●第二種歯科感染管理
 認定施設(JAOS)
●第一種歯科感染管理者
 在籍施設(JAOS)
●第2種滅菌技士在籍施設
 (一般社団法人
 日本医療機器学会)

EPARK歯科
短期治療、無痛治療 tel:0957-52-8148 長崎県大村市幸町25-200 イオン大村店2F
〒856-0836 長崎県大村市幸町25−200
イオン大村店 2F
休診日 年中無休
診療時間 10:00 - 13:00 / 15:00 - 22:00

大村市 イオン大村ショッピングセンター 歯科 歯医者 審美歯科 インプラント 小児歯科 セラミック

HOME

診療時間・地図

HOME»  ブログ»  ブログ»  急な歯の問題にはどんなものがあるの?

急な歯の問題にはどんなものがあるの?

急な歯の問題にはどんなものがあるの?

普段歯に問題がなくても、知らず知らずのうちに何らかの問題が生じることもあります。
日常的なケアをきちんと行っていない場合はそのようなトラブルが起こって当然ですが、普段しっかりと歯磨きやクリーニングを行っているにもかかわらず問題が発生することもあります。

様々なトラブルの内容があるのですが、今回はその詳細についてご紹介します。

突然襲ってくるかの問題には、まず【歯が痛い】という症状が挙げられます。
一言で歯の痛みを説明する事はできず、原因や痛みの症状がケースバイケース違ってきます。
最も一般的な歯の痛みは、虫歯によるものがやはり多く、その他にも知覚過敏により急に痛みを感じるケースも少なくありません。
虫歯は初期状態の場合はなかなか気づくことができない可能性もあるのですが、だんだん悪化してくると大きな痛みが訪れ、我慢できないような痛みに発展することも少なくないです。
また知覚過敏も同様で、知らない間にだんだん悪化していくのが一般的なため、注意が必要です。
ちなみに知覚過敏は歯磨き方法の間違いが原因で起こるケースもあるので、一度自分の歯磨き方法が正しいかどうか歯科医院に行ってチェックして貰いましょう。
それを行い、正しい方法を身につけておくと知覚過敏になりにくいだけではなくて、虫歯の予防や歯周病の予防、さらにその他様々な歯に関するトラブルを予防することに繋がります。

歯の痛みのみならず、【歯茎の腫れや痛み】も急に訪れる口内に関するトラブルのひとつです。
日本人の多くが歯周病にかかっていると言われており、きちんとした治療やケアを行っていないと、日常生活の中でかなりの腫れや痛みが発生します。
ただ単に痛みが強いだけではなくて、場合によっては食事がとれないことや口を閉じていても腫れていることがわかる…などということもあります。

これら様々な問題を未然に防ぐことができれば、より良い日常生活を送ることができます。
急な歯の問題が発生するとどうしても焦ってしまいますが、そんな時には我慢することなく少しでも早い段階で歯医者へ行き適切な診察や治療を受けてください。
勝手に自分で判断をするのはNGですから気をつけてください。

大村ファミリー歯科に定期的に検診に訪れていただいた場合、急な歯や歯茎に関する問題が生じる可能性は大きく下がるのではないでしょうか。
自分自身が苦しむことのないように日頃からケアを行っておきましょう。

2018-02-15 22:03:11

ブログ   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント