訪問歯科
EPARK歯科
短期治療、痛みの少ない治療 tel:0957-52-8148 長崎県大村市幸町25-200 イオン大村店2F
〒856-0836
長崎県大村市幸町25−200 イオン大村店 2F

休診日

年中無休

診療時間

10:00 - 13:00 / 15:00 - 22:00

大村市の歯科「大村ファミリー歯科」は夜間診療22時まで対応

HOME

診療時間・地図

HOME»  ブログ»  ブログ»  歯茎は何のためにある?ケア方法も紹介

歯茎は何のためにある?ケア方法も紹介

歯茎は何のためにある?ケア方法も紹介

普段意識することはほとんどありませんが、私たちの歯は歯茎が支えています。
歯茎は弱くなると歯がぐらついたり、反対に虫歯が原因で腫れたりすることもありますが、歯と歯茎は切っても切れない関係です。

一般にいわれる歯茎は歯肉とも呼ばれますが、主に歯を支え、ぐらつかないようにしています。
食べ物を噛む力に関わるほか、雑菌が体内へ侵入することを防ぎ、歯や骨を守る役割があります。
歯の健康には欠かせない組織であり、私たちの健康とも密接に関わっています。

しかし、歯茎はとてもデリケートで、組織が傷つくだけでも病気の原因になる場合があります。
歯肉炎や歯周病といった病気にもなりやすく、炎症が起こって歯痛に繋がることも珍しくありません。
少しでも放置すると不健康になりがちですので、日頃からのケアを意識しましょう。

歯茎のケアというと、一見難しく感じるかもしれませんが、実はとても簡単です。
毎日行えば、さまざまな病気などを予防できます。

歯茎をケアする方法で基本となるのは歯磨きです。
特に歯周ポケットに溜まる歯垢を除去することを意識しましょう。
歯ブラシで普段どおりブラッシングするだけでなく、歯と歯茎の隙間を磨くことが大切です。

ただし、刺激を与えすぎないよう注意しましょう。
先に触れたとおり、歯茎は非常にデリケートですので、傷つけてしまうと炎症を起こしたり、雑菌が入り込んでしまいます。
ブラッシングする時は力を入れすぎず、毛先が細く、柔らかいブラシを使いましょう。

普段から優しくブラッシングすることで歯茎をマッサージできます。
歯茎の血行が良くなり、健康的なピンク色を保つことにも繋がります。

健康的な食事は体の健康に関わるだけでなく、歯茎の健康にも関わります。
そのため、栄養バランスの取れた食事も重要です。
歯茎は偏った食事が原因でやせ細ってしまうため、普段は外食やお惣菜で済ませてしまう方は気を付けましょう。

普段のブラッシングと栄養バランスの取れた食事を意識すれば、歯茎を病気から予防することは可能です。
しかし限界はありますし、歯周ポケットに歯垢が蓄積し、見えないところで炎症が起きている場合も考えられます。
少しでも不安がある方は、歯科で定期的な検診を受けましょう。

歯科で見てもらえば、現在の歯茎の状態を細かくチェックできます。
もし何らかの病気があったとしても、適切な治療を受けられます。
ブラッシングのアドバイスも受けられますので、年に何度かは検診をおすすめします。
 

2020-04-14 23:46:00

ブログ   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント