訪問歯科
EPARK歯科
短期治療、痛みの少ない治療 tel:0957-52-8148 長崎県大村市幸町25-200 イオン大村店2F
〒856-0836 長崎県大村市幸町25−200
イオン大村店 2F
休診日 年中無休
診療時間 10:00 - 13:00 / 15:00 - 22:00

大村市 歯科 美容診療 インプラント お子さまの治療 セラミック

HOME

診療時間・地図

HOME»  ブログ»  ブログ»  乳歯と永久歯の異なる点と生え変わり時期に親が注意すべき点

乳歯と永久歯の異なる点と生え変わり時期に親が注意すべき点

乳歯と永久歯の異なる点と生え変わり時期に親が注意すべき点

子供が成長するに従って乳歯は徐々に抜けていき、次第に永久歯が生えそろっていきます。
健康な歯を作るための大切な段階のため、出来る限りのケアをしてあげることが重要です。
しかし、いつ頃から始まるのか、どんな順番で生え変わるのかなど、疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。

まず乳歯から永久歯へと生え変わる時期ですが、一般には6歳・12歳の頃にかけて生え変わります。
学年でいうと小学校1年・6年頃で、子供によって多少前後します。
なお、乳歯と永久歯が混在していることから、混合歯列期と呼ぶ場合もあります。

乳歯と永久歯が異なる点は色と本数です。
一般的な大人の永久歯はやや黄色っぽい色をしていますが、乳歯はほぼ真っ白できれいな色をしています。
また、本数は乳歯が全部で20本なのに対し、永久歯は28本あります(親知らずは除く)。
子供は成長するにつれて骨格が大きくなるため、歯の本数も増えていきます。

生え変わる順番にも決まりがあります。
通常は前歯から始まりますが、6~7歳の頃から下の前歯が、7~8歳になると上の前歯が永久歯に生え変わります。

また、8・9歳になると前から奥へと生え変わっていき、11・12歳の頃にはほぼ全てが永久歯に置き換わります。
子供によっては永久歯に置き換わるのが中学生までずれ込みますが、いっさい問題はありません。
ただし、永久歯が虫歯にならないように注意してあげましょう。

歯の生え変わりは誰もが通る道ですが、注意点もいくつかあります。
特に気を付けておきたいのが、乳歯が完全に抜ける前に永久歯が生えてくる現象です。

通常は乳歯が完全に抜けてから1~3ヶ月ほどで永久歯が生えてきます。
しかし、乳歯が抜けてないのに横から永久歯が生えてくるケースもあります。
特に前歯で見られる現象ですので、こまめにチェックしてあげましょう。

乳歯が抜けず、永久歯が生えてこないといったケースもまれにあります。
特に思春期を過ぎても乳歯のままの場合、永久歯が作られていない可能性も考えられます。
逆に乳歯が抜けたにもかかわらず、何ヶ月も永久歯が生えてこないこともありますが、子供によって生え変わるペースが違う点に注意が必要です。

いずれにせよ、上記のような現象が見られた時は歯科を受診しましょう。
場合によってはレントゲン検査をして、歯の状態を確認する必要があります。
特に思春期後も乳歯が抜けない時や、永久歯がなかなか生えてこない時は、歯科に相談することをおすすめします。

2020-04-27 02:41:00

ブログ   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント