●第二種歯科感染管理
 認定施設(JAOS)
●第一種歯科感染管理者
 在籍施設(JAOS)
●第2種滅菌技士在籍施設
 (一般社団法人
 日本医療機器学会)

EPARK歯科
短期治療、無痛治療 tel:0957-52-8148 長崎県大村市幸町25-200 イオン大村店2F
〒856-0836 長崎県大村市幸町25−200
イオン大村店 2F
休診日 年中無休
診療時間 10:00 - 13:00 / 15:00 - 22:00

大村市 イオン大村ショッピングセンター 歯科 歯医者 審美歯科 インプラント 小児歯科 セラミック

HOME

診療時間・地図

HOME»  ブログ»  ブログ»  日本と海外の歯に関する考え方

日本と海外の歯に関する考え方

日本と海外の歯に関する考え方

・海外に目を向けてみることも大切?
医療を取り巻く環境は国によって大きく異なっているケースが多いのですが、それは歯科の分野でも同様です。
日本は技術力が非常に優れており、その影響で歯科医院で治療を受ける際には最先端の機器を使った治療を受けることが可能です。

日本には海外にないメリットもありますが、海外も日本にはないメリットを有しているケースが多々見られます。
特に北欧諸国は歯に関する考え方が他の国とは多少異なっており、歯の状態が悪くなってから適切な治療を施すというよりも、悪くなってしまう前段階での工夫が見られます。
実際に北欧諸国で住んでいる人たちの日常的なケアに関する意識は高く、歯医者に行く頻度も日本以上に多いでしょう。
結局のところより良い歯を作り上げるためには、自分での日々のケアや定期的な歯科医院での検診が必要不可欠です。
もちろん日本でもしっかりと定期検診や診察を受けていれば他の人たちに比べて長い寿命の歯を作りやすい傾向にあり、もちろん虫歯やその他の歯や歯茎に関する病気の予防にも繋がります。

海外に目を向けてみることで特に北欧諸国のメリットに気づくことができますが、意識改革次第で日本においても歯に良い生活習慣を作れます。
大村ファミリー歯科では北欧諸国で考えられているように将来的な歯の状況を考えた治療や診察を心がけています。

・北欧諸国は日本以上に残存歯数が多い
歯の健康状態を図るための指標に残存歯数があります。
例えば80歳の時点での平均残存歯数は日本の場合は10本未満だと言われているのですが、北欧のスウェーデンはなんと20本以上が残存しているという結果が出ています。
これは非常に驚くべき数字で、予防歯科などの重要性を如実に示しているといっても過言ではありません。
歯に悪そうな食事をたくさんとっていそうなアメリカ合衆国は実は17本程度の残存歯数を誇り、日本に比べると圧倒的に優れています。
これは決して日本の歯科技術が劣っているわけではなく、どれだけ予防に努めたか、早い段階での治療ができたかなどによるものなので、多くの人たちが歯に関する意識を高めることができればおのずとこの残存歯数は多くなるでしょう。

大村ファミリー歯科で定期検診やクリーニングなどを受けていただくことで、長期的に健康な歯を作ることができるでしょう。
重要な存在の歯だからこそ今まで以上にしっかりと考えて、毎日を過ごしてくださいね。

2018-04-22 20:07:00

ブログ   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント