●第二種歯科感染管理
 認定施設(JAOS)
●第一種歯科感染管理者
 在籍施設(JAOS)
●第2種滅菌技士在籍施設
 (一般社団法人
 日本医療機器学会)

EPARK歯科
短期治療、無痛治療 tel:0957-52-8148 長崎県大村市幸町25-200 イオン大村店2F
〒856-0836 長崎県大村市幸町25−200
イオン大村店 2F
休診日 年中無休
診療時間 10:00 - 13:00 / 15:00 - 22:00

大村市 イオン大村ショッピングセンター 歯科 歯医者 審美歯科 インプラント 小児歯科 セラミック

HOME

診療時間・地図

HOME»  ブログ»  ブログ»  妊婦は虫歯になりやすい理由

妊婦は虫歯になりやすい理由

妊婦は虫歯になりやすい理由

妊婦の方は、普通の女性に比べると虫歯になりやすいとされています。それには立派な原因がありますが、一番大きなことは体調不良が大きな要因です。つわりなどのように、なかなか普通の生活を維持していくことが出来ない場合は、虫歯になりやすい状態になってしまいます。歯磨きをしっかり出来ないことが大きな問題点で、放置していることでどんどん状態を悪化させてしまうことがあるのです。そのため虫歯になりやすく、問題が起こりやすいのです。


体調が悪いと、つい歯磨きを怠ってしまうことがあります。歯医者に行って治療をすることも増えてしまうので、できれば歯磨きくらいはしておきたいものですが、それが思ったほど出来ないことも多いのです。これが続いてしまうことで、歯磨きをしっかり出来ないまま生活を続けて、いつの間にか虫歯が結構できてしまうこともあります。歯科の治療を受けている人なら対応できますが、まだ虫歯を作ったことのない人はそうした意識が薄く、放置していることで虫歯になることもあります。


もう1つの原因は、唾液の変化という部分です。ホルモンによって唾液は変わっているとされていて、この声質が変わってしまうと虫歯に耐えられる状況が作られない可能性もあります。妊娠をすることで、ホルモンバランスの変化が出てしまいますので、場合によっては虫歯になってしまいます。歯医者に行って診てもらうと、もしかしたら変化していることで、虫歯の原因になってしまうこともあります。
このような理由により、虫歯になりやすいとされているので、おかしいと思ったら歯科で診察を受けてください。もしかしたら大きな虫歯に変わっていることもあるので、放置していることは避けるようにしてください。また、歯医者に行って治療を受けていれば、ある程度のトラブルは改善できることがあります。常に歯磨きをしたいと思っても、出来ない場合は歯科などに相談することで、改善を図っていくことが
大事です。

大村ファミリー歯科は、妊娠している女性の方にもしっかり治療を行えるように、そして虫歯にならないようにしっかり指導を行っています。妊娠中でもできる方法や、簡単に歯磨きのような効果を得られる方法を教えていますので、歯医者で虫歯の治療ばかりをする可能性を減らせます。妊娠中はどうしてもトラブルが多くなりますが、ちょっとした心遣いや使うものの変化によって、虫歯は防ぎやすくなりますので安心して来院ください。"
 

2016-10-20 15:33:00

ブログ   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント