訪問歯科
EPARK歯科
短期治療、痛みの少ない治療 tel:0957-52-8148 長崎県大村市幸町25-200 イオン大村店2F
〒856-0836
長崎県大村市幸町25−200 イオン大村店 2F

休診日

年中無休

診療時間

10:00 - 13:00 / 15:00 - 22:00

大村市の歯科「大村ファミリー歯科」は夜間診療22時まで対応

HOME

診療時間・地図

ブログ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

歯垢を残しておくといけない理由

歯垢(プラーク)は細菌のかたまりです。歯垢1mg中には数億から10数億個もの細菌がおり、その種類は300種類といわれています。その中には虫歯菌や歯周病菌も含まれ、これらの菌から毒素や酸が産出されて歯周病や虫歯がおこります。このような歯垢の中にいる虫歯菌や歯周病菌は、医科の心筋梗塞や糖尿病などの病気の原因になることもあるといわれているのです。それだけに歯垢が口の中に残ることは危険なことだといえるのです。


大村市の大村ファミリー歯科では、このような歯垢をきれいにするための様々な予防が行われています。
大村市の大村ファミリー歯科は歯医者で歯科衛生士などによる定期的な定期的なプロケアを受けることができる歯医者です。歯や歯ぐきの状態をチェックしてもらって、一人ひとりに対応したブラッシング指導などを行ってもらえます。


歯垢は毎日の歯磨きで約60%を取り除くことができます。そして、歯間ブラシなどを用いたケアで残りのうち20%をきれいにすることができます。残りの20%は歯医者でしか取り除けない汚れです。20%の汚れを歯医者で取り除いてもらえ、80%をセルフケアで取り除くことができるブラッシング指導や歯のケア用品などを使用したケアの方法を大村市の大村ファミリー歯科では教えてもらうことができます。
このような歯垢を残してしまった場合には、虫歯や歯周病につながっていきます。虫歯や歯周病はよぽど進行しなければ症状が出ませんが、自覚症状が出てからでは手遅れの場合が多いのです。そのため、大村市の大村ファミリー歯科は定期的な検診を行うことで、歯の異常を自覚症状が出る前に対策してもらえる歯医者です。


もしも虫歯になってしまったといった場合にも、大村市の大村ファミリー歯科はできるだけ痛みを感じない方法で治療を行ってもらうことができる歯医者です。大村市の大村ファミリー歯科では、患者の歯を削る部分を最小限にするために歯用のマイクロスコープなども使われています。削る面積をできるだけ小さくすることで、痛みを抑える治療を行ってもらえます。また、どうしてもある程度の面積を削らないといけないといった場合には、できるだけ痛みがないように麻酔などを用いて、痛くない治療を行ってもらえる歯医者です。麻酔の使い方にも大村市の大村ファミリー歯科ならではの工夫が行われ、患者の痛みの少ない治療を行ってもらえます。


このように、大村市の大村ファミリー歯科では、歯磨きだけでは予防しきれない虫歯や歯周病に対して、予防的な対処を行い、歯をなるべく長持ちさせるためのケアを行ってもらえる歯医者です。
 

2024-04-16 16:08:53

コメント(0)

折りたたむ

プロケアとセルフケアについて

日本の70代の人の歯の数は約17本といわれています。歯の数は親知らずを入れて全部で32本ですので、この数は、70代までに歯が約半分になっているということを表しています。。一方、欧米の70代の人は約21本の歯があるといわれています。この差はプロとの関わり方といえます。それは治療ではなく予防に重点を置くという予防歯科という考え方です。大村市の大村ファミリー歯科はそのような考え方が重視されている歯医者です。


大村市の大村ファミリー歯科では歯医者で歯科医や歯科衛生士による定期的な定期的なプロケアを受けることができます。歯や歯ぐきの状態をチェックしてもらい、一人ひとりに応じた歯磨きの指導などが受けられます。プラークは毎日のセルフケアで約80%を取り除くことができますが、残りの20%のプラークや歯石は歯医者でケアしてもらわなければ取り除くことができません。また、希望に応じてフッ素塗布による虫歯の予防なども行ってもらえます。大村市の大村ファミリー歯科では歯科医などの指導をもとに患者が自宅などで実践するのが日々のセルフケアについても丁寧にアドバイスをしています。


プロケアとセルフケアは予防歯科における車の両輪といえます。両方のケアがしっかり行われるから、お口の健康が守られるのです。プロに適切なケアができているかどうかを確認してもらうためにも、歯医者で定期クリーニングなどを行ってもらいましょう。
大村市の大村ファミリー歯科は大村市のイオン大村の2Fにある歯医者です。家族と買い物にいったついでに来院することができ、年中無休で夜10時まで診療が行われていますので仕事帰りに寄ることもできる歯医者です。急に歯が痛みだした時にも対応してもらうことができます。


毎月100人前後の初診患者さんが来院する大村市の大村ファミリ歯科では、3ヵ月ごとの定期クリーニングで歯間ブラシなどを用いたセルフケア指導を行ってもらうこともできます。歯間ブラシは虫歯や歯周病予防に高い効果が認められている歯科ケア用品で、歯ブラシだけでは落とし切れない汚れを落とすことができます。


大村市の大村ファミリー歯科では専門スタッフによるきめ細やかなケアが丁寧に行われている歯医者で、患者一人一人のお口の中状態を細部まで把握した上で、歯などの異変を見逃さないような体制が整えられている大村市の歯医者です。
近年、日本でも予防歯科の重要性が高まっています。いつまでも健やかな歯で噛める毎日を送るため、しっかりと予防歯科に取り組みましょう。
 

2024-04-09 18:08:44

コメント(0)

折りたたむ

冷たいものや甘いものがしみるとき理由

"冷たいものや甘いものがしみるたりして痛いといった症状がある場合、原因として考えられるのが虫歯と知覚過敏です。虫歯は、ミュータンス菌などの虫歯菌が産出する酸によって歯が溶かされていきます。それに対して、知覚過敏は歯の表面にあるエナメル質が歯ぎしりなどの噛み合わせなど原因ですり減ったり欠けたりすることで象牙質が露出してしまい、神経が刺激されている状態になっています。虫歯も知覚過敏もしみたり痛いといった自覚症状がある歯科疾患です。そのため歯医者で適切な処置を行ってもらうことが必要です。
大村市の大村ファミリー歯科は、このような症状に対して、虫歯の場合は、虫歯になった部分を全部削って歯科用レジンを詰めて治療するという軽い虫歯の治療から、根管治療による処置などまで、できるだけ歯を抜かないように治療を進めてもらえる大村市の歯医者です。しかし、ケースによっては抜歯しか選択方法がない場合もあります。
知覚過敏では、歯周病や加齢により歯茎が下がってきたことで歯根が露出し、しみるようになります。また、歯石を取った後や、歯茎の炎症が改善して歯茎が下がったことでしみるようになった場合もあります。
虫歯や歯周病はよぽど進行しなければ症状が出ません。症状が出てからでは手遅れの場合もあり、大村市の大村ファミリー歯科は、歯磨きだけでは虫歯や歯周病は予防しきれないため、歯をなるべく長持ちさせるための日々のケアの指導をしてもらえる歯医者です。
大村市の大村ファミリー歯科では専門スタッフが細やかなケアを行い、患者一人一人のお口の状態にあったケア指導を受けることができます。また治療の際も、口の中を細部まで把握した上で、異変を見逃さないような体制が整えられている歯医者です。
予防では自宅でのセルフケアはとても大切だと考えられています。大村市の大村ファミリー歯科はセルフケアの正しい方法をプロの視点から助言してもらえる歯医者です。セルフケアは歯磨きだけでなく、食事や生活習慣の改善なども含んでいます。大村市の大村ファミリー歯科は、3ヶ月ごとの歯医者でのクリーニングでは、抜かずにすむ歯を増やすことを目標にしている歯医者です。
大村市の大村ファミリー歯科はイオン大村の2Fにあり、夜遅くまで土日も含めて診療が行われている歯医者です。冷たいものや甘いものがしみるたりして痛いといった症状がある場合、通いやすいロケーションにある大村市の大村ファミリー歯科はおすすめの歯医者です。
 

2024-04-02 10:46:40

コメント(0)

折りたたむ

埋伏歯

歯が生えてくる時期が過ぎても、歯の全部または一部分が歯ぐきの下や顎骨の中に埋まり、出てこない状態の歯を埋伏歯とよびます。1歯または数歯が埋伏しているものから、多数歯が同時に埋伏しているものまでさまざまな状態があり、歯医者での埋伏歯の治療は、噛み合わせ調整や抜歯などの歯科治療が選択されます。また、経過観察になる場合もあります。噛み合わせ調整は、周囲の歯に悪影響を与える場合に抜歯という形で行われたり、また外科歯科的に歯医者で埋伏歯の歯冠の一部を露出させることで矯正治療が行われて、歯を牽引誘導することで、正しい位置にするための治療が行われることもあります。また、骨の深い位置に埋伏している場合には経過観察を続ける場合もあります。
多くの埋伏歯は、乳歯が早期脱落してしまったり、歯が抜けずに残ったり、あごの骨が十分な発育につながらず、永久歯の生えてくる場所が不足するという、歯とあご骨の不均衡によって生じるといわれています。永久歯には上下の親知らずや三大臼歯、小臼歯などが不正咬合の原因歯となると歯医者でいわれています。
このような埋伏歯を抜いたほうがいいという場合には大村市の大村ファミリー歯科は、抜歯時に痛みをできるだけ感じない方法で抜歯してもらえる大村市の歯医者です。埋伏歯は痛いというイメージがありますが、抜歯の際には麻酔をしてもらえますので痛みを感じることはほとんどありません。また、麻酔の針をさす前にも、大村市の大村ファミリー歯科では現存する針の中で最細タイプの針を用いて麻酔を打ってもらえますのでその点でも安心です。さらに、大村市の大村ファミリー歯科は麻酔針を打つ前にも麻酔をしてもらえますのでほとんど痛みを感じることがない歯医者です。さらに、麻酔を打つ時にも、麻酔の打ち方にも工夫がされていいますので、患者は安心して大村市の大村ファミリー歯科で治療を受けることができます。
麻酔が切れてから痛みを感じる場合は、痛みを感じる前に痛み止めを飲むことで、術後の痛みも極力抑えることが可能となるように、大村市の大村ファミリー歯科は麻酔の打ち方なども含めて痛くない工夫がなされている大村市の歯医者です。
歯が生えてくる時期が過ぎても、歯の全部または一部分が歯ぐきの下や顎骨の中に埋まり、出てこない状態の歯を埋伏歯とよびます。歯医者での埋伏歯の治療には様々な方法がありますが、大村市の大村ファミリー歯科は、抜歯する際には、患者ができるだけ治療を安心して受けられるよう、できるだけ痛みの少ない方法で治療を行ってもらえる大村市の歯医者です。
 

2024-03-26 12:55:17

コメント(0)

折りたたむ

シーラントとは

子供の永久歯は、すぐに虫歯になってしまう可能性を持っています。そして虫歯になってしまうことは、歯医者の治療が多くなってしまうので、単純に負担が大きいように感じてしまうことが増えてしまうのです。シーラントという方法を利用すると、虫歯をすぐに作ってしまう問題を解決できることもあります。この方法は歯医者で保険を使って行うことが出来て、子供が虫歯にならないように気をつけたい時、どうしても虫歯になりやすいと判断されている時に行います。


基本的には、奥歯にのみ利用することが出来て、歯の間にプラスチックのようなものを入れておきます。これによって、歯と歯の間に歯垢が残らなくなって、虫歯を予防することが出来ます。奥歯は非常に起こりやすいとされていますし、意外と歯磨きでは綺麗出来ないことが多くなっているので、シーラントを利用して虫歯の対策をしておくこともあります。歯科で行ってもらえば、その日から効果を発揮してくれることがメリットです。


行わなければならないのは、奥歯の形が変形している人です。普通の歯であれば、歯医者に行ってシーラントをしなくても問題はないかもしれませんが、変形している人はどうしても虫歯のリスクが高くなってしまうので、しっかり治療を行わなければなりません。シーラントをしておけば、変形しているところが虫歯にならないので、子供の虫歯を減らせます。溝が深い場合も、できればシーラントを行って、歯科に行かなくても対応できるようにします。


年齢としては、小学生を卒業するまでは行っていたほうが良いですが、部分によって年齢が変わってきます。奥歯はかなり早い時期から初めて、最終的に永久歯の部分がしっかり揃うようになったら、シーラントを外してもらいます。歯科に行ってお願いしていれば、年齢にそって行ってくれますので、順番にプラスチックを入れることによって虫歯予防が出来ます。なお、中学生以降になると、ほぼシーラントをしなくても問題はありません。


大村ファミリー歯科には、シーラントを行えるように、万全の体制を整えています。どのような治療をするかはもちろんですが、行ったことのメリットと、それによるリスクについての説明をしています。子供が利用することになりますので、親の方にしっかりわかってもらうために、使うものについても見せています。歯医者で行っている治療の中でも、あまり知られていないかもしれませんが、シーラントはとても有効なものです。"
 

2024-03-19 13:02:48

コメント(0)

折りたたむ

口臭の原因は何ですか?

口臭の原因としてあげられることは多数あります。1つは食事によって生まれているもので、食べ物の臭いが強すぎて口臭が残ってしまうことです。歯磨きをしても解消することが出来ないので、この場合は口の中を綺麗にしてくれるものを使ったり、口臭予防のカプセルなどを飲むようにして、解消しておくことが重要です。これなら負担も小さくなりますし、結構簡単に消せる場合もあるので、食事が原因であれば、特に歯医者を利用することはありません。


ただ、歯周病が原因とされているものがあり、歯医者で治療を受けないと改善しないものもあります。歯周病は歯の状態を悪くするだけでなく、実は臭いも強くなってしまい、口の中の状況が悪くなってしまうのです。出来る限り口臭を予防しておきたいと思っている場合、速やかに歯科で治療を受けたほうが良いです。放置しているとどんどん臭いが強くなってしまうだけでなく、口の中の状態が悪くなって歯にも影響が出てしまいます。


歯周病の中には、ただプラークが結構付いているだけなのに臭いが強くなる場合もあります。これはプラーク自体にも臭いがあるためで、これで結構苦労している人もいます。歯医者で取り除いても、自分でしっかりケアができるようにならないと、プラークの臭いを取り続けることは難しいのです。そのためケアをする商品はしっかり利用することが大事であり、なるべく毎日行いながら臭いを止めてください。使っていれば臭いが取れるものもたくさんあります。


それ以外にも原因があり、糖尿病などの内臓疾患も原因になります。中から臭いを出すようになってしまい、これが原因になってすごい口臭になってしまうこともあります。これは歯医者でも対応することが出来ないので、基本的には内科に行って診察を受けて、治療を受けて改善することを目指すことになります。改善すれば問題なく口臭は改善していきますし、仮に歯の状況が悪い場合は、歯科の治療を受けることで更なる改善も期待できます。


高周波、必ずしも口の中だけが原因ではありませんし、臭いの強いものが原因ではありません。こうしたチェックをしてもらうためには、歯科へ行って診察を受けてみたり、内臓疾患が無いことを確認するために内科で診察を受けてみると良いです。様々な原因があるので、歯医者へ行っても改善してこない場合もありますが、その場合は生活習慣や病気がないかを診てもらうことで、消えてくれることもあります。
 

2024-03-13 19:08:24

コメント(0)

折りたたむ

どうせ大人の歯が生えてくるので乳歯のむし歯は治療しなくてもいいですよね?

虫歯になってしまうのは、永久歯のほうが危ないので、乳歯はそのまま放置しても取れるから良いと思ってしまう方がいます。それは非常に危険な考え方となっており、歯医者としては推奨していません。絶対にそうした気持ちを持たないようにして欲しいですし、虫歯は多くの部分に広がってしまう可能性が高いことで、どんどん歯の状態が悪くなります。必ず歯科で治療を受けるようにして欲しいですし、行っている治療を受けることで、永久歯にも支障をきたさないようにしてください。


理由の1つは、神経がつながっていることです。乳歯と永久歯の神経は、大体同じものが使われていますし、かなり近いところに虫歯があると、他の神経もダメになってしまうのです。これによって通常の状態が維持できなくなり、痛みなどを感じなくなる状態が生まれます。永久歯が生えてくる前に駄目になってしまうと、その永久歯も取らなければならないので非常に辛いです。歯医者の負担が大きくなるだけでなく、治療する人の負担も大きいです。


乳歯もしっかり虫歯の治療をして、綺麗にしておかなければなりません。放置していることが、永久歯や奥歯などに支障をきたしてしまい、場合によってはそれも抜かなければならないのです。乳歯は抜けてしまえば、虫歯も綺麗になると考えているなら、広がってしまう虫歯のリスクのほうを再優先してください。歯医者としても、そうした考えを持っている人には、リスクが高いことの説明を行っています。
綺麗に乳歯を整えておくと、永久歯になった時に虫歯のない状態からスタートすることが出来ますから、今度はケアをしっかりしておけば歯医者を利用しなくてもいいことが生まれます。乳歯の状態で治療をして、虫歯は怖いものと思ってもらえれば、なおさらケアをする重要性を気づきやすいです。歯科で行っている治療は、本当に子供にも負担がかかることですから、永久歯がすぐに治療の対象になってしまわないように、乳歯の段階からやることが大事です。


歯医者によって変わってしまうことは無く、乳歯の時点で治療をすることが重要になります。歯科が話していることは全て正しいことで、治療を受けるように言われた場合は、速やかに乳歯でも行ってください。取れてしまうのを待っているうちに、他の部分まで虫歯が出てしまうと、治療の回数は大幅に増えてしまうだけでなく、場合によっては永久歯まで抜くようなこともあります。子供のリスクのため、しっかりと虫歯治療は行ってください。
 

2024-03-05 14:19:00

コメント(0)

折りたたむ

糖尿病でも治療は可能でしょうか?

歯医者では、病気を抱えている人の治療が難しい場合もあり、その場合は相談をしながら治療を行うようにしています。代表的な病気が糖尿病であり、これを患っている人は、治療をすることが難しいとされています。その理由は、糖尿病の患者さんが、出血を止めるための力が足りていないことや、突然感染症を発症することがありますので、コントロールされていない場合は出来ないと言われることがあります。特にインプラント治療では、病気のコントロールが大事になってきます。


本来歯科では、糖尿病かどうかの説明をしてもらってから、治療をする方法によって大丈夫かどうかを判断しています。糖尿病の場合は、出血を抑えることが難しいケースもあるので、血が出てしまう治療については十分に対策を考えて行っていることがあります。インプラントの場合は、中に入れるものを付けるために、その治療をするときには血が出てしまうので、これが原因で治療を進めることが出来ない場合もあります。


ただ、コントロールできていて、問題がないと思われる人であれば、インプラントの治療を受けることは可能となります。歯医者が薬などによってコントロールができると判断している場合は、インプラントに治療をしても問題はないと考えて、そのまま治療に踏み切ります。コントロールが出来ない場合は流石に難しいと判断されますので、インプラント治療は受けられないので注意してください。治療を受けて、コントロールすることがすごく大事です。


歯科で行っている治療の中には、どうしても糖尿病の方が苦労するものもたくさんあります。歯医者側がどう感じているのか、そして治療をしても大丈夫なのかを判断しながら、行うのはしかたのないことです。病気に対しての免疫が不足するようになり、どんどん治療をすることが難しくなることもあるので、場合によっては治療をしないケースが有ることを理解してください。もちろんコントロールして、問題がない場合は大丈夫です。


大村ファミリー歯科では、検査の状況などによって糖尿病の患者さんには、コントロールしているかどうかを確認してもらっています。確認ができるようなら治療を行って、そうでない場合は流石に厳しいことを伝えることもあります。歯医者側の判断を的確に示して、問題が起きてからトラブルになることを防ぐためにも、しっかり確認をとってから治療に踏み切ります。適切な説明を、歯科の立場からも行っています。
 

2024-02-27 10:27:49

コメント(0)

折りたたむ

骨が不足していても、インプラント治療は受けられますか?

骨が不足している状態では、歯医者がすぐにインプラント治療を行うことはありません。その理由として、不足している骨では、インプラントを支えることが出来ない問題があるからです。インプラントは、歯を取り付けるために必要な部分を取り付けてから、歯を取り付ける方法を採用していますが、骨が少ないと固定できる部分が足りないために、どうしても取り付けることが出来なくて、固定する部分が弱くなります。これによって、インプラントを歯医者はすぐに行いません。


ただ、骨が不足している人でも、インプラントを受けることは可能です。歯医者では、骨を補充する治療を行えるので、歯の中にある骨を不安ことが出来ます。今までそうした方法で骨を増やしていなくて、骨をなんとかして作りたいと思っている方は、この方法を採用することになります。簡単に増やすことができる点が魅力となっていますし、しかも一般人と同じくらいの量まで増やせるので、高齢の方でも安心です。
色々な方法によって、まずは骨を増やすことを行い、それからインプラントが可能な状態にします。歯科の中には、かなり多くの量を補充しなければならないので、この骨を増やすために長期間使うこともあります。時間はかかってしまい、嫌なイメージを持ちやすくなるものの、やはりしっかり固定しないことにはいい結果は生まれないのです。この結果を求めるために、インプラント治療の前には、しっかり骨を補充してから作れるようにしています。


多くの部分をしっかり固定して、最終的に普通にインプラント用の穴を作ることができれば、問題なく治療を受けることは可能です。そして、インプラントがしっかりしていることで、歯の問題も解決できるようになります。歯科でこうした骨の補充を行っていることで、確実に治療をしっかり受けられるので、まずはゆっくりと増やすことから始めてください。そして多くの部分をしっかり増やすことができれば、問題なく治療は受けられるのです。


大村ファミリー歯科には、そうした治療ができる設備が用意されています。大村市でも比較的多くのインプラントを担当しており、あらゆる症状に対応して治療を受けられるようにしています。歯医者側が考えているプランによって、患者さんが負担をかけないで治療を受けられるようにしているので、安心して行えるようにしています。時間はかかるかもしれませんが、歯の骨が弱っている人でも受けることは出来ます。
 

2024-02-20 12:57:06

コメント(0)

折りたたむ

神経を以前取ったのに痛む歯があります。どうして痛むのですか?

歯の神経を取ってもらうことが、歯医者に行くとあるかもしれません。これによって傷みは止まるものと思っているかもしれませんが、実は全く止まっていません。これは神経を取り除いていると言っても、神経自体は網目状で作られていて、その1つを取り除いているだけです。痛みを出しているものを取り除いて、とりあえず痛くならないように歯医者は行っているので、別の部分が痛むようになると当然痛いと感じてしまうことがあります。


神経は、歯の内側にたくさん作られていて、その1つ1つが網目状で構成されています。痛みを持っている神経は、歯医者側が色々なチェックをして確実に見つけてくれるのはいいですが、これによって痛みが出ているものを取り除いても、神経自体は歯の中に残っているのです。傷んでいるものを1つだけ取り除いても、他の神経が同じようになってしまった場合は、当然痛いと思ってしまいます。これが神経を取り除いても痛みを感じることの要因になっているのです。


対策としては、全て取り除く方法があります。歯科に行けば、全ての神経を外すことも可能になっていますが、歯の状況を考えるといいわけではありません。痛みが出ないように気をつけることと、なるべく知覚過敏などを起こさないように日頃からチェックしておくことです。対応している歯磨き粉などを利用すると、多少そうした状況が起こりづらくなっているので、場合によっては痛みを感じることが減ってくるかもしれません。


もちろん歯科は、なるべく歯の状況を考えて神経を取り除いてくれますが、場合によっては神経を取り除いても、別の部分がそれに近い状態となっており、勝手に神経が痛みを持ってしまうこともあります。以前取ったとしても、歯医者が知らないところで痛みが出てしまうことは当然ありますので、そうした状況が起きているならまた連絡をして、神経を診てもらうことになります。定期的にそうした状況になっている場合は、色々な治療をしてくれます。


大村ファミリー歯科では、神経の痛みについてしっかりと確認すると同時に、どのような部分が問題で起きているのかも確かめています。そして、なるべく神経の痛みが続かないように、どういった対策をすればいいのかも説明しています。大村市の中でも色々な相談ができますし、もしものときにはすぐに対応してくれるところもありますので、困っている時には相談して、なるべく早い段階で治療を受けられるようにするといいです。
 

2024-02-13 13:06:35

コメント(0)

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5