訪問歯科

●第二種歯科感染管理 認定施設(JAOS)
●第一種歯科感染管理者 在籍施設(JAOS)
●第2種滅菌技士在籍施設(一般社団法人 日本医療機器学会)
●歯科医院指導歯科医に認定(厚生労働省)

EPARK歯科
短期治療、痛みの少ない治療 tel:0957-52-8148 長崎県大村市幸町25-200 イオン大村店2F
〒856-0836 長崎県大村市幸町25−200
イオン大村店 2F
休診日 年中無休
診療時間 10:00 - 13:00 / 15:00 - 22:00

大村市 イオン大村ショッピングセンター 歯科 歯医者 美容診療 インプラント お子さまの治療 セラミック

HOME

診療時間・地図

HOME»  ブログ»  ブログ

ブログ

ブログ
  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

褒めることで子供の口内ケアを促す

わかっているけれどなかなか思い通りに実行できない…ということは誰にでもあります。
大人の方々であっても行動に移すことは難しいのですが、それが小さな子供の場合はなおさらです。

例えば虫歯の予防やその他の疾患を予防するためにも子供に口内ケアの重要性を訴えかけている親御さんは非常に多いでしょう。
歯磨きをしなさい!と伝えても、面倒くさがってきちんとやろうとしない…というケースも少なくありません。
確かに子供にとっても大人にとっても毎日行うべき口内ケアは面倒なのですが、しかしやはり口の中の健康状態を保つためには必要不可欠です。

ある種強制的に歯磨きをさせることも時には必要かもしれませんが、それではいつまでたっても子供が自らの意思で口内ケアを行おうとは思いません。
褒めることによって子供が歯磨きなどのケアを行いやすい状況を作りだし、毎日の口内ケアを好きにさせることが何よりも重要です。

虫歯ができるから歯磨きをしなさい!歯周病になるから歯磨きをしなさい!といっても子供のうちにはその重要性や危機感を理解しにくいと言われています。
ですからそうではなく、褒めるという方法を用いるようにしたいです。

実際に歯磨きなどを嫌がっていた子供に対して褒めることによってうまく誘導し口内ケアをさせることにより、ケアが楽しくなり、自分から積極的に行うようになったという事例は枚挙にいとまがありません。
この褒めるという方法は子供に対する口内ケアの躾のみならず、教育の現場や場合によってはビジネスの場においても活用されています。

小さな子供のうちから歯磨きをすることが当たり前という状況を作りだし、歯の健康や歯茎の健康を考えることはとても大切です。
それによって長期的に虫歯の予防ができるでしょうし、将来的に歯周病などにかかるリスクは軽減されるのではないでしょうか。
今や歯周病は日本人の国民病といっても過言ではない病気となり、これが悪化するとありとあらゆる症状を及ぼします。
それらをいかに防ぐことができるかということを考え、親御さんは子供が小さなうちから褒めることによって口内ケアに関する教育を行うべきではないでしょうか。

大村ファミリー歯科でも口内ケアの重要性をお伝えしており、例えば歯磨き方法についても指導可能です。
大村ファミリー歯科はイオン大村店の2階に入居しているので、子供との買い物のついでなどにも立ち寄りやすく、誰しもが気軽に通院していただけます。

2019-07-19 17:37:00

コメント(0)

折りたたむ

知覚過敏の症状と原因や対処方法について

日常生活を送る中で、我々は食べ物を食べたり飲み物を飲みます。
当たり前のようにそのような生活を送っていますが、突然痛みを感じることもあるでしょう。
痛みの原因は様々あり、虫歯やその他の疾患が関連している可能性もありますが、それ以外にも知覚過敏によって症状が発生しているケースも見受けられます。

知覚過敏は歯磨き粉のテレビ CM などでもよく耳にしますし、しっかりと歯磨きをしている人も症状を感じることの多いものです。
具体的に挙げられる症状には、歯磨きの際に痛みを感じたり、冷たい飲み物や食べ物を摂取する際に痛みを感じる、その他にも甘いものやすっぱいものを口にした際にも刺激を感じる、などがあります。
基本的には継続的に痛みが続くわけではなく、あくまでも一過性のものですが、原因の把握をせずに、そして治療をしなければどんどん悪化してしまい、痛みを頻繁に感じるようになるでしょう。

知覚過敏が発生する原因はひとつだけではなく、様々な原因が考えられています。
「間違った歯磨き」「歯周病によるもの」「年齢の積み重ね」「噛み合わせ」が影響していることが多いです。

歯磨きは口内環境を健康に導くのですが、間違った歯磨きをしてしまうと、例えば虫歯の予防効果を下げるだけではなく、知覚過敏を発生させてしまいます。
強く磨けば良いというものではなく、適した力でしっかりと磨くことが大切で、自分自身に合った歯ブラシの硬さを知り、該当する硬さの歯ブラシを使用することが重要です。
これを知らない方々も非常に多く、知覚過敏が発生してから知ったという方々も少なくありません。

他には歯周病が進行することで知覚過敏が現れることもありますし、加齢による知覚過敏も意外と多いです。
その他にも何らかの噛み合わせの問題がある際に結果として知覚過敏が現れることもあるでしょう。

もちろん以上のような原因の他にも様々なものが考えられますが、代表的なものは上記の通りです。

対処するためには、正しい方法で日常的にケアをすることが大切になります。
まずは自分が行っている歯磨き方法が本当に正しいのか、ということを把握しましょう。
歯磨き方法が間違っているとせっかくケアをしていても意味がありません。

自分でケアを行う方法以外にも、歯科医院において対処や治療をすることもできます。
何らかの症状がすでに発生している場合は早い段階で歯科医に足を運び、適切な診察や治療を受けてください。
フッ化物塗布やコーティング剤の添付など、それぞれの人たちの原因に応じた形で対処をすることになります。

2019-07-15 09:57:00

コメント(0)

折りたたむ

美しさ維持のための歯科利用

数え切れないほどたくさん存在している歯科医院ですが、単純に治療や定期検診目的だけで患者様が訪れているわけではありません。
それぞれの患者様によって利用の目的が異なっていて、自分の歯をより美しく見せるために歯科医院通いをしているケースもたくさん見られます。
ホワイトニングもその一環ですが、日本においては昔に比べて歯の美しさを追い求める傾向が見られるようになりました。
欧米各国に比べるとまだまだの状況ですが、少なくとも一昔前と比べると歯科矯正やホワイトニングに興味を持っている人も少なくありません。
いかにして美しい口を保つのか、美しさを作り上げるのかということに気を遣っている人たちも増えてきています。

大村ファミリー歯科では公式サイトにもあるように、美容診療部門にも力を入れています。
確かに虫歯治療や歯周病治療もとても大切であり、健康を維持するためには不可欠です。
しかし特に女性の間で美容目的の歯科利用が流行していることも事実です。

ホワイトニングは自宅でも行うことができるようになりました。
しかしやはりクオリティを求めると、歯科医院で行う方がクオリティの高い白さを実現できます。
自宅でホワイトニングを行うと一見白くなったように見えてもすぐに元通りに戻ってしまったり、そもそも白さのトーンがあまり変わらない…というケースもあります。
それではホワイトニングを行う意味がないので、歯科医院でのホワイトニングがおすすめです。
それ以外にもオフィスホワイトニングとホームホワイトニングの良いとこ取りをしたデュアルホワイトニングもあり、大村ファミリー歯科でも実践していただくことが可能です。
歯が白くなるだけで自分に大きな自信がつき、人前でしゃべったり笑ったりすることも苦ではなくなります。

他には自由診療による詰め物や被せ物により、見た目をより良くすることができます。
保険診療による治療の場合は、美しく見え辛いこともありますが、自由診療の場合はお金は保険診療よりもかかるものの圧倒的な美しさを実現できます。
被せ物や詰め物を今現在行っている人も多数いると思います。
自由診療による美しさ作りが可能だということも覚えておいてください。

上記のように美しさを追い求めるために歯医者に通っている人も増加しています。
大村ファミリー歯科は患者様目線に立った診察を心がけており、通っていただきやすいように年中無休で、なおかつ診察時間も長く設けています。

2019-07-12 00:37:00

コメント(0)

折りたたむ

マウスウォッシュも有効活用して口内ケアを行う

様々な方法を用いて口内ケアを行っていると思いますが、意外と継続的に続けるのは大変です。
歯ブラシによる歯磨き以外にもいろいろなケア方法がありますが、中にはとても面倒で継続させることが難しいものも少なくありません。
きちんと継続しなくては効果的なケアが行えず、口内健康を維持しにくくなります。
それでは意味がありませんので、なんとかしてケアを行うようにしてください。
そんな人たちにおすすめなのがマウスウォッシュを利用したケアであり、これは比較的簡単に継続できるでしょう。

マウスウォッシュは今やスーパーやドラッグストアだけではなく、コンビニでも販売され、インターネット通販でも購入可能です。
多種多様な製品が登場しているのでにおいや刺激などを自分好みに選ぶことも可能です。
アルコールが使用されているものもあればアルコール不使用のものもありますし、色や香りなどもそれぞれ様々です。
あらゆる企業が競い合って効果的で人気のあるマウスウォッシュの開発に取り組んでいるおかげで、我々は自由に選べるようになりました。

今回は世間で人気がある商品をいくつか紹介します。

「薬用リステリン」
リステリンシリーズはマウスウォッシュの中でもトップクラスの知名度を誇り、テレビCMでも頻繁に見かけます。
特に最近発売されたリステリントータルケアプラスは特に話題性があり、アルコールタイプともアルコールタイプに分かれます。
リステリンシリーズは洗口液と液体歯磨に分類でき、リステリントータルケアプラスシリーズは液体歯磨に該当します。

それぞれの商品によって期待できる効果が大きく異なり、リステリントータルケアプラスは口臭予防や歯肉炎の予防、虫歯予防、歯石予防など様々な効果を有しています。
最低限の機能だけを期待するのであればクールミントやオリジナルなどがおすすめであり、目的や効果によって選びわけを行いましょう。

「システマ ハグキプラス デンタルリンス」
これは歯周病予防のためのマウスウォッシュであり、歯茎を活性化させる効果も有しています。
歯周病は日本人にとってもとても厄介な存在なので、日常的にこのマウスウォッシュを使用して予防を図りたいところです。
ノンアルコールタイプとなっていて、アルコールタイプだと刺激が気になるという人でも使いやすいです。

「ガム・デンタルリンス 爽快タイプ」
歯磨き粉シリーズでおなじみのガムシリーズの商品です。
使用した後には爽快感が得られ、トップクラスの人気を誇ります。

以上のように様々なマウスウォッシュがあります。

しかし、やはり定期的に歯科医院で検診を受けることが大切です。
大村ファミリー歯科は年中無休で診療を行っていますので、どうぞご利用ください。

2019-07-09 17:22:00

コメント(0)

折りたたむ

親知らずのリスクとケア方法について

ある程度の年齢になると生えてくることもある親知らず。
親知らずは高校生あたりから20代前半あたりに生えてくることが多く、店長もなく急に生え始めるので「親知らず」と呼ばれています。

一般的に生えている歯の最も奥の部分に生えますが、正常に生えることもあれば斜めや水平に生えることもあります。
場合によっては全く歯茎から出ていないケースもみられ、そういった際には少々厄介です。
多少歯茎から顔を出していたとしてもやはり磨きにくく、最も奥の位置にあることから通常の歯ブラシで綺麗に磨くことは困難でしょう。
結果的に歯磨きが疎かになってしまい、親知らず部分に虫歯や歯茎の炎症などが発生してしまいます。
実際に親知らずの部分に虫歯や歯茎の炎症が発生している人は多く、そういった症状で歯医者に訪れている人も数多くいます。
その他の部分の歯に比べるとケアが難しいので困ることも多く、親知らずが生えていることによるリスクを実感することも多いでしょう。

少しでも綺麗にするためには、通常の歯ブラシだけではなくてブラシ本数が少なくて細かい部分にも届く小さな歯ブラシを使うと良いでしょう。
特に親知らずの部分や歯と歯の隙間を綺麗にしやすく、親知らずが巻き起こすリスクを軽減することも可能です。
はじめは戸惑うかもしれませんがこういった細い歯ブラシを使うことにより、綺麗な口内環境にすることも夢ではありません。

そしてウォーターピックも親知らず部分を綺麗にするためには必要不可欠でしょう。
ウォーターピックは水の力で食べかすなどを流して綺麗にする機器のことであり、家電量販店やインターネットショッピングで購入することができます。
勢いよく出る水の力を利用するので歯ブラシではケアできない部分も綺麗にできます。
例えば歯磨きをした後にウォーターピックを行うと、苦くて臭い汁が出た…と感じることもあります。
これは歯周ポケットなどに入っている臭いのもとをきれいに流し去っているというものです。

このほかにはやはり歯医者に行ってクリーニングしてもらうことが確実性が高いです。
頻繁に行くわけにはいきませんが、例えば数ヶ月や半年に1回ほど出向き、親知らずだけでなくその他の部分も綺麗にしてもらいましょう。
美しくするだけではなく虫歯や歯周病の予防ができ、さらには何らかの疾患の早期発見や早期治療ができる可能性も高まります。

自分自身に親知らずがあるかどうか分からない…という人もいるので、まずは歯科医院でチェックしてもらうのもひとつの手です。
自分では親知らずはないと思っていたとしても、実は埋もれているだけで存在したというケースも多々あります。

2019-06-30 23:47:00

コメント(0)

折りたたむ

虫歯を防ぐべき理由について

しっかりとケアをして虫歯を防がなくてはならない、と言われることも多いです。
我々は当たり前のように虫歯にならないために日々歯ブラシも使った歯磨きを行っています。
ですがそもそもなぜ虫歯を防ぐ必要があるのでしょうか。
今回はその部分についてみていき、それによって歯の健康を意識した生活を送れるようにしましょう。

虫歯は人間にとっての脅威であり、発生してしまうとどんどん悪化してしまいます。
だからこそ注意しなくてはなりませんし、治療が遅くなれば遅くなるほど大掛かりな治療が必要になり、痛みを伴いやすくなります。
時間もかかりますし費用もたくさん必要になり、はっきり言ってメリットはありません。
ですので少しでも早く虫歯を発見し治療しなくてはなりません。
というよりも、最も良いのは虫歯にならずに予防するということでしょう。

虫歯の予防法はいろいろと考えられますが、最も身近なものは歯磨きです。
正しい方法で適切な回数しっかりと歯磨きを行い、そのうえで他のケアアイテムを活用するのも賢い方法です。
最近では様々なアイテムが登場しており、歯間ブラシやウォーターピックなども有効活用したいですし、実際に利用している人は大勢います。
驚きのアイテムが登場しているので使用してみると、その使い勝手の良さや効果に驚くのではないでしょうか。

虫歯を防ぐべき理由には他にもあり、心臓病などの口以外の疾患に繋がるケースも見られます。
あらゆる部分の健康を害する可能性があるので、しっかりと予防してください。

他にも様々あり、虫歯が悪化すると自分自身の歯がボロボロになってしまったり、抜けてしまうといったリスクもあります。
神経を取り除くケースもありますので十分注意が必要です。

また虫歯ができて悪化してくると痛みが襲ってくるため、仕事中やプライベートの際、さらに就寝中などにも痛みで悩むでしょう。
信じられないような強い痛みが発生することも多く、食事を取ることすら大変…という事態になりかねません。
人間は食事を摂取しないと生きていくことができないので、虫歯にならないように、そして虫歯になってしまった場合は悪化する前に適切な治療を受けるようにしてください。

以上が虫歯を防ぐべき理由ですが、これらの他にもまだまだ予防すべき理由があります。
日々注意することが大切で、そういった毎日の心がけ次第で健康的な歯が維持できるでしょう。

大村ファミリー歯科は虫歯の治療や予防に関しても注力しているため、健康な口内環境を作ることを目標としている方は定期的に訪れてください。

2019-06-29 08:32:00

コメント(0)

折りたたむ

虫歯の進行と治療

数多くある歯や歯茎に関する病気の中でも最も代表的なものは虫歯でしょう。
虫歯というのはミュータンス菌が生成する歯垢のせいで歯が溶けてしまう症状です。
基本的には誰もが一度は虫歯になったことがあるといっても過言ではありませんが、その発生の流れや理由について詳しく知っている人は少ないといえるでしょう。
虫歯の進行や治療などをついて把握できれば、これまで以上により虫歯予防のために努力できるのではないでしょうか。

虫歯の治療法はその状態によって異なります。
一般的にC0からC4までの状態に分類することができ、C0→C1→C2→C3→C4という順に悪化していきます。

C0は最初期という扱いなので本格的な治療を行わなくても方法によっては再石灰化できる可能性もあります。
この状態であっても一応虫歯ですので、歯科医院で診察を受けることが重要です。

C1は歯を覆っているエナメル質に穴が生じている状態であり、この時点では基本的には痛みは感じません。
しかし安心することはできず、自覚症状がないので自分で気づいて早期治療を受けることが難しくなります。
それを防ぐためには定期的な歯科検診を受けることが望ましく、検診によって初期段階で見つけ出せ、早く適切な治療を受けられます。
結果的に患者様自身の負担を減らすことができます。

C2に発展してしまうと、エナメル質の内側にある象牙質の部分も虫歯に侵されてしまいます。
この状態になると痛みを感じることが増え、特に何か冷たいものを飲んだり食べたりする時に痛みやすくなります。
遅くてもC2段階では治療を行いたいです。

C3になると歯の神経のところまで虫歯に侵され、冷たいものだけでなく温かいものを食べたり飲んだりした際にも痛みを感じます。
もちろんそういった際だけではなく特に何もしていなくても耐えがたいような痛みが発生することも多く、ここまで発展してしまうと神経を抜くこともあります。

C4になると歯冠の多くが崩壊してしまい、虫歯がかなりのところまで侵し始めます。
非常に危ない状態と言え、歯や歯茎だけではなく、心臓病などのその他の部分の病気にも発展しかねません。

大村ファミリー歯科は、お気軽に定期検診を受けていただける環境を整えています。
虫歯治療にも強みを発揮していて、痛みに敏感な方たちにもご安心いただけるでしょう。
数ヶ月に1度は自分の健康のためにも歯医者で診断を受けるようにしてください。

2019-06-27 20:47:00

コメント(0)

折りたたむ

心配事を相談できる行きつけの歯医者を持つべき

歯や歯茎は体の中でも気になりやすい部分であり、ついついケアを疎かにしてしまうと病気や口臭などの原因になります。
とにかく歯や歯茎に関するトラブルは様々あり、私たちの日常に深く関わっているといっても過言ではありません。

生活していると口内環境に関するいろいろな悩みが出てくると思います。
自分の力で解決しようと思っても、専門的な分野ですので逆効果になりかねません。
また今はインターネット時代なのでネットを活用して情報収集を行い解決しようとする人もいるかもしれませんが、間違った情報も多いですし、自分の状況を見極めることは難しいです。
勝手に自分で判断してしまうと間違いを犯す原因となり、後悔してしまうことになるでしょう。

そうならないためにも様々な歯や歯茎に関する心配事を気軽に相談することができる歯医者を持つべきです。
よくかかりつけ医ということばが聞かれますが、これは内科や整形外科など以外にも、歯科の世界においてもとても大切なことです。
自分の歯の状態やこれまでの口内環境の履歴を知っている歯科医師がいるというのは安心材料となりますし、そういったかかりつけ医があれば少しの疑問であっても気軽に相談することができるでしょう。

特に大村ファミリー歯科は毎日診察を行っていて、診察時間も長いので安心して訪れていただけます。
わざわざ歯医者に行くだけで出かけるのは面倒だ…という場合であっても、大村ファミリー歯科は大型ショッピングモールのイオンの中に入居しているので時間を有意義に使っていただけます。
複合施設の中に入居している歯医者というのは近年増加していて、その利便性の高さが支持されています。
こういった形で入居している場合はかかりつけ医としやすく、自分の歯や歯茎の健康に繋げることもできるでしょう。

医療に関する事柄はなかなか自己判断ができず、もし判断できたとしてもそれを自分勝手に決め付けるのは問題があります。
心配事などがある場合には、行きつけの歯医者に行き、信頼できる歯科医師に相談してみましょう。

これまでもかかりつけの歯科医院を持っていたという患者様もいらっしゃいましたが、高齢化社会が進んでいる今、よりそういった傾向は加速していくと思います。
技術力が確かで、信頼できる歯科医師や歯科衛生士がいて、対応能力に優れたところが望ましいです。
他には、痛みに対してしっかりと配慮してくれるところや利便性の高さも重視すべきですよね。

2019-06-25 04:31:00

コメント(0)

折りたたむ

歯磨きは強く磨けば良いわけではない

歯医者に定期検診に行った後や治療の後などは、今後は正しく歯磨きをしなくてはならないと考えるものです。
しかし時間がたてばそういった意識はなくなってしまい、本来正しく行うべき歯磨きを手抜きするということもあるでしょう。
その気持ちはわからなくはないですが、結局痛い思いをしたり損をしてしまうのは自分自身です。
人間の平均年齢は長くなっており、自らの歯を一生維持し続けることはそう簡単ではありません。
ですが、健康的に楽しく日常生活を送ろうと思えば、やはり歯は重要だといえます。

歯磨きの方法を知っているだけで、毎日のケアによる効果が大きくなります。
何となく磨いているだけでは本来期待すべき効果はなかなか得ることができませんが、正しい方法であれば大きな効果を持つでしょう。

例えば、とにかく強くしっかりと歯を磨けば良い、と考えている人もいます。
確かに強く磨いていれば歯についている汚れや歯と歯の間に挟まっているカスなどが落ちやすい、と思うかもしれません。
しかし、強く磨くと歯茎がどんどんと痩せていってしまい、知覚過敏などの症状に発展します。
健康的な口内環境を作るために行うべき歯磨きによって、逆に口内の健康が損なわれてしまうというのはあってはならないことです。
この点にとにかく注意することが重要ですし、つい力を入れすぎてしまうという人は意識して注意するようにしましょう。

力を入れすぎてしまう人はいわゆる鉛筆を持つような持ち方で歯ブラシを持つと、自然と力が入りにくくなります。
優しくしっかりと磨くことによって歯や歯茎の健康は維持されますし、とにかく間違った方法でケアを行うことはNGです。

とはいえ正しい方法で歯磨きをしていても、歯垢が溜まったり歯石がついてしまうといったこともありえます。
もちろんそれ以外の問題も発生しますし、虫歯や歯周病といったトラブルが発生することもあります。
それを防ぐためや早期発見し適切な治療を行うためにも、定期的な歯科医院における検診は不可欠といえるでしょう。

大村ファミリー歯科は、他の歯科医院に比べて診療時間が長く、また年中無休で診察を行っているという強みがあります。
イオン大村店に入居していて利便性も高く、また訪問歯科診療サービスも提供しているので、必要な方はご依頼ください。

毎日歯磨きをはじめとした口内ケアをしっかりとして、長期間維持できる健康的な歯や歯茎を作るようにしましょう。
面倒かもしれませんが頑張って続けましょう。

2019-06-22 12:19:00

コメント(0)

折りたたむ

歯の状態を良くすることは最低限の身だしなみ

皆さんは、身だしなみを整えていますか?
現代社会においては自分自身の見た目に気を遣い、行動をすることが重要視されていて、もしそれを怠っていなければ批判されることもありますし、あまり良い印象はもたれません。
常に自宅にいるのであれば問題ないかもしれませんが、基本的には仕事や学校、プライベートなどで外出することも多く、たくさんの人たちに出会い、お話をします。
そんなときに身だしなみを整えていなければ恥ずかしい思いをしますよね。

身だしなみを整えようと多くの人が様々な方法を試していますが、例えば自分に合ったファッションの導入や髪型の工夫なども挙げられます。
確かにこれらはとても大切なことで、見た目の良し悪しに大きな影響を与えると言われています。
しかしこれだけでは身だしなみを整えることができるとは言えず、より内面的な工夫も必要となります。

例えば、お風呂に入り清潔さを保つ、歯を磨き歯を美しく維持するといったことなどです。
お風呂に入るというのは基本的なことなので誰もが行っていて問題はないかもしれませんが、歯を磨くということはついつい疎かにしがちです。
しっかりと歯を磨いているつもりであっても汚れが残っていたり、面倒くさいと感じた場合は歯磨きをしないケースさえ見受けられます。
きちんと歯磨きを行わなければどんどん歯は汚れますし、それだけではなく思考が付きやすくなり、歯石の蓄積にもつながります。

他にも虫歯になってしまったり、歯周病にかかってしまったりなどいろいろなデメリットが生じてしまいます。
口臭の原因にもなってしまうので、要注意です。
実際に口臭を除去することも身だしなみのひとつと言われていて、歯磨きの徹底やその他の方法でのケアによって防ぐことができる可能性も出てきます。
また、歯医者に行って口内環境の確認をしてもらい、何か問題があれば治療を施してもらいましょう。
その際に歯のケアや歯茎のケアで分からないことがあれば質問すれば教えてもらえ、より良い口内環境維持に役立てることも可能です。

もちろん長崎県大村市にある大村ファミリー歯科でも歯の検診や治療を行っていて、歯磨きの方法についてもお伝えしています。
大村ファミリー歯科は一般的な店舗による治療の他にも、訪問歯科サービスも導入しています。

身だしなみを整えるためには口内の環境も重視すべきだと覚えておいてください。
トータル的な身だしなみの結果、多くの人に好かれる人間になることができるでしょう。

2019-06-19 16:40:00

コメント(0)

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5