訪問歯科

●第二種歯科感染管理 認定施設(JAOS)
●第一種歯科感染管理者 在籍施設(JAOS)
●第2種滅菌技士在籍施設(一般社団法人 日本医療機器学会)
●歯科医院指導歯科医に認定(厚生労働省)

EPARK歯科
短期治療、痛みの少ない治療 tel:0957-52-8148 長崎県大村市幸町25-200 イオン大村店2F
〒856-0836 長崎県大村市幸町25−200
イオン大村店 2F
休診日 年中無休
診療時間 10:00 - 13:00 / 15:00 - 22:00

大村市 歯科 美容診療 インプラント お子さまの治療 セラミック

HOME

診療時間・地図

HOME»  ブログ»  ブログ»  口内炎ができる理由や詳細について

口内炎ができる理由や詳細について

口内炎ができる理由や詳細について

口内炎ができてしまうと口の中が痛く、食事の時や何か飲み物を飲む時などに痛みを感じます。
それだけではなく何もしていないときでさえ痛む可能性がありますし、とにかく口内炎があると気を遣います。
誰しもが口内炎ができた経験はあると思いますが、今回はその口内炎ができる理由や詳細について説明していきます。

そもそも口内炎ができる理由は様々あります。
それを知るためにはまず口内炎の種類について勉強しておきましょう。
「アフタ性口内炎」「カタル性口内炎」「ウイルス性口内炎」「それ以外の口内炎」に分類できます。

「アフタ性口内炎」は疲労がたまったりストレスが積み重ねられるとこの口内炎ができることもあります。
数ある口内炎の種類の中でも1番多いといわれ、睡眠に問題がある場合や食事に問題がある際にもアフタ性口内炎は発生するでしょう。

「カタル性口内炎」はアフタ性のものとは異なり何らかの刺激によって口内の粘膜が腫れる…などします。
これが原因で痛みのもならず口臭が発生することもあるので要注意です。

「ウイルス性口内炎」はその名の通りウイルスによって発生します。

それ以外にもいろいろな事柄が原因で口内炎が発症しますし、口内炎ができたと思っていたらガンだった…というケースすらあります。

上記したように種類によって原因が異なるものの、基本的には日常的にできる生活の工夫から始めてみると良いでしょう。
例えば免疫力を高めるための工夫や疲れをとる、きちんと睡眠を摂取するなどです。
他には虫歯などがある場合や入れ歯に問題がある際にも要注意です。

単純に口内炎だ…と見逃すのではなく、予防を行ったり、場合によっては専門医に診断してもらうことも重要です。
大きな病気が隠れている可能性もありますからね。
自分は大丈夫…と思わずに、可能性があることを理解しておきたいです。

そして当たり前のことですが、歯磨きをきちんとして、毎日の歯をはじめとした口内のケアは欠かせません。
これは口内炎の予防にもつながるだけでなく、ありとあらゆる病気の予防や症状の予防に繋がるでしょう。

悩むことが多い口内炎、しかし詳しく知っているという方はとても少ないのが実情です。
ご自分で口内炎について調べてみるのも良いでしょう。
そして歯科医など、専門知識を有した医師に相談してください。

日常的な歯磨きのクオリティを高めるだけでも、これまでと全く違う高いレベルの生活を実現できるはずです。

2019-10-08 15:48:00

ブログ   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント