訪問歯科
EPARK歯科
短期治療、痛みの少ない治療 tel:0957-52-8148 長崎県大村市幸町25-200 イオン大村店2F
〒856-0836
長崎県大村市幸町25−200 イオン大村店 2F

休診日

年中無休

診療時間

10:00 - 13:00 / 15:00 - 22:00

大村市の歯科「大村ファミリー歯科」は夜間診療22時まで対応

HOME

診療時間・地図

HOME»  ブログ»  ブログ»  マスク生活が及ぼす問題について

マスク生活が及ぼす問題について

マスク生活が及ぼす問題について

大村市の大村ファミリー歯科のある地域でも、新型コロナウイルスの流行により、マスクの着用が当たり前のようになりました。
以前からインフルエンザや花粉症予防のため着用するケースも多かったですが、現在はほぼ毎日着けている方が多いかと思います。
すでにマスクは生活必需品となっているものの、日常生活へ及ぼす影響も考慮しなくてはいけません。

マスクを着用すると鼻呼吸がしづらくなり、自然と口呼吸になる方もいます。
しかし、口呼吸はとてもやっかいで、乾燥している空気を直接取り込むため、口や歯にさまざまな悪影響を及ぼします。

特に問題となるのが口臭です。
口呼吸をすると口内が乾燥すると思いますが、雑菌の繁殖も促してしまいます。
すると唾液の働きも落ちてしまうため、口臭が強くなりがちなのです。
マスクの中に口臭がこもることもありますが、もし臭いと感じた時は口呼吸を疑ってみましょう。

虫歯になってしまうリスクも高まります。
唾液は口内の雑菌を洗い流し、健康を守る役割を果たしていますが、先述のとおり口呼吸により働きが衰えてしまいます。
雑菌が繁殖しやすい環境になりますので、虫歯ができたり、状態が悪化したりする危険もあるのです。
現在虫歯でお悩みの方や、治療を受けている方は、口呼吸にならないよう注意しておきましょう。

歯周病にも注意しなくてはいけません。
雑菌の働きによって歯茎の粘膜が傷つき、炎症を起こす場合もあります。
日本人は歯周病が多いと言われますが、マスク着用時は危険が高まるため、日頃から注意が必要です。

他にも口呼吸が影響して歯並びに影響が出るなど、長期間マスクを着けることによる弊害は少なくありません。
ただし、現状ではマスクが感染症のリスクを下げ、予防にもつながっており、外して生活を送ることは非現実的といえます。
このような状況であるため、日頃から口内の状態には注意を払ったほうがよいでしょう。

それでは、どのような対策をするべきでしょうか?
まず基本となるのは歯磨きです。
マスク着用時は雑菌が繁殖しやすいため、こまめに歯磨きを行いましょう。
難しい場合はマウスウォッシュも効果的です。

こまめな水分補給も欠かせません。
雑菌が繁殖する理由は唾液の減少や口内の乾燥にありますので、適度に水を飲んで口の乾きを抑えましょう。

口呼吸をできるだけ避けることも重要です。
マスク着用中は無意識に口で呼吸しがちですが、なるべく鼻で呼吸するように意識しましょう。
息がしづらい場合、マスクを変えてみると呼吸が楽になることもあります。

それでも口臭や虫歯が気になる方は、一度歯科医院で検診してもらうのもよいでしょう。
状態によっては治療を受けたり、生活上のアドバイスを受けるのもおすすめです。

大村市の大村ファミリー歯科でも口内環境の悩みに関するアドバイスをいたします。

2020-09-25 13:36:00

ブログ   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント