訪問歯科
EPARK歯科
短期治療、痛みの少ない治療 tel:0957-52-8148 長崎県大村市幸町25-200 イオン大村店2F
〒856-0836
長崎県大村市幸町25−200 イオン大村店 2F

休診日

年中無休

診療時間

10:00 - 13:00 / 15:00 - 22:00

大村市の歯科「大村ファミリー歯科」は夜間診療22時まで対応

HOME

診療時間・地図

HOME»  ブログ»  ブログ»  注意!ドライマウスって何?症状や対策

注意!ドライマウスって何?症状や対策

注意!ドライマウスって何?症状や対策

口の中に異常な渇きを覚えたり、唾液の量の減少を感じたことはないでしょうか。
これらの症状を感じたことがある方は、ドライマウスになっているかもしれません。

ドライマウスは「口腔乾燥症」とも呼ばれ、口の中が乾燥した状態をいいます。
唾液の分泌量が減ることで引き起こされ、さまざまな症状を伴います。
特に50代・60代の女性に多いとされていますが、近年はドライマウスで悩む30・40代の方が増加傾向にあります。

一般的に、唾液は1日あたり1・1.5リットル程度分泌されます。
しかし、ドライマウスの方は何らかの原因で分泌量が減ってしまい、喉や口の渇きを訴えるのです。
単に口内が乾燥しているのみと捉えられがちですが、日常生活に悪影響が及ぶこともあります。

なお、ドライマウスの自覚症状はさまざまですが、代表的なものは以下のとおりです。

・口の中が渇く
・口内がネバネバする
・口内の粘膜や舌がヒリヒリする
・口臭が気になる
・食べ物を飲み込みづらい
・食べ物の味が分かりにくい

これらの症状を感じている方は、ドライマウスの疑いがあります。
特に口内の渇きやネバネバといった症状はよく見られるもので、唾液の分泌の減少が影響しています。
同様に粘膜や舌が痛くなる場合もあるため、痛みが出たら注意が必要です。

また、口臭が強くなることもありますが、これも唾液が口内の細菌繁殖を抑えるためです。
口臭は周囲に不快感を与えることも多いため、長期間続く場合はドライアイを疑ってみましょう。

人によりますが、食べ物を飲み込みづらくなったり、味が分かりにくい症状が出る場合もあります。
このような症状が出ている方は、ドライマウスが慢性化している可能性も考えられます。

見過ごされることも多いドライマウスですが、生活習慣を変更すれば予防も難しくありません。
例えば食べ物をしっかり咀嚼するだけでも予防できる場合があるのです。
唾液の咀嚼することで分泌が促されるため、よく噛んで食べる癖を付けましょう。
なお、ガムを噛んで唾液の分泌量を増やす方法もあります。

他にも、ストレスを発散する、口呼吸を防ぐといった習慣の改善でドライマウスは予防可能です。
もしそれでも改善されない時は、一度歯科を受診してみるのもよいでしょう。
唾液の分泌量などをチェックできますし、改善に必要なアドバイスも受けられます。

現代人は食べ物をよく噛まないことや、ストレスが原因でドライマウスになる方が増加しています。
口内が乾燥しやすくなったら、一度疑ってみましょう。

2020-05-18 23:29:00

ブログ   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント