●第二種歯科感染管理
 認定施設(JAOS)
●第一種歯科感染管理者
 在籍施設(JAOS)
●第2種滅菌技士在籍施設
 (一般社団法人
 日本医療機器学会)

EPARK歯科
短期治療、無痛治療 tel:0957-52-8148 長崎県大村市幸町25-200 イオン大村店2F
〒856-0836 長崎県大村市幸町25−200
イオン大村店 2F
休診日 年中無休
診療時間 10:00 - 13:00 / 15:00 - 22:00

大村市 イオン大村ショッピングセンター 歯科 歯医者 審美歯科 インプラント 小児歯科 セラミック

HOME

診療時間・地図

HOME»  ブログ»  ブログ»  歯に良い食べ物とは何なのか

歯に良い食べ物とは何なのか

歯に良い食べ物とは何なのか

医療の世界では、食べ物と健康の関係性が認められており、自分自身の健康を維持するために食べ物にも気を配っている人は多いです。
それにより実際に効果を発揮し、何らかの身体の変化を実感している人も多いでしょう。

これらは非常に素晴らしい事ではありますが、歯や歯茎に関しても食事に気をつけることにより大きな効果が期待できるでしょう。

まずおすすめしたいのが、乳製品になります。
乳製品が歯に良いことは有名で、例えば小さい頃は歯を強くするために牛乳をたくさん飲むように育てられた人もいらっしゃるはずです。
例えば牛乳やチーズにはたくさんのカルシウムが入っており、強い歯にしてくれる効果が期待できます。
積極的に乳製品を摂取する人も増えていますし、歯だけではなくて骨などにも良い影響を与えることが知られています。
乳製品は我々の生活にとても身近なもののため、気軽に購入できて摂取しやすい点も大きなメリットでしょう。

そして他には、魚もおすすめされています。
魚の種類によって栄養成分などは異なっていますが、ビタミンDやカルシウムがたくさん入っているものもあります。
魚は主菜となりうる可能性がある食べ物なので、好まれやすいですし、飽きることなく食べやすいです。
ビタミンDがあるとカルシウムをより効果的にしてくれる効果があります。

またゴマも積極的に摂取したい食べ物で、リンや鉄分も豊富に含有しており、またそれ以外にも歯により良い成分が入っています。
ゴマは歯だけでなく様々な健康効果があることが知られていて、健康に気を使っている人にとっては常識的な食べ物となっています。

おやつや食事後のデザートとしてもよく用いられているリンゴにも歯にとって良い成分が含有していることが知られています。
歯には様々な菌がついてしまい、歯垢が溜まっていってしまいます。
しかしリンゴを食べるとこれを防ぎやすくなり、綺麗な歯を保つことに繋がって、尚且つ虫歯予防効果も期待できます。

他にもアーモンドをはじめとしたナッツ類や生姜、パイナップル、柑橘系の果物もおすすめされています。

これらの食べ物を積極的に食べるようにして、尚且つ歯の健康に注意した生活を送ることにより、口内環境をよりよくすることが可能でしょう。
食べ物は毎日口にするものですから、しっかりと考えて食べるもの選ぶようにしてください。

そして歯の健康を維持するためには、定期的に歯医者に行くことも忘れないでくださいね。
大村ファミリー歯科においても定期検診やクリーニングなどを行っています。

2017-09-04 21:48:00

ブログ   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント