訪問歯科
EPARK歯科
短期治療、痛みの少ない治療 tel:0957-52-8148 長崎県大村市幸町25-200 イオン大村店2F
〒856-0836
長崎県大村市幸町25−200 イオン大村店 2F

休診日

年中無休

診療時間

10:00 - 13:00 / 15:00 - 22:00

大村市の歯科「大村ファミリー歯科」は夜間診療22時まで対応

HOME

診療時間・地図

HOME»  ブログ»  ブログ»  親知らずを抜くべき状況とは?

親知らずを抜くべき状況とは?

親知らずを抜くべき状況とは?

長崎県大村市の大村ファミリー歯科では、様々な治療や診察を行っています。
そんな中には親知らずの診察や治療もありますが、この親知らずは状況によって抜歯することになります。

そもそも親知らずは小さな子供のうちにはありませんので、大人になって気づけばできている…というケースが多いのです。
自分で気づくことなく、歯科医院に行って指摘されることもあるでしょう。
生え方によっては歯茎の中に埋もれてしまっている場合もありますのでレントゲンをとらないと見つけられない場合もあります。

奥歯のあたりが痛む、腫れている感じがする、口臭があるなどの症状を感じられた際にも、歯科医院で確認してみてください。
早く見つかれば適切なケアができますし、必要に応じて出しをすることもできます。
いまは親知らずの部分や奥歯、その他磨きにくい部分を綺麗にするための専用の歯ブラシも販売されています。
またウォーターピックなどをうまく活用して親知らずの部分の清潔化に努めることもできるでしょう。

人によって親知らずが生えない場合もありますし、必ずしも4本すべてが生えるわけでもありません。
ケースバイケースではありますが、親知らずを抜くべき状況というのは一体どういう時でしょうか。

まず挙げられるのは虫歯ができてしまっている場合です。
ですので虫歯にならないようにこれまで以上に念入りに正しく歯磨きをはじめとしたケアを行い、歯科医院でのクリーニングなどにも通いましょう。

またその他には正常に生えるのではなく曲がって生えてしまっている場合や歯茎の中に埋もれてしまっている場合も同様です。
どれくらい埋もれていれば抜歯すべきなのかについては、歯科医院で確認してもらいましょう。

また親知らずやその周りに痛みが発生している場合や歯茎が腫れている際にも親知らずを抜くべきかもしれません。
人によって状況は様々ですので、細かい部分については実際に歯科医師に判断を仰ぐことが重要でしょう。
もちろん経験豊富で技術力のある歯科医師がベストです。
中には抜く必要がないにもかかわらず抜いてしまう歯科医師もいますのでご注意ください。

突然痛み出したり歯茎が腫れることもあるので、親知らずがあるのかないのか、そして存在している場合にはどういった状況にあるのかを確認し、徹底したケアを行ってください。
大村市の大村ファミリー歯科は悩んでおられる患者さんの目線に立った歯科医院ですので、安心してご来院ください。

2021-02-11 19:01:00

ブログ   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント