訪問歯科
EPARK歯科
短期治療、痛みの少ない治療 tel:0957-52-8148 長崎県大村市幸町25-200 イオン大村店2F
〒856-0836
長崎県大村市幸町25−200 イオン大村店 2F

休診日

年中無休

診療時間

10:00 - 13:00 / 15:00 - 22:00

大村市の歯科「大村ファミリー歯科」は夜間診療22時まで対応

HOME

診療時間・地図

HOME»  ブログ»  ブログ»  歯の詰め物の意味と種類について

歯の詰め物の意味と種類について

歯の詰め物の意味と種類について

歯科医院ではいろいろな診察や治療を行っています。
虫歯や歯周病などの病気の治療の他にも、トラブルに見舞われた口内環境の健全化にも努めています。

例えば虫歯になってしまうと、その部分を削ることがあります。
削った部分をそのまま放置しておくと、歯が溶けていくと言われています。
これは非常に危険なことですし、避けなくてはなりません。

この削った部分には通常、詰め物を行います。
詰め物といってもその種類は数多く存在し、保険適用のものもあればそうでないものもあります。

最近は自費診療されることも増えてきましたが、一昔前は健康保険が適用される銀色のインレーが活用されていました。
保険適応のため当然低コストで治療ができますが、様々なデメリットもあります。
やはり見た目に関する問題でしょう。
銀色なのでとても目立ち、場合によっては金属アレルギーの症状が発生します。

上記の他にゴールドインレーもあります。
これは保険適用されないので高額ですが、歯に適合しやすいという大きなメリットがあります。
劣化もしにくいですし、何よりも金属アレルギーのリスクが上記のインレーよりも低い点が魅力です。

他にはハイブリットインレーもあります。
銀色や金色などではないので目立ちにくく、一見しただけでは詰め物をしていると気づかれにくいです。
自然の歯とそん色ない色をしているのは嬉しいことですよね。
またこれは金属アレルギーのリスクがありません。

そして近頃はセラミックインレーも人気を集めています。
こちらも天然の歯の色に近くて金属アレルギーのリスクはありません。
しかし当然ながら保険適用外のため、およそ7万円以上かかるケースがあります。(歯科医院によってさまざま)

生活をしている中で自分自身が現在つけているインレーにコンプレックスを感じることもあるでしょう。
特に保険適用で行えるインレーの場合はなおさらです。
そういった悩みを解消するためには、ハイブリットインレー・セラミックインレーなどを利用することも検討したいです。

インレーにはそれぞれ様々な特色があって、高額なものになればなるほど様々なメリットを享受することができます。

以上はあくまでも虫歯の際の部分的な詰め物に関するインレーのお話です。
より大きなかぶせなどの場合には、状況が異なることも多いです。

詰め物をすることなくより良い歯の状態を維持するためにも、日常的なケアは欠かせません。
大村ファミリー歯科でもケアやクリーニング、治療などが可能なので、どうぞお問い合わせください。

2020-01-09 19:14:00

ブログ   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント