訪問歯科

●第二種歯科感染管理 認定施設(JAOS)
●第一種歯科感染管理者 在籍施設(JAOS)
●第2種滅菌技士在籍施設(一般社団法人 日本医療機器学会)
●歯科医院指導歯科医に認定(厚生労働省)

EPARK歯科
短期治療、痛みの少ない治療 tel:0957-52-8148 長崎県大村市幸町25-200 イオン大村店2F
〒856-0836 長崎県大村市幸町25−200
イオン大村店 2F
休診日 年中無休
診療時間 10:00 - 13:00 / 15:00 - 22:00

大村市 イオン大村ショッピングセンター 歯科 歯医者 美容診療 インプラント お子さまの治療 セラミック

HOME

診療時間・地図

HOME»  ブログ»  ブログ»  歯はどれくらい健康でいられるの?

歯はどれくらい健康でいられるの?

歯はどれくらい健康でいられるの?

私たちにとって欠かすことのできない歯。
歯は毎日毎日酷使され、私たちの生活を助けてくれています。
多くの方が気になるのが、歯の寿命ではないでしょうか。

厚生労働省が調査した結果によれば、歯の部位によって差異はあるものの、男女とも50歳~60歳代前半という値です。
ただしこの数値は今からおよそ20年前の調査結果によるものなので、近年の歯を大切にする傾向により大きく改善している可能性はあります。
とはいっても70代には到達していないと思われます。
日本人の寿命は優に80歳を超えています。
ですので一般的になくなる10年以上前には歯がなくなっていることになるでしょう。
それは非常に悲しいことです。
しかも上記の数値は歯の寿命です。

歯がどれくらいの間健康でいられるのか=歯の寿命は異なりますから、歯の健康年齢は上記よりも短くなるでしょう。
これを考えると若いうちからのきちんとしたケアの重要性が身にしみて理解できるはずです。
若い頃は歯のケアはしていない…今からでも遅いのだろうか?と高齢の方が感じることもあるでしょう。
もちろんしっかりとケアをしないよりはした方が良いに決まっているので、遅いかもしれない…と思わずにいつからでもケアをするようにしてください。

健康的な歯を作るために重要なことはいくつかあります。
まずは毎日複数回行う歯磨きです。
正しい方法できちんと歯磨きを行いましょう。
そして定期的に歯医者に行き状態を確認してもらい、何か問題があれば早期発見早期治療を心がけてください。
こういった気持ちを持っていると自然と歯を大切にしやすくなるので、歯の健康年齢は自然と向上するでしょう。

歯が健康であれば毎日の食事を美味しく食せ、治療などにかかる費用も抑えることができ、なおかつ心配の少ない人生を送れるはずです。

食べ物や飲み物にも注意し、自分に合った歯のケアアイテムを活用してください。
昔とは異なり今はとても便利で効果的なケアアイテムがたくさん登場していて、気軽に購入し使用できる時代です。
その辺をうまく活用できれば健康的な歯を長い期間にすることも夢ではありません。

大村ファミリー歯科でも患者様に歯の重要性をお伝えしています。
また口内環境に何か問題がないかいち早くチェックさせていただくので、例え治療が必要だとしても患者様への負担は少なくなるでしょう。
健康にこだわることはとても大切です。
日本人の場合は、人間の寿命よりも歯の寿命の方が一般的に短いという事実も知っておかなくてはなりません。

2019-09-30 18:51:00

ブログ   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント