訪問歯科

●第二種歯科感染管理 認定施設(JAOS)
●第一種歯科感染管理者 在籍施設(JAOS)
●第2種滅菌技士在籍施設(一般社団法人 日本医療機器学会)
●歯科医院指導歯科医に認定(厚生労働省)

EPARK歯科
短期治療、痛みの少ない治療 tel:0957-52-8148 長崎県大村市幸町25-200 イオン大村店2F
〒856-0836 長崎県大村市幸町25−200
イオン大村店 2F
休診日 年中無休
診療時間 10:00 - 13:00 / 15:00 - 22:00

大村市 イオン大村ショッピングセンター 歯科 歯医者 美容診療 インプラント お子さまの治療 セラミック

HOME

診療時間・地図

HOME»  ブログ»  ブログ»  虫歯の進行と治療

虫歯の進行と治療

虫歯の進行と治療

数多くある歯や歯茎に関する病気の中でも最も代表的なものは虫歯でしょう。
虫歯というのはミュータンス菌が生成する歯垢のせいで歯が溶けてしまう症状です。
基本的には誰もが一度は虫歯になったことがあるといっても過言ではありませんが、その発生の流れや理由について詳しく知っている人は少ないといえるでしょう。
虫歯の進行や治療などをついて把握できれば、これまで以上により虫歯予防のために努力できるのではないでしょうか。

虫歯の治療法はその状態によって異なります。
一般的にC0からC4までの状態に分類することができ、C0→C1→C2→C3→C4という順に悪化していきます。

C0は最初期という扱いなので本格的な治療を行わなくても方法によっては再石灰化できる可能性もあります。
この状態であっても一応虫歯ですので、歯科医院で診察を受けることが重要です。

C1は歯を覆っているエナメル質に穴が生じている状態であり、この時点では基本的には痛みは感じません。
しかし安心することはできず、自覚症状がないので自分で気づいて早期治療を受けることが難しくなります。
それを防ぐためには定期的な歯科検診を受けることが望ましく、検診によって初期段階で見つけ出せ、早く適切な治療を受けられます。
結果的に患者様自身の負担を減らすことができます。

C2に発展してしまうと、エナメル質の内側にある象牙質の部分も虫歯に侵されてしまいます。
この状態になると痛みを感じることが増え、特に何か冷たいものを飲んだり食べたりする時に痛みやすくなります。
遅くてもC2段階では治療を行いたいです。

C3になると歯の神経のところまで虫歯に侵され、冷たいものだけでなく温かいものを食べたり飲んだりした際にも痛みを感じます。
もちろんそういった際だけではなく特に何もしていなくても耐えがたいような痛みが発生することも多く、ここまで発展してしまうと神経を抜くこともあります。

C4になると歯冠の多くが崩壊してしまい、虫歯がかなりのところまで侵し始めます。
非常に危ない状態と言え、歯や歯茎だけではなく、心臓病などのその他の部分の病気にも発展しかねません。

大村ファミリー歯科は、お気軽に定期検診を受けていただける環境を整えています。
虫歯治療にも強みを発揮していて、痛みに敏感な方たちにもご安心いただけるでしょう。
数ヶ月に1度は自分の健康のためにも歯医者で診断を受けるようにしてください。

2019-06-27 20:47:00

ブログ   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント