●第二種歯科感染管理
 認定施設(JAOS)
●第一種歯科感染管理者
 在籍施設(JAOS)
●第2種滅菌技士在籍施設
 (一般社団法人
 日本医療機器学会)

EPARK歯科
短期治療、無痛治療 tel:0957-52-8148 長崎県大村市幸町25-200 イオン大村店2F
〒856-0836 長崎県大村市幸町25−200
イオン大村店 2F
休診日 年中無休
診療時間 10:00 - 13:00 / 15:00 - 22:00

大村市 イオン大村ショッピングセンター 歯科 歯医者 審美歯科 インプラント 小児歯科 セラミック

HOME

診療時間・地図

HOME»  ブログ»  ブログ»  着色汚れを防ぐにはどんな事に気を付けたらいいのでしょうか?

着色汚れを防ぐにはどんな事に気を付けたらいいのでしょうか?

着色汚れを防ぐにはどんな事に気を付けたらいいのでしょうか?

着色汚れは、落とすことも大変ですし、なかなか改善しないので嫌な気分になってしまうこともあります。こうした着色汚れを付けないためには、色の強い飲料を飲まないようにすると良いです。コーヒーが代表的で、歯医者でもなるべく避けるように話をしています。コーヒーは色の濃いもので、しかも糖分が多く配合されているものもあるので、歯にも悪い影響が出ます。ステインとして残りやすいために、歯科では避けたほうが良い飲料です。


他にはワインが該当していますが、更に着色しやすいのがたばこです。たばこは色々なものが付着することで、歯の色が変わってしまうことがあります。歯医者で綺麗にしてもらっても、なかなか白くならないことがあるため、すごく大変になります。たばこは他の部分にも影響をおよぼすことが多いので、改善するためには時間がかかりすぎてしまうこともあります。色だけでなく歯周病の可能性もあり、歯科の利用回数が多くなることを考えると、たばこは良くありません。


2つ目の原因としては、口呼吸をしていることです。口呼吸は色々なものに触れるケースが多くなってしまうので、これが原因で着色することがあります。本来なら歯を守ることができるように、口がガードしてくれるのですが、この場合はガードする部分がうまく出来なくて、直接歯に当たってしまいます。空気が触れてしまうことで、着色することもありますから、口呼吸をしている人は要注意です。歯医者で治療することは難しいので、耳鼻科等で治療を受けて改善を図ることになります。


これ以外では、よく噛んで食べることで、色がつかないように工夫する方法もあります。歯医者の方がよく噛んで食べたほうが良いと指導をすることもありますが、これは単純に虫歯予防などを行うのではなく、着色汚れを付けないようにする工夫としても採用されています。安心して歯の状態を保ちたいと考えているなら、よく噛んで食べる習慣をしっかりと付けて、継続して行うことが大事です。
大村ファミリー歯科では、着色汚れもしっかり落とすようにしており、綺麗な状態を作るようにしています。もちろんいい状態をキープするために、個人で行わなければならない部分はかなり多くあります。なるべく着色汚れを落とす回数を減らしたいと思っているなら、個人でできるケアと、歯科でできることを併用しながら、色がつかないように努力してください。毎日の習慣次第で、色々と変わる部分もあります。
 

2017-02-20 15:11:00

ブログ   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント