●第二種歯科感染管理
 認定施設(JAOS)
●第一種歯科感染管理者
 在籍施設(JAOS)
●第2種滅菌技士在籍施設
 (一般社団法人
 日本医療機器学会)

EPARK歯科
短期治療、無痛治療 tel:0957-52-8148 長崎県大村市幸町25-200 イオン大村店2F
〒856-0836 長崎県大村市幸町25−200
イオン大村店 2F
休診日 年中無休
診療時間 10:00 - 13:00 / 15:00 - 22:00

大村市 イオン大村ショッピングセンター 歯科 歯医者 審美歯科 インプラント 小児歯科 セラミック

HOME

診療時間・地図

HOME»  ブログ»  ブログ»  ブリッジ治療とは

ブリッジ治療とは

ブリッジ治療とは

"ブリッジ治療は両脇の歯を土台にして、人工歯を橋のように架けて歯の欠損を補うという歯医者での治療法です。人工歯を、両脇の歯を支えとして橋のように架けて治療することからブリッジという名称でよばれています。歯が1、2本なくなった時、なくなった両脇の歯がしっかりしている場合に大村市の大村ファミリー歯科でもよく行われることが多い治療法といえます。
また、歯根がしっかりしていれば、歯医者で歯根に土台を立てることで、ブリッジを作成してセメントで接着させます。ブリッジは保険診療が可能なため、治療費もインプラントに比べるとかなり安価になります。しかし、数年するとブリッジを掛けている両脇の歯に負担がかかり、ぐらついてしまい、抜けてしまった両脇にある歯に負担がかかる点がデメリットとして挙げられています。
大村市の大村ファミリー歯科は歯周病で歯が抜けてしまった場合には、ブリッジや義歯を入れることで治療を行っている歯医者です。大村市の大村ファミリー歯科では、ブリッジ治療は固定性のため異物感や噛むときの違和感が少なく、しっかりと噛めるという治療法であると考えられています。しかし、支台歯となる歯が健康であっても多く削らなければならないというデメリットがることも歯医者では指摘されています。ブリッジと支台歯の境目は虫歯になりやすいので、大村市の大村ファミリー歯科では装着後の念入りなブラッシングが強く推奨されています。
大村市の大村ファミリー歯科に歯周病の治療に来ている患者は、多くの場合、歯医者と相談した形をとりながら治療を進めています、大抵の場合には、歯周病の欠損歯の治療はブリッジを選択する人が大半で、大村市の大村ファミリー歯科でも現在、最も行われている治療法がプリッジ治療法です。
大村市の大村ファミリー歯科は夜10時まで診察が行われていますので、仕事帰りに気軽に立ち寄れる歯医者です。
待ち時間を可能な限りなくすために大村市の大村ファミリー歯科では予約制がとられています。年中無休のため、土、日、祝日しか時間がないという人や緊急の場合も対応してもらえる歯医者ですので安心して治療が受けられます。
大村市の大村ファミリー歯科では院内感染防止のため、可能な限り使い捨ての器具やオートクレーブによる完全滅菌、グルタラール液による液消毒などが行われています。麻酔針やエプロン,手袋も患者一人一人に応じて使い捨てタイプのものが利用されており、患者が安心して治療が受けられる歯医者です。
 

2016-10-25 15:38:00

ブログ   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント