訪問歯科
EPARK歯科
短期治療、痛みの少ない治療 tel:0957-52-8148 長崎県大村市幸町25-200 イオン大村店2F
〒856-0836
長崎県大村市幸町25−200 イオン大村店 2F

休診日

年中無休

診療時間

10:00 - 13:00 / 15:00 - 22:00

大村市の歯科「大村ファミリー歯科」は夜間診療22時まで対応

HOME

診療時間・地図

HOME»  ブログ»  ブログ»  年齢と歯のトラブルの関係性

年齢と歯のトラブルの関係性

年齢と歯のトラブルの関係性

小さな子供から高齢者の方々まで、多くの人たちが歯や歯茎のトラブルを抱えています。
ですので日頃からケアや歯科医院における検診を受ける必要がありますが、ご自分の年齢によってそのリスクの大きさは変わってきます。
大村市の大村ファミリー歯科にもケアや治療に訪れる方は大勢いらっしゃいます。

もちろん乳歯が抜けて永久歯に生え変わるタイミングや子供のうちは注意しなくてはなりませんが、近頃は30代以上の方の歯周病の罹患率が増しています。
実際には一部の方しか歯科医院での診察や治療を受けてはいませんが、30代以上の方の約8割が歯周病だという研究結果もあるほどです。
歯周病は人生を大きく変える可能性もあるので、口内環境トラブルの大きな要因として知られています。

30代になると口内環境だけでなく、あらゆる部位の変化や異常に気が付くものですが、特にあからさまな痛みがない限り歯科医院に訪れようとはしないようです。
しかしながら放置しておけばどんどん悪化してしまいますので気をつけてください。
例えば20代や30代のうちからきちんとケアをして、定期的に検診を受けておけば、ある程度リスクを抑えることができます。
結果的にそういった努力をしている方とそうでない方とではのちのち大きな差が現れ、特に40代や50代になると顕著に現れるでしょう。
歯ブラシによる歯磨きだけの日常的なケアだけでは物足りず、ウォーターピックやフロス、マウスウォッシュもうまく活用するようにしてください。

歯を失う人の数は昔に比べると年々基本的には減少傾向にあります。
歯科技術の向上や患者様の意識の変化によるものですが、しかしまだまだ諸外国と比べると歯の喪失率は決して低くはありません。
特に40代になると急激に上昇する傾向にあり、50代になると半数以上の方が歯を失っているという結果が出ています。

歯周病が怖いのは、初期段階では特に自覚症状がないまま進行してしまうため、気づいた頃にはかなり悪化していることもあります。
歯周病の検査やクリーニングなどは怖いものではなく、ある種現代社会において必要不可欠なものだといえるでしょう。
例えば20代のうちからこういったクリーニングや検診を行い、さらに自宅におけるケアを行っておけば、40代や50代などになってからの歯や歯茎のトラブルにあう可能性は低くなると思われます。

大村市の大村ファミリー歯科でも、それぞれの年齢の方に応じた治療やケアを行っています。

2020-06-30 15:26:34

ブログ   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント