訪問歯科

●第二種歯科感染管理 認定施設(JAOS)
●第一種歯科感染管理者 在籍施設(JAOS)
●第2種滅菌技士在籍施設(一般社団法人 日本医療機器学会)
●歯科医院指導歯科医に認定(厚生労働省)

EPARK歯科
短期治療、痛みの少ない治療 tel:0957-52-8148 長崎県大村市幸町25-200 イオン大村店2F
〒856-0836 長崎県大村市幸町25−200
イオン大村店 2F
休診日 年中無休
診療時間 10:00 - 13:00 / 15:00 - 22:00

大村市 イオン大村ショッピングセンター 歯科 歯医者 美容診療 インプラント お子さまの治療 セラミック

HOME

診療時間・地図

HOME»  ブログ»  ブログ»  暑い夏は虫歯になりやすい?

暑い夏は虫歯になりやすい?

暑い夏は虫歯になりやすい?

人間にとっての脅威でもある虫歯は、我々を苦しめています。
もちろん毎日適切なケアを行えば予防しやすくなるのですが、完全に虫歯を断つことができるわけではありません。
ですがケアをするのとしないのとでは結果が大きく違ってくるので、日々の基礎的な歯磨きやその他のケアは必要不可欠となってきます。

そんな虫歯ですが、1年中我々に襲いかかってきます。
しかし暑くなる夏の時期には虫歯になりやすくなるといわれるケースも見受けられます。

その理由として挙げることができるのは、暑くなるとアイスクリームや冷たいジュース、冷たいお菓子などをそれ以外の季節以上に摂取することになる点です。
暑さをしのぐためには仕方ないのですが、こういった食べ物や飲み物にはたくさんの糖分が含まれています。
ということは、結果的に虫歯になりやすくなるのです。

虫歯になる原因はもちろんひとつではありませんが、糖分が虫歯発生に大きな影響を与えていることは紛れもない事実です。
これは小さい頃から学校などで教わり、家庭でもそのような教育を受けたケースが多いでしょう。

糖分が口の中に存在している時間が長時間になればなるほど、虫歯が発生しやすくなるともいわれています。
特に歯の裏側や歯の間に食べかすが溜まりやすい食べ物を食べた際には要注意です。
一般的な飲み物や食べ物に比べて口の中に糖分がある状態が長続きし、これは上記したようにあまり良いものではありません。
ただおやつとしてそのような食べ物を食すこともあるでしょう。
そういった際にはできるだけ早く歯磨きを行い、歯の間や歯の裏側についている食べかすを取り除くようにしてください。

ここで油断してはならないのが、夏以外は注意しなくても良いのか…といえばそうではありません。
夏以外も同様に糖分の多い食べ物や飲み物を摂取しますし、食べかすがたまりやすい食べ物を食べることも多いはずです。

本格的に暑くなってきましたので、実際に自宅や外出先で様々な甘い食べ物を食されると思います。
外出先では適切なケアを行いにくいのですが、できる限りきちんと行い、そして歯医者におけるクリーニングやケアも積極的に行ってください。
大村ファミリー歯科でもクリーニングなどを行っていますし、それ以外にも早期発見早期治療を果たすためにも定期検診は欠かせません。

大村ファミリー歯科は休むことなく診察しており、診療時間も長くご利用いただきやすいです。
初めての方もぜひお気軽にご来院ください。

2019-07-25 16:49:00

ブログ   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント