●第二種歯科感染管理
 認定施設(JAOS)
●第一種歯科感染管理者
 在籍施設(JAOS)
●第2種滅菌技士在籍施設
 (一般社団法人
 日本医療機器学会)

EPARK歯科
短期治療、無痛治療 tel:0957-52-8148 長崎県大村市幸町25-200 イオン大村店2F
〒856-0836 長崎県大村市幸町25−200
イオン大村店 2F
休診日 年中無休
診療時間 10:00 - 13:00 / 15:00 - 22:00

大村市 イオン大村ショッピングセンター 歯科 歯医者 審美歯科 インプラント 小児歯科 セラミック

HOME

診療時間・地図

HOME»  ブログ»  ブログ»  フッ素塗布とは

フッ素塗布とは

フッ素塗布とは

大村市の大村ファミリー歯科では歯を強くするためのフッ素を定期的に塗布している大村市の歯医者です。フッ素は天然に存在する安定性のあるミネラルの一種です。フッ素ナトリウムやフッ素カルシウムとして自然界のあらゆるところに存在しています。例えば、海水には約1ppmのフッ素が含まれており、海の中の海藻や魚介類などには2~10ppmのフッ素が含まれていることが分かっています。
フッ素は歯質強化に有効で、虫歯や歯周病の原因菌の活性を抑えて虫歯や歯周病の発生を防ぐ働きがあります。海の中にある海藻や魚介類を食べると歯にいいということが分かっていますが、それはこれらの食品に豊富にフッ素が含まれているからといえます。
通常使用する場合にはフッ素には有害性はなく、フッ素は歯質を強化して虫歯の発生を予防する働きのある物質です。このように、フッ素は私たちの身の周りに存在しており、海藻や魚介類などにも含まれています。このようなフッ素は虫歯や歯周病の予防に欠かせません。


大村市の大村ファミリー歯科では歯を強くするためのフッ素を定期的に塗布している歯医者です。フッ素は歯を強くする働きがあるだけでなく、初期の虫歯を再石灰化し、虫歯にならないように修復する歯科的なメリットもあります。
大村市の大村ファミリー歯科では子どもの歯の質を強くするため、2つのキッズケアメニューが設けられている歯医者です。これは、3ヶ月ごとの定期クリーニングの際、TBIとフッ素塗布が虫歯になりにくくする上で重要だと考えられているからです。
生えたばかりの子どもの歯や、生えている途中の歯はとても弱く、すぐに虫歯になってしまうといわれています。フッ素を塗布することで、大村市の大村ファミリー歯科では虫歯になりにくなる歯質強化を行ってもらえます。


また、歯を守るための毎日の歯磨きは不可欠です。しかし、間違った方法で行っていると歯磨きをしても効果があまり出ませんので、大村市の大村ファミリー歯科では子どもに対して歯磨き指導(TBI)もあわせて行ってもらえる歯医者です。


大村市の大村ファミリー歯科は3ヶ月ごとのクリーニングでのTBIとフッ素塗布が虫歯になりにくくする上で重要であると考えている歯医者で、子どもの歯の質を強くするための2つのキッズケアメニューが設けられている歯医者です。


また、大村市の大村ファミリー歯科の歯磨き指導では、目では見えにくい歯の汚れを、赤い染色液で染め出します。歯医者では子どもに汚れの取れていない場所を確認してもらうという方法で磨き方を練習できるようにする指導が行われています。この方法だと子どもも歯医者でも楽しんで歯磨きができます。
 

2017-02-13 19:54:00

ブログ   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント