訪問歯科
EPARK歯科
短期治療、痛みの少ない治療 tel:0957-52-8148 長崎県大村市幸町25-200 イオン大村店2F
〒856-0836
長崎県大村市幸町25−200 イオン大村店 2F

休診日

年中無休

診療時間

10:00 - 13:00 / 15:00 - 22:00

大村市の歯科「大村ファミリー歯科」は夜間診療22時まで対応

HOME

診療時間・地図

HOME»  ブログ»  ブログ»  喫煙者と喫煙しない人の歯の病気リスクを比較

喫煙者と喫煙しない人の歯の病気リスクを比較

喫煙者と喫煙しない人の歯の病気リスクを比較

近年は健康増進法やタバコ税の増税の影響からか、喫煙率は減少傾向にあります。
しかし、決してゼロではありませんし、ニコチンは依存性が高いことから中々止められないのが現状でしょう。
タバコによる歯のリスクを低減させたい場合は、大村市にある大村ファミリー歯科にご来院ください。

現在はさまざまな禁煙方法が確立されているものの、簡単には禁煙できないのがタバコといえます。
喫煙は健康に影響を及ぼしますが、非喫煙者と比べて歯の病気にかかりやすいのです。
特に喫煙歴が長い方は、歯がボロボロにならないよう注意しましょう。

喫煙していると歯がヤニで汚れたり、口臭が気になったりする方が多いかと思います。
確かにこれらも悩ましい問題ですが、喫煙が虫歯になる可能性が高まります。
喫煙している方は、非喫煙者と比べて虫歯にかかりやすいとされているのです。

虫歯の原因はさまざまですが、唾液の分泌量の低下が虫歯を招く場合があります。
実は喫煙すると唾液の分泌量が減少するため、虫歯になりやすい口内環境になってしまうのです。

また、タバコのヤニはネバネバとしていますが、歯に汚れを付着させる要因になっています。
歯に付着したヤニがプラーク(歯垢)の蓄積を促し、より虫歯のできやすい環境を作るという悪循環におちいります。

なお、タバコは主流煙だけでなく副流煙にも注意が必要です。
副流煙は主流煙以上に有害物質が含まれており、喫煙者よりも健康被害を及ぼすことが問題になっています。
これが原因で虫歯になる可能性も否定はできませんので、喫煙者がいる家庭は気を付けましょう。

タバコは虫歯だけでなく、歯周病の原因になる場合もあります。
歯周病は歯茎が炎症を起こしたりやせ細ったりする病気ですが、日本人の多くが罹患しているといわれています。
一見喫煙とは無関係に思えますが、喫煙者にとっては虫歯と同じように注意が必要な病気です。

喫煙者が歯周病にかかる割合は、非喫煙者の数倍に上ります。
喫煙本数によっては非喫煙者の6倍近くになるため、タバコと歯周病は切っても切れない関係といってもよいでしょう。

先に触れたとおりヤニが汚れを付着させますので、歯周病から虫歯を招いたり、歯を失う原因にもなりかねません。
すぐタバコを止めるのは難しいと思いますが、なるべく減煙や禁煙をするか、定期的に歯科で検診を受け、口内の状態を把握しておきましょう。

ぜひ大村市にある大村ファミリー歯科にご相談ください。
一人ひとりの歯の状態に沿った治療方法やケアについてアドバイスします。

2020-07-10 17:47:13

ブログ   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント