訪問歯科
EPARK歯科
短期治療、痛みの少ない治療 tel:0957-52-8148 長崎県大村市幸町25-200 イオン大村店2F
〒856-0836
長崎県大村市幸町25−200 イオン大村店 2F

休診日

年中無休

診療時間

10:00 - 13:00 / 15:00 - 22:00

大村市の歯科「大村ファミリー歯科」は夜間診療22時まで対応

HOME

診療時間・地図

HOME»  ブログ»  ブログ»  過剰歯とは?原因や治療法など

過剰歯とは?原因や治療法など

過剰歯とは?原因や治療法など

私達の歯にまつわるトラブルや病気はさまざまありますが、注意しておきたいトラブルの一つが過剰歯(かじょうし)です。
過剰歯とは、通常の歯の本数よりも多く歯が生えている状態、あるいは通常より多く存在する歯のことをいいます。

私達人間の歯は上下合わせて28本が基本ですが、過剰歯の方は28本以上の歯が生えてしまうのです。
特に生じやすいのは上の歯の中央あたりで、人によっては下の歯に生える場合もあります。
形状は一般的な歯とは異なり、やや円錐に近く、他の歯よりも一回り小さくなっています。

過剰歯は誰にでも生えてくるわけではありませんが、実は生える原因は不明です。
進化の過程で失われた歯の名残であるという説や、歯を形作る歯胚が分裂した説など諸説ありますが、はっきりとは分かっていません。

過剰歯が現れるタイミングは、主に永久歯が生え揃ってからです。
まだ乳歯の子供に見られるケースはめったになく、ほとんどの方は永久歯が生え揃った後で、大人になってから生えることもあります。
また、骨の中に埋もれた状態になっており、レントゲンを撮影した際に気づく場合も少なくありません。
いずれにせよ、大人になってから悩まされることが多いと覚えておきましょう。

なお、親知らずと間違えやすいですが、過剰歯とは全くの別物です。
親知らずは生えてくる方も少なくありませんので、混同しないように気をつけましょう。

また、過剰歯も他の歯に影響がなければ問題ありません。
必ずしも治療を要するとは限りませんので、もし気になる方は歯科で相談することをおすすめします。
ただし、過剰歯は歯並びを悪くする原因になるばかりか、歯茎の炎症などを引き起こることも珍しくありません。
もし何らかの影響が出ている場合、治療を検討したほうがよいでしょう。

過剰歯の治療方法ですが、外側に歯が出てきている場合は抜歯を行います。
この点は一般的な虫歯などの治療と同じで、ほとんどのケースでは抜歯のみで治療は完了します。

一方、骨に埋もれてしまっている場合は麻酔を行い、歯茎を切開して抜歯をする方法があります。
ただし、深い場所に過剰歯があるケースや、他の歯に影響が及ばないケースでは抜歯をせず、経過を見守ることも考えられます。
どの程度埋もれているかによりますが、基本的に噛み合わせや他の歯への影響を考慮して治療を判断します。

過剰歯は誰もが生じるわけではありませんが、もし生えている方は一度歯科へ相談してみましょう。
レントゲンを撮影し、状態によって最適な方法を提案します。

2020-02-22 17:26:00

ブログ   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント