●第二種歯科感染管理
 認定施設(JAOS)
●第一種歯科感染管理者
 在籍施設(JAOS)
●第2種滅菌技士在籍施設
 (一般社団法人
 日本医療機器学会)

EPARK歯科
短期治療、痛みの少ない治療 tel:0957-52-8148 長崎県大村市幸町25-200 イオン大村店2F
〒856-0836 長崎県大村市幸町25−200
イオン大村店 2F
休診日 年中無休
診療時間 10:00 - 13:00 / 15:00 - 22:00

大村市 イオン大村ショッピングセンター 歯科 歯医者 美容診療 インプラント お子さまの治療 セラミック

HOME

診療時間・地図

HOME»  ブログ»  ブログ»  子供に歯を大切にする習慣をつけさせるために

子供に歯を大切にする習慣をつけさせるために

子供に歯を大切にする習慣をつけさせるために

・長年使うものだからこそしっかりと考えてケアをするべき
子供にとって歯磨きはとても面倒で嫌な習慣かもしれませんが、もし怠ってしまうと虫歯などになってしまいます。
もし悪化してしまうと治療コストもかかりやすくなりますし、子供が感じる負担も大きくなるでしょう。

何よりも歯を大切にする習慣を子供につけさせることが重要で、これが叶えば、特に親が指示などをしなくても自然に歯磨きをはじめとしたケアをしっかりと行うはずです。
乳歯が抜けて永久歯が生えてからも全く問題なく日々のケアが行え、懸念されがちな残存している歯の数の問題もクリアできるでしょう。

ただ子供に限った話ではありませんが自分の歯を大切にしようとしている人はかなり少なく、仮に大切にしたいと思っていても、実行に移せていない人ばかりです。
特に子供の場合は保護者の目がないとさぼってしまう人も多いです。
小さい頃にしっかりと歯を大切にするための習慣づけができれば、大きくなって大人になってからも当たり前の習慣として続けられます。

長期間使用するものだからこそきちんとケアをしなくてはならず、そのために意識を植え付けることが重要です。

・子供に歯の大切さや習慣付けを行うためにできること
まずはきちんと歯や歯茎などに関する教育を行うことが何よりも大切です。
何のために歯を使用し、どういった存在なのか、またきちんとケアしないとどのようになってしまうのかなども伝える必要があります。
単純に歯磨きしなくてはならないというだけでなく、しなかった場合の行く末についてもきちんと伝達すべきでしょう。

また子供は親の背中を見て育つともいわれるので、歯を大切にする習慣を子供につけてもらいたい時には、保護者自身がこれまで以上に口内環境の良化に努め、正しいケア方法を学びましょう。
その際に親子揃って歯磨きの正しい方法や重要性を学べばより一層理想的です。

そもそもの教育方針を改める必要がある可能性もあり、一方的に押し付けるだけでは長続きしませんし無意味かもしれません。
本当に歯が必要な存在だ、ケアをしないと大変なことになる、などといったことを学ばないと本質的な部分も理解できないでしょう。

そして保護者が歯に無頓着であり歯に関する疾患にかかっている場合には、子供も同じようになりやすいという傾向があります。

大村ファミリー歯科は小児歯科にも力を入れているので、ぜひとも親子揃ってご来院ください。

2018-11-26 22:38:32

ブログ   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント