訪問歯科
EPARK歯科
短期治療、痛みの少ない治療 tel:0957-52-8148 長崎県大村市幸町25-200 イオン大村店2F
〒856-0836 長崎県大村市幸町25−200
イオン大村店 2F
休診日 年中無休
診療時間 10:00 - 13:00 / 15:00 - 22:00

大村市 歯科 美容診療 インプラント お子さまの治療 セラミック

HOME

診療時間・地図

HOME»  ブログ»  ブログ»  歯周病を予防するための方法

歯周病を予防するための方法

歯周病を予防するための方法

虫歯と並び、私たちに身近な口内の病気といえるのが歯周病です。
オーラルケア・デンタルケアグッズでは歯周病予防できる製品もあるため、ご存じの方は少なくないでしょう。

歯周病は、主に雑菌が歯茎で繁殖し、炎症を引き起こす病気です。
進行度合いが軽度であれば歯茎のみの炎症(歯肉炎)で済みますが、さらに進行すると雑菌が奥へと入り込み、歯が抜ける原因になる場合もあります。
自覚症状なく進むことも多いですが、歯周病を予防するためにも常日頃からのケアは欠かせません。

歯周病を予防するためには、普段からのブラッシングが重要といえます。
歯磨きというと虫歯予防に行っている方が多いと思いますが、歯周病を予防するためにも欠かせないケアなのです。

ただし、歯茎は傷つきやすいため、ゴシゴシとこするようなブラッシングは望ましくありません。
細く柔らかめの歯ブラシを使い、歯の表面や歯茎の表面を優しく撫でるように磨くことがポイントです。
口内をマッサージするようなイメージで、時間をかけて磨きましょう。

なお、歯ブラシの角度は歯茎に対して45度が目安です。
真横にすると歯周ポケットに入りませんので、歯との境界に対して45度を意識し、表面の汚れを取り除いていきましょう。

しかしブラッシングのみでは歯周病の予防は完璧といえません。
歯周ポケットや歯間に磨き残しが生じたり、歯垢が溜まったりする場合もあります。
気付かないうちに歯周病が進行している方もいますが、磨き残しなどが原因のケースが多いのです。

歯磨きしても歯垢を完全に除去することは難しいため、多少は残ると考えておくべきでしょう。
それを防ぐためには、歯間ブラシを使って隙間の歯垢を取り除いたり、デンタルフロスで口内全体を清潔に保つことが大切です。
歯間ブラシで歯茎を傷つけないようにしましょう。

日々のブラッシングやデンタルフロスなどを行えば、歯周病を予防することは可能です。
ただし、完全に防げるとはいえませんので、歯科でチェックしてもらうことも欠かせません。

歯科へ行けば、現在の口内の状態を確認することが可能です。
検診で歯周病かどうか判断できますので、定期的に足を運んでみましょう。
もし歯垢が残っている場合、歯科で取り除いてもらうこともできます。

歯周病は甘く見られがちですが、虫歯と同等かそれ以上に注意が必要な病気です。
見逃してしまう方も少なくありませんので、こまめに鏡で歯茎の状態をチェックしてみましょう。

2020-04-28 15:34:00

ブログ   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント