訪問歯科
EPARK歯科
短期治療、痛みの少ない治療 tel:0957-52-8148 長崎県大村市幸町25-200 イオン大村店2F
〒856-0836
長崎県大村市幸町25−200 イオン大村店 2F

休診日

年中無休

診療時間

10:00 - 13:00 / 15:00 - 22:00

大村市の歯科「大村ファミリー歯科」は夜間診療22時まで対応

HOME

診療時間・地図

HOME»  ブログ»  ブログ»  小さい頃から耳にするミュータンス菌とは?

小さい頃から耳にするミュータンス菌とは?

小さい頃から耳にするミュータンス菌とは?

小学校の頃から口内環境に関する教育が行われていたと思います。
例えば特殊な液体を用いて歯磨きを行い、磨けていない場所を自分自身で把握したりなど…
様々な方法で教育や検診がなされています。
もちろん、大村市の大村ファミリー歯科でも小さなお子様の歯や歯茎の状態に合った治療やケアを行うことが可能です。

専門家ではない限り菌の名称など、普通は知らないもの。
ですがミュータンス菌に限っては多くの人たちにその存在を知られています。
例えばミュータンス菌は虫歯のもとになるというイメージを抱いている方も多いはず。

そんなミュータンス菌について勉強しましょう。
まずこの菌は正式名称がストレプトコッカス・ミュータンスといい、人間の口の中にも存在しています。
この菌が発見されたのはおよそ1世紀前。1924年にJ Kilian Clarkeが見つけました。

ミュータンス菌は生まれた時には口の中に存在していなくて、キスや同じ食器の使い回しなどによって感染していきます。
そういったことも分かっているので、特に最近は小さいうちはキスを控えたり、同じお箸やスプーンを使わないといった工夫もなされています。

ちなみにこのミュータンス菌は、食事の際に歯と歯の間などに残っている糖質を分解することで歯垢を生成します。
歯垢はミュータンス菌にとっての家となり、どんどんその中で数が増えていきます。
そんな過程でミュータンス菌は酸を生み出し、結果的にそれが虫歯の原因になっていくのです。

ということは、きちんと歯磨きなどを行うことでリスクを低減できる事がわかると思います。
しかしながら通常の歯磨きだけでは不十分なので、ウォーターピックやフロス、マウスウォッシュなども有効利用としてください。
そうすれば虫歯になりにくい状況が作られます。
このような努力をしている方とそうでない方を比較してみると、虫歯になりやすさはやはり違ってきます。

歯科技術は徐々に進化しており、歯科医院では虫歯予防のための施術も行うことができます。
特に痛みなどがなくても虫歯予防目的で通われる方もいらっしゃいます。
虫歯ができると面倒な思いをするだけでなく、嫌な痛みにも耐えなくてはなりません。

怖いミュータンス菌対策をしっかりと行い、さらに自宅や歯科医院での対策にも力を入れましょう。

大村市の大村ファミリー歯科は、口内における代表的な疾病の虫歯対策にも力を入れています。
是非ともお気軽に訪れてみてください。

2020-07-20 14:19:00

ブログ   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント