訪問歯科

●第二種歯科感染管理 認定施設(JAOS)
●第一種歯科感染管理者 在籍施設(JAOS)
●第2種滅菌技士在籍施設(一般社団法人 日本医療機器学会)
●歯科医院指導歯科医に認定(厚生労働省)

EPARK歯科
短期治療、痛みの少ない治療 tel:0957-52-8148 長崎県大村市幸町25-200 イオン大村店2F
〒856-0836 長崎県大村市幸町25−200
イオン大村店 2F
休診日 年中無休
診療時間 10:00 - 13:00 / 15:00 - 22:00

大村市 歯科 美容診療 インプラント お子さまの治療 セラミック

HOME

診療時間・地図

HOME»  ブログ»  ブログ»  歯磨きを甘く見てはいけない!リスクについて考えよう

歯磨きを甘く見てはいけない!リスクについて考えよう

歯磨きを甘く見てはいけない!リスクについて考えよう

歯や口の健康を守るためには、毎日の歯磨きは欠かすことができません。
普段からしっかりブラッシングしている方も多いかと思いますが、面倒になって歯磨きしなかったり、忘れてしまうこともあるのではないでしょうか。
確かに歯磨きを1回忘れたとしても、すぐに歯や口が影響を受けるわけではありません。
しかし、それが数日・数週間と続いてしまった場合、取り返しがつかない結果を招く危険があるのです。

歯磨きは歯や口の健康に深く関わっていますが、数日間磨くのを忘れた場合、歯の表面や隙間に歯垢が蓄積し始めます。
歯垢は雑菌の温床となっており、次第に歯石へと変化していきます。
なお、この段階で健康な歯が突如虫歯になったり、歯が抜けたりするようなことはまずありません。
ただし歯肉炎を招くこともあれば、現在ある虫歯が進行する可能性はあります。

また、数日間歯磨きを忘れるだけで、口臭は強くなってしまいます。
主に歯垢や舌苔(舌に付着した汚れ)が原因ですが、人によっては強い悪臭を伴う場合もあります。

数日であればまだ取り返しは付く段階で、元々歯・口の病気がある方以外は影響も大きくありません。
しかし、歯磨きを数週間忘れてしまうと、さまざまな病気を招くことになるでしょう。
そこまで歯磨きをしない方は少ないと思いますが、病気のリスクは急激に高まる点に注意が必要です。

特に気を付けておきたいのは虫歯と歯周病です。
虫歯は強い痛みを伴いますし、どんどん悪化していきます。
早めに歯科で治療を受ける必要があります。

もう一つの歯周病は、歯茎が炎症を起こして膿んだり、痩せ細ったりする病気です。
こちらは痛みは少ないものの、歯周ポケットが深くなって、徐々に歯がぐらつく原因になります。
症状が進行すると、最悪歯そのものが抜け落ちてしまうこともあるのです。

歯磨きを行わないだけで、こうした病気になる可能性が高まります。
他にも知覚過敏を招くほか、将来的にがんや心臓病になるリスクも高まってしまうのです。
そのため、歯磨きは毎日行うことを心がける必要があります。

ただし、歯磨きのしすぎも考えものです。
ブラシが歯の表面を傷つけてしまい、知覚過敏になったり、それが虫歯の原因になる場合もあります。
回数が多くても意味がありませんので、正しい歯磨きの知識を身につけましょう。

もし歯磨きの方法やコツが分からない方は、一度歯科で相談してみることをおすすめします。
ブラッシングの指導はもちろん、検診で現在の歯の状態もチェックできます。

2020-02-15 23:45:00

ブログ   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント