訪問歯科
EPARK歯科
短期治療、痛みの少ない治療 tel:0957-52-8148 長崎県大村市幸町25-200 イオン大村店2F
〒856-0836
長崎県大村市幸町25−200 イオン大村店 2F

休診日

年中無休

診療時間

10:00 - 13:00 / 15:00 - 22:00

大村市の歯科「大村ファミリー歯科」は夜間診療22時まで対応

HOME

診療時間・地図

HOME»  ブログ»  ブログ»  歯を汚れにくくするために注意したいこと

歯を汚れにくくするために注意したいこと

歯を汚れにくくするために注意したいこと

歯の黄ばみ…。
たくさんの人たちが悩んでおられますが、そもそも重要なのは、歯に汚れを残さないということです。
口内環境で考えるのではなく、一般的な住宅の部屋で考えると分かりやすいはずです。
そもそも、部屋を汚さなければ綺麗な状態を維持しやすいのと同じです。
実際に汚れてから対策をとるのではなく、汚れる前にしっかりと予防をすることが欠かせません。
簡単なようで難しいこととはいえ、歯や歯茎の健全化のためにも必要不可欠です。

まず注意したいのは、コーヒーなど一部の飲み物は歯に色が付きやすいということです。
もちろんこれはコーヒーだけに限りませんが、例えばワインや緑茶なども同様です。
気づくことなく日々飲んでいる様々な飲み物が歯の汚れを助長している可能性があるのです。

しかしそういった飲み物を飲まないわけにはいきません。
もし飲んだ時には、できるだけ早く水などでうがいをすることが大切でしょう。

それ以外にも食べ物や調味料も歯の色に影響を与えます。
代表的な歯の着色を促す食べ物といえばカレーライスです。
日本人の多くが好んで食しており、昼食に食すことも少なくありません。
昼食として食せば、基本的にはその後夜まで歯磨きができませんので、より着色のリスクが高まります。

食べ物の他にもケチャップや醤油をはじめとした調味料にも気を使いましょう。

そして最も基本的な対策として挙げられるのが、適切なケアです。
多くの方の場合ケアを怠っているケースが目立ちますので、注意が必要になります。
歯磨きをきちんと行っている人とそうでない人を比較した場合、当然ながら歯磨きを行っている人の方が汚れにくいと言われています。

その際に使用する歯磨き粉にも注意してください。
一見すると研磨剤が含まれていると白さを維持しやすいのですが、研磨成分によって歯が削られてしまうのでその部分に色が入り込みやすくなります。
歯の汚れを予防できる歯磨き粉はたくさんあります。
これまで当たり前のことだと思っていた歯磨きに関する常識を疑うことも必要不可欠でしょう。

基本的には色が薄い食べ物や飲み物よりも色が濃い食べ物や飲み物の方が着色リスクが高いと考えてください。

そして最近は自宅で気軽に行えるホームホワイトニングというものもあります。
空き時間に気軽に実行できるので人気があります。

ホワイトニングの他にも、歯科医院における適切なクリーニングも定期的に行ってください。
是非とも大村ファミリー歯科にお問い合わせください。

2020-01-11 02:30:00

ブログ   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント