を最小限に抑えられ、見た目の美しさや歯の健康維持にも繋がります。
 

酸蝕歯を予防するためには

酸蝕歯の予防には、歯磨きによるセルフケアや日々の食生活を見直すことが第一です。
以下にあげる予防法をチェックして、できることからすぐに実践してみましょう。
 
  • 酸性度の高い食べ物や飲み物を長い時間口の中に溜めない
  • 食後はシュガーレスの機能性ガムを噛む
  • 食後すぐの歯磨きは特に力を抜く
  • フッ素配合の歯磨き粉を使う
  • 定期的に歯科医院でチェックする
酸性度の高い食品を口に含む場合は長く歯に触れさせないことが大切です。
また、摂取頻度を見直し、寝る前に飲食しないなどの摂取時間に関しても考えてみましょう。
他にも、酸性度の高い飲食物を口にした後に水でうがいをすることも有効です。
酸に接触した歯のエナメル質は一時的に柔らかくなっていますので、食後すぐに歯磨きをする際には優しく磨きましょう。
 

酸蝕歯の早期発見には歯科医院での定期検査を

虫歯や歯周病に次ぐ歯科疾患ともいえる酸蝕歯に関してご理解いただけましたか? 酸蝕歯は気付かないうちに悪化する怖い病気です。
原因となる食品や生活環境を見直し、しっかり予防することで健康な歯を維持しましょう。
大村ファミリー歯科には多数の治療メニューがあり、酸蝕歯の治療も行っています。
長崎県大村市で歯医者をお探しの方は、ぜひ大村ファミリー歯科までご来院ください。

2022-06-20 11:36:00

折りたたむ

歯並びが悪い原因とは?治療法や予防法を紹介

矯正用のマウスピースをはめた模型の写真です。

ほとんどわかりません。従来のワイヤー矯正よりも見た目がとても良いです。
大村ファミリー歯科でも8月よりインビザラインを開始します。3年越しのお願いでダイヤモンドプロバイダーに来ていただけることになりました。お楽しみに。

みなさんは、自分や子どもの歯並びについて不安に思ったことはありませんか。
実は 歯並びが悪いと、見ための印象だけでなく、心身のあらゆる面で悪影響を及ぼします。
「歯並びが悪いと具体的にどのような問題点があるの?」、そもそも「歯並びが悪い原因って何?」など、歯並びに関してさまざまな疑問を持たれている人も多いはずです。
そこで今回は、歯並びが悪い原因、生じる問題点について詳しく知りたいと思っている人のために、その原因の詳細や予防法・治療法についてまとめました。
今すぐに実践できる、歯並びを悪化させないための予防法についても触れていますので、ぜひチェックしてみてください。
 

歯並びが悪いと発生する問題点

歯並びが悪いと見ためが気になるだけでなく、歯並びが悪いと生じる問題点が数多くあることをご存知でしょうか。
例えば、歯並びが悪いと食事の時に食べものをうまく噛めなかったり、食べたものが歯の間に詰まりやすくなったりします。
煩わしい現象であるだけではなく、歯磨きをする時にも歯ブラシが思うように行き届かず、虫歯が増えるリスクにも繋がってしまうのです。
歯並びが悪くなり噛み合わせが良くない場合は、口の周りの筋肉に癖がついてしまい、口呼吸になってしまいがちです。
口呼吸になると、言葉の発音にも悪影響を及ぼすとも言われています。
また、腔内のみならず身体への悪影響も考えられるのです。
他にも、歯並びが原因で身体のバランスが崩れて姿勢が悪くなり、血行不良を引き起こし、結果的に肩こりに悩む人もいます。
また、歯並びが悪いと、自分の歯が他人に見えることにストレスを感じてしまうこともあります。
人と話すこと、笑顔で歯が見えることがストレスになってしまうケースもあるでしょう。
 

歯並びが悪くなる原因

なぜ、歯並びが悪くなってしまうのでしょうか。
原因は、主に2つあると考えられています。
 

先天的な原因

1点目は、先天的な原因、つまり遺伝です。
歯並び自体が遺伝する確率は、約5%未満とも言われています。
しかし、骨格、筋肉、歯の大きさなどは遺伝します。
そのため、例えば、顎の骨格が小さければ、それが要因となって歯並びが悪くなることもあるでしょう。
直接的な遺伝ではなくとも、結果的に遺伝によって歯並びが悪くなることもあると言えます。
 

後天的な原因

2点目は、遺伝に関係ない後天的な原因によるものです。
個人的な顎の発育不良や虫歯や歯周病が原因となったり、親知らずが生えたりすることで、歯並びが悪くなってしまうケースがあります。
また、生活習慣が影響して歯並びが悪化することも。
子どもの場合は、指しゃぶりの癖が要因で出っ歯に変形しやすくなる、前歯が噛み合わないといった事例があります。
また、頬杖をする癖により、顎の関節に負担がかかり、左右の顎のバランスが悪くなり噛み合わせが悪くなるといったケースもあります。
他にも、うつぶせ寝や爪噛みなどの習慣も、歯並びに悪影響を及ぼすと考えられる事例のひとつです。
大人の場合は、仕事・人間関係のストレスにより歯並びが悪化するケースもあります。
例えば、精神的な苦痛が要因で、知らぬ間に歯の食いしばりや噛みしめが起き、結果的に歯に負担をかけてしまい歯並びが悪くなることもあるでしょう。
 

歯並びが悪い場合の治療法

歯並びを治す場合には、主に2つの手段があります。
短期間で治すなら、歯を削り、セラミックなどを被せて治す方法、長期間で治すなら、矯正治療で歯並びをしっかり治す方法です。
歯を削ることに抵抗感があり、根本的に歯並びを治したいという人には、矯正治療をおすすめします。
矯正治療には、さまざまな治療法があります。
代表的なブラケット(矯正治療装置)によるワイヤー矯正をはじめ、取り外しができて便利かつ矯正治療が目立ちにくいマウスピース矯正、他には、インプラントや抜歯などです。
ご自身の歯並びの状況や生活スタイルに合わせて、治療法を選ぶと良いでしょう。
 

歯並びが悪くならないようにする予防法

最後に、歯並びが悪化させないようにする予防法をご紹介します。
歯並びは、子どもの頃からの予防が大切になります。
なぜなら、短期間で治療を終えるケースが多いからです。
大人がこれらの予防法に注意するのはもちろんのこと、子どもに対してはすぐに予防策を実践することをおすすめします。
 

姿勢に気を付ける

姿勢に関しては、例えば頬杖をつく癖があると、歯が傾く原因になる場合があると言われています。
食事の時の姿勢も大切です。
 

食べものはよく噛んで食べる

食事の時は、前歯で食べものを噛み切り、奥歯ですりつぶすことを意識したり、唇を閉じた状態で1口30回程度噛んだりするなど、日頃から意識すると良いでしょう。
また、柔らかいものばかりではなく、硬いものも食べる習慣をつけるのも有効です。
 

口呼吸ではなく鼻呼吸を意識する

口呼吸ばかりすると、唇の筋肉が緩み、出っ歯になりやすくなることがあります。
また、歯並びや虫歯の原因になり得るケースもあります。
なるべく、口周りの筋肉を鍛えて、鼻呼吸を意識するのも良いでしょう。
 

定期的に歯科検診へ

意識して、定期的に歯科検診へ行きましょう。
そして、腔内や嚙み合わせなどのチェックをしましょう。
定期的に歯科検診へ通うことで、虫歯の予防ができるのはもちろんのこと、歯の生え方や歯並びについてもアドバイスをもらえます。
 

マウスピース矯正の紹介

今回歯並びが悪くなる原因について解説をさせていただきましたが、そもそも歯並びが悪くならない予防法が存在していることはご存知でしたか?
歯並びが悪く治療を検討されている方は、治療法の検討材料として、コチラの「マウスピース矯正の特徴とメリット・デメリット」を参考にしてください。
 

歯並びは、予防と早期治療。不安がある人は歯科医に相談を

いかがでしたでしょうか? この記事を読んでいただくことで、歯並びが悪い原因、治療法・予防法についてご理解いただけたと思います。
歯並びが悪くなってしまうと、腔内のみならず、身体や健康に悪影響を及ぼすことが多々あります。
歯並びに関して気になることがある人は、予防法を実践し、早期に治療するのがおすすめです。
当院では、子どもから大人まで、幅広い世代が通いやすい環境を心がけています。
長崎県大村市で歯医者をお探しの方は、ぜひ大村ファミリー歯科までご来院ください。

2022-06-13 09:47:21

折りたたむ

智歯周囲炎とは?原因や症状、治療方法などとあわせて解説

こんな横になった親知らずも抜歯してます。

「奥歯のあたりが痛い」「口が開けられない」「頬まで腫れている」 などの症状を感じたことはありませんか。
もしかしたら、それは智歯周囲炎によるものかもしれません。
智歯とは親知らずのことで、智歯周囲炎とは親知らずの周りで起こる炎症を指します。
前述した症状が見られる場合、「奥歯のあたりが痛いけど受診は必要?」 「抜歯をせずに智歯とうまくつきあっていくことはできる?」 などさまざまな疑問があるでしょう。
今回は、そのような疑問を抱える方に向けて、智歯周囲炎とは何なのかについて、原因や症状、治療方法と併せて解説していきます。
予防方法もわかりますので、ぜひチェックしてみてくださいね。
 

智歯周囲炎とは

智歯周囲炎とは、細菌感染により智歯の周りで起こる炎症のことです。

智歯周囲炎は、智歯が生えてくる10代後半~30代まで人に起こりやすい症状です。

体調がすぐれないときや、体の抵抗力が低下しているときには、智歯周囲炎を起こしやすくなります。
糖尿病やステロイド薬の長期間服用などにより免疫力が低下している方は重症化しやすい傾向にあります。
 

引き起こされる症状

智歯周囲炎により引き起こされる症状を見ていきましょう。
 

腫れ

炎症により、歯茎や頬の腫れが見られます。
腫れは、智歯周囲炎の比較的初期の段階から起こる症状です。
腫れがひどくなると、ほかの人から見てもわかるようになります。
 

痛み

智歯のあたりで鈍い痛みが続き、歯磨きなどの刺激によりさらにズキズキと痛みます。
食べ物を強く噛むときにも痛むことが多く、ひどくなると食べ物を飲み込むのが困難になることもあります。
 

膿がたまる

炎症を起こした智歯の周りには、細菌とたたかうために血液が多く集まります。
そして、血液中の白血球は細菌とたたかったあとに膿へと変化するのです。
そのため、炎症の範囲が広がると膿がたまります。
 

開口障害

智歯は、口を開けたり閉めたりするための筋肉の近くにあります。
炎症が広がりその筋肉にまで影響がおよぶと、開口障害が起こり口を開け閉めしにくくなります。
 

発熱・倦怠感

智歯周囲炎は、ひどくなるとさらに広範囲の炎症が起こります。
炎症が広範囲になると、発熱や全身の倦怠感が見られます。
 

主な原因

智歯周囲炎は、智歯の周りに細菌が増殖して炎症を起こすことが原因となります。
智歯は横や斜めを向いてしまったり、途中までしか生えなかったりと、歯並びの異常を起こしやすいのが特徴です。
そして歯並びの異常があると、粘膜との間に深い歯周ポケットができやすくなります。
歯周ポケットは汚れがたまりやすく歯ブラシも届きにくいため、智歯の周辺には細菌が増殖しやすくなるのです。
 

有効な治療方法

智歯周囲炎になったときに自分でできるのは、安静にすることです。
ここでは、歯科医院で行う有効な治療方法をご紹介していきます。
 

洗浄・消毒

炎症が起こっている部分を生理食塩水などできれいに洗浄し、抗菌作用のある軟膏などで消毒します。
開口障害により口の中の処置が難しい場合には、消毒液によるうがいを併用することもあります。
 

薬の内服

細菌に対して抗生剤を内服します。
また、炎症を抑えるための消炎剤、痛みを抑えるための鎮痛剤なども使用します。
ほとんどの場合、症状は数日で落ち着くでしょう。
 

レーザーの照射

レーザーの照射を行うこともあります。
レーザーは、殺菌する作用や治癒を促進する作用があります。
そのため、智歯周囲炎のときにもレーザーの照射は有効です。
 

切開により膿を出す

炎症により膿がたまると、嚢胞という膿の袋を形成することがあります。
嚢胞がある場合には、切開して膿を出します。
 

抜歯

洗浄や薬の投与などにより智歯周囲炎の症状は軽快します。
しかし、智歯がある限りは再発を繰り返します。
そのため、治療によって症状が落ち着いてから抜歯するのが一般的です。
 

予防方法

智歯周囲炎の予防方法をご紹介します。
 

歯ブラシ

きれいに磨けずに細菌が増殖してしまうと智歯周囲炎を引き起こすため、正しい歯磨きをすることが大切です。
歯磨きのポイントをご説明します。
 
  • ヘッドが小さく毛が柔らかい歯ブラシを使用する
  • 斜め45度の角度から歯ブラシを入れる
  • 毛先を智歯だけでなく歯茎にも当てる
  • 小さく動かすようにして磨く
ポイントを参考に、普段の歯磨きを見直してみましょう。
また、歯ブラシと一緒にタフトブラシを併用するのもおすすめです。
タフトブラシは毛束が1つにまとまっている小さな歯ブラシで、歯科医院や薬局で手に入れられます。
歯ブラシの毛先では届きにくいところをきれいにするのに適しているため、智歯と歯肉の間にある歯垢も除去できます。
 

睡眠・栄養

体調がすぐれないときや体の抵抗力が低下しているときは、智歯周囲炎を発症する可能性が高くなります。
そのため、普段からしっかりと睡眠時間を確保して栄養バランスの良い食事を摂り、細菌に負けない体づくりをしておくことが大切です。
 

受診

お口の中の健康を保つためには、歯科受診が基本です。
定期的に健診を受けて、お口全体をきれいにして智歯の状態を確認しておきましょう。
歯並びに異常がある場合には、炎症が起きる前に抜歯してもらうことも可能です。
 

早めの対応を心がけましょう

いかがでしたでしょうか。
この記事を読んでいただくことで、智歯周囲炎とは何か、その治療方法や予防方法などについてご理解いただけたと思います。
智歯周囲炎の症状がある場合は、早めの受診が必要です。
当院は、予防歯科に力をいれた診療を行っています。
また、智歯周囲炎などのお口のトラブルについても、患者さまの負担ができるだけ少なく済むような方法で行っています。
長崎県大村市で歯医者をお探しの方は、ぜひ大村ファミリー歯科までご来院ください。

2022-06-06 00:00:00

コメント(0)

折りたたむ

歯石の取り方。スケーリングとルートプレーニングの違い

歯医者さんでよく耳にする歯垢や歯石といった言葉。
歯医者の先生や歯科衛生士から、歯垢や歯石について話を聞いたことがあるという方もいるかもしれませんね。
しかし、実際に歯垢や歯石についてどのようなものなのか、口の中にあるとどんな影響があるのかについて、詳しく知っている方は少ないのではないでしょうか。
今回は、虫歯や歯周病の進行にも大きくかかわっている“歯石”の詳細と歯石の取り方について解説します。
現在歯医者に通っていて歯石の除去する処置を受けているという方はもちろん、口の中に歯石があるかどうか気になるという方、口の中にある歯石を取りたいという方は、ぜひ参考にされてください。

歯石取りの重要性について

まずは、歯石とはどんなものなのか、放っておくとどうなってしまうのかという観点から、その重要性について見ていきましょう。

歯石ってどんなもの?

歯石とは、歯の周りの汚れ(歯垢)が唾液の成分と結びついて石灰化して硬くなったもののことを指します。
自宅での歯磨きで簡単に除去できますが、再石灰化して硬くなった歯石は歯磨きで除去することはできません。
しっかりと除去するには、歯科医院に行って特殊な器具で行う必要があります。

放っておくとどうなるの?

歯石は、細菌の集合体である歯垢が固まったものです。
そのまま放っておくと虫歯や歯茎の腫れ・出血の原因になります。
さらに、表面は非常にざらざらとしており、汚れが付きやすい状態です。
そのため、汚れが溜まって再石灰化を繰り返すことで、どんどんと歯石自体が大きくなってしまいます。
出来た歯石は、口腔内にさまざまな悪影響を与え、さらに大きくなってしまう可能性もあるため、早めに除去することが大切です。
次からは、歯石を取る方法について紹介します。

歯石取りの方法1.スケーリング

スケーリングとは、歯についた歯石を除去することです。
歯石だけでなく、歯垢や着色等歯の付着物の除去も可能です。
また方法としては、以下の3つがあります。
 
  • ・手用スケーラー
  • ・エアスケーラー
  • ・超音波スケーラー
手用スケーラーは、手動で歯石や着色を除去する専用の道具のこと。
歯科医や歯科衛生士が手動で行うため、細かい部分の小さな歯石間で除去できるのが特徴です。
歯並びが悪い部分や歯茎より下の部分の歯石の除去にも、手用スケーラーが活躍します。

一方、エアスケーラーは空気を振動させて歯石を除去する機械です。
振動数は超音波に比べて少ないため、熱の発生も少なく歯面への刺激が少ないのが特徴。
歯茎が弱っている場合や知覚過敏の場合には、エアスケーラーを使用します。

手用スケーラーやエアスケーラーでは時間がかかる大きな歯石の除去や広範囲にわたる歯石の除去に用いられるのが、超音波スケーラーです。
エアスケーラーに比べて振動数が多いため、より短時間で効率よく歯石を除去できます。
その名の通り、超音波の振動によって歯石を除去します。

歯石取りの方法2.ルートプレーニング

スケーリングと並んで役立つのが、ルートプレーニングです。
ルートプレーニングとは、細菌に汚染された歯根の表面を削って滑らかにすることです。
スケーリングによって歯石を除去した後で行う処置です。
方法は、グレーシーキュレットという器具を使用して、スケーラーで汚染された歯根部分を滑らかにします。
汚染された歯茎の下の歯根部分を滑らかにして汚れが付きにくい環境にすることで、歯周病を改善する目的があります。

スケーリングとルートプレーニングの違いとは?

スケーリングは、歯茎より上・または歯茎より下の部分の歯石や歯垢を除去することです。
ルートプレーニングでは、汚染されて軟化した歯の表面を除去して、表面を硬く滑らかにします。
また、ルートプレーニングは中等度まで進行した歯周病に適応される処置という点も特徴です。
細菌の毒素によって汚染されてしまったセメント質があると歯茎が歯の表面にくっつきにくいため、歯茎が緩んだままの状態になってしまいます。
歯茎が緩んで歯と歯茎の隙間があいたままになると、汚れが入りやすく歯周病の症状が改善しにくい状況になりかねません。
ルートプレーニングで歯根の表面を滑らかにして歯茎の症状を改善すれば、歯垢や歯石を付きにくくすることができるのです。

多種な器具を使ってます。

歯石でお悩みなら、まずはクリニックに相談を!

いかがでしたでしょうか?
この記事を読んでいただくことで歯石の概要と取り方がご理解いただけたかと思います。
歯石や歯周病についてお悩みの方は、まずはクリニックにご相談ください。

当院では、基本に忠実かつ丁寧な治療を通じて患者様への負担の少ない施術を行います。また予防歯科にも注力しており、患者様の天然の歯を守るべく歯のケアに対しての指導も行っております。
歯医者をお探しなら、ぜひ長崎県大村市の大村ファミリー歯科へご来院ください。

 

2022-05-16 14:34:00

折りたたむ

予防歯科の目的・重要性とPMTCを受けるメリット

近年「予防歯科」という言葉をよく耳にするようになりました。
日本でも、歯科は治療するための場所、という考え方が変わりつつあります。
ですが、海外と比較すると予防歯科の考え方がまだまだ浸透していないのが日本の現状です。
そこで今回は、予防歯科の目的や重要性、歯科で行うPMTCというメンテナンス内容について解説します。
虫歯にもなっていないのに、歯科へ通院するなんて面倒だと思っていませんか?
でも虫歯になってからでは遅いのです。
予防歯科を始めたいと思っている方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

予防歯科の目的とは

予防歯科は、口の中で起こりうるトラブルを未然に防ぎ、健康な歯を維持していくことを目的としています。
1本でも多く歯を残すことにはメリットが多くあり、食生活を豊かにするだけでなく、全身の健康維持へ繋げることも可能です。
しかし、日本人は予防歯科に対する意識がまだまだ低い現状があります。
虫歯の予防先進国と呼ばれるスウェーデンでは、1970年代から予防歯科の重要性が注目され、定期チェックを受けることが義務化されています。
結果、2013年の時点でスウェーデンの80歳以上に残存する歯の平均本数は21本と、非常に高い水準です 。
歯科へ定期的に通院する割合も国民全体で非常に高く、予防歯科に対する習慣ができていることが分かります。
日本でも1989年より「8020運動」という活動が推進されていることはご存じでしょうか。
80歳で20本歯が残っている人の割合を50%にしようという取り組みです。
2016年の歯科疾病実態調査の結果では、8020運動の達成者は51.2%と目標達成はされました。
しかし、定期チェックをおこなっている人の割合は、歯科へ通院している人の30%程度で、国民全体での割合ではありません。
日本では習慣となるまでに至っていないことが分かります。
習慣化を目指して、次は予防歯科の重要性も理解していきましょう。
 

予防歯科の重要性

予防歯科には多くのメリットがあります。
メリットが理解できれば、その重要性もおのずと分かるはずです
一緒に確認していきましょう。

メリット1:虫歯などの病気を早期発見できる

虫歯の初期段階は痛みがなく、自分では気づきにくいのが特徴です。
歯周病は、歯がグラつくまで気付かないということもあります。
どちらにしても、予防歯科により早期に発見できれば最低限の治療ですむため、歯を失う結果までに至ることはほぼありません。

メリット2:健康な歯をキレイに維持できる

予防歯科は虫歯などの問題を見つけるだけではありません。
それでは歯科検診と一緒になってしまいます。
予防歯科は、健康な歯を維持することが一番の目的です。
よって、健康な歯に対するメンテナンスを行っていく必要があります。
メンテナンスとして行うのが、日々のセルフケアと歯科で行うプロケアです。
プロケアの中でメインとなるのがPMTCと呼ばれるメンテナンスです。
予防歯科でセルフケア、プロケアの両方を行っていれば、歯本来の白さも維持できるので、見た目もキレイに維持することができます。

メリット3:健康寿命を延ばすことができる

歯の残存本数が多いほど健康寿命が延びることが近年の研究で分かってきました。
また、歯の残存本数が少ない人ほど、認知症になるリスクが高くなることも分かっています。
したがって、予防歯科で健康な歯を残すことは、老後の生活の質を向上させ、健康寿命を延ばすことができるのです。

メンテナンスの内容

メンテナンスには、日々自分でおこなうセルフケアと歯科の専門家により行うプロケアがあります。
主なプロケアの内容
 
  • ・口腔内検査で歯や歯茎の状態をチェック
  • ・口の中の状態に合わせた歯磨き指導
  • ・スケーラーという器具での歯石の除去
  • ・PMTCによる歯垢の除去
  • ・歯垢が溜まりやすい溝を樹脂で埋めて虫歯を防ぐシーラントという処置
  • ・高濃度のフッ素を塗布
上記が、専門医に行ってもらうプロケアの内容です。
自宅で行うセルフケアは、歯磨き指導を受けた内容を日々自分で実践することになります。
最後は、プロケアで行われるPMTCについて解説していきます。
 

PMTCとは?

聞きなれない言葉のPMTCですが、実は歯科医院へ通院している人ならほとんどの方が経験したことがあるであろうケアの一つです。
Pはプロフェッショナル(歯科医師、歯科衛生士)、Mはメカニカル(機械的)、Tはトゥース(歯)、Cはクリーニング(清掃)の略語で、プロによる機械的な歯の清掃を指します。
専門的な機械を使用するので、歯磨きでは落とすことの難しい歯石や磨き残した歯垢を落とすことが可能です。
強力な電動歯ブラシのような機械で、歯の表面を磨かれた経験はないでしょうか?
そのケアがPMTCです。
また、スケーラーという歯石を取る機械を使用するケアもPMTCの一部となります。
フッ素入りの研磨剤で歯の表面の歯垢を除去し、スケーラーで歯の間や歯と歯肉の間にある歯石取り除くことがPMTCのメイン作業です。

表面を磨く目的は、口の中で繁殖した菌が作るバイオフィルムを剥がすことです。
バイオフィルムが剥がれた歯はツルツルの状態となり、新たな汚れや菌が付着しにくい状態となります。
歯の表面も歯間も清掃したら、最後に高濃度のフッ素を塗布します。
清掃された歯はフッ素を取り込みやすい状態となっているため、定期的にPMTCを行うことが大切です。
高濃度のフッ素を定期的に取り込むことで歯面が強化され、結果的に口腔内のトラブルが起きにくい環境へと整えることが可能となります。
  歯石についてより詳しく知りたいという方は、別途コチラの「歯石とは?歯垢との違いや白い歯石と黒い歯石の違いを紹介」の記事をご覧ください。
 

健康な歯を守るためには「予防歯科」が大切

今回は予防歯科の目的や重要性、メンテナンスのPMTCについて解説しました。
健康寿命を延ばすことも可能な予防歯科、あなたも始めてみてはいかがでしょうか。
当院では、基本に忠実かつ丁寧な治療を通じて患者様への負担の少ない施術を行います。また予防歯科にも注力しており、患者様の天然の歯を守るべく歯のケアに対しての指導も行っております。
歯医者をお探しなら、ぜひ長崎県大村市の大村ファミリー歯科へご来院ください。

2021-12-15 14:34:09

折りたたむ

虫歯菌はうつる!主な感染源と対策の必要性

似たような食習慣でも、虫歯になりやすい人となりにくい人がいますよね。
実はその背景には、幼い頃からお口の中に「虫歯菌」がいるかどうかが大きく関わっています。
特に、子供の虫歯の発生は“歯磨きを毎食後していない”“甘いものを多く摂っている”などということよりも、この「虫歯菌」の有無によるところが大きいと言われています。
そこで今回は、子供の虫歯の発生と対策を3つのポイントに分けてまとめました。
保護者の方に知っておいてほしい、子供の虫歯リスクを減らすための大切な知識です。
子供の頃の過ごし方で、一生の口腔環境が決まるといっても過言ではありません。
お子様のお口の将来のために、ぜひチェックしてみてください。

虫歯菌は感染する

虫歯は、風邪などと同じように人からうつる感染症です。
生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中に虫歯菌は存在しないことがわかっており、虫歯菌は主に親から感染すると考えられています。
虫歯菌は硬い組織に棲む性質があるため、歯が生えていない赤ちゃんのうちは、口の中に入ってもとどまることができません。
しかし、乳歯が生え始めると虫歯菌への感染がスタートします。
歯が生え始めると虫歯菌の生育場所が増え、砂糖を摂る機会も増えてくるので、更に感染のリスクが高まります。

虫歯菌の母子感染

虫歯菌は、唾液を介して感染します。
特に、子供の頃の感染の多くを占めるのが「母子感染」です。
これは、子供に触れ合う機会が最も多い母親からうつることを指します。
母子感染のしくみを知り、未然に防ぐことで、子供に感染するリスクを減らすことができます。

母子感染のルート

普段、何気なく取っている行動が虫歯菌の感染につながっています。
考えられるパターンを見ていきましょう。
母子感染はどうやって起こる?
 
  • ・食べ物をフーフーして冷まして与える
  • ・スプーンや食器の使いまわし
  • ・食べ物の口移し
  • ・愛情表現のキス(口以外も含む)
また、母親に虫歯がある子供は、母親に虫歯がない子供と比べて虫歯になりやすいという研究報告もあります。
一度うつってしまった虫歯菌は後からなくすことはできません。
しかし、母親が持っているであろう菌の数を減らすことで、感染のリスクを下げることはできます。
母親に虫歯がある場合は早めに治し、できるだけ菌の数を減らしておくことが、母子感染を防ぐためにも大切です。

「感染の窓」とは

赤ちゃんは虫歯菌を持っていませんが、乳歯が生える1歳6ヶ月頃~2歳6ヶ月頃に虫歯菌への感染が増えることがわかっています。
この期間を「感染の窓」と呼びます。
この時期の感染の有無が将来の虫歯リスクを左右するため、とても大切な期間です。

2歳までの感染の有無を、4歳になったときの虫歯の本数を比較した研究報告があります。
2歳までに感染した場合は、しなかった場合のなんと16倍という結果が。
この結果は、早くに虫歯菌に感染すると、その分虫歯になるリスクも高くなるということを示しています。
3歳までに感染しなければ、大人になっても虫歯になりにくいとも言われています。
全く感染しないということは難しいですが、感染の時期をできるだけ遅くすることは重要です。

子供のオーラルケアにも気を配りましょう

いかがでしたでしょうか?
この記事を読んでいただくことで、子供の虫歯の発生と対策についてご理解いただけたと思います。
子供は元々、虫歯菌を持っていないため、感染をできるだけ遅くしてあげることが、将来の虫歯発生リスクを低くすることにつながります。
日頃から、ぜひ子供のオーラルケアにも気を配ってあげましょう。
当院では、基本に忠実かつ丁寧な治療を通じて患者様への負担の少ない施術を行います。また予防歯科にも注力しており、患者様の天然の歯を守るべく歯のケアに対しての指導も行っております。
歯医者をお探しなら、ぜひ長崎県大村市の大村ファミリー歯科へご来院ください。

2021-12-15 14:33:50

折りたたむ

虫歯を放置するとどうなる?虫歯がもたらす危険なリスク

歯みがきや食事、うがいの時に歯が痛むことで、初めて「虫歯かもしれない」と疑うケースが多いのではないでしょうか。
歯医者に行くと費用がかさむ、忙しくて時間が取れないなどの理由で、少しくらい放置しても大丈夫だろうと思う人もいると思います。
しかし、虫歯は放置している間にも進行し続けているのです。
場合によっては、一見すると関係ないように感じる大きな病気を引き起こす可能性も。
そこで今回は、虫歯放置によるリスクやあらゆる病気の可能性について紹介します。
虫歯は早期発見、早期治療が大切です。
虫歯がある方も、健康な口内環境の方も、ぜひ参考にしてください。

虫歯を放置するリスク

虫歯はいったんできると進行し続けるので、あらゆるリスクを回避するため、早期治療が大切です。
では、放置することで考えられるリスクにはどのようなものがあるのでしょうか。
放置するリスク
 
  • ・歯の神経が壊死する
  • ・激しい痛みを伴う
  • ・膿が溜まり、口臭が悪化する
  • ・抜歯の可能性がある
  • ・他の病気を引き起こす可能性がある
放置したままだと、虫歯の菌が歯の一番内側である歯髄に到達し、歯の神経が壊死する可能性があります。
神経が壊死することで痛みを感じなくなる場合もありますが、ほとんどは放置し続けることで我慢できないほどの痛みを伴い始めるでしょう。
また、膿が溜まることで口臭が悪化することも。
虫歯による口臭の原因は他にもあり、炎症した部分が腐ることも挙げられます。
炎症が引き起こす症状は、口臭悪化だけではありません。
炎症により顎や歯肉が腫れ、最終的には歯の根元まで虫歯の細菌が侵食することもあります。
この状態までくると、露出している部分の歯は根っこしか残らないほどになるため、可能な治療方法もなく、抜歯するしかありません。
また、虫歯の菌が体内に巡ることにより、別の大きな病気になってしまう可能性もあります。
これについては、次で詳しく解説してきましょう。

虫歯放置は大きな病気に至る可能性も

虫歯の怖いところは、口内のトラブルだけに留まらないことです。
神経が壊死することにより、虫歯の細菌に対抗した白血球が膿として残ります。
この膿が口内に留まったり体内を巡ったりすることにより、以下の症状や病気を引き起こす可能性が危惧されます。

頭痛や副鼻腔炎などの症状

口元から近い顔周辺は、虫歯の影響を強く受けます。
膿が溜まるとひどい臭いを感じるだけでなく、副鼻腔炎を引き起こすことも。
副鼻腔炎は鼻風邪の一種ですが、虫歯が原因で起こった場合は、虫歯の治療が終わらないと治りません。
虫歯により膿が溜まることで、頭痛や顔面痛が生じることもあり、これらも治療が終わるまで、痛みが継続します。

敗血症や脳梗塞などの病気

皮膚に覆われていない口内は、粘膜のすぐ下に毛細血管が通っています。
そのため、歯の奥深くまで虫歯が到達することで、細菌が血管を介し全身に巡ってしまうのです。
細菌に体の抵抗力が劣れば、敗血症を引き起こす可能性があります。
敗血症 は感染による生体反応のことで、臓器障害や機能障害意をきたす病気です。
ショック症状など、場合により死に至る可能性もあります。
他にも、細菌が侵入する場所が悪ければ、脳梗塞や心筋梗塞などを招く原因にもなりえます。
仮に、脳や臓器に侵入しなくても、血管内部で血栓を作る場合もあり、同様の病気を引き起こす原因にもなるでしょう。
このように、放置するという行為は、歯の寿命だけでなく他の病気を引き起こす可能性もあるため、とてもリスクが高い行為といえるのです。
 

虫歯が発覚したらすぐに歯科クリニックへ

今回は、虫歯を放置するリスクについて解説してきました。
早期治療の必要性がご理解いただけたでしょうか?
是非とも早急に治療し、健康な口内環境を維持するためにも定期検診を受けましょう。
当院では、基本に忠実かつ丁寧な治療を通じて患者様への負担の少ない施術を行います。また予防歯科にも注力しており、患者様の天然の歯を守るべく歯のケアに対しての指導も行っております。
歯医者をお探しなら、ぜひ長崎県大村市の大村ファミリー歯科へご来院ください。

2021-12-15 14:33:32

折りたたむ

知覚過敏の症状に対しての考えられる原因と治療法

虫歯はないはずなのに、冷たいものを食べたとき、歯磨きをしたときなどに、歯がしみたりピリッとした痛みを感じたりする、なんてことはありませんか?
その症状、知覚過敏かもしれません。
長く続く痛みではなく、刺激がなくなれば治まるため、気にはなるものの特に治療はしていないという人もいるでしょう。
しかし、知覚過敏を放置しておくと、さらに痛みが増すこともあるようです。
刺激があるからと歯磨きがおろそかになり、ひどい虫歯の原因になってしまうことも考えられます。
そこで今回ご紹介するのは、知覚過敏の症状と原因、治療方法について。
知覚過敏について詳しく理解したいという人は、ぜひ参考にしてみてください。

知覚過敏とは

知覚過敏とは、虫歯や歯の炎症といった症状がないにもかかわらず、特定の刺激により歯がしみたり痛みを感じたりすることを指します。
主な要因
 
  • ・冷たい食べ物や飲み物の摂取
  • ・熱い食べ物や飲み物の摂取
  • ・甘いものやすっぱいものの摂取
  • ・歯磨き
  • ・冷たい風や空気
一過性の痛みで刺激がなくなれば痛みも治まりますが、場合によっては歯磨きがつらいほどの痛みになることもあります。
虫歯との見分けがつきにくいのですが、虫歯の痛みは慢性的に続くケースが多いので、痛みの感じ方によって見分けることができるかもしれません。

知覚過敏の原因とメカニズム

知覚過敏は、歯の象牙質と呼ばれる箇所の露出が原因で起こる症状です。
象牙質には神経に通じる無数の穴が開いており、象牙質に受けた刺激が神経に伝わり、痛みを感じてしまいます。
これが、知覚過敏が起こるメカニズムです。
歯の象牙質が露出する主な原因は、エナメル質の摩耗と歯ぐきの後退の2つが挙げられます。
健康な歯の場合、歯はエナメル質に覆われ守られていますが、エナメル質が摩耗することで、中の象牙質が露出、刺激による痛みを感じやすくなります。
エナメル質が摩耗する原因
 
  • ・過度の歯磨き
  • ・歯ぎしり
  • ・食べ物や飲み物の酸による摩耗(酸蝕歯)
また、通常歯肉の中に隠れている歯の根元の象牙質はエナメル質に覆われておらず、歯ぐきが下がることにより、象牙質が露出することもあります。
歯ぐきが下がる原因
 
  • ・歯周病
  • ・加齢
  • ・噛み合わせ
  • ・歯磨き
知覚過敏は一過性の痛みのため、放置してしまう人も少なくありません。
しかし、刺激のひとつである歯磨きがおろそかになることにより、歯垢が蓄積、象牙質の神経の穴が広がり、痛みがもっとひどくなるという負のスパイラルに陥ることもあるため、できるだけ早く対処するのがベストです。

知覚過敏の治療法

治療方法に関しては、症状の程度によって変わります。
 

知覚過敏の原因療法

歯ぎしりや嚙みあわせ、歯周病などの改善を図り、知覚過敏の根本的な原因を取り除くのが原因療法です。
歯ぎしりが原因であれば、ナイトガードというマウスピースを使用し、歯ぎしりの改善を目指す、噛み合わせが悪いなら、歯や詰め物、被せものを削るなどして嚙み合わせを調整する、歯周病による歯ぐきの下がりが原因なら、歯周病治療をするなどして、知覚過敏の原因を取り除きます。
ひどい場合には、神経を抜くという対応になることも。
歯の神経を抜くことで、痛みを感じないようにするのが目的です。
しかし、神経を抜くと歯がもろくなったり虫歯の進行が早くなったりというデメリットもあるため、治療の施しようがないときの最終手段と考えておきましょう。

知覚過敏の対処療法

原因療法の場合、原因を取り除くまでに時間がかかるものもあり、それまで痛みを我慢し続けるのはつらいでしょう。
そのために、患部を保護して痛みを軽減させるのが目的の対処療法も行われます。
知覚過敏の対処療法
 
  • ・硝酸カリウムを配合した知覚過敏用の歯磨き粉を使用して、しみる症状を緩和する
  • ・露出した象牙質に薬剤やコーティング剤を塗り症状を抑える
  • ・詰め物で覆って症状を軽減する
歯の状態に応じた対処療法により、痛みを軽減することができるでしょう。

知覚過敏の放置は危険!

いかがでしたでしょうか?
この記事を読んでいただくことで、知覚過敏の症状や原因について理解いただけたと思います。
知覚過敏を放置すると、さらに症状がひどくなる可能性もあるでしょう。
歯の痛みは放置せず、早めに歯医者に相談するようにしてください。
当院では、基本に忠実かつ丁寧な治療を通じて患者様への負担の少ない施術を行います。また予防歯科にも注力しており、患者様の天然の歯を守るべく歯のケアに対しての指導も行っております。
歯医者をお探しなら、ぜひ長崎県大村市の大村ファミリー歯科へご来院ください。

2021-12-15 14:33:09

折りたたむ

親知らずの特徴によってもたらされる影響と抜歯のメリット・デメリット

大人になって生えてくることの多い、親知らず。
そんな親知らずが生えてくると、痛みが生じたり不快感があったりとトラブルに繋がることあります。
人によっては症状がない場合もあるので、生えてきた親知らずを抜いたほうがいいのか、そのままにしていいのか悩んでいる方は少なくありません。
しかし、親知らずを放置することで、痛みや不快感以外にもさまざまな症状が現れることがあります。
そこで今回は、親知らずの特徴や生えていることで周辺にもたらす症状について解説。
加えて、抜歯のメリット・デメリットも紹介していきます。
親知らずが生えてきて抜歯をするか迷っている方は、治療の参考にしてみてください。

親知らずとは

人間は、通常15歳頃までに上下28本の歯が生えてきます。 そして、20歳頃に永久歯の中で一番最後に生えてくるのが親知らずです。
親知らずの正式名称は「第三大臼歯」ですが、別名「親知らず」と呼ばれています。
その由来は、生えてくる年齢の頃には、自分で歯の管理ができるようになっていることが多いため、親の知らない間に生えるという説からきています。
また、人間の寿命が短かった頃には、親知らずが生えてくるときにはもう親は生きていない年齢だったためという説もあるようです。
生え方の特徴として、前から数えて8番目、歯の一番奥に生えてきます。
昔の日本人は、食事に硬いものが多かったため、丈夫な顎と32本の歯が必要でした。
そのため、親知らずは正しい場所に生えて役割を果たしていたようです。
しかし近年は、食事が柔らかくなり32本のうち親知らずの4本が必要なくなってきました。
また、食事が柔らかいことで噛む回数が減り、顎が小さくなる傾向にもあります。
顎が小さいことによって親知らずが生えるスペースが無くなり、親知らずが斜めや水平に生えたり、途中まで生えても歯肉がかぶさったままだったり、骨の中に埋まったままで生えてこないケースが多くなってきているようです。

親知らずがもたらす症状

次に、親知らずが生えているとどんな症状をもたらすのかをみていきましょう。
 

痛み・腫れ

親知らずは途中まで歯茎に埋まっていたり、真っすぐに生えてこなかったりする場合が多いため、周囲の歯茎に食べ残しが溜まりやすく炎症を起こしやすいといわれています。
親知らずの周囲の歯茎が炎症を起こすことによって、腫れて痛みがでることがあります。
また、親生えてくる際に周囲の組織や歯を圧迫してしまい、痛みを感じることもあるようです。

虫歯・歯周病

親知らずの周囲には歯垢が溜まりやすくなるため、虫歯や歯周病を起こす可能性が高くなります。
さらに、他の歯に比べて歯の質が弱いということも虫歯になりやすい原因のようです。
親知らずが虫歯になることによって、手前の歯にも虫歯や歯周病を引き起こしてしまうこともあるので注意しましょう。
 

歯並びが悪くなる

親知らずが手前の歯を押すように生えてくると、歯並びがずれ、その影響で前歯が重なることがあります。
歯並びがよかったはずなのに、大人になって悪くなったという場合は、親知らずが原因かもしれません。
また、歯並びがズレた状態でかみ合わせをすることで、顎がカクカクとしたり歯が異常にすり減ったりすることもあるようです。

口臭

親知らずが原因でなりやすい虫歯や歯周病は、口臭の発生源にもなります。
また、歯ブラシが届きにくいことから磨き残しが多くなり、歯茎の溝の部分などに蓄積された細菌が口臭の原因になることもあるようです。

口内炎

親知らずが頬の粘膜を刺激したり、噛み合わせの向かいの歯茎を噛んでしまったりすると、その部分が口内炎になってしまう可能性があります。

抜歯のメリット・デメリット

親知らずが原因で何かしらの症状が現れた場合は、抜歯をした方が良いといわれています。
そこで、ここからは抜歯のメリットとデメリットを紹介していきます。

親知らず抜歯のメリット

まずは、主なメリットからみていきましょう。
口臭予防になる
特に斜めや横向きに生えている親知らずがあると、歯ブラシが入りにくい歯周ポケットができやすいようです。
歯周ポケットがあると、歯磨きをしても磨き残しが出やすく口臭の原因となってしまいます。
親知らずを抜歯すると、歯ブラシが奥まで届くので口臭予防に繋がるでしょう。
歯周病のリスクが軽減する
親知らずが斜めや横向きに生えると、食べカスが入り込みやすくなり歯周病や炎症を起こしてしまう可能性があります。
そのまま放置していると、周囲の歯を溶かすこともあり隣の歯まで抜けてしまうことも。
親知らずを抜歯することで、こういった歯周病などのリスクを軽減することができます。
虫歯予防になる
磨きにくい親知らずとその隣の歯の隙間に食べカスが溜まってしまうと虫歯の原因となります。
症状が進むと、隣の歯の根の部分まで虫歯に浸食され、隣の歯まで抜かなければならなくなることもあるようです。
早めにことで、虫歯予防になることもメリットといえるでしょう。
小顔になる
親知らずを抜歯すると、隙間ができて歯を支える骨が痩せるため、人によっては小顔になることもあるようです。
 

親知らず抜歯のデメリット

続いて、考えられるデメリットも知っておきましょう。
 
抜歯後に痛みや腫れがでることがある
親知らずの抜歯後は、痛みや腫れを生じることがあります。
その場合、頬を冷やしたり処方された痛み止めを飲んだりするという対処が必要になるでしょう。
入れ歯やブリッジの土台が減る
入れ歯やブリッジをする場合は、土台となる歯が必要となります。
親知らずを抜くと土台となる歯が減ることになるので、将来治療の選択肢が狭くなる可能性も考えられるでしょう。

親知らずにお悩みの方は、まずはクリニックへ

いかがでしたでしょうか?
この記事を読んでいただくことで親知らずの特徴や抜歯のメリット・デメリットについてご理解いただけたと思います。
親知らずで悩んでいる方は放置せず、まずはクリニックへ相談し適切な治療を受けましょう。
当院では、基本に忠実かつ丁寧な治療を通じて患者様への負担の少ない施術を行います。また予防歯科にも注力しており、患者様の天然の歯を守るべく歯のケアに対しての指導も行っております。
歯医者をお探しなら、ぜひ長崎県大村市の大村ファミリー歯科へご来院ください。

2021-12-15 14:32:52

折りたたむ

親知らずは抜くべきか?抜歯が必要なケースと不要なケースの違い

親知らずは、正式名称を第三大臼歯と言い、最前方の前歯から数えて8番目の歯です。
永久歯の中でも最後に発育し、生える時期は10代後半から20代前半と人それぞれ。
もともと親知らずがない人や埋まっていて生えてこない人、4本キレイに生え揃う人など、個人差があります。
また、あごが小さいなどの理由からきちんと生えてこないことも多く、歯周病や虫歯などのトラブルが多いことが特徴です。
抜くべきかどうか悩んだ経験がある人も多いのではないでしょうか。
今回は、親知らずを抜くべきかどうかお悩みの方のために、抜歯が必要なケースと不要なケースを紹介します。
歯科医を受診する前に、少しでも情報がほしいという方は参考にしてみてください。

主な親知らずの生え方

一般的に親知らずは、上あごと下あごの左右1本ずつ、計4本あります。
一番奥に位置する歯なので、生えるスペースが限られており、ななめや横向きなどまっすぐ生えてこない人も少なくありません。
生え方は、大きくわけると以下の3パターンになります。

まっすぐ生えているパターン

親知らずがきれいにまっすぐ生えている人は、日本人では少ない傾向にあると言われています。
食生活の変化により、あごの骨が小さくなって親知らずが生えるスペースが狭くなっていることが要因と推察されています。

ななめに生えて、一部が埋まっているパターン

親知らずが一部見えた状態でななめに生えているということは、歯茎が部分的に被ったままの状態ということ。
そのような場合、歯磨きが難しいので不潔になりやすく、歯茎の炎症を起こしやすい環境を作ってしまいます。
親知らずが原因の炎症を「智歯周囲炎 」といいます。
重症化すると、顔がはれたり、口が開きにくくなったりするケースがあるようです。

歯が骨の中に埋まっているパターン

歯が骨の中に埋まっているパターンの場合もあり、このケースではレントゲン写真で確認することができます。
ほとんどの場合、様子見となるケースですが、他の歯に影響を及ぼす可能性があると判断されると抜歯となることもあります。

親知らずの抜歯が必要なケース

親知らずの抜歯は経験がある人もいると思いますが、決して気軽にできる行為というわけではありません。
正常な生え方をしていないときに行うことが多いため、他の歯の抜歯に比べて難しい処置です。
立派な永久歯を抜くので抜歯に時間がかかるケースもあり、その場合、体への負担も大きくなり、腫れや痛みを伴うなど多少のリスクが生じることもあります。
抜歯するかどうかは、自分のあごの形や歯並び、口の中の環境など、歯科医にきちんと診てもらって決めることが大切です。
ここでは、親知らずの抜歯が必要なケースをご紹介します。

横向きやななめに生えている場合

横向きやななめに生えている場合、歯が一部しか見えていない状態なので、歯間や歯茎に汚れがたまりやすく、手前の歯が虫歯になったり、歯茎が炎症を起こしたりするケースが多いです。
軽度なら治療で治す場合もありますが、炎症を繰り返す場合には、抜歯が適切と考えられます。

親知らずが虫歯や歯周病になってしまった場合

親知らずは、ブラッシングなど日々のお手入れが困難な位置にあることが多いので、他の歯に比べて虫歯のリスクが高くなってしまいます。
治療をしても再度虫歯や歯周病になる可能性もあるため、治療せず抜歯したほうがいいと判断されることがあります。

嚙み合わせに問題がある場合

歯は、まっすぐ生えて上下がうまく噛み合って正常な機能を果たせます。
いずれか1本だけ生えている状態だと、歯はどんどん伸びていき、歯茎や粘膜を傷つけてしまう可能性もあります。
痛みを引き起こす場合もあるので、嚙み合わせに問題があるときにも抜歯をおすすめします。

親知らずの抜歯が不要なケース

親知らずは、必ずしも抜歯が必要となるわけではありません。
では、抜かないで済むのはどのようなケースなのでしょうか。
抜歯が不要なケースをご紹介します。

まっすぐ生えて上下が嚙み合っている場合

上下ともにまっすぐ生えてうまく噛み合っている場合は、抜歯の必要はありません。
いずれか1本のみ生えている場合でも、お手入れが行き届いていれば、抜かなくても問題ないでしょう。

完全に骨の中に埋まっていて問題がない場合

親知らずが完全に骨に埋まっていて、痛みや腫れなどの症状がなく、まわりの歯や骨、歯茎に悪影響を及ぼさない場合も、基本的に抜歯は不要と考えられます。 今回は抜歯のメリット・デメリットについて紹介してきましたが、そもそも親知らずには抜歯が必要なケースと不要なケースが存在していることはご存知でしょうか?
親知らずの抜歯を検討中の方は、本当に抜歯をするべきかどうかの判断材料として、コチラの「親知らずは抜くべきか?抜歯が必要なケースと不要なケースの違い」の記事をご覧ください。
 

抜くべきかどうか、まずはクリニックに相談

いかがでしたでしょうか?
この記事を読んでいただくことで、親知らずは抜くべきかどうかご理解いただけたと思います。
親知らずは、そもそも生えているかどうかや生え方など、人によって状況はさまざまです。
抜くかどうか迷っている方は、まずはクリニックに相談してみるといいでしょう。
当院では、基本に忠実かつ丁寧な治療を通じて患者様への負担の少ない施術を行います。また予防歯科にも注力しており、患者様の天然の歯を守るべく歯のケアに対しての指導も行っております。
歯医者をお探しなら、ぜひ長崎県大村市の大村ファミリー歯科へご来院ください。

2021-12-15 14:32:34

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5