●第二種歯科感染管理
 認定施設(JAOS)
●第一種歯科感染管理者
 在籍施設(JAOS)
●第2種滅菌技士在籍施設
 (一般社団法人
 日本医療機器学会)

EPARK歯科
短期治療、無痛治療 tel:0957-52-8148 長崎県大村市幸町25-200 イオン大村店2F
〒856-0836 長崎県大村市幸町25−200
イオン大村店 2F
休診日 年中無休
診療時間 10:00 - 13:00 / 15:00 - 22:00

大村市 イオン大村ショッピングセンター 歯科 歯医者 審美歯科 インプラント 小児歯科 セラミック

HOME

診療時間・地図

HOME»  ブログ»  ブログ»  咀嚼と歯の関係

咀嚼と歯の関係

咀嚼と歯の関係

しっかりと咀嚼をすることが大切だといわれています。
食事の際にはきちんと噛んで食べるようにしたいと考えている人も多く、実際にそうすることによって多くのメリットを享受することができます。

顎を鍛えることができますし、歯並びにも良い影響を与えるでしょう。
その他にも歯周病を防ぐ効果がある点も魅力で、それ以外にも消化しやすくするというメリットもあります。

このようにしっかりと咀嚼を行うことで利点もあるのですが、必ずしも咀嚼が良いとは限りません。
噛みすぎると歯などにダメージが出てしまい、トラブルのもとになる可能性もあるでしょう。

すでに歯周病の場合には噛みすぎることにとって歯周病が悪化しかねませんし、顎に問題を抱えている場合には咀嚼のし過ぎでより悪化することもあるでしょう。
歯並びが悪い人も咀嚼のし過ぎには注意したいです。

というよりも、そもそもいくらしっかりと噛むことが良いといわれていても、限度を守ることが大切です。

自分の歯や顎などの状態によって、適した咀嚼回数は異なるでしょう。

大村ファミリー歯科においても、現時点での歯などの状況を把握することができ、適切な治療やケア、そして咀嚼に関するアドバイスが可能です。

2017-05-05 05:17:00

ブログ   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント