●第二種歯科感染管理
 認定施設(JAOS)
●第一種歯科感染管理者
 在籍施設(JAOS)
●第2種滅菌技士在籍施設
 (一般社団法人
 日本医療機器学会)

EPARK歯科
短期治療、無痛治療 tel:0957-52-8148 長崎県大村市幸町25-200 イオン大村店2F
〒856-0836 長崎県大村市幸町25−200
イオン大村店 2F
休診日 年中無休
診療時間 10:00 - 13:00 / 15:00 - 22:00

大村市 イオン大村ショッピングセンター 歯科 歯医者 審美歯科 インプラント 小児歯科 セラミック

HOME

診療時間・地図

HOME»  ブログ»  ブログ»  むし歯ができるまで

むし歯ができるまで

むし歯ができるまで

虫歯ができるまでには、まずバイオフィルムというものが作られなければなりません。これが出来ないことには、虫歯を作る働きをもたせることが出来ないために、基本的に虫歯が発生することはありません。バイオフィルムが作られると、ここが溶かすために必要な酸を出すようになり、継続して出していくことによってどんどん歯が溶けてしまいます。脱灰を続けることによって、守ることができる状況ができなくなると、最終的に虫歯となって削らなければならない状態が作られます。
大村市の歯医者では、バイオフィルムが非常に厄介なものであり、しっかり落とすように指導をしていますが、唾液によって本来は脱会を守ることが可能となっているので、そう簡単に虫歯を作ってしまうことはありません。ただ、何らかの原因によって唾液が失われてしまうことが多かったり、大量に出ているつばをどうしても気にして、外に放出することが多くなってしまうと、意外と簡単に虫歯になってしまうことがあります。
バイオフィルムを取り除くことが出来ないまま放置していたことで、最終的に虫歯となって刺激を起こすようになります。歯医者でもこうした状態を防げるように、何とかメンテナンスによって取り除くための方法を採用していますが、個人的な歯磨きによって取り除くことが出来ないこともあるために、どうしてもバイオフィルムが邪魔をしてしまい、虫歯を作ってしまいます。これによって歯科で診断を受けると、虫歯になっていることがわかってしまうことがあります。
そもそもなぜバイオフィルムが出来てしまうのか、これは甘いモノのように、糖分によって生み出されることが多いために、間食が多い人は起こりやすいとされています。ただ、歯磨きを適切にしていたり、しっかり唾液でカバーできているようなら、そうした症状が起こることはありません。歯医者でもしっかり指導を受けて、適切なタイミングで歯磨きをしていれば、早々虫歯になってしまうことは無いのです。歯科を利用していると、そうした状況も防ぎやすいです。
1度起きてしまった場合は、歯医者に行って指導を受けることによって、最終的に駄目なことをしない工夫もできるようになります。大村市の歯医者では、メンテナンスを通じてしっかりとバイオフィルムの問題点を指摘しており、駄目なものを取り除けるようにしています。日々の生活で起こりやすいことなので、何が駄目なのかを判断しつつ歯磨きをすることが大事です。
 

2017-01-20 22:37:00

ブログ   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント