●第二種歯科感染管理
 認定施設(JAOS)
●第一種歯科感染管理者
 在籍施設(JAOS)
●第2種滅菌技士在籍施設
 (一般社団法人
 日本医療機器学会)

EPARK歯科
短期治療、無痛治療 tel:0957-52-8148 長崎県大村市幸町25-200 イオン大村店2F
〒856-0836 長崎県大村市幸町25−200
イオン大村店 2F
休診日 年中無休
診療時間 10:00 - 13:00 / 15:00 - 22:00

大村市 イオン大村ショッピングセンター 歯科 歯医者 審美歯科 インプラント 小児歯科 セラミック

HOME

診療時間・地図

HOME»  ブログ»  ブログ»  歯の健康について考える

歯の健康について考える

歯の健康について考える

厚生労働省が日本国民に向けて、歯の健康に関する情報を提供しています。
かなり具体的な内容となっており、厚生労働省の公式サイトに専用ページが設けられているほどです。
健康日本21という取り組みを国が率先して行っていて、その中の一環として歯に関する健康に焦点が当てられているのです。

う蝕及び歯周病に関する問題を防ぎ、歯の喪失を予防することはとても重要なことです。
近年は一昔前に比べてより日本人の平均寿命が長くなっていますが、ただ単純に長生きするだけではなくて、健康的な状態を維持しながら生き続けることが望ましいと言われています。
歯に関しても同様で、できるだけ長い期間自分自身の健康的な歯を維持し続けて、その歯を活用して毎日の食事を楽しむことこそが長生きの秘訣といっても過言ではありません。

今はかなり歯科技術も向上しているのですが、多くの人たちが適切なケアを行わず、う蝕や歯周病などの疾患を発生させているのです。
13歳の人たちのう蝕有病者率はなんと9割以上となっており、驚くべき数字でしょう。
確かにこれらの年齢の子供は歯に関する多種多様なトラブルに悩まされがちではありますが、ある程度は防ぐことも可能です。
そういった日々の積み重ねこそが、一生涯自分自身の歯を使い続けるためにはとても大切です。

全国的に広がりを見せている8020運動は、【80歳の段階で20本以上の歯を有している】ということを目標にしており、これを実現させるための対策方法も提唱しています。
対策方法には様々なものがあるのですが、定期的な歯石の除去や歯面清掃は健康的な口内環境を作るためには欠かすことができません。
そして定期的に歯科検診を受け、必要に応じて早期治療を施しましょう。
悪化する前に治療を行うことができれば、患者様が感じることになる負担がかなり低減するだけではなく、8020の達成にも繋がるのではないでしょうか。
もちろんこれらの他にも行っておくべき対策方法は様々あり、適切なケアグッズの選定や使用、また歯に関して高い意識を有しておくことも必要不可欠です。

内臓的な病気は誰しもが恐れますが、歯に関しては軽く考えてしまいがちです。
口の中に関するトラブルが大きな問題に発展する可能性もありますので、細心の注意を払いましょう。
厚生労働省が力を入れて国民に対してアピールするほど、歯の健康問題は人生において重要なのです。

大村ファミリー歯科でも様々な問題に対応可能です。

2018-02-20 11:48:01

ブログ   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント