●第二種歯科感染管理
 認定施設(JAOS)
●第一種歯科感染管理者
 在籍施設(JAOS)
●第2種滅菌技士在籍施設
 (一般社団法人
 日本医療機器学会)

EPARK歯科
短期治療、無痛治療 tel:0957-52-8148 長崎県大村市幸町25-200 イオン大村店2F
〒856-0836 長崎県大村市幸町25−200
イオン大村店 2F
休診日 年中無休
診療時間 10:00 - 13:00 / 15:00 - 22:00

大村市 イオン大村ショッピングセンター 歯科 歯医者 審美歯科 インプラント 小児歯科 セラミック

HOME

診療時間・地図

HOME»  ブログ»  ブログ»  どうせ大人の歯が生えてくるので乳歯のむし歯は治療しなくてもいいですよね?

どうせ大人の歯が生えてくるので乳歯のむし歯は治療しなくてもいいですよね?

どうせ大人の歯が生えてくるので乳歯のむし歯は治療しなくてもいいですよね?

虫歯になってしまうのは、永久歯のほうが危ないので、乳歯はそのまま放置しても取れるから良いと思ってしまう方がいます。それは非常に危険な考え方となっており、歯医者としては推奨していません。絶対にそうした気持ちを持たないようにして欲しいですし、虫歯は多くの部分に広がってしまう可能性が高いことで、どんどん歯の状態が悪くなります。必ず歯科で治療を受けるようにして欲しいですし、行っている治療を受けることで、永久歯にも支障をきたさないようにしてください。


理由の1つは、神経がつながっていることです。乳歯と永久歯の神経は、大体同じものが使われていますし、かなり近いところに虫歯があると、他の神経もダメになってしまうのです。これによって通常の状態が維持できなくなり、痛みなどを感じなくなる状態が生まれます。永久歯が生えてくる前に駄目になってしまうと、その永久歯も取らなければならないので非常に辛いです。歯医者の負担が大きくなるだけでなく、治療する人の負担も大きいです。


乳歯もしっかり虫歯の治療をして、綺麗にしておかなければなりません。放置していることが、永久歯や奥歯などに支障をきたしてしまい、場合によってはそれも抜かなければならないのです。乳歯は抜けてしまえば、虫歯も綺麗になると考えているなら、広がってしまう虫歯のリスクのほうを再優先してください。歯医者としても、そうした考えを持っている人には、リスクが高いことの説明を行っています。
綺麗に乳歯を整えておくと、永久歯になった時に虫歯のない状態からスタートすることが出来ますから、今度はケアをしっかりしておけば歯医者を利用しなくてもいいことが生まれます。乳歯の状態で治療をして、虫歯は怖いものと思ってもらえれば、なおさらケアをする重要性を気づきやすいです。歯科で行っている治療は、本当に子供にも負担がかかることですから、永久歯がすぐに治療の対象になってしまわないように、乳歯の段階からやることが大事です。


歯医者によって変わってしまうことは無く、乳歯の時点で治療をすることが重要になります。歯科が話していることは全て正しいことで、治療を受けるように言われた場合は、速やかに乳歯でも行ってください。取れてしまうのを待っているうちに、他の部分まで虫歯が出てしまうと、治療の回数は大幅に増えてしまうだけでなく、場合によっては永久歯まで抜くようなこともあります。子供のリスクのため、しっかりと虫歯治療は行ってください。
 

2016-09-23 15:12:00

ブログ   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント