●第二種歯科感染管理
 認定施設(JAOS)
●第一種歯科感染管理者
 在籍施設(JAOS)
●第2種滅菌技士在籍施設
 (一般社団法人
 日本医療機器学会)

EPARK歯科
短期治療、無痛治療 tel:0957-52-8148 長崎県大村市幸町25-200 イオン大村店2F
〒856-0836 長崎県大村市幸町25−200
イオン大村店 2F
休診日 年中無休
診療時間 10:00 - 13:00 / 15:00 - 22:00

大村市 イオン大村ショッピングセンター 歯科 歯医者 審美歯科 インプラント 小児歯科 セラミック

HOME

診療時間・地図

HOME»  ブログ»  ブログ»  インプラント、入れ歯、ブリッジの違い

インプラント、入れ歯、ブリッジの違い

インプラント、入れ歯、ブリッジの違い

歯周病の治療には、様々な方法がありますが、抜歯を施すまで進んだ歯周病の場合、治療方法としては、どういう風にするかは大体決まっています。抜歯を不幸にもしなければならなくなった場合、歯を抜いたままにしておくと、隣の歯が倒れてきたり、妙に歯が伸びてきたりして、噛み合わせが悪くなってきます。そのために、抜いた歯(欠損歯)を補うため、ブリッジや義歯を入れることが行われます。現在、最も行われている治療法としては、プリッジ治療法になります。ブリッジとは、抜いてしまった歯の代わりとなる人工の歯(ダミー、またはポンティックという)を隣の歯に寄りかかる形で固定する治療法です。その特徴は、固定性なので異物感や噛むときの違和感が少なく、しっかりと噛めるということです。しかしながら、支台歯となる歯は、健康であっても多く削らなければならないというディメリットがあります。そして、ブリッジと支台歯の境目はむし歯になりやすいので、装着後は念入りなブラッシングが必要になります。義歯を入れる場合、部分入れ歯の場合、歯を多く削る必要はない(バネのかかる部分は少し削る)が、こじんさはあるものの一様に異物感があり、かなり噛み心地が悪い、口を開けた時にバネが見える、などがディメリットがあります。歯周病の治療に歯科に来ている患者さんたちは、多くの場合歯医者さんと相談した形をとりながら治療を進めます、大抵の場合、ブリッジから入る人が大半で、いきなり入れ歯というのはありません。大村市における歯科においてもそこは同様です。ブリッジ、入れ歯という形で治療は進みますが、ブリッジを取る健全な歯が少なくなっている患者さんとか、物を噛みたいという患者さんには、インプラント手術が行われます。歯科において、患者さんに歯医者さんがインプラント手術の説明をしたときに 同じ反応があります。まず最初にその素晴らしさに多くの人たちが感動してくれます。

2017-01-18 21:09:00

ブログ