訪問歯科
EPARK歯科
短期治療、痛みの少ない治療 tel:0957-52-8148 長崎県大村市幸町25-200 イオン大村店2F
〒856-0836
長崎県大村市幸町25−200 イオン大村店 2F

休診日

年中無休

診療時間

10:00 - 13:00 / 15:00 - 22:00

大村市の歯科「大村ファミリー歯科」は夜間診療22時まで対応

HOME

診療時間・地図

ブログ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

妊婦は虫歯になりやすい理由

妊婦の方は、普通の女性に比べると虫歯になりやすいとされています。それには立派な原因がありますが、一番大きなことは体調不良が大きな要因です。つわりなどのように、なかなか普通の生活を維持していくことが出来ない場合は、虫歯になりやすい状態になってしまいます。歯磨きをしっかり出来ないことが大きな問題点で、放置していることでどんどん状態を悪化させてしまうことがあるのです。そのため虫歯になりやすく、問題が起こりやすいのです。


体調が悪いと、つい歯磨きを怠ってしまうことがあります。歯医者に行って治療をすることも増えてしまうので、できれば歯磨きくらいはしておきたいものですが、それが思ったほど出来ないことも多いのです。これが続いてしまうことで、歯磨きをしっかり出来ないまま生活を続けて、いつの間にか虫歯が結構できてしまうこともあります。歯科の治療を受けている人なら対応できますが、まだ虫歯を作ったことのない人はそうした意識が薄く、放置していることで虫歯になることもあります。


もう1つの原因は、唾液の変化という部分です。ホルモンによって唾液は変わっているとされていて、この声質が変わってしまうと虫歯に耐えられる状況が作られない可能性もあります。妊娠をすることで、ホルモンバランスの変化が出てしまいますので、場合によっては虫歯になってしまいます。歯医者に行って診てもらうと、もしかしたら変化していることで、虫歯の原因になってしまうこともあります。
このような理由により、虫歯になりやすいとされているので、おかしいと思ったら歯科で診察を受けてください。もしかしたら大きな虫歯に変わっていることもあるので、放置していることは避けるようにしてください。また、歯医者に行って治療を受けていれば、ある程度のトラブルは改善できることがあります。常に歯磨きをしたいと思っても、出来ない場合は歯科などに相談することで、改善を図っていくことが
大事です。

大村ファミリー歯科は、妊娠している女性の方にもしっかり治療を行えるように、そして虫歯にならないようにしっかり指導を行っています。妊娠中でもできる方法や、簡単に歯磨きのような効果を得られる方法を教えていますので、歯医者で虫歯の治療ばかりをする可能性を減らせます。妊娠中はどうしてもトラブルが多くなりますが、ちょっとした心遣いや使うものの変化によって、虫歯は防ぎやすくなりますので安心して来院ください。"
 

2024-07-16 19:27:22

折りたたむ

インプラント治療とは

近年多くなっているインプラント治療は、歯医者で行ってもらうことで歯を作り出せる方法となります。一般的に歯は骨によって支えられているのですが、何らかの要素でそれが駄目になってしまい、取らなければならないことが出てきます。そうした状況に対応し、歯をしっかり残すために行っているのがインプラント治療となります。この治療を行えば、無くなってしまった部分を取り戻すことが可能となるので、苦労しているところが減る可能性もあります。
行うためには、まず取り付ける部分を作らなければなりません。中に入れるものをインプラントと呼んでおり、基本的に金属の素材が利用されています。使われるものによっては、アレルギー反応の可能性が出ているので、まずは歯医者でしっかり確認することになります。問題が内容なら、指定されているインプラントを入れることによって、歯を取り付けることができる部分が生まれます。これを完了させてから、ある程度落ち着いてから歯を取り付けることになります。
落ち着かないまま付けることは基本的にありません。これは突然アレルギーのような反応が起きてしまうことが原因ですし、出血などをしっかり止めてから、実際に歯を取り付けたほうが安心できるのです。歯医者でもそうした方針で行っていますので、勝手に歯を取り付けるような治療をすることはありません。しっかりインプラントの状況を確認して、歯科が良いと思っているラインまで到達してから、取り付けを行っています。
こうしてインプラントは完了することになり、歯医者では定期的なメンテナンス程度に抑えてくれます。メンテナンスをすることによって、問題が起きている時にはすぐに修正することが出来ますし、歯医者側がチェックしておかしいと思っていることは、治療によって改善できます。メンテナンスは続けていくことが重要になっているので、行わない選択肢はありません。インプラントをしているなら、絶対に歯科で診てもらうことを続けなければなりません。
大村ファミリー歯科には、多数のインプラントが用意されており、アレルギーの状況や体質に合わせながら選ぶことが出来ます。メーカーによって異なる部分もありますので、場合によっては結構トラブルが起こることもあります。その説明も的確に行って、歯医者がおすすめしているものをしっかり選べるようにしていることがいいところです。安心してインプラントができるように、スタッフ一同が気をつけて治療に当たります。"
 

2024-07-09 10:30:26

コメント(0)

折りたたむ

根の再治療とは

歯の神経の治療は根管治療とよばれ、歯髄まで虫歯が進行した時に歯医者で行われる治療です。大村市の大村ファミリー歯科では根管治療にはリーマーやファイルという器具が使用され、細菌に感染した細歯質や神経を徹底的に除去してもらえます。そのことで、根尖病変という歯の根の病気を治療したり予防します。しかし、最悪の場合、根尖という歯根の先端まで炎症が進行すると、病巣を作ったり膿が出たりしてしまいます。
歯根の中は直接目視しながら治療をすることができない構造で、歯の根の形も患者一人一人によって違っていますので、完全に細菌を取り除くということは非常に困難です。もし、細菌を完全に取り除くことができないままで詰め物をしたり、被せものをすると、次第に歯の中で細菌が増殖して痛みが生じたり、熱が出たりするトラブルにつながることがあります。そのような時には、歯医者での根の再治療が必要になります。
根管治療では、根の中のバイ菌をきれいに殺菌した後に、空になった根の中に固形の薬が詰められます。この殺菌に失敗して再発した場合には、根がボロボロな状態になっている場合がほとんどで、歯医者での抜歯になることが多くあります。
このように、神経を抜いた後の根管内には汚れや細菌でいっぱいの状態です。これらを徹底的に取り除かなければ再感染につながります。しかし、根の中は枝分かれしており複雑な構造をしているので、完全殺菌は至難の技といえます。そのため、大村市にある大村ファミリー歯科ではニッケルチタンを使用した根管治療が推奨されています。
ニッケルチタンを用いると、狭い根管を拡大して確認することができるので、根管の清掃精度が飛躍的に向上します。大村市にある大村ファミリー歯科ではニッケルチタンを使用した根管治療を行うことで、根管治療の成功率を高め、再治療を行わなくても済むよう治療を進めてもらえる歯医者です。
大村市の大村ファミリー歯科は大村市のイオン大村の2Fにある歯医者です。家族と買い物にいったついでにも気軽に来院することができ、年中無休で夜10時まで診療が行われていますので、仕事帰りに寄ることもできる歯医者です。また、急に歯が痛みだした時にも対応してもらうことができる歯医者で、大村市の大村ファミリー歯科は安心して治療してもらえる歯医者です。
根管治療では細菌に感染した細歯質や神経を徹底的に除去します。しかし、最悪の場合、根尖まで炎症が進行すると、病巣を作ったり膿が出たりしてしまいます。大村市の大村ファミリー歯科は根管治療の成功率を高めるため、ニッケルチタンを使用した根管治療を行ってもらえる大村市の歯科です。
 

2024-07-02 21:08:52

折りたたむ

歯科用マイクロスコープと痛みの少ない治療について

"歯科用マイクロスコープは、これまで見えなかったところまで見ることができることを可能にします。そのため、高度な歯の治療を提供することができます。マイクロスコープは、審美治療や歯根治療、手術時などに歯の治療技術力を発揮することができます。
大村市にある大村ファミリー歯科では治療時の痛みに対して、治療前や治療中、治療後などにできるだけ痛みを感じないようにするため4つの無痛対策アプローチがとられています。その中の一つがマイクロスコープを活用した治療です。大村市の歯医者、大村ファミリー歯科は、医院の5%しか導入されていないマイクロスコープを導入し、てできるだけ歯を削る面積を少なくすることで、治療面積に比例する痛みの大きさを軽減できるように、低侵襲治療が無痛治療に繋がるような工夫が行われている大村市の歯医者です。
また、マイクロスコープを用いる治療を行う以外にも、できるだけ痛くない治療を患者が受けられるように、注射をする際には針を刺すということに対し痛みを感じないようにするために、表面に塗るタイプの麻酔を塗ってもらえます。そのため、患者はほぼ痛みを感じなく治療を受けることができます。
また、大村市の歯医者、大村ファミリー歯科では、現存する麻酔針の中で一番細い33ゲージという超極細針を使用して注射をすることで、刺した時の痛みを最小限にとどめる工夫も行われています。
また、大村市にある大村ファミリー歯科では麻酔の打ち方も工夫されています。針に粘膜をもっていくといった感覚で注射を打つようにすることで、患者の感じる痛みを大きく軽減させることができると考えています。
大村ファミリー歯科は、忙しくて歯医者に通う時間がない人や、歯医者のためだけに外出するのが面倒だといった人、パーキングを探すのが面倒という人などにおすすめの大村市の歯医者です。
医院はイオン大村の中にありますので便利です。駐車場も完備され、年中無休で毎日夜10時まで診療を行っていますので、仕事帰りや買い物ついでに気軽に受診することができます。
虫歯の治療で歯医者が怖いというイメージをもっている場合や、歯医者は苦手といった場合には大村ファミリー歯科はおすすめです。大村市にある大村ファミリー歯科では患者ができるだけ痛みを感じないで治療を受けられるよう、マイクロスコープを用いた治療などが行われています。歯の治療は痛いといったイメージがある人にこそこの大村市の大村ファミリー歯科はおすすめです。

 

2024-06-25 17:45:55

折りたたむ

歯垢を残しておくといけない理由

歯垢(プラーク)は細菌のかたまりです。歯垢1mg中には数億から10数億個もの細菌がおり、その種類は300種類といわれています。その中には虫歯菌や歯周病菌も含まれ、これらの菌から毒素や酸が産出されて歯周病や虫歯がおこります。このような歯垢の中にいる虫歯菌や歯周病菌は、医科の心筋梗塞や糖尿病などの病気の原因になることもあるといわれているのです。それだけに歯垢が口の中に残ることは危険なことだといえるのです。


大村市の大村ファミリー歯科では、このような歯垢をきれいにするための様々な予防が行われています。
大村市の大村ファミリー歯科は歯医者で歯科衛生士などによる定期的な定期的なプロケアを受けることができる歯医者です。歯や歯ぐきの状態をチェックしてもらって、一人ひとりに対応したブラッシング指導などを行ってもらえます。


歯垢は毎日の歯磨きで約60%を取り除くことができます。そして、歯間ブラシなどを用いたケアで残りのうち20%をきれいにすることができます。残りの20%は歯医者でしか取り除けない汚れです。20%の汚れを歯医者で取り除いてもらえ、80%をセルフケアで取り除くことができるブラッシング指導や歯のケア用品などを使用したケアの方法を大村市の大村ファミリー歯科では教えてもらうことができます。
このような歯垢を残してしまった場合には、虫歯や歯周病につながっていきます。虫歯や歯周病はよぽど進行しなければ症状が出ませんが、自覚症状が出てからでは手遅れの場合が多いのです。そのため、大村市の大村ファミリー歯科は定期的な検診を行うことで、歯の異常を自覚症状が出る前に対策してもらえる歯医者です。


もしも虫歯になってしまったといった場合にも、大村市の大村ファミリー歯科はできるだけ痛みを感じない方法で治療を行ってもらうことができる歯医者です。大村市の大村ファミリー歯科では、患者の歯を削る部分を最小限にするために歯用のマイクロスコープなども使われています。削る面積をできるだけ小さくすることで、痛みを抑える治療を行ってもらえます。また、どうしてもある程度の面積を削らないといけないといった場合には、できるだけ痛みがないように麻酔などを用いて、痛くない治療を行ってもらえる歯医者です。麻酔の使い方にも大村市の大村ファミリー歯科ならではの工夫が行われ、患者の痛みの少ない治療を行ってもらえます。


このように、大村市の大村ファミリー歯科では、歯磨きだけでは予防しきれない虫歯や歯周病に対して、予防的な対処を行い、歯をなるべく長持ちさせるためのケアを行ってもらえる歯医者です。
 

2024-06-19 10:19:36

コメント(0)

折りたたむ

歯科用マイクロスコープとは

内科ではマイクロスコープを利用して検査をすることがありますが、これを歯医者の方が利用できるように作られたのが、歯科用マイクロスコープです。歯の部分は非常に細かいもので作られていて、微々たる部分の確認をしていかないと、治療に影響が出てしまうこともあります。近年はこれを取り入れているクリニックも多くなり、わからないところはしっかり確認して、治療の方針を決めるようにしています。これが作られたことで、安心して検査ができるようになりました。
使い方はほぼ同じで、歯科用マイクロスコープに付けられているカメラを使いながら、拡大して状況の確認を行っています。最大で20倍位まで拡大することが出来て、本当に細かい部分まで見られるようになります。この確認を行ってから、現時点でどのような状況かを確認してから、治療を行うようにしています。虫歯のように、実際に見れないところの確認をしたり、レントゲンの結果でおかしな部分を、拡大してチェックするときに利用されます。
また、歯科用マイクロスコープを使うことで、原因不明とされている痛みなどに対応できるようになります。普通の方法だと、痛みがかなり出やすい方法もあるのですが、拡大して確認することで、意外なところに理由が潜んでいることもあります。今まで何度やっても駄目だったことが、この設備を利用することで何とか改善できる場合もありますので、、困ったときにはこの設備を導入している歯医者を利用してください。
削る部分を最小限にすることが出来て、人の体に負担を減らせるようにしています。歯科用マイクロスコープを使ったことにより、要らない部分まで削る必要性はなくなり、必要な部分だけを削って綺麗な状態を作ることが出来ます。これは大きな負担を軽減して、痛みの解消に繋がることもありますので、確認をしながら削る位置を決めやすくなります。歯医者にとって、この設備はすごく重要なものであり、使っていくことで患者さんの負担が大幅位に減らせるようになります。
導入されているかどうか、これはクリニックによって多少変わります。大村ファミリー歯科では、導入しており実際に使いながら検査を行い、最終的に治療の方針を決めています。ちょっとした部分でも拡大して、確認しながらチェックができることは非常に大きいことで、導入できたことがすごくメリットをもたらしています。歯科用マイクロスコープは、使うことで知られていない部分まで把握できるのです。"
歯磨き粉や歯間ブラシなどを使ったセルフケア指導    "研磨材は歯磨き粉に入っている成分で、歯の表面についた汚れを落とすために主に使われています。歯にこびり付いた頑固な汚れを落とすために、汚れを削り落とすというイメージで利用されています。
研磨剤が歯磨きに配合されているのは、しっかりと汚れを落として、きれいな歯を手に入れたいというニーズがあるからといえます。
しかし、歯の汚れの2割くらいはどんなに自宅でセルフケアしても磨き残しとなってしまうといわれています。歯間歯ブラシを利用しても全体の汚れを取り除くのは不可能なのです。セルフケアで取り除けない2割の汚れは歯医者でのプロケアが必要だといわれています。そのため、歯医者に行かず汚れを放置した状態でいると、歯周病につながってくることがあります。
海外の80歳の人の残存歯の数は、日本の80歳の人の残存歯の数より約1.5倍ほど多い問われていますが、この差は歯医者にプロケアを受けに行くかどうかの違いであるといえます。
大村市の大村ファミリー歯科では、歯医者のスタッフによる定期的なプロケアが行われている大村市の歯医者で、定期クリーニングとして歯や歯ぐきの状態を診てもらい、歯磨きの指導などを受けることができます。
プロケアとセルフケアは予防歯科における車の両輪と考えられ、両方のケアがしっかりしていることが残存歯の違いとなってくるということが最近の研究でも明らかにされています。歯磨き粉を使用した適切なケアでお口の健康が守れますので、ブラッシングなどがきれいにできているかどうかを確認してもらうために、歯医者で定期クリーニングなどを受けましょう。
大村市の大村ファミリー歯科は大村市のイオン大村の2Fにある歯医者で、駐車場も備えられていますのでとても通いやすい歯医者です。年中無休で夜10時まで診療が行われていますので、急な歯の痛みなどにも対応してもらうことができて安心です。
大村市の大村ファミリー歯科では、3ヵ月ごとの定期クリーニングで歯ブラシや歯間ブラシなどを用いたセルフケア指導が歯科衛生士などによって行われています。歯間ブラシなども併用して歯ブラシだけでは落とせない汚れを落とすことができるよう、セルフケアの方法などを丁寧に教えてもらえます。
このように、大村市の大村ファミリー歯科では専門スタッフによるきめ細やかなケアが行われている大村市の歯医者で、大村市の大村ファミリー歯科では歯科医などの指導をもとに患者が自宅などで実践できる日々のセルフケアを効果的に行うための丁寧なアドバイスが受けられます。
 

2024-06-11 18:07:59

コメント(0)

折りたたむ

歯がない人に起こること

歯周病などで歯が抜けると噛み合わせがずれてきます。周りの歯が寄ってきたり、倒れてきたり、これまで噛み合っていた歯が、噛み合う歯がなくなったことで伸びてきたりして、さらに周りの歯の噛み合わせが悪くなってきたりします。歯医者で治療を行おうとしても周りの歯を戻してから行わないと、噛み合わせがずれたままになるということもあって、元の状態に戻すのに余計な時間や費用もかかったりしてしまいます。


大村市の大村ファミリー歯科に歯周病の治療に来ている患者では、歯周病の欠損歯の治療はブリッジを選択する人が大半です。プリッジによる治療法は、このような場合に大村市の大村ファミリー歯科で最も行われている治療法です。大村市の大村ファミリー歯科での歯周病の治療は、患者は歯医者と相談した形をとりながら治療が進められています。


ブリッジ治療は両脇の歯を土台にして、人工歯を橋のように架けて歯の欠損を補うという歯医者での歯科治療法です。人工歯を、両脇の歯を支えとして橋のように架けて治療することからブリッジという名称がつけられており、歯が1、2本なくなった時、なくなった両脇の歯がしっかりしている場合に大村市の大村ファミリー歯科でもよく行われることが多い治療法といえます。
また、ブリッジは保険診療が可能で、歯根がしっかりしていれば、歯医者で歯根に土台を立てることで、ブリッジを作成し、セメント接着させます。治療費もインプラントに比べるとかなり安価になります。


しかし、数年するとブリッジを掛けている両脇の歯に負担がかかるのでぐらついてしまい、抜けてしまった歯の両脇にある歯に負担がかかる点がデメリットとして挙げられている治療法です。


しかし、ブリッジにはメリットが多くあり、大村市の大村ファミリー歯科は歯周病で歯が抜けてしまった場合には、ブリッジや義歯を入れる方法を選択する患者の多い歯医者です。


大村市の大村ファミリー歯科は夜10時まで診察が行われていますので、仕事帰りに気軽に立ち寄れる歯医者です。待ち時間を可能な限りなくすために大村市の大村ファミリー歯科では予約制がとられています。また、年中無休のため、土、日、祝日しか時間がないという人や緊急の場合にも対応してもらえるので安心して治療が受けられる歯医者です。
歯周病などで歯が抜けると噛み合わせがずれてきます。大村市の大村ファミリー歯科では装着後の念入りなブラッシングが強く推奨されている歯医者です。
 

2024-06-04 09:40:48

コメント(0)

折りたたむ

冷たいものや甘いものがしみるとき理由

冷たいものを食べた時、甘いものを食べた時に、歯がしみるようなことが結構あります。これについては、虫歯が原因とされていることが多いのですが、それ以外の理由も当然あります。歯医者ではこうした悩みについて、検査をしながら何が原因なのかをしっかり特定しており、問題が起きているようなら早々に治療するようにしています。負担が小さくなるように、そして原因がしっかりわかってもらえるように、確実な検査によって問題を解決します。


基本的に虫歯が大半の理由ですが、知覚過敏が原因の可能性もあります。これは神経の問題であり、神経のトラブルが起きてしまった時にこうした症状が生まれます。放置していると治ることもありますが、場合によっては歯医者へ行って治療をしなければ治らないこともあります。神経に冷たいものが過敏に反応して、それによってしみてしまうことが大きな特徴です。歯磨き粉を変更することで、改善する場合もあるのでためしてみると良いです。


他に考えられる要因としては、削ったことによって神経の部分が露呈してしまい、これが触れることでしみてしまうことがあります。特に大きな虫歯を治療した時に、こうした傾向が起きてしまうこともあります。神経と歯の間に、細かい部分で隙間ができており、これが冷たいものが入り込む要因となって、しみてしまうことがあります。これも立派な問題ではありますが、歯医者でも治療をすることが厳しいために、色々な方法を利用して改善するようにしています。


どのような場合でも、虫歯が原因となるケースが多いので、歯医者を利用することは当然と言えることです。利用して問題を解決して、最終的に歯科の治療をしっかり行っていれば、改善することもあります。ただ改善しづらい症状もありますので、歯医者にどういった原因があってこの状態になっているのかを知ってもらい、最終的に検査を受けてから対応してもらうことが望ましいです。ただの知覚過敏ではなく、虫歯の可能性も十分にあります。


大村市にあるクリニックでは、ちょっとしたトラブルについても相談を受け付けており、これによってクリニック側が検査を行って、トラブルが起きているかどうかを判断しています。虫歯の場合は治療をしっかり行っていますし、知覚過敏でも治療する方法がありますので、歯医者に相談してもらえばしみることが変わるかもしれません。虫歯の場合は早めに相談しないと、大きなものに変わっていまうこともあります。

2024-05-28 10:48:17

コメント(0)

折りたたむ

妊婦は虫歯になりやすい理由

妊娠すると虫歯になりやすくなるおは本当です。妊娠中は虫歯や歯周病などの歯科トラブルが起こされやすい時期だといわれています。また、これらの原因菌によって早産も引き起こされやすくなるといわれており、妊娠中の女性に対して市町村などでも歯医者での歯の治療は推奨されています。


妊娠すると、虫歯にしばらくなっていなかった人でも虫歯ができやすくなります。このような体質の変化は、妊娠したことによるホルモンバランスの変化が原因と考えられています。また、他にも虫歯が引き起こされる原因として、つわりできちんと歯磨きができないということもあるといわれます。つわりで気持ちが悪くなってしまうと、歯ブラシを口に入れることもつらくなり、歯みがきが不十分になることで磨き残りが多くなって虫歯に繋がったりします。また、つわりがひどいと、歯磨き粉の味や匂いがつらいという人もいます。そして、歯磨きを怠ることで、虫歯菌や歯周病菌が増えやすい状態になっていきます。


また、ホルモンバランスが変化して、女性ホルモンを栄養とする虫歯菌を増えることも大きな理由ともいえます。さらに、唾液量が少なくなって、口の中が粘り気味になって、細菌を活動しやすくしてしまい、口の中が酸性に傾き、歯の再石灰化が弱くなったりします。また、子宮が大きくなり胃が圧迫されると1回の食事でたくさん食べれず、食事の回数が増えます。そのことも口の中の状態に影響し、虫歯や歯周病につながります。


大村市の大村ファミリー歯科は、妊婦に対する歯の検診も行われている歯医者です。その結果、歯科的治療が必要になった場合、できるだけ痛くない治療を行ってもらえる大村市の歯医者です。例えば抜歯などが必要になった場合には、麻酔が用いられます。この場合、少量の局所麻酔が用いられますのでので、赤ちゃんへの影響は心配ありません。麻酔の効果が切れた後の痛み止めの薬の服用を心配する妊婦さんもいますが、妊婦の歯科検診券などで事前に妊婦ということが伝わっていると、大村市の歯医者では影響のない薬が提案されます。


妊婦の歯科検診はこのような理由で大村市でも推奨されています。大村市の大村ファミリー歯科は大村市のイオン大村の2Fにある歯医者で、買い物に行ったついでに来院することができる便利なロケーションにある歯医者です。年中無休で診察が行われ、駐車場も備えられていますので、歯医者へはとても通いやすいです。また、大村市の大村ファミリー歯科は急に歯が痛くなったといった緊急の場合にも歯科処置を対応してもらえる大村市の歯医者です。
 

2024-05-21 20:32:16

コメント(0)

折りたたむ

歯がない人に起こること

歯周病などで歯が抜けると噛み合わせがずれてきます。周りの歯が寄ってきたり、倒れてきたり、これまで噛み合っていた歯が、噛み合う歯がなくなったことで伸びてきたりして、さらに周りの歯の噛み合わせが悪くなってきたりします。歯医者で治療を行おうとしても周りの歯を戻してから行わないと、噛み合わせがずれたままになるということもあって、元の状態に戻すのに余計な時間や費用もかかったりしてしまいます。


大村市の大村ファミリー歯科に歯周病の治療に来ている患者では、歯周病の欠損歯の治療はブリッジを選択する人が大半です。プリッジによる治療法は、このような場合に大村市の大村ファミリー歯科で最も行われている治療法です。大村市の大村ファミリー歯科での歯周病の治療は、患者は歯医者と相談した形をとりながら治療が進められています。


ブリッジ治療は両脇の歯を土台にして、人工歯を橋のように架けて歯の欠損を補うという歯医者での歯科治療法です。人工歯を、両脇の歯を支えとして橋のように架けて治療することからブリッジという名称がつけられており、歯が1、2本なくなった時、なくなった両脇の歯がしっかりしている場合に大村市の大村ファミリー歯科でもよく行われることが多い治療法といえます。
また、ブリッジは保険診療が可能で、歯根がしっかりしていれば、歯医者で歯根に土台を立てることで、ブリッジを作成し、セメント接着させます。治療費もインプラントに比べるとかなり安価になります。


しかし、数年するとブリッジを掛けている両脇の歯に負担がかかるのでぐらついてしまい、抜けてしまった歯の両脇にある歯に負担がかかる点がデメリットとして挙げられている治療法です。


しかし、ブリッジにはメリットが多くあり、大村市の大村ファミリー歯科は歯周病で歯が抜けてしまった場合には、ブリッジや義歯を入れる方法を選択する患者の多い歯医者です。

大村市の大村ファミリー歯科は夜10時まで診察が行われていますので、仕事帰りに気軽に立ち寄れる歯医者です。待ち時間を可能な限りなくすために大村市の大村ファミリー歯科では予約制がとられています。また、年中無休のため、土、日、祝日しか時間がないという人や緊急の場合にも対応してもらえるので安心して治療が受けられる歯医者です。
歯周病などで歯が抜けると噛み合わせがずれてきます。大村市の大村ファミリー歯科では装着後の念入りなブラッシングが強く推奨されている歯医者です。
 

2024-05-14 19:55:00

コメント(0)

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5