●第二種歯科感染管理
 認定施設(JAOS)
●第一種歯科感染管理者
 在籍施設(JAOS)
●第2種滅菌技士在籍施設
 (一般社団法人
 日本医療機器学会)

EPARK歯科
短期治療、無痛治療 tel:0957-52-8148 長崎県大村市幸町25-200 イオン大村店2F
〒856-0836 長崎県大村市幸町25−200
イオン大村店 2F
休診日 年中無休
診療時間 10:00 - 13:00 / 15:00 - 22:00

大村市 イオン大村ショッピングセンター 歯科 歯医者 審美歯科 インプラント 小児歯科 セラミック

HOME

診療時間・地図

HOME»  ブログ»  ブログ»  メインテナンスとは何ですか?

メインテナンスとは何ですか?

メインテナンスとは何ですか?

大村市では、メインテナンスに力を入れている歯医者がたくさんあります。歯石は、2日もすると硬く歯の表面に付着してしまいます。そうなると、普段のブラッシングでは取り除くことができなくなってしまいます。歯石がどんどん蓄積されていくと、歯周ポケットを広げて、歯周病を悪化させてしまう原因にもなります。虫歯になっていないと思っても、歯医者で診てもらうと小さな虫歯が見えないところに出来ている場合があるものです。

歯の健康を保つには、歯医者での定期的なメインテナンスが大切です。治療後の歯の状態をチェックしたり、歯の磨き方を指導するなどのメインテナンスによって、歯を健康に保つことができるのです。長期間かけて治療した歯も、お手入れを怠ると長持ちさせることができません。

歯は、なるべく削らないことが大切です。削っていない歯は、美しく歯も丈夫に維持することができます。日本口腔学会の統計では、治療した歯は約6年~7年で再治療が必要となっていると発表されています。そして、50歳の時には25本、80歳の時には9本歯が残っているという統計結果も出ています。約30年間で、16本もの歯を失っているのです。因みに、スウェーデンでは80歳で20本以上も歯が残っていると言われています。

日本では、虫歯や歯周病によって失われた機能を補うといった、虫歯になってから歯を治療する、歯が失われたからインプラントや入れ歯にする、といったように予防歯科の意識が低かったのが原因でした。メインテナンスは基本的に治療後1ヶ月後に行います。メインテナンスをして、口腔内の状態が保たれていれば、3ヶ月~6ヶ月後にメインテナンスを行います。しかし、歯周病の方などの場合は、歯の状態によって1ヶ月に1回ペースで、通わなければならない場合もあります。いずれにしても、歯が悪くなる前にメインテナンスを受けることで、生涯にかかるとされる治療費も抑えることができるのです。

また、歯医者に定期的に通うことによって、歯に付着した汚れを取って清潔に保つことができます。歯石や汚れを取った後の歯は表面がツルツルになって、気分が良いだけでなく、歯石や汚れが付きにくくなります。信頼のできる歯医者でメインテナンスをしてもらうことで、いざという時も、安心して治療を受けることができますよ。大村市にある大村ファミリー歯科は、年中無休で夜22時まで営業しているので、仕事が不規則な方でもメインテナンスに通いやすい歯医者です。

2017-01-17 21:38:00

ブログ