●第二種歯科感染管理
 認定施設(JAOS)
●第一種歯科感染管理者
 在籍施設(JAOS)
●第2種滅菌技士在籍施設
 (一般社団法人
 日本医療機器学会)

EPARK歯科
短期治療、無痛治療 tel:0957-52-8148 長崎県大村市幸町25-200 イオン大村店2F
〒856-0836 長崎県大村市幸町25−200
イオン大村店 2F
休診日 年中無休
診療時間 10:00 - 13:00 / 15:00 - 22:00

大村市 イオン大村ショッピングセンター 歯科 歯医者 審美歯科 インプラント 小児歯科 セラミック

HOME

診療時間・地図

HOME»  ブログ»  ブログ»  歯を削ることはなぜよくないのか

歯を削ることはなぜよくないのか

歯を削ることはなぜよくないのか

虫歯になってしまったら、歯医者に行って歯を削らなければなりませんが、これはいいことではありません。歯が生えてきている段階で、自分のバランスを取りながら出てきていることを知っていなければならないのです。従ってバランスを崩してしまう可能性があり、虫歯の治療を行っていることで体に負担をかけてしまうこともあります。今まで問題がなかったのに、虫歯の治療をしてから体調不良が増えてしまったという事例も結構あります。
歯科で診察を受けて、削らなければならないと判断されてしまったら、今の状態から変えなければならない部分が生まれていると思ってください。そしてバランスを変えてしまうと、今度は思っていたようなバランスで生活が出来なくて、体の不調につながってしまうことも多くなります。歯医者はバランスを整えながら補填作業を行っているのですが、それでも少し変わってしまうことがあります。大村市で利用できるところでも同様で、最終的に少しのずれでバランスの変化もあり得ることです。
こうしたことを何度も繰り返していると、体調不良だけでなく、歯の状態もどんどん変わってしまいます。今まで安心できる状態だと思っていたのに、削ったことで歯の状態が多少変わってしまい、神経などに影響も出やすいのです。ただ削れば大丈夫というわけではなく、削ってしまっていることで色々な部分にダメージを受けることになってしまい、歯の状態が悪くなって神経にも支障をきたしてしまう事があります。
削ることはそれなりのリスクを持っていることで、歯医者を利用して削ることになった場合でも、なるべくそれ以上の作業をしないように工夫をすることが大事です。虫歯になりやすい体質、そうでない体質の人もいるので、なりやすい人は予防歯科を利用するなどして、これ以上の虫歯に対応できるようにしてください。数年に1回程度の作業であれば、そこまで負担が多くなることもありませんし、歯を残し続けることだってできるのです。
大村市でも、予防歯科を利用してもらえるようにしっかり指導を行っており、1度治療を行っている人は予防するための方法を取るようにしています。こうして治療が終わった後でも、虫歯を作らないようにする工夫をしていくことで、削ることによる負担やダメージを抑えるようにしています。定期的なチェックで虫歯ができていたことがわかったとしても、ちょっとだけ削る程度であれば負担を抑えることもできるのです。
 

2017-01-27 22:41:00

ブログ   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント