訪問歯科
EPARK歯科
短期治療、痛みの少ない治療 tel:0957-52-8148 長崎県大村市幸町25-200 イオン大村店2F
〒856-0836
長崎県大村市幸町25−200 イオン大村店 2F

休診日

年中無休

診療時間

10:00 - 13:00 / 15:00 - 22:00

大村市の歯科「大村ファミリー歯科」は夜間診療22時まで対応

HOME

診療時間・地図

ブログ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

骨が不足していても、インプラント治療は受けられますか?

骨が不足している状態では、歯医者がすぐにインプラント治療を行うことはありません。その理由として、不足している骨では、インプラントを支えることが出来ない問題があるからです。インプラントは、歯を取り付けるために必要な部分を取り付けてから、歯を取り付ける方法を採用していますが、骨が少ないと固定できる部分が足りないために、どうしても取り付けることが出来なくて、固定する部分が弱くなります。これによって、インプラントを歯医者はすぐに行いません。


ただ、骨が不足している人でも、インプラントを受けることは可能です。歯医者では、骨を補充する治療を行えるので、歯の中にある骨を不安ことが出来ます。今までそうした方法で骨を増やしていなくて、骨をなんとかして作りたいと思っている方は、この方法を採用することになります。簡単に増やすことができる点が魅力となっていますし、しかも一般人と同じくらいの量まで増やせるので、高齢の方でも安心です。
色々な方法によって、まずは骨を増やすことを行い、それからインプラントが可能な状態にします。歯科の中には、かなり多くの量を補充しなければならないので、この骨を増やすために長期間使うこともあります。時間はかかってしまい、嫌なイメージを持ちやすくなるものの、やはりしっかり固定しないことにはいい結果は生まれないのです。この結果を求めるために、インプラント治療の前には、しっかり骨を補充してから作れるようにしています。


多くの部分をしっかり固定して、最終的に普通にインプラント用の穴を作ることができれば、問題なく治療を受けることは可能です。そして、インプラントがしっかりしていることで、歯の問題も解決できるようになります。歯科でこうした骨の補充を行っていることで、確実に治療をしっかり受けられるので、まずはゆっくりと増やすことから始めてください。そして多くの部分をしっかり増やすことができれば、問題なく治療は受けられるのです。


大村ファミリー歯科には、そうした治療ができる設備が用意されています。大村市でも比較的多くのインプラントを担当しており、あらゆる症状に対応して治療を受けられるようにしています。歯医者側が考えているプランによって、患者さんが負担をかけないで治療を受けられるようにしているので、安心して行えるようにしています。時間はかかるかもしれませんが、歯の骨が弱っている人でも受けることは出来ます。
 

2024-02-20 12:57:06

コメント(0)

折りたたむ

神経を以前取ったのに痛む歯があります。どうして痛むのですか?

歯の神経を取ってもらうことが、歯医者に行くとあるかもしれません。これによって傷みは止まるものと思っているかもしれませんが、実は全く止まっていません。これは神経を取り除いていると言っても、神経自体は網目状で作られていて、その1つを取り除いているだけです。痛みを出しているものを取り除いて、とりあえず痛くならないように歯医者は行っているので、別の部分が痛むようになると当然痛いと感じてしまうことがあります。


神経は、歯の内側にたくさん作られていて、その1つ1つが網目状で構成されています。痛みを持っている神経は、歯医者側が色々なチェックをして確実に見つけてくれるのはいいですが、これによって痛みが出ているものを取り除いても、神経自体は歯の中に残っているのです。傷んでいるものを1つだけ取り除いても、他の神経が同じようになってしまった場合は、当然痛いと思ってしまいます。これが神経を取り除いても痛みを感じることの要因になっているのです。


対策としては、全て取り除く方法があります。歯科に行けば、全ての神経を外すことも可能になっていますが、歯の状況を考えるといいわけではありません。痛みが出ないように気をつけることと、なるべく知覚過敏などを起こさないように日頃からチェックしておくことです。対応している歯磨き粉などを利用すると、多少そうした状況が起こりづらくなっているので、場合によっては痛みを感じることが減ってくるかもしれません。


もちろん歯科は、なるべく歯の状況を考えて神経を取り除いてくれますが、場合によっては神経を取り除いても、別の部分がそれに近い状態となっており、勝手に神経が痛みを持ってしまうこともあります。以前取ったとしても、歯医者が知らないところで痛みが出てしまうことは当然ありますので、そうした状況が起きているならまた連絡をして、神経を診てもらうことになります。定期的にそうした状況になっている場合は、色々な治療をしてくれます。


大村ファミリー歯科では、神経の痛みについてしっかりと確認すると同時に、どのような部分が問題で起きているのかも確かめています。そして、なるべく神経の痛みが続かないように、どういった対策をすればいいのかも説明しています。大村市の中でも色々な相談ができますし、もしものときにはすぐに対応してくれるところもありますので、困っている時には相談して、なるべく早い段階で治療を受けられるようにするといいです。
 

2024-02-13 13:06:35

コメント(0)

折りたたむ

保険診療と自由診療は、どのように違うのですか?

歯医者を利用するときには、保険診療と自由診療がありますという話が絶対に出てきます。自由診療については、対象となる診療を行わないかぎりは通知されないことも多いのですが、基本的にそうした治療が出てくるときには、色々な説明を受けることになります。この2つについては、保険を適応して安くすることができるのか、それとも自分がすべての金額を支払わなければならないのかの違いで、自由診療の場合は歯医者側に必要な費用を全額負担しなければなりません。


保険診療は、安く行えることがメリットとなっています。歯医者側が保険を適応できる治療であれば、保険証を持っていることで安く抑えることが出来ます。保険側が定めている割合に応じて、残っている金額だけを支払うというものです。多くの人は3割負担になっていることが多いので、大体治療費の3割を払えば行えることと思ってください。安くなるのはいいことですが、その分治療の幅は狭くなるので注意が必要です。


自由診療は、保険を適応することが出来ない方法です。全ての治療費を支払うことになり、歯医者側にその高額な治療費を支払わなければなりません。特にインプラントや被せ物で多くなるもので、歯医者側は白いものを用意したり、インプラントのように自由に行うものと思われれば、保険を使わずに全額支払いをすることとなります。綺麗な状態を保つことができる点はいいですが、逆にお金が高くなり、支払えないと出来ないものもあります。


このような違いが、診療の方針によって異なります。一応自由診療でも、後から確定申告で返してもらうことができるものの、やはり歯医者を安く利用したいなら、保険が適応される診療が望ましいです。メンテナンスのように、簡単にできるものは保険が使えるものの、大掛かりなことになったり、美容目的と判断されることは全て自由診療になります。歯科側にも相談することが大切で、どのようなことが自由に該当しているのかを知らなければなりません。


方法によって、歯科は自由診療になることを絶対に伝えています。大村ファミリー歯科では、そうした治療前にはしっかり話をして、何を利用するのかを説明しながら、保険が適応されるかどうかも説明を指定ます。こうして歯医者を利用してもらう人が、保険を使える方法とそうでない方法を理解してもらい、間違った方法を取らないようにしています。適切な説明によって、歯科の意図も理解してもらっています。
 

2024-02-06 13:11:47

コメント(0)

折りたたむ

メンテナンスというのは、どんなことをするのですか?

歯科を利用して治療を受けると、メンテナンスを一緒にした方がいいですと言われることがあります。メンテナンスと言われても、色々な方面で使える言葉なので、わからないことが多いかもしれません。これは歯の状況をチェックして、歯石などを取り除いてもらうものです。そのまま放置していると、また同じ状況に戻ってしまう可能性があるものの、メンテナンスを受けていることによってしっかりとカバーできる状況を作ることが出来ます。


治療を受ける前や後から、綺麗にしておく習慣をつけるために、メンテナンスを歯医者では行っています。今までの方法が間違っていることをしっかり伝え、その上で改善しなければならない部分を説明しています。放置しているとダメになってしまうことも、歯医者側がしっかり指導を行って、毎日にように行ってもらうことが重要なポイントとなっています。その指導をする場でもあり、今後も綺麗な状況を保ってもらうために、このメンテナンスは実施されています。


また、インプラントや入れ歯を利用している人は、歯医者によってちょっとした修正を行ってもらう必要があります。違和感を感じてしまったり、いつの間にか合わないような状況になってしまうこともあるので、そうした場合は治療を受けることによって修正し、メンテナンスで綺麗にしてもらいます。違和感が出ている部分を修正するために、あらゆる器具を利用して削ることもあり、こうして使いやすいものに変更しています。


このように歯医者では、メンテナンスをしっかり行うことで、確実にいい状態を保つことや、生活に問題が起こらないように調整しています。もちろんそうした診察を定期的に受けることで、現在の状況を把握することができるので、歯の環境をしっかり保つことができるのです。困っていることがあれば相談し、もしかしたらまた虫歯ができているようなら、治療を受けることによって治してもらうことも大事なので、早期発見も歯科でできるようになります。


大村ファミリー歯科でも、しっかりメンテナンスによって治療を行って、綺麗な状態を作り上げています。こうして綺麗な状態を保ち続けていると、清潔なままで生活をすることができるので、負担についても結構減らすことが出来ます。大村市にあるこのクリニックでは、色々な検査や状況確認を行ってから、どのような部分に問題が起きているのかをしっかり話して、問題については早期解決を図るようにしています。

2024-01-30 17:26:05

コメント(0)

折りたたむ

インプラントは治療費が高額になりますか?

歯医者で治療を受ける方法の1つとして、インプラントを利用するものがあります。インプラントは、ネジを埋め込むことによって、取り付けることのできる人工的な歯のことです。これを利用すれば、どのような人でも綺麗な状態を作ることが出来て、歯並びも綺麗に保つことが出来ますが、高額な治療費を請求されてしまうのではという不安が多くあります。これについては、インプラントが自費治療の対象になっているので、高額な支払いをすることがあります。


インプラント自体が、歯医者の中でも高額な治療の1つになっていることも要因になります。虫歯の治療は保険が適応されますので、保険によって減額されて支払うこととなりますが、インプラントはその対象から外れていることにより、支払は全て自分で行うことになります。保険が適応されるのは、余程問題が起きていることを判断されている人だけで、なかなかそうした状況は訪れません。従って歯医者に支払う金額は多くなりがちです。


ただ、インプラント治療を受けてから、何らかの方法で取り返すことは可能です。確定申告では、高額治療費について記載することが出来て、これによって税金が返ってくることもあります。こうした方法なら、歯医者で治療費を多く利用しているとしても、インプラントの治療費が後から返ってくることになるので、あまり大きな負担にはならないかもしれません。あまり知られていないのですが、インプラントについても確定申告へ記載することは可能です。


歯科によっては、そうした説明を行っていることもあります。また、インプラントの種類によって、若干ですが価格が変わってくることもあり、それによる違いも出てくることがあります。もちろん事前の説明をしっかり受けることが大切になり、どのような方法で治療を受けて、どれくらいの負担になるのかを知っていることが大事です。歯科側の説明に間違いはありませんから、聞いておくことによって判断できる材料は多くなります。


大村ファミリー歯科では、インプラントの治療も行っているので、高額な治療についての説明もしっかり行っています。これくらいの負担になることを説明して、理解してもらってからインプラントの治療は行われており、イメージとして高いことを知ってもらうのです。もちろんこうした治療をしっかり行った後には、歯医者で使ったものを申告することで、もしかしたら戻ってくることがある点も説明しています。
 

2024-01-22 10:51:55

コメント(0)

折りたたむ

毎日の歯磨きだけでは虫歯予防になりませんか?

歯磨きをしていれば、虫歯にならないようにできると思われているかもしれませんが、実は歯磨きを行っているだけでは対策ができていません。歯ブラシが入ることのできる範囲は限定されていて、それ以上のところに行くことが出来ないために、歯医者へ行って虫歯の治療を受けなければならないこともあります。特に歯と歯の間というのは、歯ブラシだけでは取り除くことが出来ない部分ですので、それを綺麗にするためには他の道具を利用することになります。


メンテナンスを受けている人の中には、フロスという道具を使っていることが多いはずです。これは歯と歯の間を綺麗にするために利用する道具で、歯医者では定番となっているものです。これで歯の間に残っている歯垢を取り除いておかないと、全く綺麗にすることが出来ないので、虫歯になってしまうこともあります。当然ですが、残っているものが虫歯を誘発させる可能性が十分にあるので、しっかりとカバーしていくことが大事になります。


歯科では、歯磨きの指導も行っていますが、これだけでしっかり取り除けると思っているわけではありません。フロスや歯間ブラシを活用していくことが重要になっていて、歯の奥に残っている部分もしっかり取り除いておかないと、虫歯対策をすることはできなくなってしまいます。歯医者を1度受診している方はわかるかと思いますが、歯ブラシだけでは絶対に不可能なところがあり、それをしっかり取り除くためには他の道具も使っておくことです。


また、歯磨きを行っている回数によっても、虫歯の影響が出てくることもあります。歯医者では、1日に何回磨いているかもチェックされることになり、回数が少ない人は増やすように指導を行っています。歯磨きの回数によっても変わってしまうので、1回だけしか行っていないなどの問題については、すぐに解決してください。磨く回数が適切で、なおかつフロスなどの道具を利用することによって、虫歯をしっかり改善できることもあります。


大村市にある大村ファミリー歯科では、虫歯にどうして陥ってしまうのかを説明すると同時に、歯磨きだけでは取り除くことの出来ない部分があることも説明しています。こうした説明によって、何が原因となっているかをしっかり把握してもらい、色々な道具を利用して綺麗にしてもらうようにしています。


もちろんメンテナンスによって、歯医者による治療もしっかり行うので、綺麗にしていい状態を保てるようにします。
 

2024-01-15 11:31:10

コメント(0)

折りたたむ

赤ちゃんの歯はいつからできるのですか?

赤ちゃんは、生まれてからすぐに乳歯が生えるようになりますが、実際にはもっと前から歯は作られることとなります。歯医者の人に聞けば、その部分についてはしっかり説明されることになり、様々な情報を得られるようになりますが、あまり歯科を利用している人でも聞くことは少ないはずです。実は妊娠中から生えることが始まっており、歯肉の下で生え始める準備が生まれています。生まれてから作られるのではなく、生まれる前から歯は作られているのです。

妊娠してから2ヶ月位経過した時点で、乳歯の芽が作られることになります。歯はこうした芽から生えるようになっていて、そのまま成長していくと、大体7ヶ月位で硬い状態になります。誕生するまではそれが伸びてくることは基本的になく、出るための準備をしているだけです。

順調に大きくなっていれば、そのうち歯肉を破るような形で生えてくることになり、最終的には乳歯として作られることとなります。生まれてからすぐに乳歯ができるのは、既に準備をしているためです。

歯医者では、ある程度の年齢になると、乳歯が永久歯に変わるときに、生えている乳歯が抜けないので治療をすることもあります。歯科で抜いてしまう乳歯ですが、実は既に永久歯の準備も進められるようになり、一定の期間が経過していると生えるようになります。そして、それに合わせて乳歯が抜けるようになっていますが、これが上手く出来ないことで、乳歯を抜くために歯医者を利用しなければならないことがあります。

既に妊娠中にできる部分が生まれることを知って欲しいですし、歯は成長に合わせて作られるものであり、妊娠している段階からしっかりと作られています。歯医者でも説明を聞けば、大体そうしたことができることもわかっていますが、なかなか情報として知らない人もいるので、こうした作り方があるんだなと思ってもらえばいいです。若干早さはあるかもしれませんが、順調に進めば乳歯が生まれてからしばらく経過すると出てくるようになります。

大村ファミリー歯科では、こうした赤ちゃんに対する相談もしっかり受け付けています。なかなか気づかない情報を伝えてもらうことが出来たり、赤ちゃんに対する備えがいつから必要かも伝えてもらうことが出来ます。もし乳歯のことで問題が出ているようなら、これも相談によって解決することが出来ます。

歯医者は治療だけでなく、相談によっていろいろな知識を得るところとしても利用できます。
 

2024-01-09 11:13:00

コメント(0)

折りたたむ

入れ歯の種類について

大村市で入れ歯にしたいけど、入れ歯の種類や費用についてよく分からない、という方や、どこの歯医者で入れ歯を作ったらいいのか分からない、という方は意外と多いのではないでしょうか。信頼できる歯医者を大村市で探す前に、入れ歯の種類についてご案内しますので、参考にして下さい。

入れ歯には、保険で作れる入れ歯、保険の利かない金属を使った入れ歯、金属を全く使わないビニール材質の自費の入れ歯の3種類があります。保険外の入れ歯は、50万円くらいの費用がかかります。土台部分を金属床義歯にすることで、食べ物の温度を感じることができる等のメリットがあります。上下各50万円くらいとなります。ビニール材質のものは、上下各20万円くらいが相場となります。入れ歯は、汚れが付きますので、歯科医院で毎回、入れ歯をクリーニングしてもらったり、となるとメンテンスが必要です。そういった点では、インプラントの方が、お手入れが簡単です。

それから、部分入れ歯は歯の残っている状態によって様々な形があります。保険が利く場合は、5千円~1万円くらいで出来ますが、自費の場合は30万円以上かかります。部分入れ歯は、歯が残った状態にバネをかけて作るために、清掃性がかなり劣ります。また、バネをかけている歯は、少なからず、ダメージを受けます。そのため、ダメージを受けた歯がグラグラしたり、折れてしまうなどして、喪失してしまう確率が高くなると言われています。

入れ歯が上手くいかない人は、歯茎が痩せていている人が多いようです。歯茎が痩せていると、歯茎の山が無いので、入れ歯が横に動いてしまうので、安定が悪く噛むと動いてしまうのです。最近は、歯根に磁石を取り付けて入れ歯をぴったり固定するタイプもあります。強力な磁石なので、ずれたり外れたりする心配がなく、お手入れも簡単です。

入れ歯は、昔に比べて使いやすいように改良されてされていますので、いきなりインプラントにするよりも、先ずは入れ歯を試してみる方がよい場合がありますので、歯医者でしっかりと相談をして治療を受けましょう。

大村市の大村ファミリー歯科は、技工所が併設されているので、直接歯科技工士にぴったりの入れ歯を制作してもらえることができます。様々な素材が用意されているので、予算に合わせた満足のいく入れ歯を制作してもらうことができます。また、大村ファミリー歯科では、予防歯科にも力を入れていますので、入れ歯を制作した後の定期的なメインテナンスも、安心して受けることができます。

2024-01-04 10:21:44

コメント(0)

折りたたむ

歯周病の治し方

口の中の歯に関わる病気、疾病のことを歯周病というようになりました。ここ10年から15年にかけて急激に広がった感があります。歯周病は、体の病気のようにかかったら熱が出るとか、顔色がいきなり悪くなったりということはありません。知らない間に歯茎が腫れていたり生んでいたり、歯と歯の間が手入れが行き届いていなくて、少し黒ずんて来たりすることもあります。このレベルの歯周病は歯医者さんに行くというのも一つの手ですが、きちんと自分で手入れする、セルフケアというのが大切になってきます。大村市の歯科では、歯科に通うことの大切さと同時に、セルフケアの必要性を機会があれば説いています。大切なことは、①柔らかめの歯ブラシを使うことです。そして②自分に合った歯ブラシの持ち方できちんと定期的に磨くことになります。そして三番目は③歯と歯茎の境目を丁寧に磨くということを確実に守ることになります。歯ブラシだけではうまく磨きにくい箇所は、ドラッグストアで入手できる「歯間ブラシ」や「デンタルフロス」を利用して、プラークを除去していくことを心がけましょう。事前のセルフケアを充実させることで歯周病はかなり防ぐことができます。

ただ、それだけでは不安だという場合は歯医者さんで行う治療を受けることが可能です。歯が痛くて、話せないくらいに顎が腫れあがってから歯医者さんに行くのも一つの歯科との付き合いの形ですが、事前予防でしかを訪問するのは、歯周病予防には非常に効果的なのです。大村市の歯医者さんたちは、委託なる前の予防治療を非常に重要視しています。一般的には、初期の歯周病の場合、「スケーリング」と「ルートプレーニング」の二つの治療法で対応してくれます。
まずスケーリングが行われるでしょう。歯科における基本中の基本の治療方法になります。セルフケアで取り除けなかったプラークや、歯石も落とします。また歯茎の下の見えない歯石も、このやり方で除去することができます。そしてルートプレーニングということにになります。ルートプレーニングとは、スケーリングで対処できなかったしつこい歯石を除去する治療法です。プレーニングとは“ペタンコにする”ということを意味していて、歯の根っこの部分を平らにします。このように歯石を丁寧に除去することは非常に大切なことになります。そしてその次の段階では、歯周ポケットで歯の周りの骨が溶けていっているところに、メスを入れます。歯周ポケットは深くなると、そこにプラークがたまり、「スケーリング」や「ルートプレーニング」では取れにくくなっています。
り除くことが難しくなってしまいます。そこで行うのが、歯肉を切開して部分的に開いた上でプラークや歯石を取り除くやり方の「フラップ手術」を行います。そしてこれらの治療法では対応できない場合、抜歯等の術式が使われることがしばしばあります。歯医者さんは大村市に限らず抜歯は基本的に避けたいと考えています。
 

2023-12-25 15:48:54

コメント(0)

折りたたむ

インプラントとは

インプラントとは、歯周病、特に虫歯や歯肉の病気、そして想定していない事故等のアクシデントによって、なくなってしまった天然の歯を、補完するための治療方法のひとつです。 なくなった歯の補完というと、入れ歯、差し歯ということが治療法の定番でありました。インプラントは、これらの既存の治療法よりはるかに使い勝手の良い治療法であり、非常の現在、この治療法を受ける人が増えています。具体的には、歯の失われてしまった部分の顎のところに、いわゆる外科手術によって人工歯根(ねっこ)をボルトで埋め込み、それを土台として、そのボルトの上に人工の歯を取り付ける治療法です。インプラント治療法は、最終の歯周病対策の方法ともいう人がいます。確かに、費用、時間等は一般の歯周病治療に比べて多くかかりますが、使い勝手というと素晴らしいものがあります。比較する対象が入れ歯、差し歯だと比較の対象にすらならないと言われています。それほど、天然の歯に近い使用感があり、治療を受けた人たちはほとんどが、この治療法の評価は高いです。物がガブガブと噛めるとか、人前で大きな口を開けて噛めるとか、積極性が出てきたとか間接的なメリットも取り上げられるくらいです。歯医者さんが歯周病の患者さんに対して、インプラントの説明をするとたいてい、好意的に受け取られることが多いです。大村市でも歯科で歯医者さんが最終の治療法であると説明すると、すぐにしてほしいという回答が返ってくることが多いです。

2023-12-18 11:29:11

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5