訪問歯科
EPARK歯科
短期治療、痛みの少ない治療 tel:0957-52-8148 長崎県大村市幸町25-200 イオン大村店2F
〒856-0836
長崎県大村市幸町25−200 イオン大村店 2F

休診日

年中無休

診療時間

10:00 - 13:00 / 15:00 - 22:00

大村市の歯科「大村ファミリー歯科」は夜間診療22時まで対応

HOME

診療時間・地図

ブログ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

歯垢を残しておくといけない理由

歯垢(プラーク)は細菌のかたまりです。歯垢1mg中には数億から10数億個もの細菌がおり、その種類は300種類といわれています。その中には虫歯菌や歯周病菌も含まれ、これらの菌から毒素や酸が産出されて歯周病や虫歯がおこります。このような歯垢の中にいる虫歯菌や歯周病菌は、医科の心筋梗塞や糖尿病などの病気の原因になることもあるといわれているのです。それだけに歯垢が口の中に残ることは危険なことだといえるのです。


大村市の大村ファミリー歯科では、このような歯垢をきれいにするための様々な予防が行われています。
大村市の大村ファミリー歯科は歯医者で歯科衛生士などによる定期的な定期的なプロケアを受けることができる歯医者です。歯や歯ぐきの状態をチェックしてもらって、一人ひとりに対応したブラッシング指導などを行ってもらえます。


歯垢は毎日の歯磨きで約60%を取り除くことができます。そして、歯間ブラシなどを用いたケアで残りのうち20%をきれいにすることができます。残りの20%は歯医者でしか取り除けない汚れです。20%の汚れを歯医者で取り除いてもらえ、80%をセルフケアで取り除くことができるブラッシング指導や歯のケア用品などを使用したケアの方法を大村市の大村ファミリー歯科では教えてもらうことができます。
このような歯垢を残してしまった場合には、虫歯や歯周病につながっていきます。虫歯や歯周病はよぽど進行しなければ症状が出ませんが、自覚症状が出てからでは手遅れの場合が多いのです。そのため、大村市の大村ファミリー歯科は定期的な検診を行うことで、歯の異常を自覚症状が出る前に対策してもらえる歯医者です。


もしも虫歯になってしまったといった場合にも、大村市の大村ファミリー歯科はできるだけ痛みを感じない方法で治療を行ってもらうことができる歯医者です。大村市の大村ファミリー歯科では、患者の歯を削る部分を最小限にするために歯用のマイクロスコープなども使われています。削る面積をできるだけ小さくすることで、痛みを抑える治療を行ってもらえます。また、どうしてもある程度の面積を削らないといけないといった場合には、できるだけ痛みがないように麻酔などを用いて、痛くない治療を行ってもらえる歯医者です。麻酔の使い方にも大村市の大村ファミリー歯科ならではの工夫が行われ、患者の痛みの少ない治療を行ってもらえます。


このように、大村市の大村ファミリー歯科では、歯磨きだけでは予防しきれない虫歯や歯周病に対して、予防的な対処を行い、歯をなるべく長持ちさせるためのケアを行ってもらえる歯医者です。
 

2024-06-19 10:19:36

コメント(0)

折りたたむ

歯科用マイクロスコープとは

内科ではマイクロスコープを利用して検査をすることがありますが、これを歯医者の方が利用できるように作られたのが、歯科用マイクロスコープです。歯の部分は非常に細かいもので作られていて、微々たる部分の確認をしていかないと、治療に影響が出てしまうこともあります。近年はこれを取り入れているクリニックも多くなり、わからないところはしっかり確認して、治療の方針を決めるようにしています。これが作られたことで、安心して検査ができるようになりました。
使い方はほぼ同じで、歯科用マイクロスコープに付けられているカメラを使いながら、拡大して状況の確認を行っています。最大で20倍位まで拡大することが出来て、本当に細かい部分まで見られるようになります。この確認を行ってから、現時点でどのような状況かを確認してから、治療を行うようにしています。虫歯のように、実際に見れないところの確認をしたり、レントゲンの結果でおかしな部分を、拡大してチェックするときに利用されます。
また、歯科用マイクロスコープを使うことで、原因不明とされている痛みなどに対応できるようになります。普通の方法だと、痛みがかなり出やすい方法もあるのですが、拡大して確認することで、意外なところに理由が潜んでいることもあります。今まで何度やっても駄目だったことが、この設備を利用することで何とか改善できる場合もありますので、、困ったときにはこの設備を導入している歯医者を利用してください。
削る部分を最小限にすることが出来て、人の体に負担を減らせるようにしています。歯科用マイクロスコープを使ったことにより、要らない部分まで削る必要性はなくなり、必要な部分だけを削って綺麗な状態を作ることが出来ます。これは大きな負担を軽減して、痛みの解消に繋がることもありますので、確認をしながら削る位置を決めやすくなります。歯医者にとって、この設備はすごく重要なものであり、使っていくことで患者さんの負担が大幅位に減らせるようになります。
導入されているかどうか、これはクリニックによって多少変わります。大村ファミリー歯科では、導入しており実際に使いながら検査を行い、最終的に治療の方針を決めています。ちょっとした部分でも拡大して、確認しながらチェックができることは非常に大きいことで、導入できたことがすごくメリットをもたらしています。歯科用マイクロスコープは、使うことで知られていない部分まで把握できるのです。"
歯磨き粉や歯間ブラシなどを使ったセルフケア指導    "研磨材は歯磨き粉に入っている成分で、歯の表面についた汚れを落とすために主に使われています。歯にこびり付いた頑固な汚れを落とすために、汚れを削り落とすというイメージで利用されています。
研磨剤が歯磨きに配合されているのは、しっかりと汚れを落として、きれいな歯を手に入れたいというニーズがあるからといえます。
しかし、歯の汚れの2割くらいはどんなに自宅でセルフケアしても磨き残しとなってしまうといわれています。歯間歯ブラシを利用しても全体の汚れを取り除くのは不可能なのです。セルフケアで取り除けない2割の汚れは歯医者でのプロケアが必要だといわれています。そのため、歯医者に行かず汚れを放置した状態でいると、歯周病につながってくることがあります。
海外の80歳の人の残存歯の数は、日本の80歳の人の残存歯の数より約1.5倍ほど多い問われていますが、この差は歯医者にプロケアを受けに行くかどうかの違いであるといえます。
大村市の大村ファミリー歯科では、歯医者のスタッフによる定期的なプロケアが行われている大村市の歯医者で、定期クリーニングとして歯や歯ぐきの状態を診てもらい、歯磨きの指導などを受けることができます。
プロケアとセルフケアは予防歯科における車の両輪と考えられ、両方のケアがしっかりしていることが残存歯の違いとなってくるということが最近の研究でも明らかにされています。歯磨き粉を使用した適切なケアでお口の健康が守れますので、ブラッシングなどがきれいにできているかどうかを確認してもらうために、歯医者で定期クリーニングなどを受けましょう。
大村市の大村ファミリー歯科は大村市のイオン大村の2Fにある歯医者で、駐車場も備えられていますのでとても通いやすい歯医者です。年中無休で夜10時まで診療が行われていますので、急な歯の痛みなどにも対応してもらうことができて安心です。
大村市の大村ファミリー歯科では、3ヵ月ごとの定期クリーニングで歯ブラシや歯間ブラシなどを用いたセルフケア指導が歯科衛生士などによって行われています。歯間ブラシなども併用して歯ブラシだけでは落とせない汚れを落とすことができるよう、セルフケアの方法などを丁寧に教えてもらえます。
このように、大村市の大村ファミリー歯科では専門スタッフによるきめ細やかなケアが行われている大村市の歯医者で、大村市の大村ファミリー歯科では歯科医などの指導をもとに患者が自宅などで実践できる日々のセルフケアを効果的に行うための丁寧なアドバイスが受けられます。
 

2024-06-11 18:07:59

コメント(0)

折りたたむ

歯がない人に起こること

歯周病などで歯が抜けると噛み合わせがずれてきます。周りの歯が寄ってきたり、倒れてきたり、これまで噛み合っていた歯が、噛み合う歯がなくなったことで伸びてきたりして、さらに周りの歯の噛み合わせが悪くなってきたりします。歯医者で治療を行おうとしても周りの歯を戻してから行わないと、噛み合わせがずれたままになるということもあって、元の状態に戻すのに余計な時間や費用もかかったりしてしまいます。


大村市の大村ファミリー歯科に歯周病の治療に来ている患者では、歯周病の欠損歯の治療はブリッジを選択する人が大半です。プリッジによる治療法は、このような場合に大村市の大村ファミリー歯科で最も行われている治療法です。大村市の大村ファミリー歯科での歯周病の治療は、患者は歯医者と相談した形をとりながら治療が進められています。


ブリッジ治療は両脇の歯を土台にして、人工歯を橋のように架けて歯の欠損を補うという歯医者での歯科治療法です。人工歯を、両脇の歯を支えとして橋のように架けて治療することからブリッジという名称がつけられており、歯が1、2本なくなった時、なくなった両脇の歯がしっかりしている場合に大村市の大村ファミリー歯科でもよく行われることが多い治療法といえます。
また、ブリッジは保険診療が可能で、歯根がしっかりしていれば、歯医者で歯根に土台を立てることで、ブリッジを作成し、セメント接着させます。治療費もインプラントに比べるとかなり安価になります。


しかし、数年するとブリッジを掛けている両脇の歯に負担がかかるのでぐらついてしまい、抜けてしまった歯の両脇にある歯に負担がかかる点がデメリットとして挙げられている治療法です。


しかし、ブリッジにはメリットが多くあり、大村市の大村ファミリー歯科は歯周病で歯が抜けてしまった場合には、ブリッジや義歯を入れる方法を選択する患者の多い歯医者です。


大村市の大村ファミリー歯科は夜10時まで診察が行われていますので、仕事帰りに気軽に立ち寄れる歯医者です。待ち時間を可能な限りなくすために大村市の大村ファミリー歯科では予約制がとられています。また、年中無休のため、土、日、祝日しか時間がないという人や緊急の場合にも対応してもらえるので安心して治療が受けられる歯医者です。
歯周病などで歯が抜けると噛み合わせがずれてきます。大村市の大村ファミリー歯科では装着後の念入りなブラッシングが強く推奨されている歯医者です。
 

2024-06-04 09:40:48

コメント(0)

折りたたむ

冷たいものや甘いものがしみるとき理由

冷たいものを食べた時、甘いものを食べた時に、歯がしみるようなことが結構あります。これについては、虫歯が原因とされていることが多いのですが、それ以外の理由も当然あります。歯医者ではこうした悩みについて、検査をしながら何が原因なのかをしっかり特定しており、問題が起きているようなら早々に治療するようにしています。負担が小さくなるように、そして原因がしっかりわかってもらえるように、確実な検査によって問題を解決します。


基本的に虫歯が大半の理由ですが、知覚過敏が原因の可能性もあります。これは神経の問題であり、神経のトラブルが起きてしまった時にこうした症状が生まれます。放置していると治ることもありますが、場合によっては歯医者へ行って治療をしなければ治らないこともあります。神経に冷たいものが過敏に反応して、それによってしみてしまうことが大きな特徴です。歯磨き粉を変更することで、改善する場合もあるのでためしてみると良いです。


他に考えられる要因としては、削ったことによって神経の部分が露呈してしまい、これが触れることでしみてしまうことがあります。特に大きな虫歯を治療した時に、こうした傾向が起きてしまうこともあります。神経と歯の間に、細かい部分で隙間ができており、これが冷たいものが入り込む要因となって、しみてしまうことがあります。これも立派な問題ではありますが、歯医者でも治療をすることが厳しいために、色々な方法を利用して改善するようにしています。


どのような場合でも、虫歯が原因となるケースが多いので、歯医者を利用することは当然と言えることです。利用して問題を解決して、最終的に歯科の治療をしっかり行っていれば、改善することもあります。ただ改善しづらい症状もありますので、歯医者にどういった原因があってこの状態になっているのかを知ってもらい、最終的に検査を受けてから対応してもらうことが望ましいです。ただの知覚過敏ではなく、虫歯の可能性も十分にあります。


大村市にあるクリニックでは、ちょっとしたトラブルについても相談を受け付けており、これによってクリニック側が検査を行って、トラブルが起きているかどうかを判断しています。虫歯の場合は治療をしっかり行っていますし、知覚過敏でも治療する方法がありますので、歯医者に相談してもらえばしみることが変わるかもしれません。虫歯の場合は早めに相談しないと、大きなものに変わっていまうこともあります。

2024-05-28 10:48:17

コメント(0)

折りたたむ

妊婦は虫歯になりやすい理由

妊娠すると虫歯になりやすくなるおは本当です。妊娠中は虫歯や歯周病などの歯科トラブルが起こされやすい時期だといわれています。また、これらの原因菌によって早産も引き起こされやすくなるといわれており、妊娠中の女性に対して市町村などでも歯医者での歯の治療は推奨されています。


妊娠すると、虫歯にしばらくなっていなかった人でも虫歯ができやすくなります。このような体質の変化は、妊娠したことによるホルモンバランスの変化が原因と考えられています。また、他にも虫歯が引き起こされる原因として、つわりできちんと歯磨きができないということもあるといわれます。つわりで気持ちが悪くなってしまうと、歯ブラシを口に入れることもつらくなり、歯みがきが不十分になることで磨き残りが多くなって虫歯に繋がったりします。また、つわりがひどいと、歯磨き粉の味や匂いがつらいという人もいます。そして、歯磨きを怠ることで、虫歯菌や歯周病菌が増えやすい状態になっていきます。


また、ホルモンバランスが変化して、女性ホルモンを栄養とする虫歯菌を増えることも大きな理由ともいえます。さらに、唾液量が少なくなって、口の中が粘り気味になって、細菌を活動しやすくしてしまい、口の中が酸性に傾き、歯の再石灰化が弱くなったりします。また、子宮が大きくなり胃が圧迫されると1回の食事でたくさん食べれず、食事の回数が増えます。そのことも口の中の状態に影響し、虫歯や歯周病につながります。


大村市の大村ファミリー歯科は、妊婦に対する歯の検診も行われている歯医者です。その結果、歯科的治療が必要になった場合、できるだけ痛くない治療を行ってもらえる大村市の歯医者です。例えば抜歯などが必要になった場合には、麻酔が用いられます。この場合、少量の局所麻酔が用いられますのでので、赤ちゃんへの影響は心配ありません。麻酔の効果が切れた後の痛み止めの薬の服用を心配する妊婦さんもいますが、妊婦の歯科検診券などで事前に妊婦ということが伝わっていると、大村市の歯医者では影響のない薬が提案されます。


妊婦の歯科検診はこのような理由で大村市でも推奨されています。大村市の大村ファミリー歯科は大村市のイオン大村の2Fにある歯医者で、買い物に行ったついでに来院することができる便利なロケーションにある歯医者です。年中無休で診察が行われ、駐車場も備えられていますので、歯医者へはとても通いやすいです。また、大村市の大村ファミリー歯科は急に歯が痛くなったといった緊急の場合にも歯科処置を対応してもらえる大村市の歯医者です。
 

2024-05-21 20:32:16

コメント(0)

折りたたむ

歯がない人に起こること

歯周病などで歯が抜けると噛み合わせがずれてきます。周りの歯が寄ってきたり、倒れてきたり、これまで噛み合っていた歯が、噛み合う歯がなくなったことで伸びてきたりして、さらに周りの歯の噛み合わせが悪くなってきたりします。歯医者で治療を行おうとしても周りの歯を戻してから行わないと、噛み合わせがずれたままになるということもあって、元の状態に戻すのに余計な時間や費用もかかったりしてしまいます。


大村市の大村ファミリー歯科に歯周病の治療に来ている患者では、歯周病の欠損歯の治療はブリッジを選択する人が大半です。プリッジによる治療法は、このような場合に大村市の大村ファミリー歯科で最も行われている治療法です。大村市の大村ファミリー歯科での歯周病の治療は、患者は歯医者と相談した形をとりながら治療が進められています。


ブリッジ治療は両脇の歯を土台にして、人工歯を橋のように架けて歯の欠損を補うという歯医者での歯科治療法です。人工歯を、両脇の歯を支えとして橋のように架けて治療することからブリッジという名称がつけられており、歯が1、2本なくなった時、なくなった両脇の歯がしっかりしている場合に大村市の大村ファミリー歯科でもよく行われることが多い治療法といえます。
また、ブリッジは保険診療が可能で、歯根がしっかりしていれば、歯医者で歯根に土台を立てることで、ブリッジを作成し、セメント接着させます。治療費もインプラントに比べるとかなり安価になります。


しかし、数年するとブリッジを掛けている両脇の歯に負担がかかるのでぐらついてしまい、抜けてしまった歯の両脇にある歯に負担がかかる点がデメリットとして挙げられている治療法です。


しかし、ブリッジにはメリットが多くあり、大村市の大村ファミリー歯科は歯周病で歯が抜けてしまった場合には、ブリッジや義歯を入れる方法を選択する患者の多い歯医者です。

大村市の大村ファミリー歯科は夜10時まで診察が行われていますので、仕事帰りに気軽に立ち寄れる歯医者です。待ち時間を可能な限りなくすために大村市の大村ファミリー歯科では予約制がとられています。また、年中無休のため、土、日、祝日しか時間がないという人や緊急の場合にも対応してもらえるので安心して治療が受けられる歯医者です。
歯周病などで歯が抜けると噛み合わせがずれてきます。大村市の大村ファミリー歯科では装着後の念入りなブラッシングが強く推奨されている歯医者です。
 

2024-05-14 19:55:00

コメント(0)

折りたたむ

研磨剤とは

研磨材は歯磨き粉に入っている成分です。歯の表面についた汚れを落とすために入っています。ステインのように歯にこびり付いた汚れを落とすために、削り落とすというイメージで、研磨剤はそのような目的のために使用されています。


研磨剤が歯磨きに配合されているの、きれいに汚れを落としたいという利用者のニーズといえます。しかし、プラークという歯の汚れについては、歯磨きで落とせるのは全体の60%くらいだといわれています。残りの40%の歯の汚れのうち、20%くらいは歯間歯ブラシを利用することできれいにすることができますが、残りの20%は歯医者でのプロケアが必要だといわれています。


大村市の大村ファミリー歯科では、歯医者での歯科医や歯科衛生士による定期的なプロケアが行われている歯医者です。定期クリーニングでは歯や歯ぐきの状態を診てもらって、歯磨きの指導などを丁寧に指導してもらうことができます。小さな子どもなどは希望に応じてフッ素塗布による虫歯の予防なども推奨されています。


プロケアとセルフケアは予防歯科における車の両輪と考えられています。両方のケアがしっかり行われるとお口の健康をしっかり守ることができます。適切なケアができているかどうかを確認してもらうために、歯医者で定期クリーニングなどを行ってもらうようにしましょう。
大村市の大村ファミリー歯科は大村市のイオン大村の2Fにある歯医者で、家族連れで買い物に行ったついでに来院することができ、年中無休で夜10時まで診療が行われていますので、仕事帰りなどにも寄ることもできる歯医者です。また、急な歯の痛みなどにも対応してもらうことができますので大村市のおすすめの歯医者です。


大村市の大村ファミリ歯科では、3ヵ月ごとの定期クリーニングで歯ブラシや歯間ブラシなどを用いたセルフケア指導が行われています。歯間ブラシは虫歯や歯周病予防に高い効果が認められているケア用品です。歯ブラシだけでは落とし切れない20%の汚れを落とすことができます。


このように、大村市の大村ファミリー歯科では専門スタッフによるきめ細やかなケアが丁寧に行われている歯医者です。大村市の大村ファミリー歯科では歯科医などの指導をもとに患者が自宅などで実践できる日々のセルフケアを効果的に行うための丁寧なアドバイスが受けられる大村市の歯医者です。
いつまでも健やかな歯で噛める毎日を送るため、しっかりと日々のケアを充実させましょう。
 

2024-05-07 11:28:25

コメント(0)

折りたたむ

歯間ブラシと定期クリーニング

歯間ブラシは虫歯や歯周病予防に高い効果のある歯科ケア用品です。歯ブラシだけでは落とし切れない歯垢を、歯間ブラシでケアすることで約8割の歯垢を落とすことができるようになります。残りの約2割については歯医者でクリーニングしてもらうことが必要です。
歯間ブラシを使うことで、歯と歯の間の、歯の根元部分の歯垢が取れます。虫歯予防に効果的なだけでなく、歯間ブラシは歯と歯の間に溜まった口臭の原因になる歯垢も取り除いてくれるのです。


お口の中の健康を守るためには3ヶ月ごとのクリーニングが必要です。大村市の大村ファミリー歯科では、予防歯科という考え方に基づいて、定期的にプロによる歯のメンテナンスが行われています。歯医者は歯が悪くなって行くところから、歯を悪くしないために行くところになるように、歯医者では予防的な考え方を大切にした診察が行われています。虫歯や歯周病はよぽど進行しなければ症状が出ません。症状が出てからでは手遅れの場合が多いといえます。


大村市の大村ファミリー歯科は、歯磨きだけでは虫歯や歯周病は予防しきれないため、歯をなるべく長持ちさせるためのケアを行っている歯医者です。


大村市の大村ファミリー歯科では専門スタッフによる細やかなケアが行われています。大村市の大村ファミリー歯科では患者一人一人のお口の状態を細部まで把握した上で、わずかな異変も見逃さないような体制が整えられている歯医者です。
そして、セルフケアがしっかり行えるようアドバイスを行ってもらうことができます。予防においては自宅でのケアが最も大切だと考えられています。そこで、セルフケアの正しい方法をプロの視点から歯医者では助言してもらえます。セルフケアは歯磨きにとどまらず、食事や生活習慣の改善なども含まれます。大村市の大村ファミリー歯科では、できるだけ患者の歯を残すようにしてきました。3ヶ月ごとの歯医者でのクリーニングにより、さらに抜かずにすむ歯を増やすことを目標に予防活動は取り組まれています。


大村市の大村ファミリー歯科はイオン大村の2Fにあって、夜遅くまで土日も診療しています。毎月100人前後の初診患者さんが来院する大村市の大村ファミリ歯科では、の3ヵ月ごとのクリーニングで歯間ブラシなどを用いたケアを行ってもらうことができる大村市の歯医者です。


歯間ブラシは虫歯や歯周病予防に高い効果のある歯科ケア用品で、歯ブラシだけでは落とし切れない歯垢を、歯間ブラシでケアすることで約8割の歯垢を落とすことができるようになります。残りの約2割は歯医者でクリーニングしてもらうことが必要です。
 

2024-04-30 15:23:53

コメント(0)

折りたたむ

埋伏歯とは

大村市の歯医者では、埋伏歯などの抜歯の治療で訪れる患者さんが多数来院します。大村市の歯科で抜歯の治療をする場合、埋伏歯の場合、だと大変なことも多いようです。こちらの埋伏歯とはどういった歯のことなのでしょうか。


大村市の歯医者でもよく見かけることが多い埋伏歯(まいふくし)ですが、こちらは、歯の頭である、歯冠の全て、また一部などがあごの骨だったり、また歯肉の中に埋まり込んでしまっていて、きちんと生えていない状態の歯のことを指します。
大村市の歯医者では、歯科医に埋伏歯と判断された場合、埋伏歯の治療を行う必要があります。
また、歯が骨の中に完全に埋まってしまっているものを、完全埋伏歯と呼び、歯冠、また歯のどこかの一部などが見えている場合のものを、半埋伏歯、または不完全埋伏歯と呼んでいるのです。


埋伏歯が虫歯になってしまった場合や、親知らずが虫歯になってしまっているという場合、また虫歯でなくとも、親知らずが埋伏歯となってしまい、痛みや違和感があるという場合は、大村市の歯医者で、歯科医に治療をしてもらう必要があります。しかし、埋伏歯の場合、大村市の歯医者では、抜歯をすることができたりすることもありますが、歯科医によっては抜歯ができない可能性もあり、この場合は別の病院に紹介をしてもらうことが必要となります。


これは、大村市の歯医者の歯科医に技術がないというわけではなく、親知らずの埋伏歯の場合は、これらの歯を歯茎を切り開いて抜く必要があり、時間もかかることが多いのです。このため、大病院で抜歯の治療を行うほうが、大村市の歯医者で、歯科医に治療をしてもらうよりもスムーズであることも多いのです。
このため、まずは、埋伏歯に痛みがあるという場合は、大村市の歯医者の歯科医に、相談をしてみるとよいでしょう。もしも痛みがある場合には、大村市の歯医者で、歯科医にレントゲンを撮ってもらう形になります。大村市の歯医者で、歯科医による治療が可能であれば、そのまま治療という形になりますが、大村市の歯医者で、歯科医が治療することができない状態の埋伏歯であれば、そのまま別の大病院に紹介をしてもらうという形になります。
大村市の歯医者では、埋伏歯の抜歯を行っている歯科医もありますが、歯医者にもよりますので、一度歯医者の方に治療を行っているのか、聞いてみるとよいでしょう。"
智歯周囲炎について    "智歯とは親知らずのことです。大村市の歯医者、大村ファミリー歯科では、親知らずは抜いたほうがいいかどうかという質問をよく受けます。親知らずを放置しておくと痛くなったり腫れるという症状が出てくることはよくあります。
親知らずの生え方が完全でなかったり、斜めに萌えてしまって、歯が完全に萌出してこないために、親知らずの周囲が細菌感染してしまうと、炎症が起こった状態になっています。完全に萌出しない場合には、食べかすが親知らずの周囲の歯ぐきにつきやすくなって、不潔になり、歯茎の炎症がおこります。


歯ぐきの周囲が発赤して腫れると、物を噛んだりした時に痛みがあります。そして、歯ぐきから膿などが出てくるようになって、食べ物を飲み込む時などにも痛みます。さらに進行すると口がほとんど開かなくなったり、顎下や頬が腫れてきます。この時点で歯医者で適切な歯科的処置をしなければ骨膜炎などを継発することもあります。炎症反応は、歯ぐきの状態を歯科的に検査して調べます。大村市の歯医者ではX線を用いたレントゲンで歯の萌えてきた方向を調べたり。発熱の有無や、血液検査などを行い炎症の程度について調べます。治療は、清潔にするため、歯ぐきのまわりを洗浄して腫れや痛みなど対して、歯医者では抗菌薬の投与などが行われます。膿があれば切開して歯科処置します。症状がなくなったあとは原因となった親知らずを抜歯して再発が起こらない状態にします。
しかし、全ての患者でこのような骨膜炎などの症状が見られて、歯医者で抜かなければならないというわけでもありません。悪影響を及ぼさない親知らずもあります。そのような場合は残しておいたほうが後々のためになる歯科的なケースもあるといわれます。例えば、歯周病などで歯を失ってしまった場合には、親知らずが生えていれば噛み合わせなどで利用できる可能性もあり、一度、抜歯してしまうと、親知らずは元には戻りませんので、保存しておくという場合もあるといえます。


しかし、親知らずを抜いたほうがいいという場合には大村市の大村ファミリー歯科は、抜歯時に痛みをできるだけ感じない方法で抜歯してもらえる大村市の歯医者です。親知らずの抜歯は痛いというイメージが根強くあるようですが、抜歯の際には麻酔が効いていますので痛みを感じることはほとんどありません。大村市の大村ファミリー歯科では麻酔自体にも痛みを感じさせない工夫がなされている大村市の歯医者です。


痛みを感じる場合は、麻酔が切れてからのことですので、大村市の大村ファミリー歯科では痛みを感じる前に痛み止めを飲むことで、術後の痛みも極力抑えることが可能な大村市の歯医者です。
 

2024-04-23 19:03:10

コメント(0)

折りたたむ

プロケアとセルフケアについて

日本の70代の人の歯の数は約17本といわれています。歯の数は親知らずを入れて全部で32本ですので、この数は、70代までに歯が約半分になっているということを表しています。。一方、欧米の70代の人は約21本の歯があるといわれています。この差はプロとの関わり方といえます。それは治療ではなく予防に重点を置くという予防歯科という考え方です。大村市の大村ファミリー歯科はそのような考え方が重視されている歯医者です。


大村市の大村ファミリー歯科では歯医者で歯科医や歯科衛生士による定期的な定期的なプロケアを受けることができます。歯や歯ぐきの状態をチェックしてもらい、一人ひとりに応じた歯磨きの指導などが受けられます。プラークは毎日のセルフケアで約80%を取り除くことができますが、残りの20%のプラークや歯石は歯医者でケアしてもらわなければ取り除くことができません。また、希望に応じてフッ素塗布による虫歯の予防なども行ってもらえます。大村市の大村ファミリー歯科では歯科医などの指導をもとに患者が自宅などで実践するのが日々のセルフケアについても丁寧にアドバイスをしています。


プロケアとセルフケアは予防歯科における車の両輪といえます。両方のケアがしっかり行われるから、お口の健康が守られるのです。プロに適切なケアができているかどうかを確認してもらうためにも、歯医者で定期クリーニングなどを行ってもらいましょう。
大村市の大村ファミリー歯科は大村市のイオン大村の2Fにある歯医者です。家族と買い物にいったついでに来院することができ、年中無休で夜10時まで診療が行われていますので仕事帰りに寄ることもできる歯医者です。急に歯が痛みだした時にも対応してもらうことができます。


毎月100人前後の初診患者さんが来院する大村市の大村ファミリ歯科では、3ヵ月ごとの定期クリーニングで歯間ブラシなどを用いたセルフケア指導を行ってもらうこともできます。歯間ブラシは虫歯や歯周病予防に高い効果が認められている歯科ケア用品で、歯ブラシだけでは落とし切れない汚れを落とすことができます。


大村市の大村ファミリー歯科では専門スタッフによるきめ細やかなケアが丁寧に行われている歯医者で、患者一人一人のお口の中状態を細部まで把握した上で、歯などの異変を見逃さないような体制が整えられている大村市の歯医者です。
近年、日本でも予防歯科の重要性が高まっています。いつまでも健やかな歯で噛める毎日を送るため、しっかりと予防歯科に取り組みましょう。
 

2024-04-09 18:08:44

コメント(0)

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5