●第二種歯科感染管理
 認定施設(JAOS)
●第一種歯科感染管理者
 在籍施設(JAOS)
●第2種滅菌技士在籍施設
 (一般社団法人
 日本医療機器学会)

EPARK歯科
短期治療、無痛治療 tel:0957-52-8148 長崎県大村市幸町25-200 イオン大村店2F
〒856-0836 長崎県大村市幸町25−200
イオン大村店 2F
休診日 年中無休
診療時間 10:00 - 13:00 / 15:00 - 22:00

大村市 イオン大村ショッピングセンター 歯科 歯医者 審美歯科 インプラント 小児歯科 セラミック

HOME

診療時間・地図

HOME»  ブログ»  ブログ»  強く歯を磨くのはダメ?

強く歯を磨くのはダメ?

強く歯を磨くのはダメ?

・歯は磨けば良いというものではない
健康的で美しい歯を維持するために歯磨きは必要不可欠な行為ですが、間違った歯磨きの方法を実践している人が後を絶っていません。
きちんと怠ることなく歯磨きをしていれば OK だと思っているかもしれませんが、磨き方を間違ってしまうと歯茎などを痛めてしまう可能性もあります。

しっかりと歯磨きを毎日行っているにもかかわらず歯茎が痛い、知覚過敏の症状が出た、という人の中には、歯磨きの方法が間違っている人もたくさんいます。
歯についている汚れや食べかすを取り除くためには力強く歯ブラシで磨かなければいけないと思うかもしれませんが、実は強く磨きすぎてしまうと歯茎などを痛めてしまう原因となるでしょう。

場合によっては歯茎がどんどんと痩せていってしまったり…といった状況になりかねません。

そうならないためには正しい歯磨き方法を覚えることも意識しましょう。
一般的に力強く磨いている人の多くが鉛筆持ちではなく、より力が入りやすい持ち方を行っているケースが見られます。
それを鉛筆持ちに変更するだけでこれまでに比べてやさしい力できちんと磨くことができるはずです。
「力強く磨く=良い方法」ではないことを理解してください。

・歯ブラシの硬さも注目すべき
歯ブラシを購入する際に「かため」「普通」「やわらかめ」という表記があり、適当に選んでいるかもしれません。
しかし自らの歯茎の状態や相性などをもとに最適なものを選択する必要があります。

これまで力強く磨いていた人が急に優しく磨くと本当に汚れが取れているのか気になるかもしれません。
ですが正しく磨いているとたいていの汚れは落ちますし、必要に応じてフロスなどを活用することでより美しく維持しやすくなるでしょう。

そして何よりも定期的に歯医者に通いクリーニングや定期検診を行うことにより、美しさや健康的な歯を維持しやすくなるのではないでしょうか。

強く歯を磨くのは基本的にはやめるべきで、自分にとって大切な歯や歯茎を守るためにも、最適な強さで磨くようにしてください。
大村ファミリー歯科でも歯磨きに関する質問を承っているので、どうぞご質問ください。

子供の頃であれば気軽に歯磨き方法について質問することができますが、大人になってしまうとなかなかできないものです。
しかし歯医者であれば何の躊躇もなく質問いただけますし、歯磨き方法の指導体制も整えています。
毎日複数回行い続ける行為ですから、正しい方法を覚えるようにしてください。

2017-11-28 15:16:00

ブログ   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント