訪問歯科

●第二種歯科感染管理 認定施設(JAOS)
●第一種歯科感染管理者 在籍施設(JAOS)
●第2種滅菌技士在籍施設(一般社団法人 日本医療機器学会)
●歯科医院指導歯科医に認定(厚生労働省)

EPARK歯科
短期治療、痛みの少ない治療 tel:0957-52-8148 長崎県大村市幸町25-200 イオン大村店2F
〒856-0836 長崎県大村市幸町25−200
イオン大村店 2F
休診日 年中無休
診療時間 10:00 - 13:00 / 15:00 - 22:00

大村市 イオン大村ショッピングセンター 歯科 歯医者 美容診療 インプラント お子さまの治療 セラミック

HOME

診療時間・地図

HOME»  ブログ»  ブログ

ブログ

ブログ
  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

納得して通える歯科医院をかかりつけにする重要性

医療というのはその一瞬のことだけを考えるのではなく、長期間にわたって考え続けることが重要です。
これは内科や外科、整形外科などの疾病のみならず、歯科の分野も同様です。
特に歯や歯茎に関するトラブルというのは数多くの事例が見られ、基本的にはどのような方であっても最低一度は何らかの痛みを感じたことがあるはずです。
痛みだけではなくて歯茎の腫れやその他様々なトラブルにも気を付けてください。

以上のような問題をできるだけ発生しにくくするためには、かかりつけの歯科医院を探すことが重要でしょう。
かかりつけ医の重要性は以前から叫ばれていますが、それほど根づいているとは言えません。
もし自分にぴったり合う歯科医院を見つけ出すことができれば、定期的なクリーニングや検診、歯石除去、痛みや腫れが生じた際の相談など…いろいろな時に頼りになります。

とは言っても、より良い歯科医院を見つけることは簡単ではありません。
インターネットで口コミを参考にした場合ある程度の目安にはなりますが、歯科医師と患者様の相性の問題もあります。
ですのでやはり一度診察を受けてみることが近道かもしれません。
当然事前に情報収集を行い、ダメな歯科医院には行かないようにしましょう。
中には全くおすすめできないような歯科医院があり、状態が悪化してしまったり歯科嫌いになる可能性すらもあります。

鵜呑みにするのはいけませんが、信頼できそうな口コミサイトを参考にし、そして歯科医院の公式サイトやブログもチェックしましょう。
サイトやブログには歯科医院が伝えたいことが掲載されていることも多く、どういった気持ちで患者様に向き合っているのかの判断も付きやすいです。
衛生面や接客応対面など、様々な参考ポイントを見つけられるでしょう。

大村ファミリー歯科はかかりつけ医を探している方にもとてもおすすめです。
その理由はとても多いのですが、「夜遅くまで診察している」「ショッピングモールに入居している」「年中無休」「患者様目線に立っている」「訪問歯科サービスを提供している」など。
もちろんこれらの他にもいろいろなおすすめの理由があります。

かかりつけ医を見つけられれば、これまでよりも歯や歯茎のトラブルに見舞われてしまうリスクを軽減させることができます。
また何か相談したいときにも、初めて通院する歯科医院以上に安心して話ができるでしょう。

歯科医院に通う機会があるのであれば、是非ともかかりつけ医を探してみてください。

2019-11-11 23:00:20

コメント(0)

折りたたむ

いい歯の日をきっかけに、いい歯を目指す

日本だけではなくて世界中で記念日が作られていますが、11月8日はいい歯の日でした。
これはそのまま「11」→「いい」、「8」→「歯」というとても分かりやすいものなので、この日がいい歯の日だと知らなくても自ら気づいたという方もいらっしゃるかもしれません。
特に記念日に対して深く考えていないという方であっても、このような日であればこれがきっかけとなり歯の健康を作り上げるための努力をしようという気持ちになれるはずです。

一昔前に比べると口内の状態に対して真剣に考えている方は増えているものの、いまだにそういった意識を持っていない方、そもそもケアを行っていない方も見られます。
これは非常に危険なことですし、健康的な生活を長年送っていこうと思った場合大きなマイナスポイントとなるでしょう。
健康的な生活を送るために何か自分を変えたいと思ったとしてもなかなかそれを実行させられないというのは人間の弱みです。
ですが今回のいい歯の日などのイベントや記念日が設けられていればそれがきっかけとなり、良い意味で自分を変えることも夢ではないでしょう。
実際に様々なホームページや歯科医院、その他いろいろな場所において周知がなされたこともいい歯の日が広まるきっかけとなったはずです。

歯や歯茎に対して無頓着な状態ではいずれ思いもよらないような大きなトラブルに巻き込まれかねません。
それを防ぐことがどれほど大切なことなのか知り 、そして少しの努力や工夫によって口内環境の健全化に繋がるのかを理解してください。

大村ファミリー歯科においても数多くの患者様に健康的な歯や歯茎になっていただくための治療や診察を行っています。
かかりつけ医という感覚で何かあるたび、そして何かなくても定期的に訪れていただければ幸いです。
患者様ご自身の努力や工夫も不可欠ではありますが、やはり歯科のプロでもある歯科医師に頼ることもとても重要です。

もちろん11月8日のいい歯の日だけではなくて、それ以外のタイミングにおいても積極的に歯の健全化に取り組んでいただきたいです。
例えば毎月「8」が付く日にはいつも以上に念入りにケアを行う…といった工夫も悪くはありませんよね。
大村ファミリー歯科は一年中休むことなく毎日診察しており、患者様に通っていただきやすいような時間設定をしています。
小さな子供さんも高齢者の方も、何か痛みを抱えている方も、そうではない方もお気軽にご利用なさってください。

2019-11-08 23:00:00

コメント(0)

折りたたむ

定期クリーニングを行うことによるメリット

歯医者に行って定期的にクリーニングしてもらうことが大切だと言われることが多いですが、実際に地域クリーニングをすることによってどのようなメリットが得られるのかを考えていきましょう。

まず挙げられるのは、何か問題が生じた際に少しでも早く知ることができ、必要に応じた治療を早い段階で受けられるというものです。
ということは、最低限の治療だけで済み、抱えることになる痛みを減らすことができます。
痛みは非常に厄介な存在であり、プライベートな時間をつぶすのみならず、仕事にも大きな影響を与えかねません。
ですから早期発見、早期治療は歯科においてもとても大切なことです。
定期的に歯科医院に通うことは面倒…と思うかもしれませんが、健康的な口内環境維持には欠かせないことです。

他にはクリーニングをすることによって、美しい歯を保ちやすくなります。
歯石を除去するととてもスッキリしますし、歯周病をはじめとしたリスクも軽減させられます。
歯石の有無は自分自身で確認することが困難なので、歯科医院に行き確認してもらいましょう。
自分で除去するというのは難易度も高く、なおかつ歯や歯茎などを傷つける恐れもあるのでおすすめしません。

そして他には口臭予防にも役立ちます。
数多くの人たちが日常的に様々な人たちと交流を持ち、喋る際や笑う際などに「におっていないかな…」と心配しているはず。
しかし定期的なクリーニングによって口の中の状態が良くなるので、口臭予防にもつながるケースがあります。

それ以外には、定期的にクリーニングに行くことにより、自分の歯を大切にしなくてはならないという意識づけもできるはずです。
こういった考え方ができれば、自然な形でケアを行えるはずです。

自分ではきちんと歯磨きなどのケアを行っていると思っている人も多いかもしれませんが、実はそうでないケースがとても目立ちます。
クリーニングなどのために歯科医院に訪れ、現状を確認してみるのも悪くはありませんし、必要不可欠です。

大村ファミリー歯科でももちろんクリーニングを行っていて、実際に定期的にご来院されている方も目立ちます。
歯は人間にとっての欠かせない相棒でもあるので、大切にしてください。

大村ファミリー歯科はイオンに入っているのでアクセスしやすく、ついで利用も可能です。
年齢を問わず様々な方たちに気軽にご利用いただける点は、最大のメリットです。

上記のメリットを知るだけで考え方がおおいに変わるかもしれませんね。

2019-10-31 18:25:00

コメント(0)

折りたたむ

奥歯の歯茎が腫れる!その理由と対策について

人間の口には他の動物と同様には歯があります。
歯が果たしている役割は非常に大きなものであり、私たちがこうして生きていられるのは歯のおかげといっても過言ではありません。
もちろん歯がなくても食材を選べば食事も行え生活もできますが、やはり満足度の高い生活をと考えた場合には歯が不可欠です。

前歯もあれば奥歯もあり、前歯は自分で鏡を見て確認をしやすいです。
ですが奥歯は鏡での確認が難しいと言われ、それだけではなく歯ブラシによる適切な歯磨きもなかなか行えません。
磨けているつもりでも実際は見かけていない、といったケースも少なくありませんし、親知らずの場合はなおさらです。
そもそも親知らずの奥まで通常の歯ブラシであれば届きませんから、奥歯専用の歯ブラシを購入することも検討したいです。

そんな奥歯ですが、奥歯部分の歯茎が腫れてしまうことも少なくありません。
人によってはストレスなどを抱えると腫れてしまったり、予期せぬタイミングで症状が出ることもあります。

理由は本当に様々で、歯周病や歯肉炎などが原因となっているケースもかなり見られます。
それを放置しておけばどんどん悪化し、取り返しのつかないような事態に発展することもあるので注意してください。

また生活をしていると知らず知らずのうちに歯茎にダメージを与えてしまい、傷ができていることもあります。
その中に菌が入り込んでしまえば、当然腫れることもあるでしょう。

奥歯、親知らずはきちんと歯磨きをしているつもりの人でもケア不足のケースがおおいので、それが奥歯の歯茎が腫れる原因となることもあります。
その他にも上記したようにストレスが原因となり歯茎の腫れや痛みが生じることもあるので、腫れや痛みを感じた際にはできるだけ早く歯科医院に行って適切な治療を受けてください。

奥歯の歯茎の腫れや痛みに関する問題。
対策方法はひとつではありませんが、できる限りきちんと自宅でのケアを行なうということがまず大切です。
これまでのケア方法を見直すべきかもしれませんね。

何か問題が起こった際に歯医者に行って確認してもらうことも大切ですし、症状などがなかったとしても定期的に検診を受けるようにしてください。

今までは大丈夫だった、という場合であっても急に痛くなるものです。
油断することなく自分の大切な歯や歯茎に目を向けてあげてください。
大村ファミリー歯科でも当然歯茎の腫れや痛みに関する治療や診断を行っています。

2019-10-29 20:28:00

コメント(0)

折りたたむ

歯と見た目年齢の関係について

世の中には少しでも見た目年齢を若くしようと様々な努力をしている方々がいらっしゃいます。
アンチエイジングのための化粧品や食べ物、飲み物などが次々と発売され、それらはかなりの人気を博しています。
やはり人間は年齢を経るに従って見た目も老いてしまうので、なんとかしてそれを食い止めようとする方もいらっしゃるのです。

見た目と年齢を関連づける代表的な存在として挙げられるのがお肌です。
特に顔や首など、服を着ていても他人に見られる部分のお肌はできれば美しく保っていたいところ。
そのために女性は自分に合ったスキンケア化粧品を用いて毎日きちんとケアを行っています。

何もお肌だけではありません。
歯に関しても見た目年齢との関わりがあることがわかっています。

例えば歯が抜けてしまうと顔のお肌にシワが発生しやすくなります。
これは歯が顔の肌を支えているからでもあり、何らかのトラブルによって歯を失えば当然それまでと比較して老化したように見えてしまいます。
多少お肌が荒れるよりも歯が抜けた方が圧倒的に上の年齢に見られやすくなるので要注意です。

また歯の色も見た目年齢に影響を与えるでしょう。
多くの方々が美しい白色の歯を目指していることからもわかるように、黄ばんでしまったり茶色くなってしまうと実際の年齢よりも上に見られがちです。
実年齢よりも老けて見えるだけではなく、歯が汚いと清潔感がなく見られ、不潔にすら見られるでしょう。
それでは良いことはありませんし、様々なデメリットを享受することになりかねません。

今まで汚れていた歯をホワイトニングなどで白くすることができれば、パッと明るい雰囲気に生まれ変わり、なおかつ5歳ほど若く見られることが多いです。
そして自分自身に自信が持てるようになるので、恋愛やビジネスにおいてもより良い効果が見込めそうです。

他にも歯並びも見た目年齢に少なからず関係しているといわれています。
どうしても若く見せたいと考えた場合にはお肌にばかり注目しがちですが、これからは歯に関しても注目するようにしてください。
それができれば長年悩んでいたコンプレックスに関する問題の解消ができ、さらに数多くの人たちから今までよりも若く見られるようになるでしょう。

今流行のアンチエイジングの一環として日々の歯磨きに注目しましょう。
歯を抜けにくくするためには虫歯や歯周病なども予防する必要があり、定期的な検診も望ましいです。
ぜひ大村ファミリー歯科もご利用なさってください。

2019-10-23 00:39:00

コメント(0)

折りたたむ

親御さんは子供の歯について知っておくべき

歯は一生付き合っていく人間にとってもとても大切な存在です。
ついつい毎日のケアを疎かにしてしまいトラブルに見舞われることもありますが、とにかくしっかりと歯磨きなどでケアをしなくてはなりません。
大人であれば自分の努力や考え、行動により自分自身に最適なケアを施し、さらに必要に応じて歯医者に行くことができます。
しかしながら子供の場合はそうではありません。
子供は親がしっかりと保護しなくてはあらゆるつらい思いをすることになります。
歯に関しても同様です。

生まれてきて少し経つと乳歯が生え始めます。
その乳歯がいったいどんな役割を果たしているのか、自分の子供の乳歯の生え方はいったいどんな感じなのか、口内環境は保たれているのかなど気になると思います。
しかし親である皆様自身がそれらを把握できていないケースも少なくありません。
ある意味では当然ですが、子供を持った場合には歯や歯茎に関する知識をつけておきたいです。
また頻繁に歯医者に行き、診察やクリーニング、ケアなど行ってもらいましょう。
歯医者に行くことの大切さも子供に教えなくてはなりませんし、それにより歯を大切にするという習慣を植え付けることもできるでしょう。

皆様は歯があるのが当たり前と思っているかもしれません。
ですが行わなくてはならない歯磨きなどを疎かにしていると若いうちから歯を失ってしまう可能性もあります。
きちんと歯磨きをしていたとしても歯医者に行って検診やケアを受けていなければ、同様に歯を喪失する可能性があるのです。
それは絶対に防がなくてはなりません。

大人の口の中と子どもの口の中は異なります。
それについてもしっかりと勉強してください。
今はインターネットで自由に情報収集ができる時代です。
ですので子供のためにも正しい情報を集めて、それを健康的な口内環境作りに活かしてください。
小さい頃に習慣づけておくことがより良い口内環境の構築につながります。

大村ファミリー歯科は小児歯科の分野にも力を入れています。
お子様が気軽に治療を受けられるような環境づくりを施し、治療のみならず定期検診やそれ以外の目的でも訪れていただきやすくなっております。
歯磨き指導や子供ならではの歯に関するトラブルの解決にも力をそそぎます。

大村ファミリー歯科はショッピングモールのイオンの中に入居しているので、例え歯医者が苦手な子供さんであっても買い物ついでに連れて行きやすいというメリットがあります。

2019-10-22 15:58:00

コメント(0)

折りたたむ

イエテボリテクニックとは

毎日行うであろう歯磨き。
そんな歯磨きですが、皆様は毎日どのような感じで行っているでしょうか?
ただ単純に磨いているだけでは効果的とは言えず…正しい方法で磨かなくてはなりません。
ですが一般的に正しいと言われている方法であっても必ずしも虫歯予防に効果的かは分かりませんし、自分に合った方法を見つけることも重要です。

歯磨きの質を向上させるためには少し常識を疑ってみることも大切かもしれません。
イエテボリテクニックと呼ばれる歯磨き方法をご存知でしょうか?
これは新たな可能性を秘めた歯磨き方法であり、その名前の通り北欧のスウェーデンにあるイエテボリ大学で考えられたものです。

虫歯予防にも適しているといわれるフッ素がもたらす効果を大きくしてくれるやり方であり、従来の歯磨き方法とは一線を画しています。

イエテボリテクニックの方法について

まずは歯ブラシにたっぷりの歯磨き粉をつけて、歯全体に行き渡るように広げます。
その後は歯に対して45度で歯ブラシを当てて磨いていきます。
それが終了しても歯磨き粉を口から出すことなく、少量の水を口の中に入れおよそ30秒の間ブクブクうがいをしてください。
それが終了すると水をはき出すのですが、フッ素の力を高めるために歯磨きをしてから2時間の間は食べ物を食べたり飲み物を飲んだりしないようにしてください。

少々ややこしくて面倒かもしれませんが、意外とすぐになれます。
実際にこの方法を行えば虫歯になってしまうリスクも大幅に軽減させられるので、無駄なコストを支払う必要もなく、また痛い思いはしなくて済みます。
※ちなみに歯磨き粉の量などは年齢によっても異なります。(大人の場合は歯磨き粉2cmが目安)

使用している歯磨き粉にフッ素が含まれていなくては意味がありませんので、その有無や含有量も調べておきましょう。

しっかりと歯磨きをしているのになぜか虫歯かできてしまう…と悩んでいる方は、ぜひともイエテボリテクニックによる歯磨きを行ってみてはいかがでしょうか?
テレビ番組や様々なメディアで紹介され人気を博しています。
慣れれば問題なく行えるはずですし、実際に世界的に評価されている方法なので大きな効果を得られそうです。

この方法を試したとしてももちろん虫歯になるリスクはゼロではありません。
ですから歯科医院における定期的なチェックやクリーニングは行うようにしてください。
大村ファミリー歯科も定期検診やクリーニングを承っています。

2019-10-18 00:26:00

コメント(0)

折りたたむ

歯が喪失してしまう原因とその予防法

人間にはまず乳歯が生え、その後徐々に永久歯が生えてきます。
食べ物を食べたり何か話す時にも歯は必要です。
歯が喪失してしまうと食事の際に不便に感じることも多いでしょうし、それ以外にも本当に様々なデメリットがあります。
生活しにくくなるだけではなく、見栄えが悪くなるという問題も出てきます。
しゃべる時や笑う時など、他人に歯が見えてしまうことも少なくありません。
ですのでもし歯が喪失していると恥ずかしい思いをするかもしれませんね。

上記のような問題が歯を喪失してしまうと発生するので、その原因や予防法を知っておきましょう。

まず原因はいろいろとありますが、虫歯や歯周病が原因の多くを占めています。
もちろんこれらは予防することもできますが、完璧に防ぐことはできません。
しかしながら早期発見することができれば早期治療が可能になります。

そのほかには事故や何らかのトラブルによる喪失…というケースもあります。
しかし全体の70%以上が虫歯や歯周病によるものなので、ある程度は防ぐことができそうです。

予防法は、「日常的なケアの徹底・定期的な検診」が特に重要です。
これらをきちんと行っていれば基本的には喪失する可能性を大幅に軽減させられ、日常生活を不便なく送りやすくなります。
そして歯の喪失による恥ずかしさも避けられるでしょう。

特に喪失しやすい歯は前歯よりも奥歯だといわれています。
もちろん個人差はありますが、奥歯が喪失しやすいというのはやはりケアのしにくさも関連しているのでしょう。

もし今虫歯があるにもかかわらず処置をしていない場合は、すぐに歯医者に行き適切な治療を受けてください。
虫歯があるかないか分からない場合でも念のため検診を受けると良いでしょう。
その際に虫歯や歯周病が見つかる可能性もありますからね。

その他にも現在ある歯に何らかの治療が施されている場合などもリスクが高まるので注意が必要です。

とにかく歯を大切にして今できる限りのことをすることが大切です。
まずは歯医者に行き、現状を確認しましょう。
そうすることで改めなくてはならない部分も見つかるかもしれません。

大村ファミリー歯科でも歯の損失を予防するためのクリーニングなどを行っています。
気軽に訪れていただける環境づくりを行っているのでご安心ください。
大村ファミリー歯科はイオン大村店の2階にある実店舗以外にも、訪問歯科サービスも提供しているのでどうぞご活用ください。

2019-10-14 15:08:00

コメント(0)

折りたたむ

新たな技術と健やかな歯

つい他人の顔を見ると口元を見てしまう…という方も少なくはありません。
口元は人間の美しさを決める大きな要素といわれ、歯が整い白く美しいと人間的な魅力も醸し出すことができます。
美しさのみならず健康的な状況も作り出すことができるのは大きな魅力であり、人類の長年の夢といっても過言ではありません。

そんな健やかで美しい歯を作り、維持するためには様々な努力が必要です。
ですが現代人の多くは毎日のようにきちんと歯磨きをしていて、そういった習慣が実についており多少のケアであればなんなく行うことができるでしょう。
特に最近は技術力の進化も見られているので、大きな労力をかける必要がなく大きな効果が得られるはずです。

進化している技術は我々の想像を超えるものであり、例えば今話題のAIも日常的な歯科ケアを助けています。
例えばP&Gが販売している充電式電動歯ブラシのブラウンオーラルBジーニアスXには最先端のAI機能が設置されており、使用しているユーザーのパターンと機器に入っている数千分人のデータを照合させ、最適な歯磨き環境を目指します。
アプリとの連動により現時点で磨いている部分の表示や磨き残しを教えてくれる機能もあり、健康的な歯の維持や病気の予防にも繋がるはずです。
ちなみにこの商品は3万円台で販売されているので、意外と安い価格で販売されているようですね。
これであればより良い口内環境作りのための投資として購入してみるのも悪くはありません。

人それぞれ様々な歯磨き方法があり、自分では気づいていないですがブラッシングの傾向は千差万別です。
最新のAIによるアドバイスを受けられ、毎日歯磨きができるというのは本当に喜ばしいことです。

心の中では歯磨きの大切さや日々のケアやクリーニングの重要性について認識しているという方も、毎日生活していけばそういった考えもついつい忘れてしまいます。
そんな状況から抜け出し健康的で綺麗な歯を生み出すためには、上記のような最新技術のAIを駆使したアイテムを活用するのも悪くはありません。
次々とあらゆる商品が誕生しているので情報収集することは困難かもしれません。
ですがそれらの情報に目を向けていると、自分の歯を健やかにするヒントを見つけることも可能でしょう。

確かに通常の歯ブラシもうまく活用すれば効果を発揮します。
しかし時代が生み出した先進的なアイテムにも注目しましょう。
そして大村ファミリー歯科での検診も行ってください。

2019-10-10 20:26:00

コメント(0)

折りたたむ

口内炎ができる理由や詳細について

口内炎ができてしまうと口の中が痛く、食事の時や何か飲み物を飲む時などに痛みを感じます。
それだけではなく何もしていないときでさえ痛む可能性がありますし、とにかく口内炎があると気を遣います。
誰しもが口内炎ができた経験はあると思いますが、今回はその口内炎ができる理由や詳細について説明していきます。

そもそも口内炎ができる理由は様々あります。
それを知るためにはまず口内炎の種類について勉強しておきましょう。
「アフタ性口内炎」「カタル性口内炎」「ウイルス性口内炎」「それ以外の口内炎」に分類できます。

「アフタ性口内炎」は疲労がたまったりストレスが積み重ねられるとこの口内炎ができることもあります。
数ある口内炎の種類の中でも1番多いといわれ、睡眠に問題がある場合や食事に問題がある際にもアフタ性口内炎は発生するでしょう。

「カタル性口内炎」はアフタ性のものとは異なり何らかの刺激によって口内の粘膜が腫れる…などします。
これが原因で痛みのもならず口臭が発生することもあるので要注意です。

「ウイルス性口内炎」はその名の通りウイルスによって発生します。

それ以外にもいろいろな事柄が原因で口内炎が発症しますし、口内炎ができたと思っていたらガンだった…というケースすらあります。

上記したように種類によって原因が異なるものの、基本的には日常的にできる生活の工夫から始めてみると良いでしょう。
例えば免疫力を高めるための工夫や疲れをとる、きちんと睡眠を摂取するなどです。
他には虫歯などがある場合や入れ歯に問題がある際にも要注意です。

単純に口内炎だ…と見逃すのではなく、予防を行ったり、場合によっては専門医に診断してもらうことも重要です。
大きな病気が隠れている可能性もありますからね。
自分は大丈夫…と思わずに、可能性があることを理解しておきたいです。

そして当たり前のことですが、歯磨きをきちんとして、毎日の歯をはじめとした口内のケアは欠かせません。
これは口内炎の予防にもつながるだけでなく、ありとあらゆる病気の予防や症状の予防に繋がるでしょう。

悩むことが多い口内炎、しかし詳しく知っているという方はとても少ないのが実情です。
ご自分で口内炎について調べてみるのも良いでしょう。
そして歯科医など、専門知識を有した医師に相談してください。

日常的な歯磨きのクオリティを高めるだけでも、これまでと全く違う高いレベルの生活を実現できるはずです。

2019-10-08 15:48:00

コメント(0)

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5