訪問歯科
EPARK歯科
短期治療、痛みの少ない治療 tel:0957-52-8148 長崎県大村市幸町25-200 イオン大村店2F
〒856-0836
長崎県大村市幸町25−200 イオン大村店 2F

休診日

年中無休

診療時間

10:00 - 13:00 / 15:00 - 22:00

大村市の歯科「大村ファミリー歯科」は夜間診療22時まで対応

HOME

診療時間・地図

HOME»  ブログ»  ブログ»  冬寒い日に歯が痛くなる理由って?

冬寒い日に歯が痛くなる理由って?

冬寒い日に歯が痛くなる理由って?

大村市の大村ファミリー歯科にも寒いことが原因で歯が痛む方がいらっしゃっています。

気温が下がり、寒くなると身体にさまざまな不調をきたすことがあります。
例えば気温が下がった影響で偏頭痛になったり、冷え性になったりする方も多いのではないでしょうか。
いずれも冬の寒い日に比較的起こりやすい症状といえますが、実は歯の痛みを訴える方も中にはいます。

なぜ寒くなると歯痛の症状が出るのかと、関連性を疑う方も少なくはないでしょう。
確かに無関係のように見えますが、いくつかの原因が痛みを引き起こしていると考えられます。

まず考えられる原因が血行不良です。
寒くなると身体の血の巡りも悪くなり、血行不良が引き起こされる可能性があります。
その結果起こる症状の一つが冷え性ですが、実は歯の痛みにも関わってくるといわれています。

末端冷え性という言葉があるように、身体の冷えは末端で起こることが多いとされています。
歯茎は毛細血管が網の目のように張り巡らせていますが、末端に該当するため冷え性が起こりやすいのです。
冷え性になると血行不良が起こり、歯周病を誘発する可能性があります。

歯周病は歯茎が変色したり腫れたりする症状ですが、歯の痛みを引き起こす場合も珍しくありません。
そのため、気温が低くなって歯周病が生じ、歯の痛みへと繋がることがあります。

また、歯の食いしばりが痛みを引き起こしている可能性も考えられます。
無意識のうちに歯を食いしばる方もいらっしゃいますが、もし起床時などに歯が痛いと感じた時は、歯の食いしばりを疑ってみるべきでしょう。

人によって異なりますが、人間は寒さを感じた時や緊張した時などに歯を食いしばる場合があります。
すると顎や歯に大きな力が加わりますので、歯の痛みを感じやすくなるのです。

その後顎や首の周辺が筋肉痛になり、歯の痛みが慢性化するケースも少なくありません。
自分で気づけばよいですが、無意識に繰り返してしまったり、クセが付いたりしている方は注意が必要です。

なお、歯の食いしばりは歯そのものを傷つけ、歯を失わせることにも繋がります。
デメリットしかありませんので、気になる方はマウスピースを使うなどの対処が必要です。

他にも虫歯の穴が空いた部分や象牙質がむき出しになった部分が冷気に触れ、知覚過敏になっている場合もあります。
治療が必要になりますので、一度歯科で相談をしてみるのもよいでしょう。

いずれにせよ、歯が痛む時は何らかの原因が考えられます。
どのような原因があるとしても、早急な治療や改善が欠かせません。
寒い時期に歯が痛む、ズキズキする症状が出た際は、歯科で検診してもらうことをおすすめします。
大村市の大村ファミリー歯科でも診察いたします。
 

2020-12-31 13:48:00

ブログ   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント