訪問歯科
EPARK歯科
短期治療、痛みの少ない治療 tel:0957-52-8148 長崎県大村市幸町25-200 イオン大村店2F
〒856-0836
長崎県大村市幸町25−200 イオン大村店 2F

休診日

年中無休

診療時間

10:00 - 13:00 / 15:00 - 22:00

大村市の歯科「大村ファミリー歯科」は夜間診療22時まで対応

HOME

診療時間・地図

ブログ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

根尖性歯周炎とはどんな疾患?原因や症状、治療法も紹介

歯肉の腫れや痛みなど、お口の中の変化は気になるものですね。
これらは虫歯や歯周病などのほか、根尖性歯周炎による症状である可能性も否定できません。
「根尖性歯周炎ってどんな治療が必要なの?」「歯は残せるの?」 などさまざまな疑問があるでしょう。
ここでは、根尖性歯周炎の原因や症状、治療法などについて詳しくご紹介していきます。
現在すでに症状がある方や、無症状で根尖性歯周炎と診断された方向けの内容となっています。
根尖性歯周炎は、ひどくなると抜歯が必要になることもあるため、早期に治療をできるようぜひ目を通してみてください。
 

根尖性歯周炎とは

根尖性歯周炎とは、根尖(歯の根元側の尖端)周囲で起こる炎症のことを指します。
歯の炎症が骨の中にまで広がって骨を溶かし、膿がたまるのが特徴です。
レントゲンでは、炎症により骨が溶けて膿がたまった部分が黒くうつるといった所見が確認できます。
症状がひどいものを急性根尖性歯周炎、症状がゆるやかなものを慢性根尖性歯周炎と呼んでいます。
いずれもかなりひどい状態だということがおわかりいただけたと思いますが、根尖性歯周炎は症状が出ず気づかれないこともあるのです。
しかし、炎症は徐々に広がっており、自然に治らないため放置は禁物です。
根尖周囲の炎症は、血液の流れにのって全身に運ばれ、心筋梗塞や誤嚥性肺炎などを引き起こす可能性があります。
 

根尖性歯周炎の原因

根尖性歯周炎は、主に細菌感染や神経が機能しなくなった場合などに起こります。
細菌感染の場合は、細菌が歯の中を通る根管(神経の管)に感染し、さらに歯の周りにある組織に入ることで起こります。
根尖性歯周炎の原因を見ていきましょう。
 

原因1.虫歯

虫歯を治療しないままにしておくと、虫歯菌は歯の神経に感染します。
感染により神経が機能を失うと、痛みは出ないことも多いです。
しかし、増えた虫歯菌は根尖から毒素を出し続けます。
そして周囲の骨に炎症が広がることで、根尖性歯周炎となります。
 

原因2.虫歯の治療後

虫歯治療では、歯の神経をできるだけ残すように治療を行います。
しかし、虫歯の範囲が広い場合は、神経が影響を受けて機能しなくなってしまうことも。
神経が機能しなくなると、根尖性歯周炎になります。
 

原因3.外傷などのダメージ

歯は、外傷などの強い衝撃により欠けたり折れたりことがあります。
そしてその断面部分から細菌が入ってしまうと、神経に感染。
感染により神経が機能しなくなることで、根尖性歯周炎が引き起こされます。
また、歯が欠けたり折れたりしなくても、根尖部分がダメージを受けて神経が機能しなくなり根尖性歯周炎につながることがあります。
 

原因4.複雑な歯科治療

複雑な歯科治療により、根尖性歯周炎になることもあります。
主に、虫歯の影響が神経に達している場合に行う根管治療などです。
根管治療については根尖性歯周炎の治療法のところで後述しますが、簡単に説明すると細菌を取り除くための治療です。
複雑な症例では細菌が残ってしまうことがあり、根尖性歯周炎となります。
 

原因5.根管治療後

根管治療後、細菌数は減りますが、治療後に根尖性歯周炎を起こすことがあるため注意が必要です。
体が取り除ききれなかった細菌とたたかおうとして働いた結果、根尖性歯周炎の症状が出ることもあります。
 

根尖性歯周炎の症状

症状は炎症の進行度によって異なります。
比較的軽い症状から順に見ていきましょう。
 

症状1.歯が浮く感覚

歯の根元付近に膿がたまることで歯が浮くように感じます。
膿があるため、歯に圧力がかかるからです。
歯が浮く感覚は、初期の段階から見られる症状です。
 

症状2.痛み

痛みも比較的初期の段階から見られる症状です。
最初は食べ物を噛むときに感じる程度ですが、進行に伴い常時ズキズキと痛むことがあります。
痛みは、歯の根元部分にある組織が炎症を察知することで起こります。
 

症状3.歯肉の腫れ

炎症により膿がたまることで、歯の根元あたりの歯肉が腫れます。
多くの膿がたまると、痛みが増強されます。
 

症状4.顔の腫れ

顔の腫れは、炎症が骨の外まで及ぶことにより起こります。
腫れがひどくなると、目や口が開けられなくなることもあります。
 

症状5.膿が出る

たまった膿により、歯茎にはおできができます。
おできは、膿の出口と言えばわかりやすいでしょうか。
できたおできが破れると臭いのある膿が出ます。
膿は、口臭の原因となります。
膿が出ると一時的に痛みは落ち着きますが、自然治癒することはないためそのままにしてはいけません。
 

症状6.発熱・倦怠感

炎症がひどくなると、顎の下にあるリンパ節が腫れて発熱することがあります。
高熱であることが多く、倦怠感を伴うのも特徴です。
 

根尖性歯周炎の治療法

根尖性歯周炎の治療法をご紹介します。
ひどい炎症がある急性根尖性歯周炎の場合、まずは炎症に対し治療を行うのが一般的です。
 

治療1.急性根尖性歯周炎の治療

感染による炎症を抑えるために、抗生剤や鎮静剤などを使います。
抗生剤を内服すれば、症状は一旦おさまるでしょう。
また、膿がたまっている場合は歯肉を切開して膿を出します。
切開は痛みがありますが、一瞬で終わります。
薬の投与や膿を出すなどの治療は、あくまでも根管治療の前段階として一時的に症状を抑えるためのものであり、根本的な解決にはなりません。
 

治療2.根管治療

急性根尖性歯周炎の症状を鎮めたあとに、根管治療に入ります。
 

根管治療とは

根幹治療とは、感染を起こしている神経や血管などをかき出して取ることで、増殖した細菌を減らす治療です。
「神経を抜く」治療として知られています。
厚生労働省の患者調査(平成29年)によると、約18%の方が受けている治療 です。
神経をかき出したあとは、歯の根元部分をきれいに消毒します。
 

根管治療の流れ

治療の流れは以下の通りです。
 
  1. 神経や血管などを削って取る
  2. 唾液が入らないようにゴム製のシートを歯に装着する
  3. 根元部分をきれいにする
  4. 根本部分に感染予防の薬を詰める
  5. 被せ物をする
根管治療は難易度が高い治療です。
再感染を起こさないように細心の注意を払って治療を行います。
 

治療3.抜歯

根尖性歯周炎が根管治療で治らない場合は、残念ながら抜歯が必要となることがあります。
そのほかに抜歯が必要となるケースは、以下の通りです。
 
  • 歯周病が進行しており骨で歯を支えられないケース
  • 歯の根元部分がほとんど溶けてしまっているケース
  • 歯が割れているケース
根尖性歯周炎になったときに根管治療を受けられるよう、普段から歯の健康を維持することが大切になってきます。
 

歯の違和感や痛みなどがある場合は早めの歯科受診を

いかがでしたでしょうか。
この記事を読んでいただくことで、根尖性歯周炎とは何か、また症状や原因、治療法までがおわかりいただけたと思います。
根尖性歯周炎は、お口の中だけの問題だけではなく、体全体に影響を及ぼす可能性があります。
そのため、根管治療ができるうちに治療を開始することが大切です。
当院では、さまざまな治療をする際に歯の保存を第一に考えています。
根管治療も例外ではありません。
記事内の症状を見て「根尖性歯周炎かもしれない」と不安に思われた方、そして丁寧で精密な根管治療をご希望の方はぜひご相談ください。
長崎県大村市で歯医者をお探しの方は、ぜひ大村ファミリー歯科までご来院ください。

2021-11-10 08:53:00

コメント(0)

折りたたむ

インプラント施術後のメンテンスの内容と必要性を解説

みなさんは、歯が抜けてしまった時の治療法と聞いて、どんな治療法を思い浮かべますか?
インプラントは、抜けた歯の治療法として有名です。
ほとんど歯を削らずにすみ、取り外しがなく利便性も良いことを理由に、多くの人から選ばれています。
治療法としてはよく知られていますが、「施術後のメンテナンスが大切」 と耳にしていても、その理由についてあまり知らない人は多いようです。
そこで今回の記事では、施術後のメンテナンスについて詳細を知りたいと思っている人のために、インプラント治療のながれからメンテナンスが必要な理由について紹介します。
抜けたままの歯があり放置してしまっている人、インプラント治療に踏み出せない人など、他の治療法と検討している人も、ぜひチェックしてみてください。
 

歯が抜けたまま放置するとどうなるか

歯が抜けてしまった時、「食事に問題がないから、そのままで大丈夫」、「痛み・腫れがないから、そのうちに歯医者に行こう」などの考えから、放置してしまう人が稀に見られます。
しかし、歯が抜けたままの状態を放置しておくと、後悔することが多々あります。
歯が抜けていることで、噛み合わせや歯並びを悪化させるだけでなく、身体や見た目にも悪影響を及ぼします。
例えば、次第に会話がしづらくなったり、口臭の原因にもなったりすると言われています。
また、だんだんと歯茎の位置が下がってしまうことから、老け顔に見えてしまうというデメリットも考えられます。
 

治療法としてどのようなものがあるのか

何らかの理由で、歯を失った時の治療法にはいくつかの選択肢があります。
 
  • 入れ歯
  • ブリッジ
  • インプラント
上記の治療法には、それぞれメリット・デメリットがあり、抜けてしまった歯の本数や周囲の歯の状態によって、最適な治療法が異なります。
 

インプラント治療とは

そこで、今回は歯を抜けてしまった場合の治療法として注目される、インプラント治療に関して詳細をご紹介します。
 

インプラント治療の良さ

インプラント治療は、自由診療のため治療費が高額になる点がデメリットとして挙げられますが、入れ歯やブリッジなどの他の治療法と比較すると、いくつか大きなメリットがあります。
 
  • 食べものを、自分の歯で噛んでいる感覚を取り戻せる
  • セラミックなど、人工歯の見ためが美しい
  • 周囲の歯を削ったりダメージを与えたりしない
  • 食事の前後、取り外す面倒がない
インプラント治療の最大の魅力は、人工歯が自立しているため、自分の歯でしっかりと食べものを噛んでいる感覚が取り戻せることです。
そして、セラミックなどの人工歯はつるつると見ためが美しく、もちろんその歯が虫歯になる心配もありません。
また、他の治療法と比較すると、インプラントの良さが見えてきます。
例えば、ブリッジ治療では周囲の歯を削らなければならないケースが多いですが、インプラントではその必要がありません。
もちろん、入れ歯のように人工歯が取れることはないので、食事前後の取り外しの煩わしさを感じることもありません。
 

インプラント治療のながれ

インプラント治療のながれを簡単に説明します。
まずカウンセリングからスタートし、そこから検査開始です。
一次処置として歯の根となるインプラント体を埋め込み、インプラント体が骨と結合するのを待ちます。
この待機期間は個人や歯医者によってそれぞれですが、平均で2~3ヶ月程度です。
それから二次処置で歯茎を調整したのち、土台を取り付け、被せ物を装着して治療完了です。
 

施術後のメンテナンス

インプラント治療の後は、定期的に歯医者に通い、治療部位の診察やメンテナンスを行う必要があります。
 

メンテナンスでは、何をするのか

メンテナンスでは、腔内環境維持のためにブラッシング指導が行われ、インプラント周りの歯石や歯垢の塊、着色などを除去する作業がされます。
歯周病や虫歯のそもそもの感染源をなくすことで、これらにかかるリスクを下げるのです。
 

なぜ、メンテナンスが必要か

インプラント治療後には、なぜメンテナンスが必要となるのでしょうか。
インプラントは人工歯のため、その歯自体が虫歯になることはありません。
しかし、インプラント治療をした周りには、歯石などが溜まりやすく、インプラント周囲炎という炎症が起きやすい状態になっています。
インプラント周囲炎になると、歯周病のように歯肉が腫れたり、出血が起きたりすることがあります。
そのまま放置すると、インプラントの周りの歯槽骨の破壊が進んでしまい、インプラントが抜け落ちてしまうケースもあるのです。
そのため、インプラントの施術後1ヶ月、3ヶ月、半年、1年と定期的にメンテナンスに通うことが大切です。
 

メンテナンスによってインプラントの寿命が変わる

実は、メンテナンスの頻度や内容が、インプラントの寿命に大きく関わると言われています。
インプラントの平均寿命は約10~15年と言われていますが、毎日のブラッシングや定期検診に通うことで、より長く維持することができるのです。
インプラントを少しでも長持ちさせるためにも、自宅でのケアや歯医者への検診は怠らないようにしましょう。
 

インプラント治療後は、継続したメンテンスが重要

いかがでしたでしょうか? この記事を読んでいただくことで、インプラント治療と施術後のメンテナンスの必要性についてご理解いただけたと思います。
インプラント施術後は定期的にメンテナンスを受け、口内環境を清潔に保ちましょう。
当院では、インプラント治療を希望する場合は、長崎大学歯学部への紹介を行っています。
また、歯をほとんど削らない、取り外しなどの煩わしさがない治療法として、ヒューマンブリッジの提案もしています。
長崎県大村市で歯医者をお探しの方は、ぜひ大村ファミリー歯科までご来院ください。
 

2021-11-10 08:53:00

コメント(0)

折りたたむ

歯が抜けたままだとどうなる?想定されるリスクと治療法

歯が抜けてしまったものの、「特に不自由もないから」とそのままにしてい ませんか? 歯がなくて困ることもなく、痛みもない、歯科医院に通う時間もないとなれば、放置してしまうこともあるでしょう。
しかし歯を抜けたままにしておくことは、さまざまなリスクを高めてしまう行為。
時には抜けた場所だけではなく、他の歯にも影響することもあるのです。
本記事では、歯が抜けてしまう原因から、放置することで想定されるリスク、その治療法まで解説していきます。
抜けたままの歯がある方もこの記事を参考にしてきちんと治療し、健康な口内環境を目指しましょう。
 

歯が抜ける原因

そもそも歯が抜けてしまう原因には何があるのでしょう? 公益財団法人8020推進財団が行った「第2回永久歯の抜歯原因調査」 によると、その内訳は以下の通りになります。
 
  1. 歯周病37.1%
  2. う蝕(虫歯)29.2%
  3. 破折(歯の折れ・かけ)17.8%
  4. 埋伏歯(埋まっている親知らず)5%
  5. 矯正1.9%
調査の結果から、歯周病・虫歯は歯が抜ける原因の中で大きな割合を占めていることがわかりました。
年齢別に見てみると、40歳以降はう蝕の割合が減り、80歳以降でまた増加。
歯周病と破折は、35歳以降年齢と共に増えています。
また矯正は、20歳未満で他の年代よりも高い割合となっていました。
 

歯が抜けたまま放置するリスク

続いて、歯が抜けたまま放置するリスクについて解説します。
 

リスク1:嚙み合わせの悪化

歯が抜けた部分は噛み合わせることができなくなり、噛み合わさっていた歯が伸び出る恐れがあります。
また抜けた歯の隣にある歯が傾く、移動することでより噛み合わせが悪化し、顎関節症などを引き起こすのです。
 

リスク2:顔の見た目の悪化

本来あるべき場所に歯がないこと、さらに嚙み合わせの悪化によって見た目にも変化がでてしまいます。
顔のバランスが崩れてゆがんだように見えたり、歯が抜けた場所によっては笑ったときの見た目も損なわれたりします。
また噛む力が弱くなることで顔の筋力も低下し、しわやたるみが増え、頬も下がり、顔が老けて見える可能性もでてくるのです。
 

リスク3:口臭の悪化

歯が抜けた穴に食べカスがたまっていきます。
歯磨きやうがいである程度は取り除けますが、完全には取り除けないため、食べカスから発生した異臭で口臭が悪化するのです。
 

リスク4:虫歯・歯周病

歯が抜けた穴に食べカスが残っていると、周囲の歯にも悪影響を及ぼします。
その部分が感染の元となり、他の歯が虫歯や歯周病になる、または悪化させることも考えられます。
 

リスク5:消化器への負担

食べ物がよく噛めなくなるため、消化器にも負担がかかり、胃腸の病気を引き起こすこともあります。
 

リスク6:痴呆症

嚙み合わせが悪くなって嚙む力が弱くなると、脳へ刺激が行きにくくなり、痴呆症の原因となるとされています。
歯を失ったままでは、きちんと治療した場合と比べ痴呆症の発症リスクが1.9倍になるとの調査もあるので、影響は大きいと言えます。
 

リスク7:発音障害

歯が抜けて隙間ができるとその部分から空気が抜けてしまい、発音がしにくくなり、発音障害になってしまうこともあります。
 

リスク8:治療費が高額

歯を抜けたままにすると、口の中の環境や歯並びの変化によって、これまで挙げてきたようなさまざまなトラブルが起こります。
トラブルが進行するほど治療にも時間がかかり、結果として治療費が高額となるケースが多いのです。
 

歯が抜けたときの治療法

適切な治療法とは、どのようなものなのでしょうか? それぞれの治療法について、メリットやデメリットに触れながら見ていきます。
 

治療法1:インプラント

歯が抜けた部分に、人工的な歯の根元を埋め込み、人工的な歯の被せ物をつける施術です。
インプラント治療には、以下のようなメリットがあります。
 
  • 本物の歯に最も近いつくりなので見た目に違和感が出にくく、噛み合わせも安定する
  • 抜けた歯のみに施術するため、周囲の歯を傷つけない
  • 自分の歯と同じように食事を楽しめる
  • きちんと噛めるので、しわやたるみを防げる
  • メンテナンスさえすれば、半永久的に使える
  • 隙間が埋まり、しっかり発音できる
続いて、デメリットは以下の通りです。
 
  • 歯の根元を埋めこむ手術を行わなければならない
  • 骨組織の再生治療を行う必要がある場合は、治療期間が長くなる
  • 治療費が高額となるケースが多い
  • 事前に行う検査によっては、施術できないことも
インプラントは、より元の歯に近い状態に戻したい方にぴったりです。
 

治療法2:入れ歯

入れ歯は、複数の歯が抜けた場所に人工樹脂で繋げた人工歯を入れ込み、固定する治療法です。
すべての歯がなくなっているときは総入れ歯、一部分のみ歯がないときは部分入れ歯を使用して治療します。
入れ歯には以下のようなメリットがあります。
 
  • 一部保険適応のため、治療費が安価になるケースが多い
  • さまざまな形状のものがあるため、症状や口内のつくりに合わせたものができる
  • ブリッジ治療では対応できない3本以上の歯に対応可能
続いて、デメリットは以下の通りです。
 
  • 取り外してのお手入れが必須
  • 顎の骨が後退し、安定しないことがある
  • 本来の歯と同様には噛めないため、顔が老けてしまう恐れがある
  • 慣れるまで違和感がある
  • 固定する金具に食べカスがたまり、周囲の歯が虫歯になりやすい(部分入れ歯)
  • 入れ歯を固定する歯の寿命を縮めてしまう(部分入れ歯)
  • 金具部分の見た目が悪い(部分入れ歯)
  • 入れ歯が外れ、食事や会話がしにくくなることがまれにある(総入れ歯)
  • 味がわかりにくかったり、固いものが噛みにくくなる(総入れ歯)
入れ歯は、複数の歯の治療が必要かつリーズナブルに済ませたい方におすすめの治療法です。
 

治療法3:ソケット

歯茎に独自のシリコーンを用いた、新しいタイプのやわらかい入れ歯です。
ソケットには以下のようなメリットがあります。
 
  • 最短2回の通院で完成する
  • 歯を削らないので、歯の寿命が縮まらない
  • 噛んだときに痛みがなく、固いものもよく噛める
  • 強度や耐久性が高い
  • 口を開けても目立ちにくい
またデメリットは以下の通りです。
 
  • 保険適用外のため、治療費が高額
  • 定期的なお手入れが必須
1~2本の歯が抜けており、できるだけ早く痛みのない仕上がりにしたい方に向いています。
 

治療法4:ブリッジ

抜けた歯の両隣の歯を削り、抜けた歯と削った両隣の歯に繋がった被せ物をする治療法です。
入れ歯と異なり取り外し式ではありません。
ブリッジには以下のようなメリットがあります。
 
  • 治療の場所によっては保険適応のため、治療費が安価になるケースがある
  • 入れ歯よりも安定感があり、違和感も出にくい
  • インプラントよりも短期間で施術できる
デメリットは以下の通りです。
 
  • 両隣の健康な歯を削る必要がある
  • 両隣の歯の寿命が縮む
  • 歯の間に隙間ができてしまい、発音しにくい可能性がある
  • ブリッジと歯茎の隙間に食べカスが詰まり、虫歯や歯周病につながることがある
抜けている歯が1~2本で、できれば安価に治療したい方に合った治療法です。
 

歯は抜けたままにせず、早めに歯科医院で治療を

本記事を通じて、歯を抜けたまま放置するリスクや治療法について理解できたのではないでしょうか? 歯を抜けたままにしておくと、さまざまなリスクを引き起こす恐れがあります。
抜けたままにせず早めに適切な治療を行うようにしましょう。
当院では近年注目のコンフォートソケットを取り扱うなど、歯が抜けた場合にも安心して治療を受けることができます。
長崎県大村市で歯医者をお探しの方は、ぜひ大村ファミリー歯科までご来院ください。

2021-11-10 08:53:00

コメント(0)

折りたたむ

歯周病で高まるアルツハイマー型認知症の発症・悪化リスク

歯周病 は、細菌の感染によって炎症が引き起こされ、歯肉や歯を支える骨などが溶けてしまう病気です。
30歳以上の約8割が患っているほど身近な歯周病ですが、進行すると歯がグラグラしたり、膿が出たり、最後には歯を抜かなければならなくなったりする怖い病気でもあります。
また最近の研究で、歯周病が認知症の発症や悪化のリスクを高めることがわかりました 。
進んだ歯周病を長年放置していて認知症になってしまうのでは…と心配な人、歯周病菌が認知症の原因になる詳しい理由を知りたい人などのために今回は、歯周病と認知症の関係について解説します。
歯周病の予防方法もご紹介するので、ぜひ参考にしてください。
 

そもそも歯周病とは?

歯周病は、歯肉のまわりに炎症を引き起こし、最終的に歯を失う原因になる病気です。
もともと口の中には、約400~700種類の細菌が存在しています。
細菌といっても、普段は悪さをすることはほぼありません。
しかし日々の歯磨きが十分でなかったり、砂糖を過剰に摂取したりすると、歯の表面にネバネバとした歯垢がたまります。
この歯垢には、1mgに約10億個の細菌がすみついているといわれています。
歯垢を放っておくと、やがて歯石という石灰化した塊に変化していくのです。
そして、歯垢や歯石の中で大量に繁殖した細菌によって、歯肉に炎症を引き起こされる病気が歯周病です。
歯周病になると歯肉のまわりが炎症を起こして赤くなったり、腫れたりしますが、ほとんどの場合、痛みがないのが特徴です。
そして歯周病が進行すると歯が揺れたり、膿が出たり、歯を支えている骨が溶けたりし、最終的には歯を失ってしまいます。
 

歯周病とアツルハイマー型認知症の関係とは?

結果的に歯を失う原因になる歯周病ですが、その影響は口の中に留まりません。
実は、最近の研究から歯周病がアルツハイマー型認知症の発症や悪化のリスクを高めることわかってきました。
認知症には4つの種類がありますが、中でも患者数が最も多いのがアルツハイマー型認知症です。
 

歯周病がアルツハイマー型認知症の原因に

アルツハイマー型認知症は、アミロイドβというタンパク質が脳内に蓄積することで発症します。
アミロイドβは、健康な人の脳にも存在しますが短期間で排出されます。
しかし、何らかの理由で排出されずに蓄積すると、脳細胞が壊されて、脳の認知機能が低下してしまうのです。
アミロイドβが脳に蓄積される原因は全て解明されている訳ではありませんが、ある大学によるマウスを用いた研究によって、歯周病菌がアミロイドβの産出・蓄積を促進させるメカニズムが判明しました。
つまり、アルツハイマー型認知症の発症や悪化に歯周病菌が直接的に関与している可能性があると考えられるのです。
 

特に45歳以上は歯周病に要注意!

日本の成人の約8割が罹患しているといわれる歯周病。
2016年に行われた歯科疾患実態調査によると、特に45歳以上の約半数の人が歯周病であるという調査結果が得られています。
そして実は、先ほどのマウスを用いた研究において、若いマウスと中年マウスの両方に歯周病菌を慢性投与したところ、アミロイドβが蓄積したり、認知症のような症状を発症したりしたのは中年マウスのみだったという結果が得られています。
つまり、歯周病を原因とするアルツハイマー型認知症の発症や症状の悪化は、誰にとっても他人事ではないということです。
認知症は、20年以上の長い期間をかけて発症にいたる場合もあります。
そのため特に45歳以降は、歯周病にならないよう予防対策を行う必要があるといえるでしょう。
 

歯周病の予防方法

歯周病を予防するには、歯垢がたまらないよう口の中を清潔に保つことに尽きます。
そして口の中を清潔に保つためには、毎日のセルフケアと定期的な歯科受診が大切です。
 

歯磨きによるセルフケア

毎日の正しい歯磨きにより、歯の表面を歯垢のない清潔な状態に保つことは歯周病予防の第一歩です。
歯垢は粘着性が高く、強くうがいをしても落とせるものではありません。
正しいブラッシング方法で歯を磨き、歯垢を除去しましょう。
特に歯垢のたまりやすい以下の部分は重点的に磨くことが大切です。
 
  • 歯と歯の間
  • 歯の表面にある小さな溝
  • 歯と歯肉の間にある溝(歯周ポケット)

定期的な歯科受診

日々のセルフケアとともに大切なのが、歯科医院で定期的なメンテナンスを行うことです。
歯科医院では、歯磨きでは落としきれない歯石の除去や歯科衛生士による歯面清掃などの歯のクリーニングを行って歯周病を予防します。
また、歯科医院で行っているブラッシング指導を受け、歯磨きの正しい方法を習得することも歯周病予防に効果的です。
毎日歯磨きをしているのに歯周病や虫歯を繰り返している人は、歯科医院でのブラッシング指導を受けることをおすすめします。
 

歯周病を予防して健康的な生活を

いかがだったでしょうか? 歯周病がアルツハイマー型認知症の発症リスクを高めることをおわかりいただけたと思います。
歯周病を原因とするアルツハイマー型認知症の発症を防ぐためには、毎日の正しい歯磨きと定期的な歯科受診で口の中を清潔に保つことが大切です。
当院では、歯石除去や歯科衛生士による歯面清掃、ブラッシング指導などを行っています。
長崎県大村市で歯医者をお探しの方は、ぜひ大村ファミリー歯科までご来院ください。

2021-11-10 08:52:00

コメント(0)

折りたたむ

ブリッジ治療とは何?メリット・デメリットを紹介

事故などさまざまな理由で歯を失った時の、代表的な治療法となっているブリッジ治療 に関して紹介します。
ブリッジ治療は、どんなケースで選ばれることが多く、どんな人にはおすすめできないのか、メリット・デメリットが分かりづらく、悩んでいる人もいるでしょう。
そこで今回は、ブリッジ治療に関して詳しく知りたいと思っている人のために、その特徴についてまとめました。
ブリッジ治療の寿命や、最新のヒューマンブリッジについても簡単に触れています。
ブリッジ治療に踏み出せない人や、入れ歯やインプラントなど、他の治療法と検討している人は、ぜひチェックしてみてください。
 

ブリッジ治療とは

ブリッジ治療とは、事故や抜歯が原因で、歯を失った時の治療法の一つです。
別名、冠橋義歯(かんきょうぎし)・架工義歯(かこうぎし)とも呼ばれています。
失った歯の両隣にある歯に支えられる形で、人工歯を接着した固定式の方法です。
歯が抜けてしまった場合のメジャーな治療法として知られており、他には入れ歯、もしくはインプラントなどの治療法の選択肢があります。
 

ブリッジ治療のメリット

はじめに、ブリッジ治療のメリットをいくつかご紹介します。
 
  • 自分の歯と同じ感覚で食べものを噛める
  • 他の治療法と比べると、治療期間が短くて済む
  • 見ための仕上がりが、ほとんど自分の歯のように見える
ブリッジ治療は、少ない歯の欠損に最適な治療法と言われています。
固定式のため、入れ歯のように食べものを噛む時の違和感などはほとんどありません。
まるで、自分の歯で噛んでいるような感覚を得られます。
また、外科処置がないため、治療も短期間で済むことが多くなっています。
入れ歯のように取り外しの煩わしさもない点も、ブリッジ治療が選ばれる理由の一つです。
 

ブリッジ治療のデメリット

続いて、ブリッジ治療のデメリットをご紹介します。
 
  • 健康な歯を削るケースがある
  • 多数の歯が抜けている場合には対応できない
ブリッジ治療は、少数の歯の治療には向いていますが、両隣に土台になる歯が必要であるため、連続して多数の歯がない場合は治療できません。
また、両隣で支える歯に負担がかかることも懸念されており、ブリッジ治療のために周囲の歯を削る必要があるケースも多いです。
その場合、削ってしまった歯が虫歯・歯周病になる可能性も高いと言われています。
極端に言えば、両隣にある歯の寿命を短縮することになり、最悪なケースとしては負荷がかかることから、健康な両隣にある歯が割れてしまうこともあります。
 

ブリッジ治療の寿命

ブリッジ治療の寿命は、約7年、長くても10年程度と言われています。
噛み合わせ調整や被せ物の精度、メンテナンスも影響するため、寿命の個人差が大きいです。
歯を失った場合に挙げられる治療法の寿命は、入れ歯が約4年、インプラントが約10~15年程度と言われています。
ブリッジ治療はインプラントと比較すると、平均寿命は短いです。
その理由は、人工歯が両隣の歯で支えられているか、自立しているかの違いが影響しています。
両隣の歯に支えられている分、ブリッジ治療は人口歯が破損しやすいと言われています。
また、両隣で支えている歯に何か支障があると、ブリッジ治療がやり直しとなるケースも少なくありません。
ブリッジ治療の寿命を保つためには、定期的なメンテナンスが必要です。
毎日の歯磨きはもちろんのこと、歯科医院での噛み合わせチェックやクリーニングの受診が重要でしょう。
 

歯をほとんど削らないヒューマンブリッジもおすすめ

いかがでしたでしょうか? この記事を読んでいただくことで、ブリッジ治療に関してご理解いただけたと思います。
今回ご紹介した通り、歯を失ってしまった時の方法はブリッジ治療に限らず、いくつか選択肢があります。
それぞれの治療のメリット・デメリットを把握し、自分に合った治療法を選びましょう。
また、ブリッジ治療の利便性は魅力的だけど、歯を削ることに抵抗感がある人には、「ヒューマンブリッジ」もおすすめです。
当院では、歯をほとんど削らない、取り外しなどの煩わしさがない治療法として提案しています。
歯を抜けてしまった時の治療法について悩んでいる人は、ぜひお気軽にご相談ください。
長崎県大村市で歯医者をお探しの方は、ぜひ大村ファミリー歯科までご来院ください。

2021-11-10 08:52:00

コメント(0)

折りたたむ

シーラントとは?メリット・デメリットもあわせて解説

子どもの虫歯のなかでも、乳歯の虫歯は「いずれ永久歯に生えかわる」と軽視されがちです。
乳歯はたしかに永久歯に生えかわります。
しかし、虫歯の影響はそのときだけのものではなく、永久歯に生えかわったあとの歯並びや虫歯の発生にまで及ぶこともあります。
今回は、子どもの虫歯を予防するための治療であるシーラントについてまとめました。
「シーラントとは?」「メリット・デメリットは?」「何歳からできるの?」 など、さまざまな疑問があるでしょう。
それらをすべて解決できるような内容となっています。
子どもの虫歯予防に興味がある方、シーラントをご検討中の方は、ぜひ目を通してみてください。
 

シーラントとはどのような治療か

シーラントの治療内容やタイミング、費用などについてご説明します。
 

シーラントとは

シーラントとは、子どもの虫歯予防を目的に行われる治療です。
食べ物を噛むために重要な奥歯に対して行われます。
歯科用の樹脂で奥歯の溝を埋め、汚れや歯垢が付着するのを防ぎます。
使用する樹脂は、おもにグラスアイオノマーやレジンなどです。
対象となるのは、乳歯や生えてきたばかりの永久歯。
乳歯や生えてきたばかりの永久歯は、複雑な溝の形により汚れや歯垢が残りやすいのが特徴です。
その溝を虫歯になる前に埋めることで汚れや歯垢がつかないようにして、子どもの歯を守ります。
奥歯が生えてから3~4年までの間に治療することで、効果が得られます。
 

シーラント治療の流れ

シーラント治療にかかる時間は、15~20分程度です。
治療の流れを詳しく見ていきましょう。
 

流れ1.歯をきれいにする

ブラシや機械で歯についた汚れや歯垢をきれいにしていきます。
汚れや歯垢が残ったまま樹脂を流し込んでしまうと、虫歯につながることもあります。
そのため、樹脂を流し込む前に歯をきれいにしておくことは重要です。
歯がきれいになったら、唾液が樹脂と歯の間に入らないように歯を乾かします。
 

流れ2.歯に薬を塗布する

シーラントをつきやすくするため、下処理として歯の溝に薬を塗布します。
使われている薬は、主にリン酸です。
歯科医院によっては、スコッチボンドという名前の接着剤などを使用することもあります。
 

流れ3.樹脂を歯の溝に流し込み固める

樹脂を歯の溝に流し込みます。
特殊な光を当てて、樹脂を固めたら終了です。
 

シーラント治療はいつ行うのが良いか

シーラント治療は、奥歯が生えてくるタイミングで行います。
子どもの奥歯が生えるタイミングは、主に3回あります。
 

タイミング1.乳歯が生えたとき

乳歯の奥歯が生えるのは、一般的に3~4歳です。
実際には個人差があるため、2歳のうちから生えている子どももいるでしょう。
しかし、シーラント治療ではお口を一定時間開けたり、薬の味(酸味や苦み)を我慢したりといったことが必要となります。
また、機械や器具への恐怖感が強い段階では治療が困難です。
このような理由から、歯科医院によっては3歳になるのを待ってから、シーラント治療を行うところもあります。
 

タイミング2.永久歯が生えたとき

奥歯の永久歯が生えるのは、一般的に5~6歳です。
生えてきたばかりの永久歯は虫歯になりやすく、3年程度かけて強くなっていきます。
大人になっても使っていく歯ですから、シーラント治療によって虫歯から守ることが大切です。
 

タイミング3.第二大臼歯が生えたとき

第二大臼歯が生えるのは、12歳前後です。
6歳臼歯の奥に生える第二大臼歯は、その生える時期から12歳臼歯とも呼ばれます。
意外だと思われるかもしれませんが、第二大臼歯は生えていることに気づかれないこともあるのです。
気づかずに普段のままの歯磨きをしていると、汚れや歯垢が残りやすく虫歯につながることがあるため注意が必要です。
 

シーラントの費用はどのくらいか

自費診療の場合、1本の歯にかかる費用は1,000~2,000円程度です。
また、保険適用の場合では400円程度です。
乳歯や生えてきたばかりの永久歯に初期虫歯が認められる6~12歳の子どもは、シーラントが保険適用となります。
しかし、虫歯がないのにシーラント治療をする場合や年齢が13歳以上の場合には、保険適用にはなりません。
シーラントの費用は、自治体により無料となることもあります。
お住まいの自治体に問い合わせてみてください。
 

シーラントのメリット

シーラントのメリットをご紹介します。
 

虫歯のリスクが下がる

シーラント治療をすると、奥歯に汚れや歯垢がつきにくくなります。
奥歯表面の凸凹がなくなることで歯磨きもしやすいでしょう。
歯に汚れや歯垢がついたままになることがなくなれば、虫歯のリスクは下がります。
また、シーラントにはフッ素を含んでいるものもあります。
フッ素と聞いて思い浮かべるのは、フッ素塗布でしょうか。
フッ素塗布は、歯を強くしたり虫歯菌の活動を抑制したりするため、また初期虫歯を治すために行われます。
シーラントに含まれるフッ素は、シーラント治療後、徐々に放出されていきます。
そのため、虫歯予防効果が期待できるのです。
 

歯を削らずに済む

一般的に、虫歯が進行すると歯を削って治療することが多いです。
削るときのキーンという音は、子どもでなくても嫌なものですよね。
シーラント治療を行うと、虫歯予防になるため歯を削らずに済むことが多くあります。
また、シーラントの治療自体を行うときに歯を削る必要がないことも、メリットであると言えます。
 

シーラントのデメリット

次に、デメリットを見ていきましょう。
 

割れたり外れたりすることがある

基本的に、シーラントは頻繁に埋め直しが必要となるものではありません。
しかし、普通の詰め物と比べると外れやすいです。
食べ物で注意したいのは、ガムやグミなど歯にくっつきやすいものです。
また、シーラントは衝撃により割れることもあります。
シーラントが割れたり外れたりして歯に部分的に残っている場合は、虫歯のリスクが上がる可能性があります。
万一外れた場合は、受診して再び治療を行いましょう。
 

定期受診が必要

シーラントは、溝を埋めてしまえばそれで終わりではありません。
シーラントは、劣化や衝撃などで割れたり外れたりすることがあります。
また、シーラントの下が虫歯になっている可能性もあります。
歯の表面がシーラントで隠れているので見えにくく、虫歯の発見が遅れることがあるので注意が必要です。
シーラントの割れや外れ、虫歯の有無などを見るために歯科医院の定期受診が大切です。
 

シーラント治療で子どもの歯を守りましょう

いかがでしたでしょうか。
この記事を読んでいただくことで、シーラントとはどのようなものなのかがおわかりいただけたと思います。
虫歯予防を目的として行われるシーラント治療は、子どもの歯が生えてくるタイミングに合わせて行うのがおすすめです。
当院は、シーラント治療やフッ素塗布のほか、仕上げ磨きの指導 など、子どもの虫歯予防に力を入れています。
長崎県大村市で歯医者をお探しの方は、ぜひ大村ファミリー歯科までご来院ください。

2021-11-10 08:51:00

コメント(0)

折りたたむ

二次カリエスとは?特徴と予防方法について紹介

「二次カリエス」という言葉を初めて耳にする方も多いのではないでしょうか。
二次カリエスを放っておくと、歯を抜かなければならないケースも。
歯の健康のためにも、二次カリエスについて知っておいて損はないです。
今回の記事では、二次カリエスの特徴や原因、予防方法などについて迫っていきます。
「二次カリエスって何だろう」と疑問をお持ちの方や、「二次カリエスを防ぐにはどうしたらいいのか知りたい」という方は、ぜひ参考にしてください。
特に虫歯治療をした経験がある方や、これから虫歯治療を受ける方、どんな被せ物や詰め物にするか迷っている方は、必見です。
 

二次カリエスとは?

二次カリエスとは、虫歯治療をした部分(被せ物や詰め物)から菌が侵入し、虫歯が再発してしまうことを指します。
虫歯の再発は80%と言われるほど、高い確率で起こってしまいます。
ただし、被せ物や詰め物の種類によって再発率に違いがあります。
セラミックと比べ、銀歯(金銀パラジウム合金)はより再発リスクが高い傾向にあるのです。
 

二次カリエスの特徴

二次カリエスの特徴として、歯の深くまで進行してしまうこと、気付きにくいことの2点が挙げられます。
一度歯を削って治療している部分なので、虫歯を再発するとより歯の奥深くまで進行してしまいます。
虫歯の原因となる菌は、歯の表面や歯茎からは侵入しにくいですが、削って歯の内部がむき出しになっている部分からは侵入しやすいのです。
さらに虫歯治療で神経を取ってしまっている場合、痛みの感覚がないため、虫歯を発症していても気付きにくいのです。
二次カリエスに気付いたときには、歯を抜かなくてはならないほど虫歯が進行してしまっているケースもあります。
 

二次カリエスの原因

二次カリエスは、主に被せ物や詰め物と歯の隙間から虫歯菌が侵入してしまうことで発症します。
発症の原因として考えられる点を3つピックアップしました。
 

原因1.詰め物や被せ物、セメント(接着剤)の劣化

詰め物や被せ物、セメントはだんだんと劣化していくことがあります。
劣化に伴って歯と詰め物などの間に隙間が空いてしまい、そこから虫歯菌が入り込んでしまうのです。
特に銀歯(金銀パラジウム合金)は劣化しやすく汚れが付着しやすいため、二次カリエス発症の一因となっています。
 

原因2.一度目の治療精度が悪い

一度目の虫歯治療の精度が悪いと、二次カリエスの発症につながる恐れも。
虫歯部分が除去しきれず、残っていると二次カリエスのリスクが高まります。
また、被せ物や詰め物、接着の精度も重要です。
精度が悪いと隙間や段差が生じるため、虫歯菌の侵入や汚れが溜まりやすい一因となってしまいます。
 

原因3.口内が不衛生

二次カリエスに限ったことではありませんが、ブラッシングで汚れや歯垢が除去できていないと虫歯になりやすいです。
特に治療して埋めた部分は、汚れが溜まりやすくなっています。
「治療したから」と安心して日々のケアを怠ると、二次カリエスが起こりやすくなってしまうのです。
 

二次カリエスの予防

ここまでで述べた二次カリエスの原因を踏まえ、予防に努めましょう。
予防方法として、次の4つが挙げられます。
 

予防方法1.高度な治療や詰め物などが選択できる歯科医院を選ぶ

まずは最初の虫歯治療から、どんな治療を受け、どんな材質の詰め物などを選ぶかというところから二次カリエスの予防は始まります。
被せ物や詰め物の材質は、二次カリエスのリスクが低いセラミックなどの選択肢があると安心です。
虫歯治療についてきちんと説明を受け、二次カリエスが起こりにくい治療を受けしましょう。
 

予防方法2.丁寧にブラッシングする

毎日のブラッシングやフロスを丁寧に行い、汚れや歯垢を溜めないことが大切です。
特に被せ物や詰め物の部分は、重点的にきれいにするよう心がけましょう。
 

予防方法3.歯科医院で定期的に検診を受ける

歯科医院での定期的な検診も重要です。
セルフケアでは行き届かない部分のクリーニングや、歯石の除去を行えます。
また、被せ物などの状態を確認してもらうことで、初期虫歯の早期発見にもつながります。
 

予防方法4.フッ素を塗布する

歯科医院でのフッ素塗布も、二次カリエスの予防に有効です。
日々のブラッシングでも、フッ素入りの歯磨き粉を使用するのもいいでしょう。
 

二次カリエスの危険性を知って予防に努めよう

いかがでしたでしょうか? 二次カリエスの特徴や原因、予防方法などについて知る機会になったことと思います。
日々のケアを丁寧に行い、信頼のおける歯科医院で検診などを受けることで、二次カリエスの発症を防ぎましょう。
当院では、歯のクリーニングやブラッシング指導、フッ素塗布など、予防歯科にも力を入れています。
虫歯治療に関してのお悩みの方や、二次カリエスの不安がある方は、ぜひお気軽にご相談ください。
長崎県大村市で歯医者をお探しの方は、ぜひ大村ファミリー歯科までご来院ください。

2021-11-10 08:50:00

コメント(0)

折りたたむ

歯科における自由診療とは?保険診療との違いやメリットも解説

健康保険がきかない自由診療に対して、「治療費が高い」というイメージをお持ちの方も多くいらっしゃるかもしれません。
確かに治療費はかさみますが、金額に見合ったメリットが得られることもご存知でしょうか? この記事では、歯科治療における自由診療について詳しくまとめました。
保険診療との違いや、自由診療のメリット、デメリットについても言及しています。
「自由診療は気になるけど、高額で一歩踏み出せない」「どんなメリットがあるのか気になる」といった疑問や悩みの解決をしませんか? また、自由診察と保険診察のどちらにしようか悩んでいる方も、ぜひお役立てください。
 

自由診療とは

自由診療とは、「健康保険の対象外の治療や検査」のことを指します。
健康保険の対象外なので、治療費は100%自己負担となります。
これは歯科に限らず、医療全般で共通の認識です。
例外はありますが、原則、自由診療と保険診療は併用ができません。
自由診療を選択した場合、本来なら保険適用される治療においても、自由診療として治療費を負担することになります。
 

保険診療との違い

自由診療と保険診療は、主に選択できる治療方法の幅と、治療費の負担額に違いがあります。
保険診療と自由診療について、それぞれ詳しく見てみましょう。
 

保険診療

保険診療では、診察や治療に使用する材料、薬などにかかる医療費を一部負担するだけで診療が受けられます。
医療費は全国共通です。
しかし、保険の適用範囲はルールで定まっています。
虫歯や歯周病などの疾病に応じて、それぞれ検査方法や治療内容が決まっているのです。
治療内容は、痛みを取ったり、噛めるようにしたりと必要最低限となっています。
 

自由診療

自由診療は、選択できる治療方法に制限がなく、保険適用外の高度な治療や薬剤の処方なども受けられます。
より歯の状態に合った方法や、自分の希望に沿った治療方針が選択可能になるのです。
その分、治療費は全額自己負担となります。
また、歯科医院によって設定金額が異なるので、治療費の金額にも幅があります。
 

自由診療のメリット

自由診療の最大のメリットは、歯の状態に合わせて、よりよい治療を受けられるところにあります。
例えば、保険診療で選択できる詰め物 はコンポジットレジンインレーと 銀歯(金銀パラジウム合金)に限られます。
しかし、自由診療だとセラミックやゴールドなど、虫歯の再発リスクが少ないものを選択できるようになるのです。
機材や器具なども、高度なものを使用できます。
根管治療 において、保険診療だと肉眼か拡大ルーペで患部を見るしかありません。
自由診療ではマイクロスコープが使用できるので、より正確に治療を進められるのです。
また、患者の希望やライフスタイルに沿った治療方法が選択できるのもメリットです。
「虫歯の再発を防ぎたい」「治療跡が目立つのは抵抗がある」といった要望にも、最適な治療方法を提案してもらえるでしょう。
自由診療は治療費の負担が大きいですが、それ相応のメリットが得られます。
 

自由診療のデメリット

自由診療のデメリットは、治療費の負担が大きいところにあります。
自由診察は、治療に必要な材料や薬剤自体も高いものが多いです。
また、歯科医師の特殊な技術や豊富な知識も必要となります。
高度な治療を提供するためには、コストもかかってしまうのです。
また、歯科医院によって採用するものや技術、設定金額が異なります。
自由診療は同じような治療方法でも、歯科医院によっていろいろな面で差があります。
そのため、自由診療を受けるかどうかは、しっかり説明を受けて熟考する必要があるでしょう。
 

自由診療についてしっかり理解し内容を吟味しよう

いかがでしたでしょうか? 本記事を読んでいただくことで、自由診療についてや保険診療との違いがご理解いただけたかと思います。
自由診療には高額な分メリットも大きいですが、歯科医院によって違いがあるので、しっかりと内容を吟味してみてください。
当院では、自由診療での被せ物や詰め物の治療が可能です。
美しく機能的なことはもちろん、将来のリスクを防ぐことにも役立ちます。
自由診療か保険診療か迷っている方は、お気軽にご相談ください。
長崎県大村市で歯医者をお探しの方は、ぜひ大村ファミリー歯科までご来院ください。

2021-11-10 08:50:00

コメント(0)

折りたたむ

歯茎再生治療とは?メリット・デメリットと治療の流れ

「歯茎が痩せる」や「歯茎が下がる」といった歯茎の症状を聞いたことはありませんか?
もしかするとすでに、実際に歯茎が痩せて歯が長く見えたり、根元が露出することでしみたりといった悩みを抱えている方もいるかもしれませんね。
一度痩せてしまった歯茎を元の状態に戻すことは非常に難しいといわれていますが、実は決して不可能というわけではないのです。
この記事では、痩せてしまった歯茎の見た目を改善したいと考えている方のために、歯茎再生治療についてまとめました。
治療の流れやメリット・デメリットなども紹介していますので、安心して治療にのぞむためにも、歯茎再生治療について理解を深めておきましょう。
 

歯茎再生治療とは

歯周病や加齢、歯ぎしりや過度のブラッシングなどにより、歯茎がダメージを受け痩せてしまうことがあります。
歯茎が痩せることを歯茎が下がると表現することもあり、そのような状態になると歯が長く見え、見た目を気にする人も多くいます。
また、歯茎痩せが進行して歯の土台部分まで失ってしまうと、最終的には歯が抜け落ちてしまう可能性も。
たくさんの影響がある歯茎痩せですが、一度痩せてしまうと、たとえ原因を突き止めて適正な処置をしても、歯茎自体は自然な元通りにはなりません。
しかし、すでにダメージ受けている歯茎でも、再生させられる治療法があります。
それが、歯茎再生治療です。
歯茎再生治療は、近年では非外科的治療も行われていますが、高い再生効果を得るためには外科的治療が最善の方法だといわれています。
この外科的歯茎再生治療には、大きく分けて3パターンあります。
 

1.結合組織移植術

結合組織移植術(けつごうそしきいしょくじゅつ)は、上あごの奥歯の内側部分の歯茎をメインに採取し、露出した歯根部分に移植する方法です。
自分の歯肉片を使うことで、血液供給がスムーズで生着するのに有利なことがこの術式の最大の魅力といえます。
的確な縫合技術などが必要なので、歯科医師には高いスキルが必要です。
あまりにも移植する範囲が広い場合には、やけど治療などで用いられる移植材を使用するケースもあります。
 

2.歯肉弁側方移動術

歯肉弁根尖側移動術(しにくべんこんせんそくいどうじゅつ) は、痩せた歯茎の周辺にある健康な歯茎の位置を動かす術式です。
歯茎を移植するのではなく、下がっている歯茎の周辺を切開し、露出している歯根に向かって引っ張ってきて覆うことで見た目を整えます。
歯科の外科治療の中では重要な術式の1つです。
 

3.歯肉弁歯冠側移動術

歯肉弁歯冠側移動術(しにくべんしかんそくいどうじゅつ)は、歯肉弁側方移動術と同じ術式ですが、痩せた歯茎と同じ歯の根元に残っている歯茎を用います。
上の歯でいうと、歯茎が痩せた歯と同じ歯の歯根部分に残っている歯茎を切開し、下に引っ張ることで歯根部分を覆い隠す方法です。
 

歯茎再生治療の流れ

歯茎再生治療をする際には、先に口腔内の環境をきれいにしてから臨むことがほとんどです。
歯周病などに罹患している場合には、歯磨き指導を行い、日々のケアをしてもらうのと同時にプラークや歯石などを取り除く必要があります。
歯茎の炎症などがおさまってから治療へと進むことが可能です。
歯茎再生治療は外科的治療になるので、処置前にまずは幹部に麻酔を施します。
歯茎を採取、もしくは切開し、移動させてきた歯茎で露出している歯根部分を覆い縫合するという流れです。
治療後は数週間後に経過観察を行い、しっかりと歯根部分が歯茎で覆われているかのチェックと縫合部分の確認、必要であれば抜歯を行うこともあります。
 

歯茎再生治療のメリット

1番のメリットは、見た目を改善でき審美性の高い口元を手に入れられるという点です。
歯茎が痩せて下がったケースだけではなく、差し歯が長いケースや抜歯によりくぼんだ部分の見た目を改善したいケースなどでも活用されています。
抜歯やインプラント治療が必要なほど歯茎痩せが進行していても、歯茎再生治療により自分の歯を残せるケースもあります。
また、歯茎が再生したことにより歯間の隙間が狭くなることで、食べ物などが詰まりにくくなるなどのメリットもあるでしょう。
 

歯茎再生治療のデメリット

歯茎再生治療は外科的処置を行うため、出血や痛みといったデメリットがあることを理解しておきましょう。
治療後に縫合した歯茎が開いてしまうことや、歯茎を移植した部分や採取した部分にも痛みが出る可能性があります。
また、歯茎再生治療を行っても完全に希望通りの位置まで歯茎を再生できる保証はありません。
加えて、歯茎再生治療は基本的には自由診療なので高額になるケースが多いです。
覆いたい歯茎の範囲などによっても治療費は変わってきますので、治療内容やリスク面、料金面などは、治療を始める前にしっかりと歯科医師に相談しましょう。
 

歯茎再生治療は信頼できる歯科医院で

今回は、歯茎再生治療について紹介しました。
歯茎が痩せてお困りの方が、見た目を改善させる方法として参考になりましたでしょうか? 歯茎再生治療は高いスキルが求められるので、信頼できる歯科医院を見つけることが大切です。
当院では、患者様それぞれの歯や口腔内のお悩みに応じて適切な治療を行っています。
歯茎が痩せて下がる原因を解決できるケースもありますので、ぜひ一度ご相談ください。
長崎県大村市で歯医者をお探しの方は、ぜひ大村ファミリー歯科までご来院ください。

2021-11-10 08:50:00

コメント(0)

折りたたむ

歯茎が痩せるってどんな状況?歯茎が痩せる原因と治療方法

鏡の前で笑顔を作ったときに「歯茎が痩せてきている」とギクッとしたことはありませんか? 歯茎痩せは、歯茎が下がると表現されることもあります。
歯茎が痩せた状態を、加齢のせいだから仕方がないと諦めて放置してはいけません! また、毎日チェックしていても歯茎痩せの進行は気付きにくく、歯が長くみえたときにはすでに歯茎が痩せてしまっている可能性があります。
そこで今回は、歯茎が痩せたと感じている人や歯茎痩せを理解して予防に活かしたいと思っている人に向けて、「歯茎が痩せる」ということに関してまとめました。
歯茎が痩せるとはどういう状況なのか、原因や治療方法なども紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。
 

歯茎が痩せている状況とは

歯茎が痩せた状態は、「歯が長くなったようにみえる」と表現することが多いです。
確かに、歯茎が痩せると、本来は歯茎の中に隠れているべき歯根部分が露出し、まるで歯が伸びてきたかのようにみえます。
歯茎が痩せて後退している状態を、歯科の専門用語では「歯肉退縮」(しにくたいしゅく)と呼ぶのですが、この状況は放置していて治るものではありません。
また、歯肉退縮になると、悪化して虫歯になったり歯を失ったりすることになりかねないので、歯科医院での治療が必要です。
 

歯茎が痩せて感じる原因

代表的な原因は、大きく分けて5つです。
 

原因1.歯周病

最も代表的な原因は歯周病だと考えられます。
歯周病は、歯と歯茎の隙間部分に磨き残しがあることで、細菌が繁殖し引き起こされる口腔疾患です。
歯茎が炎症を起こして赤くなったり腫れたりといった症状が出て、歯茎自体や歯茎の中にある骨まで溶かします。
骨が溶けて減ってしまうと、骨の上にあった歯茎部分も必然的に後退し、歯茎が痩せてみえてしまうのです。
 

原因2.誤った歯磨き方法

歯磨きをする際に、ついつい強い力で磨いている方は要注意です。
また、必要以上に磨きすぎることも歯茎にダメージを与えます。
繊細な粘膜組織である歯茎が、誤った歯磨き方法により傷つき、破壊されたりすり減ったりすることで歯茎が痩せてしまうのです。
 

原因3.歯ぎしりなどの負荷

就寝中に歯ぎしりをしている人やスポーツなどで歯を食いしばることの多い人は、気付かないうちに歯茎に負担をかけています。
人の噛む力はとても強力で、その負担をかけ続けていると歯茎は次第に痩せてしまうのです。
 

原因4.噛み合わせや歯並びの悪さ

噛み合わせが悪いと、一部の歯の噛み合わせが強くなり、その部分の歯茎がダメージを受けることで歯茎が痩せるリスクが高くなると考えられています。
また、歯並びが悪いことで歯と歯の間の汚れが落としにくく、磨き残しから歯周病などに繋がる可能性も高いです。
 

原因5.加齢

個人差はあるものの、加齢に伴って歯茎が痩せるケースもあります。
一般的には10年歳を重ねるごとに2mmほど歯茎が後退するといわれ、歯周病などにかかるとさらに加速が進む可能性があるので、注意が必要です。
 

歯茎が痩せた場合の治療方法

気になるのは、歯茎が痩せた場合の治療方法ですよね。
残念ですが、一度痩せた歯茎は、自然に元の状態に戻ることはありません。
そのため、歯茎が痩せたと感じたら早めに歯科医院に行き、原因に応じた治療を受けることが大切です。
代表的な原因である歯周病を治療するには、まず歯科医院で歯石などを取り除いて歯をきれいな状態にしましょう。
歯周病の進行を抑えることで、歯茎がさらに痩せることを防ぐのが目的です。
また、日々のセルフケアのために、歯科医院で正しい歯磨き方法の指導を受けることも大切です。
ブラシの硬さや形状、歯磨きの際の力加減などのアドバイスを受けましょう。
歯ぎしりや食いしばりがある人にはマウスピースを作成し、歯茎への負担を軽減させることも有効です。
噛み合わせや歯並びが悪い人には歯科矯正をすすめられることもあるでしょう。
上記の治療では対処できないほど歯茎痩せが進行しているケースでは、歯茎を再生させる治療法を行うこともあります。
奥歯部分から歯茎を移植する方法や歯茎を引き延ばして歯の根元を覆うなどの方法です。
しかし、これらの歯茎再生治療は、歯の形状や歯茎の厚さなどにより、治療できないケースもあります。
そのため、まずはこのような状況にならないよう、定期的なメンテナンスが重要になるでしょう。
 

歯茎が痩せたと感じたら早めに歯科医院に相談しよう

歯茎が痩せるという状況や原因・治療方法などをご理解いただけましたでしょうか? 歯茎は、歯を支える大切な役割を果たしています。
歯茎痩せが進行してしまう前に、日々のケアや歯科医院の受診が大切です。
歯茎が痩せることに関して不安に思うことがあれば、一度歯科医院で検査してみましょう。
当院では、歯茎痩せに関するアドバイスや治療も行っております。
長崎県大村市で歯医者をお探しの方は、ぜひ大村ファミリー歯科までご来院ください。

2021-11-10 08:49:00

コメント(0)

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5