●第二種歯科感染管理 認定施設(JAOS)
●第一種歯科感染管理者 在籍施設(JAOS)
●第2種滅菌技士在籍施設(一般社団法人 日本医療機器学会)
●歯科医院指導歯科医に認定(厚生労働省)

EPARK歯科
短期治療、痛みの少ない治療 tel:0957-52-8148 長崎県大村市幸町25-200 イオン大村店2F
〒856-0836 長崎県大村市幸町25−200
イオン大村店 2F
休診日 年中無休
診療時間 10:00 - 13:00 / 15:00 - 22:00

大村市 イオン大村ショッピングセンター 歯科 歯医者 美容診療 インプラント お子さまの治療 セラミック

HOME

診療時間・地図

HOME»  ブログ»  ブログ»  歯の着色汚れを防ぐためにできること

歯の着色汚れを防ぐためにできること

歯の着色汚れを防ぐためにできること

・着色汚れについて
普通に生活をしていると日々様々な食べ物や飲み物を口にするので当然着色汚れが発生してしまいます。
ある程度は生きていく上で仕方がありませんが、日常的なケア次第である程度は防ぐことも可能です。
その方法の代表格といえば歯磨きですが、きちんと行われていないケースが目立ちます。
雑に磨いているとそれほど意味がありませんし、着色汚れが悪化するだけではなく、虫歯や歯周病などにも繋がってしまうでしょう。
そういったリスクを抑えるためにも歯磨きの重要性を意識するようにしてください。

その他にも定期的に歯医者に行きクリーニングをしたりホワイトニングをすることも大切です。
年々技術力が向上しているといっても過言ではないので、利用しない手はないでしょう。

また日常的な歯磨きの際に使用する歯磨き粉を工夫し、例えばホワイトニング効果の高いものを使用するなどすると着色汚れ対策を行いやすくなります。

歯の着色汚れというのはただ汚れている、というだけではなく、不潔感などを他人に与える可能性もあるので大きな注意が必要でしょう。

・着色汚れに繋がりやすい食べ物や飲み物を把握する
食べ物や飲み物の中でも着色汚れに繋がりやすいものとそうでないものがあります。
例えばコーヒーや紅茶などは着色しやすいと言われていて、特にこれらは毎日飲む人もいるので知らず知らずの間に着色してしまうケースが見られます。
その他にも赤ワインを飲むとステインが付きやすくなり、着色が目立ち始める可能性が高まります。

飲み物だけではなく、例えばチョコレートやカレーなども着色の可能性が高まると言われています。
基本的には濃い色をした食べ物や飲み物はリスクが高まると考えて良く、特にそういったものを口にしたときはしっかりとケアをするようにしたいです。

他にも特定の調味料が原因になる可能性もあるので気をつけることが大切です。

最近では以前に比べて本格的なホワイトニングをしている人たちが非常に多くなっていて、自分の歯の美しさに敏感になっています。
自宅でできるホワイトニングもあれば歯科医院で行うものなどもあり、特に大きな効果を見いだしたいのであれば歯科医院でのホワイトニングやクリーニングを行うようにしたいです。

大村ファミリー歯科ではクリーニングや各種治療などを行っており、患者様目線に立った治療を心がけています。
歯は一生の宝といえるものなので妥協することなく正しい方法でケアをするようにしてください。

2019-02-04 19:17:00

ブログ   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント