訪問歯科

●第二種歯科感染管理 認定施設(JAOS)
●第一種歯科感染管理者 在籍施設(JAOS)
●第2種滅菌技士在籍施設(一般社団法人 日本医療機器学会)
●歯科医院指導歯科医に認定(厚生労働省)

EPARK歯科
短期治療、痛みの少ない治療 tel:0957-52-8148 長崎県大村市幸町25-200 イオン大村店2F
〒856-0836 長崎県大村市幸町25−200
イオン大村店 2F
休診日 年中無休
診療時間 10:00 - 13:00 / 15:00 - 22:00

大村市 イオン大村ショッピングセンター 歯科 歯医者 美容診療 インプラント お子さまの治療 セラミック

HOME

診療時間・地図

HOME»  ブログ»  ブログ»  歯周病の脅威と原因となる食習慣

歯周病の脅威と原因となる食習慣

歯周病の脅威と原因となる食習慣

歯周病は数多くの人たちの悩みの種となっていて、これの治療のために定期的に歯医者で治療に訪れている人も多くいらっしゃいます。
基本的には元からケアをしっかりと行っていれば予防できますが、すでに日本人の中の数多くの人たちがかかっている病気です。

具体的な病状があまり知られていないものの驚異的な存在であり、歯が抜けてしまったり口内環境以外の部分にも悪影響を及ぼします。
歯茎の腫れなどによる痛みや不便さをも感じることもありとても大変です。
そんな驚異的な歯周病ですか、原因はいろいろと考えられます。

まずは日常的なケア不足です、歯磨きが不足していたり正しく行われていないと歯周病にかかってしまうことも多いです。
定期的な検診に訪れていたりクリーニングに行っていると予防的な効果も得られますが、まだまだ予防歯科に積極的な人は少ないというのが現状です。

・歯周病は食習慣が原因となることもある
上記のようにケア不足などが原因になるというのが一般的な考えですが、歯周病は日常的な食習慣によっても発生しやすくなります。
例えば炭水化物を必要以上に摂取してしまうと結果的に脂肪細胞として蓄積され、これが歯周病に繋がることがあるのです。
もちろん炭水化物は生きていく上で不可欠ですし健康のためにもなくてはならない存在です。
しかしどんな栄養成分でも同じですが過剰摂取はいけません。

そのほかにはカルシウムの過剰摂取も歯周病を招く原因となり得ます。
歯にとってカルシウムは不可欠な存在ですし、それ以外の健康維持のためにもカルシウムは必要です。
しかし過剰選手となった分については歯で石灰化すると歯周病に繋がってしまうでしょう。

今度は逆にマグネシウム不足が歯周病の原因になるケースも見られます。
例えばカルシウムが必要以上に体の中に入ると石灰化しようとしますが、マグネシウムを摂取しておけばカルシウムを体の外に放出することが可能です。

他にも摂取しすぎてはいけないものもありますし、我々が日常的に摂取不足に陥っているものも少なくないでしょう。
今まで以上に食習慣に気を配ることによって健康な体を得るとともに、歯周病の予防にも繋げてください。

そして歯医者での定期検診は欠かすことができず、大村ファミリー歯科でも検診を行っています。
脅威となる存在の歯周病も事前の備えによってリスクを低くすることができます。
大村ファミリー歯科は最寄駅からも比較的近く、アクセスしやすい環境にあります。

2019-01-07 16:11:51

ブログ   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント