●第二種歯科感染管理
 認定施設(JAOS)
●第一種歯科感染管理者
 在籍施設(JAOS)
●第2種滅菌技士在籍施設
 (一般社団法人
 日本医療機器学会)

EPARK歯科
短期治療、無痛治療 tel:0957-52-8148 長崎県大村市幸町25-200 イオン大村店2F
〒856-0836 長崎県大村市幸町25−200
イオン大村店 2F
休診日 年中無休
診療時間 10:00 - 13:00 / 15:00 - 22:00

大村市 イオン大村ショッピングセンター 歯科 歯医者 審美歯科 インプラント 小児歯科 セラミック

HOME

診療時間・地図

HOME»  ブログ»  ブログ»  ノンクラスプデンチャーのメリットとデメリット

ノンクラスプデンチャーのメリットとデメリット

ノンクラスプデンチャーのメリットとデメリット

【17】大村市の歯医者では、ノンクラスプデンチャーによる治療を選択することも可能となっています。クラスプとは金属のバネという意味であり、ノンクラスプデンチャーは、金属のバネを使用していない入れ歯、という意味を持っています。今回はノンクラスプデンチャーのメリットとデメリットについて、じっくりと解説していきます。
まずはメリットについてです。まずは金属を使用していないため、金属アレルギーを引き起こす危険性が無く、安全に使用できるという点を挙げることができます。金属アレルギーを引き起こした場合、口腔内に限らず全身に害が及んでしまう可能性もあるため、そういったリスクを排除できることは大きなメリットです。
軽量でありながら弾力性があり、壊れにくいということもノンクラスプデンチャーの魅力のひとつです。透明性を持った材質であることから見た目の仕上がりも美しく、金属のバネを使用しないため他の歯に過度な負担をかけることもありません。そういった理由から、大村市にはノンクラスプデンチャーの利用を勧める歯医者が多いのです。
反対にノンクラスプデンチャーのデメリットとしては、治療において保険を適用することが出来ないため、大村市の歯医者においても治療費が比較的高額になってしまいます。また、歯の状態によっては利用したくても利用できないというケースもあり、破損してしまった場合には全面的な作り直しが必要となってしまう場合も考えられます。"
 

2016-12-16 21:44:00

ブログ   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント