訪問歯科
EPARK歯科
短期治療、痛みの少ない治療 tel:0957-52-8148 長崎県大村市幸町25-200 イオン大村店2F
〒856-0836
長崎県大村市幸町25−200 イオン大村店 2F

休診日

年中無休

診療時間

10:00 - 13:00 / 15:00 - 22:00

大村市の歯科「大村ファミリー歯科」は夜間診療22時まで対応

HOME

診療時間・地図

HOME»  ブログ»  ブログ»  歯の存在意義と歯の構造について

歯の存在意義と歯の構造について

歯の存在意義と歯の構造について

人間だけでなく様々な動物にも存在している歯。
歯は何のために存在しているのか考えたことはありますでしょうか?
歯が存在しているのは、健康的な生活を送るために他なりません。
よくよく考えてみると、我々が健康でいられるのは体にとってより良い食べ物を摂取しているからです。
食べ物を食べる時には歯を使って咀嚼し、飲み込み、体にとって欠かすことのできない栄養となります。

もちろんその他にも歯が存在する意義は様々あり、おしゃべりをする際にも歯は大切な役割を担います。
歯がないと発音しにくくなってしまい、思っているような言葉を発しにくくなり相手が理解できない…という可能性も。

より詳しく歯の役割について見てみると、歯の種類によって役割が違うことにも気づきます。
例えば前歯と犬歯では当然ですが役割は異なります。
前歯は基本的には食べ物噛み切る、そして犬歯は食べ物を切り裂く役割を担っています。
それよりも奥にある歯にもそれぞれ役割があるのですが、これらすべてが揃っていることが大前提となります。
もちろん歯がない方もいらっしゃいますが、一般的な考えでは仮に一本でも歯がなくなってしまうと様々な弊害が生じかねません。(インプラントをはじめとした対策もありますが)
食べ物を噛み切りにくくなったり、思いもよらないような部分に負担がかかるなど…

ちなみに歯の構造は思っている以上にややこしく、最も外側にあるのが頻繁に耳にすることがあるエナメル質です。
そのエナメル質の下には象牙質がありますが、エナメル質が傷ついたりすると知覚過敏の症状に襲われることもあります。
そしてセメント質、歯髄と呼ばれる部分もあります。
歯髄そういうのは、疎線維性結合組織のことであり、分かりやすく言うと神経です。

実は歯というのは歯茎よりも上の部分(目で見える部分)と見えない部分に分かれています。
見える部分は歯冠、それよりも下の部分は歯根と言います。

もっとも耳にすることの多いエナメル質はとても硬いのですが、だからといって無闇に扱えばダメージを受けます。
歯磨きの際の強さやその他の際にも気をつけるようにしてください。
歯の存在意義を知ることによって、これまで以上に歯を大切にしようという思いが芽生えてくると思います。

口腔状態の確認や治療などは、大村ファミリー歯科におまかせください。
やはり専門的な診察や治療は歯科医院に任せるのがベストです。
歯科医院に対して恐怖感を覚えている方もいるかもしれませんが、最近は技術力も高まっていますので安心でしょう。

2019-12-25 01:54:00

ブログ   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント