●第二種歯科感染管理
 認定施設(JAOS)
●第一種歯科感染管理者
 在籍施設(JAOS)
●第2種滅菌技士在籍施設
 (一般社団法人
 日本医療機器学会)

EPARK歯科
短期治療、無痛治療 tel:0957-52-8148 長崎県大村市幸町25-200 イオン大村店2F
〒856-0836 長崎県大村市幸町25−200
イオン大村店 2F
休診日 年中無休
診療時間 10:00 - 13:00 / 15:00 - 22:00

大村市 イオン大村ショッピングセンター 歯科 歯医者 審美歯科 インプラント 小児歯科 セラミック

HOME

診療時間・地図

HOME»  ブログ»  ブログ»  高齢者が後悔しがちなことといえば歯?

高齢者が後悔しがちなことといえば歯?

高齢者が後悔しがちなことといえば歯?

・アンケート結果を重く受け止めるべき
先日とあるメディアによってアンケートが行われ、そのアンケート結果が公表されましたが、現在高齢者が感じている後悔に関する内容の第1位が歯に関する内容でした。
若い頃は健康的な歯が備わっていることが当たり前に感じてしまい、どうしても必要なケアを怠ってしまいがちです。
徐々に状況が悪化していくためなかなか若い段階から必要とされているケアをきちんと行うことは難しいのです。
実際に高齢者になってから後悔している人の中には、行っておくべき歯磨きやその他のケアをきちんと行ってなかった…という人も多くいて、自分の歯を失ってから重要さに気づいた…という人もいるのが実際のところです。

例えば人間が抱える病気の中には様々なものがありますが、各種内臓や脳などは当然少しの異変を感じた場合でも即病院にて検査をして、必要に応じて生活改善などを行うでしょう。
しかし鏡を見ると自分自身ですぐに確認できる歯についてはそれほど重大さを感じていないケースもあって、手遅れになってしまったということもあり得るのです。

このアンケートの結果を重く受け止めることにより、まだ若い世代であっても正しい方法でのケアを重視する必要性が理解できますし、すでに高齢者になっている人たちであっても、少しでもより良い状態を保つために自分自身で行える歯磨きや歯医者でのケアの必要性に気づけるのではないでしょうか。
実際歯は人間が生きていく上で必要不可欠といっても過言ではない部位となりますが、どうしても甘く考えてしまっている人も少なくありません。
自らで行う歯磨きなどだけではなくて、常日頃から定期的に歯医者に出向いてクリーニングや検診を行っておくことが望ましいでしょう。

・歯のトラブルはある程度避けることができる
きちんと歯をケアして大切に扱っていても避けることができない歯のトラブルもありますが、たいていのトラブルに関しては防ぐことも不可能ではありません。
高齢者になると歯以外においても様々なところに問題が生じ始め、生活する上で不便さがつきまとうかもしれません。
しかし事前にきちんと対応していれば避けられることもあるので、面倒くさがらずにしっかりとケアをしてください。
それによりより良い老後の生活を送りやすくなるでしょう。
イオン大村店に入居している大村ファミリー歯科でもクリーニングや検診などを行っているので、いつでもご利用ください。

2017-12-31 15:23:00

ブログ   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント