●第二種歯科感染管理
 認定施設(JAOS)
●第一種歯科感染管理者
 在籍施設(JAOS)
●第2種滅菌技士在籍施設
 (一般社団法人
 日本医療機器学会)

EPARK歯科
短期治療、無痛治療 tel:0957-52-8148 長崎県大村市幸町25-200 イオン大村店2F
〒856-0836 長崎県大村市幸町25−200
イオン大村店 2F
休診日 年中無休
診療時間 10:00 - 13:00 / 15:00 - 22:00

大村市 イオン大村ショッピングセンター 歯科 歯医者 審美歯科 インプラント 小児歯科 セラミック

HOME

診療時間・地図

HOME»  ブログ»  ブログ»  高齢者になっても健康な歯を維持するために

高齢者になっても健康な歯を維持するために

高齢者になっても健康な歯を維持するために

・日常的なケアにより元気な歯を維持させたい
生まれて少し経過すると乳歯が生え始め、その後永久歯に生え変わります。
その際に得た永久歯は一生自分自身と付き合っていく重要な存在となるので、少しでも長く健康的な歯でいるために日々様々な努力を積み重ねているでしょう。
多少面倒に感じることはあると思いますが、日常的な歯磨きやそれ以外の歯への気配り、また歯医者での定期検診やクリーニングを受けることにより、健康的な歯のまま維持しやすくなります。

仮に何らかのトラブルが起こっていたとしても、定期検診を受けることにより早期発見が叶い、結果的に早期治療が行えるので、ひどくなる前に対処することが可能です。
歯医者に定期的に足を運ぶことにより、自分自身の歯に対して愛着が湧きやすくなり、歯や歯茎に関するケアの意識も大きく高まることが考えられます。

日常的なケアや歯医者での検診の重要性を知り、長期間健康的な歯を保つために努力をする必要があります。

・高齢者にも健康的な歯を維持している人がいる
年齢を重ねると若い頃に比べると歯や歯茎に何らかの症状が発生しやすくなり、場合によっては入れ歯などをしている人も多数見られます。
そうでなくても何らかのトラブルを抱えている高齢者は圧倒的に多く、ある意味では高齢化に伴い歯や歯茎が問題を起こすのは仕方がない…と考えるかもしれません。
しかしすべての人が問題の抱えているわけではありませんし、適切なケアを行っておくことで、より良い歯を作り上げ、その状態を維持しやすくなります。

若い頃からの積み重ねが高齢化後の歯に大きな影響を与えます。
ですので早いうちから最適なケアを行い、それを継続的に続けることが必要なのです。
もちろん若い頃はきちんとケアをしていなかったけれど、ある程度年齢を重ねた今から…という人であっても、これからはきちんとケアを行っていくべきです。
それにより将来的な自分自身の歯を守ることに繋がるでしょう。

・歯医者選びも高齢者になったときの歯の維持に関係がある
現在日本全国に数多くの歯科医院がありますか、その中にはすぐに歯を抜いてしまったり削ってしまうところも少なくありません。
その反面できるだけ患者様が抱える不安を抑え、歯を削ったり抜いたりという治療を極力行わず、その他の魅力的な治療方法を模索するところもあります。
そのような将来的な患者様の状況についてまで考えている歯医者を選ぶことができれば、高齢者になったときにも健康的な歯を維持していられる可能性が高まりそうです。
それに加えて事務的な治療を行うところではなく、それぞれの患者様にしっかりと寄り添っている歯医者を選ぶべきでしょう。

大村ファミリー歯科は、できるだけ削ったり抜いたりせずに、さらに長期的な歯の健康状態も注意を払っている歯科医院です。

2017-11-11 14:16:00

ブログ   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント