訪問歯科
EPARK歯科
短期治療、痛みの少ない治療 tel:0957-52-8148 長崎県大村市幸町25-200 イオン大村店2F
〒856-0836
長崎県大村市幸町25−200 イオン大村店 2F

休診日

年中無休

診療時間

10:00 - 13:00 / 15:00 - 22:00

大村市の歯科「大村ファミリー歯科」は夜間診療22時まで対応

HOME

診療時間・地図

HOME»  ブログ»  ブログ»  歯のトラブルが増えやすい年齢層とは?

歯のトラブルが増えやすい年齢層とは?

歯のトラブルが増えやすい年齢層とは?

歯に関するトラブルは後を絶ちません。
小さい子供からお年寄りまで様々な年齢層の人たちは歯や歯茎のことで悩んでいらっしゃいます。
入れ歯やインプラントのような手法も存在はしているものの、やはり自分自身の歯を一生使い続けるというのが理想です。
それが最も節約につながりますし、インプラント設置などの施術の際の痛みを感じずに済みます。

すべての年代の方が歯に関するトラブルで悩んでおられますが、日本人の場合は40代前半~50代前半にかけてトラブルを感じやすいと言われています。
30代は比較的歯や歯茎に関する問題は少ないので、40代に入ると一気にトラブルが襲い掛かってきて驚いてしまう…というケースも見受けられます。
40代後半は少し落ち着きますが、もちろん30代の時に比べるとトラブルの数は比較できないほど多いです。

そしていよいよ50代になるとそのトラブルの平均個数はどんどん増加してしまいます。
これまで歯科医院にあまり訪れていなかった方もこれくらいの年代になると頻繁に訪れる…というケースも。

もちろん50代後半以降も高い数値でトラブルが続きます。
本来は早い段階で適切にケアを行い、定期的な検診やクリーニングを行っていれば、口の中のトラブルもある程度抑制できます。
しかし人間は問題を感じ始めてからやっと重要性に気づくという特徴があります。
それではいけませんので、この記事をご覧になられた方は、今のうちからケアをしてください。
今は大丈夫であったとしても予防は大事なことですし、もしかすると気づいていないだけですでに何らかのトラブルが進行している可能性もあります。
数か月に1回程度など、ご自分の状況に応じて定期的に歯科医院に行ってチェックをしてもらってはいかがでしょうか?

多くの場合は、小さいころから小学生くらいの間は親が歯磨き指導をしている姿を見かけます。
しかしそれ以降はあまり親も関与しないようです。
そのうえ大学や専門学校、就職によって実家を出てしまうと誰もいさめる人がいなくなるので、ケアがおろそかになることは目に見えています。
そうなってしまわないようにも、早いうちから検診の重要性やケアやクリーニングの大切さを伝えておきましょう。

もちろん子供だけではなく大人の皆様も同様に気をつけるべきです。
また高齢者の口内環境の問題も深刻化しているので、周りがサポートすることも重要です。
今は昔に比べて利便性の高い、訪問歯科サービスという制度もあるのでご利用ください。
大村ファミリー歯科でも訪問歯科サービスを提供しているので、まずはお気軽にお問い合わせください。

2019-11-25 00:11:00

ブログ   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント