●第二種歯科感染管理
 認定施設(JAOS)
●第一種歯科感染管理者
 在籍施設(JAOS)
●第2種滅菌技士在籍施設
 (一般社団法人
 日本医療機器学会)

EPARK歯科
短期治療、無痛治療 tel:0957-52-8148 長崎県大村市幸町25-200 イオン大村店2F
〒856-0836 長崎県大村市幸町25−200
イオン大村店 2F
休診日 年中無休
診療時間 10:00 - 13:00 / 15:00 - 22:00

大村市 イオン大村ショッピングセンター 歯科 歯医者 審美歯科 インプラント 小児歯科 セラミック

HOME

診療時間・地図

HOME»  ブログ»  ブログ»  タバコはどうして歯周病によくないのですか?

タバコはどうして歯周病によくないのですか?

タバコはどうして歯周病によくないのですか?

歯医者で歯周病と診断されている人が、喫煙をしていることで症状を悪化させてしまったり、治りが遅くなっていることもあります。なぜタバコを吸っている人がこうした状態になってしまうのか、これは全てニコチンが原因となっています。依存性の高いとされているニコチンですが、実は歯周病トラブルの原因となっていることも多いために、これが多くなっていると大変です。ニコチン自体には、組織を破壊する効果があり、これによって歯周病になりやすいのです。


普通の人は、組織を守るために必要な力を持っていますし、仮に破壊されたとしても微々たるもので、歯科に行けばある程度対応してもらえます。一方で喫煙をしている人は、ニコチンによって組織が破壊される状態が続き、これによって歯周病に陥りやすくなります。組織が次々と無くなってしまうことで、守るべき部分が減ってしまうことが要因になっていて、これを続けていると全く耐えられない状態となるため、タバコは歯周病に良くないとされています。


これ以外にも問題があり、血流を阻害する効果を持っていることで、治りにくい状態を作ってしまいます。血液を止めたいと思っているのに、タバコによってそれが上手く出来なくて、結局歯医者に診てもらうことも増えてしまいます。それくらい組織を破壊する効果を持っていることや、色々な部分を壊してしまうことで、本来持っているものを失ってしまいます。歯医者でもそうした原因があるので、なるべくタバコは止めるように指導しています。


もう1つの問題点として、タバコを利用していると炎症が起こりづらくなります。炎症はトラブルの第一歩とされており、これを見つけることで歯医者が危ないと判断して、しっかり治療をしていることがあります。ところが炎症が出にくいことで、そうした判断をすることができなくなり、場合によっては歯周病になっていることを気づかず生活することがあります。非常に危ない状態なので、絶対に起こしてはいけないことです。


こうした状況改善には、禁煙をすることが大事になっています。またメンテナンスをしっかり受けることで、改善する効果を高めることも出来ます。大村市で治療を行っている大村ファミリー歯科では、禁煙の大切さもしっかり伝えているのですが、歯周病に陥らないように、徹底したメンテナンスによってカバーできるようにしています。仮に止められない状態でも、メンテンナンスによる歯科の効果で抑えてくれるのです。
 

2017-02-21 10:46:00

ブログ   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント