●第二種歯科感染管理 認定施設(JAOS)
●第一種歯科感染管理者 在籍施設(JAOS)
●第2種滅菌技士在籍施設(一般社団法人 日本医療機器学会)
●歯科医院指導歯科医に認定(厚生労働省)

EPARK歯科
短期治療、痛みの少ない治療 tel:0957-52-8148 長崎県大村市幸町25-200 イオン大村店2F
〒856-0836 長崎県大村市幸町25−200
イオン大村店 2F
休診日 年中無休
診療時間 10:00 - 13:00 / 15:00 - 22:00

大村市 イオン大村ショッピングセンター 歯科 歯医者 美容診療 インプラント お子さまの治療 セラミック

HOME

診療時間・地図

HOME»  ブログ»  ブログ»  タバコが与える悪影響

タバコが与える悪影響

タバコが与える悪影響

タバコは人間にとって良くないと言われることが多く、最近では喫煙者が禁煙を目指す例も増えています。
そんなタバコは歯や歯茎にとっても良くない存在であり、注意しなくてはなりません。

タバコを吸っていると虫歯ができやすくなると言われていて、その理由は様々あります。
まずは分泌される唾液の寮が減少してしまうため、口内にある細菌を洗い流すことが難しくなってしまいます。
結果的に歯垢が溜まってしまい口内環境が悪化し、虫歯に繋がります。

そのうえ唾液は初期段階の虫歯を強化させる再石灰化効果があるのですが、タバコを吸うことによってそれもあまり期待しにくくなってしまいます。
唾液に関する問題は非常に厄介であり、虫歯だけにとどまらず様々な口内環境の悪化にも繋がってきます。

他には喫煙することによってビタミンCが足りなくなると言われていて、その結果歯垢の状態がより悪くなってしまいます。
ということは虫歯になりやすいですし、そもそもビタミンCが足りなくなると様々な健康効果に影響が出てきます。

タバコを吸うことによって様々な悪影響が体に及んでしまい、知らず知らずのうちに自らの健康を損なわせています。
健康に生きていくためには口内環境をより良くしておくことも大切なので、歯や歯茎のためにも禁煙を志しましょう。

またタバコといえばヤニが連想されますが、皆さんご存知のようにこれは歯を汚してしまいます。
かなり頑固な着色汚れとなってしまい、汚らしさにも繋がるでしょう。
そしてヤニは虫歯のできやすさにも繋がってくると言われています。

タバコは虫歯の他にも様々な影響を与え、例えば歯周病の原因にもなります。
喫煙することにより血流が悪くなり、さらに免疫力が悪くなることもあるので、結果として歯周病が発生しやすくなるのです。
もともと歯周病の場合にもタバコは悪影響を及ぼし、悪化スピードを早めてしまいます。

様々な歯や歯茎に関する病気になる可能性があるだけでなく、口内環境を悪化させ、そのうえ健康にも悪い影響を及ぼすタバコはとても怖い存在です。
そして自分だけでなく、同居している子供などの虫歯発症率も高めてしまうという研究結果が出ています。

できるだけタバコを吸わないで歯や歯ぐきにとっても健康的な生活を心がけてください。
そして定期的に歯医者で検査を受け、可能な限りしっかりとケアも行ってください。
大村ファミリー歯科においても定期検査や治療などを行っています。

2019-01-31 11:45:00

ブログ   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント