●第二種歯科感染管理
 認定施設(JAOS)
●第一種歯科感染管理者
 在籍施設(JAOS)
●第2種滅菌技士在籍施設
 (一般社団法人
 日本医療機器学会)

EPARK歯科
短期治療、無痛治療 tel:0957-52-8148 長崎県大村市幸町25-200 イオン大村店2F
〒856-0836 長崎県大村市幸町25−200
イオン大村店 2F
休診日 年中無休
診療時間 10:00 - 13:00 / 15:00 - 22:00

大村市 イオン大村ショッピングセンター 歯科 歯医者 審美歯科 インプラント 小児歯科 セラミック

HOME

診療時間・地図

HOME»  ブログ»  ブログ»  歯石は取った方がいいの?

歯石は取った方がいいの?

歯石は取った方がいいの?

歯の部分についているもの、それが歯石です。これは歯垢が固まってしまったものであり、石のような硬いものになっています。この歯石をどうして取り除かなければならないのか、最大の理由は残しておくことで虫歯を作ったり、歯周病になってしまうことがあるためです。歯石は歯を溶かすために必要な能力を持っていますので、そのまま放置しているとどんどん虫歯になりやすい状態を作ってしまいます。定期的に取ることが大事で、残っているようなら確実に取らなければなりません。


歯石になるまでには、結構時間がかかります。当然歯垢が残っていないことには、作られることはありませんし、歯垢が残っていても微々たる量であれば作られることは殆どありません。出来てしまうのは、歯垢が大量に残っていて、これを取り除くことができていない場合です。このような状態では、塊のようになって歯垢が作られ、その部分で石になってしまいます。これが歯石の状態であり、歯医者では取り除く対象としています。


歯科に行って取り除く場合は、基本的に削って取ることが多いです。そのままだと上手く取り出すことが出来ないことも多いので、まずは小さくして出しやすい状態にします。歯の隙間に残っていることもあるので、その場合は削って小さい状態にして、それから水などを利用してしっかり取り除きます。確実に綺麗にすることができれば、それだけ歯のリスクを減らせるところがメリットなので、削ることで小さくすることはすごくいい方法なのです。


削らなくても取れる小さなものは、先の尖ったものを利用して取り除くようにしています。尖っているもので取り除けば、確実にその部分を綺麗にすることができるので、ちょっと痛いかもしれませんがしっかり取り除けます。歯医者ではいろいろな器具を持っているので、取り除くことが容易なのか、それとも難しいかによって使うものも変わってきます。どちらにしても、歯科を利用して取り除くときは、はぎ取るような方法が多いです。


どれくらいの歯石が残っているのかは、歯医者で検査をしてもらわないとわからないものです。大村市にある大村ファミリー歯科では、まずは歯石が残っているかの確認をしてから、次に取り除くために色々な器具を利用しています。負担を小さくするために、なるべく強いものを使わないようにして、歯医者で使える器具でも優しく取り除けるようにしています。一緒に余計なものを取り除き、綺麗な状態を保ちます。
 

2017-02-08 07:04:00

ブログ   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント