訪問歯科
EPARK歯科
短期治療、痛みの少ない治療 tel:0957-52-8148 長崎県大村市幸町25-200 イオン大村店2F
〒856-0836
長崎県大村市幸町25−200 イオン大村店 2F

休診日

年中無休

診療時間

10:00 - 13:00 / 15:00 - 22:00

大村市の歯科「大村ファミリー歯科」は夜間診療22時まで対応

HOME

診療時間・地図

HOME»  ブログ»  ブログ»  虫歯になると必ず神経を抜かないといけないの?

虫歯になると必ず神経を抜かないといけないの?

虫歯になると必ず神経を抜かないといけないの?

大人も子供も悩む歯に関する問題に、虫歯トラブルがあります。
虫歯というのは、う歯、う蝕された歯などともいいます。

虫歯の原因となる菌が放出する酸が原因となり、歯にあるカルシウムが溶けていきます。
その結果歯の耐久性が落ちてしまい、経過的にとても大切な歯に穴が生じてしまいます。
はじめのうちは気づかないかもしれませんが、放置しておくと症状はどんどんと悪化します。
酷くなる前に気づき、早い段階できちんと治療をしておくようにしてください。

タイトルにもある、虫歯になると必ず神経を抜く必要があるのかという問題ですが、これはNOです。
確かに虫歯になると結果として神経を抜くこともありますが、多くの場合はそのような必要はありません。

恐らく今までに多くの方が最低でも一度は虫歯の経験があるはずです。
思い出されると、その際に神経を抜いていないはずです。

もちろんどのような場合でも神経を取らないというわけにはいきませんが、できる限り取らない方がベストです。
ちなみに日本の歯の健康を取り巻く状況は、諸外国と比べても優秀ではありません。
できるだけ神経を抜かないことこそが非常に重要ですし、そもそもそのような状態にならなければ痛みを感じなくて済みますし、無駄な出費も生まれません。

一般的に神経を抜くのは、ある程度重度の虫歯に進行している場合です。
歯髄炎が発症すると、神経を抜くこともあるでしょう。
虫歯はC1、C2、C3、C4にわけることができます。
C3に達すると、神経を取り除くこともありますし、そもそも正常に機能していないケースもあります。

ちなみにC3がより酷くなるとC4となり、神経だけではなく歯自体も抜くことになるかもしれません。

早く気づいたり、日頃から適切なケアをしたり、定期検診を受けていれば虫歯を予防できますし、虫歯になったとしても早く気づけるでしょう。
そうすることによって、神経を抜く可能性を軽減でき、健康的な口内環境の維持が可能になるでしょう。

虫歯は最も代表的な歯に関する病気です。
だからこそ多くの方が甘く見ていますが、適切に治療などを行わなければ大変な思いをするかもしれません。

大村ファミリー歯科では、患者様の健康を第一に考えているので、日常的な予防にも力を入れています。
何か気になる点や分からないことがありましたら、お気軽にご相談ください。

当医院は通常の診察だけでなく、訪問歯科サービスも行っています。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

2020-02-28 02:30:00

ブログ   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント